また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2176296 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

温泉ヶ岳 (湯元温泉からスノーシュー。県境稜線は森の迷路。)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
風は弱め
アクセス
利用交通機関
電車バス
「まるごと日光 東武フリーパス」を購入。
スタートが遅くなるデメリットはありますが、とても安くてお得な切符です。
東武日光駅から終点の湯元温泉まで、バスも乗り降り自由です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間54分
休憩
56分
合計
6時間50分
S湯元温泉バス停09:1309:18切込湖・刈込湖登山口09:1909:26金精道路出合い09:3812:40温泉ヶ岳分岐13:0213:36温泉ヶ岳13:5113:59温泉ヶ岳分岐14:0215:47金精道路出合い15:56切込湖・刈込湖登山口15:5916:03おおるり山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
山頂も近づいてきた頃の県境稜線あたりで、ログが右往左往しています。
密な樹林帯において、すこし道に迷いぎみだったのと、スノーシューが沈み込まず登れる斜面を探し当てるためにうろついていたためです。時間をとられました。
コース状況/
危険箇所等
★詳細は、写真コーナーをご参照ください。
★既存の登山道準拠ではなく、雪道直登である理由は、金精峠〜金精山あたりの地形に危険要素有りとの情報があるからです。

⚫︎湯元温泉〜1800mあたり
雪は積もってはいますが、少ないです。今日だけでも、陽気でどんどん溶けているように見えました。
初っ端から、かなりの急登となります。時間をくう区間です。

⚫︎2061mピークの前後
積雪が増えてきます。
というか誰も登山者がいないので、踏まれることがないまま、降った分だけ積もっています。
サル、カモシカ、ウサギの足跡が多数。けっこう参考になるルート採りしてくれてますが、それでも効率的には進めません。枝や笹をかき分ける場面も多く、ファインディングに反省点あり。

⚫︎県境稜線〜山頂
密な樹林帯の迷路です。豪雪の森。
ログを見ても分かる通り、迷っているというか、進みやすい足場を求めて行ったり来たりしました。
夏道登山道に合流しているので、わずかにリボンや標識も目にしましたが、それでも見通しが悪くてベストと言える判断からは遠いルート採りに。反省点、大いにあり。
その他周辺情報日帰り温泉:湯元温泉街「おおるり山荘」
✳︎受付は16:00終了でしたが、17:00までには出る!と言ったら入浴させてもらえました。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

