また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2177834 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

蓼科山から北横岳へ 二つの山を繋ぐ静かな渓

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年01月11日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行きは、上信越道東部湯の丸ICでOUT。県道40号女神湖畔を通り、白樺湖、ビーナスライン経由。
帰りは、大門峠、国道152号、上田市街経由で上田菅平ICでIN。
帰りは、市街地が混んでおり高速道路に乗るまでがストレスでした。行きで使った道のほうが空いてて良いようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間23分
合計
7時間43分
S女ノ神茶屋・蓼科山登山口07:4308:41標高2110m標識08:51幸徳平09:43蓼科山09:4809:47蓼科山頂ヒュッテ09:4809:53蓼科山09:56蓼科山頂ヒュッテ10:1610:35蓼科山荘11:17天祥寺原休憩ポイント11:5712:04天祥寺原12:0512:30亀甲池13:49北横岳14:0514:08北横岳(南峰)14:14北横岳ヒュッテ14:18三ツ岳分岐14:33坪庭14:43北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅15:24坪庭・北横岳・縞枯山 登山道入口15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蓼科山までは多くの人が入っているので歩きやすくなっている。
蓼科山から将軍平までが本日のルートで最も積雪があり、人もあまり入っておらず軽いラッセルが楽しめる。
亀甲池から北横岳への登りは数人の踏み跡があったが、踏み跡がなくオールラッセルでは日没までに下山できなかったと思われる。
その他周辺情報白樺湖畔、すずらんの湯。クーポン利用で100円引き。日帰り入浴600円で利用できました。
過去天気図(気象庁) 2020年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 マイナス10度以下を想定した防寒対策を怠りなく。

写真

女神茶屋前、蓼科山登山口駐車場。7:30で満車。
2020年01月11日 07:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女神茶屋前、蓼科山登山口駐車場。7:30で満車。
1
登山口。ここから入山。
2020年01月11日 07:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。ここから入山。
1
序盤の樹林帯はほぼ無雪。
2020年01月11日 07:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤の樹林帯はほぼ無雪。
1
2160m地点。20センチぐらい。
2020年01月11日 08:41撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2160m地点。20センチぐらい。
1
本当であれば霧氷が美しいところだが、本日はご覧の通り。
2020年01月11日 08:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当であれば霧氷が美しいところだが、本日はご覧の通り。
1
樹林帯が続く。
2020年01月11日 08:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が続く。
1
2300mぐらいでようやく霧氷になってきた。
2020年01月11日 09:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2300mぐらいでようやく霧氷になってきた。
モンスターになりきれず骨だけの針葉樹。
2020年01月11日 09:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モンスターになりきれず骨だけの針葉樹。
1
樹林帯を抜けた。暴風が吹きすさぶ。
2020年01月11日 09:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けた。暴風が吹きすさぶ。
2
トラバースぎみに標高を上げていく。
2020年01月11日 09:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースぎみに標高を上げていく。
1
八ヶ岳の全容が見えてくる。
2020年01月11日 09:32撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳の全容が見えてくる。
2
凍り付いた蓼科山頂ヒュッテ。
2020年01月11日 09:45撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍り付いた蓼科山頂ヒュッテ。
2
暴風の山頂へ。
2020年01月11日 09:45撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風の山頂へ。
1
蓼科山頂到着!3年ぶり。
2020年01月11日 09:50撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山頂到着!3年ぶり。
5
相変わらずの絶景!頚城山系から北アルプス全体が見える。
2020年01月11日 09:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらずの絶景!頚城山系から北アルプス全体が見える。
1
後立山から蓮華岳からずっと飛ばして燕岳あたりまでかな。
2020年01月11日 09:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山から蓮華岳からずっと飛ばして燕岳あたりまでかな。
1
穂高とか乗鞍とか。
2020年01月11日 09:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高とか乗鞍とか。
1
中央アルプス。
2020年01月11日 09:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス。
暴風なのでじっとしていられない。ヒュッテの影で遅れている隊長を待つ。
2020年01月11日 10:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風なのでじっとしていられない。ヒュッテの影で遅れている隊長を待つ。
2
大河原峠、天祥寺原方面はあまり人が入っていない。
2020年01月11日 10:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大河原峠、天祥寺原方面はあまり人が入っていない。
将軍平への急降下のところが最も積雪があり、雪と戯れて楽しかった。
2020年01月11日 10:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平への急降下のところが最も積雪があり、雪と戯れて楽しかった。
3
蓼科山荘。
2020年01月11日 10:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山荘。
3
しばらく沢筋になっていると思われるところを下る。大きな石がゴロゴロしている。
2020年01月11日 10:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく沢筋になっていると思われるところを下る。大きな石がゴロゴロしている。
天祥寺原。蓼科山がよく見える。
2020年01月11日 11:18撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天祥寺原。蓼科山がよく見える。
2
眺めも良く風もあまりないので、ここで昼飯とした。
2020年01月11日 11:17撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眺めも良く風もあまりないので、ここで昼飯とした。
再出発。亀甲池方面へ分岐。
2020年01月11日 12:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再出発。亀甲池方面へ分岐。
しばし平らな道を進む。
2020年01月11日 12:05撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし平らな道を進む。
将軍平から亀甲池までは誰ともすれ違わなかった。
2020年01月11日 12:16撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将軍平から亀甲池までは誰ともすれ違わなかった。
全く静かで気持ち良い。
2020年01月11日 12:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全く静かで気持ち良い。
結氷しているが怖くて渡れない。
2020年01月11日 12:28撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結氷しているが怖くて渡れない。
北横岳へ、およそ400mの登り返し。
2020