写真

湯元温泉。ひろがる青空。
スタートが遅いのでタイムアップの不安はありますが、行けるところまで行ってきます。
2020年01月11日 09:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯元温泉。ひろがる青空。
スタートが遅いのでタイムアップの不安はありますが、行けるところまで行ってきます。
登るチカラに定評のあるライトニングアッセントを金精道路で装着。刈込湖、切込湖に向かう方々も、ここで履いていました。
2020年01月11日 09:36撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るチカラに定評のあるライトニングアッセントを金精道路で装着。刈込湖、切込湖に向かう方々も、ここで履いていました。
除雪されず、冬期閉鎖された道路を歩く。積雪はこの程度。
2020年01月11日 09:37撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪されず、冬期閉鎖された道路を歩く。積雪はこの程度。
ここから入山します。
2020年01月11日 09:41撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから入山します。
サルが先行して登っていくのを見ました。その足跡。
2020年01月11日 09:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルが先行して登っていくのを見ました。その足跡。
のっけから急登です。息が切れます。今季初スノーシューに足も慣れていません。ガンバ!
2020年01月11日 10:10撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけから急登です。息が切れます。今季初スノーシューに足も慣れていません。ガンバ!
しばらくは雪が少ないです。そして急登は続く。最初の難関。ルート採りが最適でないと、私のように笹漕ぎ、枝漕ぎになりますよ…
2020年01月11日 10:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは雪が少ないです。そして急登は続く。最初の難関。ルート採りが最適でないと、私のように笹漕ぎ、枝漕ぎになりますよ…
寡雪な2020年の1月。
2020年01月11日 10:31撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寡雪な2020年の1月。
登山口からずっとトレースばっちり!ではなく、サル、ウサギなどの獣の足跡だけ。これはカモシカ。
2020年01月11日 10:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口からずっとトレースばっちり!ではなく、サル、ウサギなどの獣の足跡だけ。これはカモシカ。
1
すこし緩やかになってきました。
2020年01月11日 11:19撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし緩やかになってきました。
晴れ渡り、そして暑い。ウサギも跳ね回ったか。
2020年01月11日 11:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れ渡り、そして暑い。ウサギも跳ね回ったか。
うーん、どこをどう進もうか。
2020年01月11日 11:35撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、どこをどう進もうか。
2061mピークあたりは緩やか。
2020年01月11日 11:50撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2061mピークあたりは緩やか。
振り返ると、男体山と戦場ヶ原、そして雲海が見えるスポット。
2020年01月11日 12:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、男体山と戦場ヶ原、そして雲海が見えるスポット。
2
日光白根山がチラ見え。
だいぶ上がってきた!
2020年01月11日 12:12撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根山がチラ見え。
だいぶ上がってきた!
2
長い尾根の直登を終え、県境稜線の手前まで乗り上げました。展望のある稜線ではなく、先が不明瞭な積雪迷路です。夏道登山道は近くにあるはず。使えるかどうかは怪しいですが。
2020年01月11日 12:23撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い尾根の直登を終え、県境稜線の手前まで乗り上げました。展望のある稜線ではなく、先が不明瞭な積雪迷路です。夏道登山道は近くにあるはず。使えるかどうかは怪しいですが。
県境稜線付近は、積雪量がぐんと増える。スノーシューでないと難儀しそう。
2020年01月11日 12:33撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境稜線付近は、積雪量がぐんと増える。スノーシューでないと難儀しそう。
急登を力任せにのぼろうとするも、スノーシューが両足ともドボン。履い出るのが大変でした。
2020年01月11日 13:58撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を力任せにのぼろうとするも、スノーシューが両足ともドボン。履い出るのが大変でした。
密な樹林帯。迷路状態に迷う。夏道登山道も細いところはよく分かりません。尾根に上がりきるには急登。登れるラインを自分で探して、山頂に近づいていくしか。
2020年01月11日 12:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
密な樹林帯。迷路状態に迷う。夏道登山道も細いところはよく分かりません。尾根に上がりきるには急登。登れるラインを自分で探して、山頂に近づいていくしか。
1
夏道登山道。このまま進んでみましたが、むしろ冬には悪策と感じて、引き返しました。
2020年01月11日 12:42撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道登山道。このまま進んでみましたが、むしろ冬には悪策と感じて、引き返しました。
ついに迷路の出口!?
けっこう時間をとられてしまいました。さあ、この先には!
2020年01月11日 13:20撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに迷路の出口!?
けっこう時間をとられてしまいました。さあ、この先には!
1
ぶわっと広がった景色!
会津の山々の向こうに、飯豊連峰の白嶺まで!
2020年01月11日 13:24撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶわっと広がった景色!
会津の山々の向こうに、飯豊連峰の白嶺まで!
2
温泉ヶ岳2332mに登頂。
風は微風、展望良好。尾瀬の山々が見渡せました。
2020年01月11日 13:32撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉ヶ岳2332mに登頂。
風は微風、展望良好。尾瀬の山々が見渡せました。
6
谷川方面。
2020年01月11日 13:29撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川方面。
2
北東には雲海。頂上の枯木は霧氷。
2020年01月11日 13:29撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東には雲海。頂上の枯木は霧氷。
日光連山がずらり。中央下の白い二つは、切込湖と刈込湖。
2020年01月11日 13:34撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光連山がずらり。中央下の白い二つは、切込湖と刈込湖。
1
会津の山々。
2020年01月11日 13:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津の山々。
ツインピークスの燧ヶ岳。
2020年01月11日 13:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツインピークスの燧ヶ岳。
3
真白き至仏山。
2020年01月11日 13:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真白き至仏山。
2
雪まみれになって登ってきた甲斐のある風景でした。
『ヤマノススメ』の雪村あおいも粘った。ナイス、ナイス!
2020年01月11日 14:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪まみれになって登ってきた甲斐のある風景でした。
『ヤマノススメ』の雪村あおいも粘った。ナイス、ナイス!
4
さて、下山します。
帰りは下り基調だし、風がないからトレースもあって、楽で速いはず。
2020年01月11日 13:55撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山します。
帰りは下り基調だし、風がないからトレースもあって、楽で速いはず。
行きは地獄、帰りは天国。
2020年01月11日 14:07撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは地獄、帰りは天国。
手前から、湯ノ湖、戦場ヶ原、中禅寺湖。
男体山が雄大。
2020年01月11日 14:17撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前から、湯ノ湖、戦場ヶ原、中禅寺湖。
男体山が雄大。
3
緩やかな尾根に木漏れ日。
2020年01月11日 14:26撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな尾根に木漏れ日。
硬派なクライミングのイラストが描かれたやつの上に、甘々なスイーツ。おやつタイム。
2020年01月11日 14:45撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硬派なクライミングのイラストが描かれたやつの上に、甘々なスイーツ。おやつタイム。
2
標高1800m以下は、今日の日射しで更に融雪。笹や根が出まくってきました。
2020年01月11日 15:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1800m以下は、今日の日射しで更に融雪。笹や根が出まくってきました。
湯元温泉街が見えてきました。最後の急な下りに気をつけます。
2020年01月11日 15:28撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯元温泉街が見えてきました。最後の急な下りに気をつけます。
無事に下山。よい天気でした。
2020年01月11日 15:56撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山。よい天気でした。
入浴後、日光駅へ移動。
湯葉コロッケと日光のピルスナーをいただきました。
2020年01月11日 18:47撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入浴後、日光駅へ移動。
湯葉コロッケと日光のピルスナーをいただきました。
3

感想/記録
by sprout

貴重な、晴れる、真冬の週末。
屋久島遠征の疲れは残っていましたが、時をよく用いるために、いつものトレーニング場=日光に向かいました。
この冬の課題のひとつ、温泉ヶ岳への直登を試みるために。

雪が少ない暖冬の奥日光でも、誰も入らず、踏まれることがないエリアならば、もふもふスノーシューが出来るはず。
そう考えて入山しましたが、やはり誰に会うこともなく山頂を独り占めすることが出来ました。

ヤマレコ他でも、あまり冬の成功例がアップされていないルートでしたが、反省点が多いながらも、時間内にやり遂げられてよかったです。

GWの目標、利尻山においても、長官山まではスノーシューのヒールリフター機能を活用する可能性があるはず。
その時のための、ちょっと気の早いトレーニングも出来ました。

様々な環境を与えてくれる日光の懐深さに感謝して、地味に、しかし一回一回を楽しめる良い登山をしていきたいです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:466人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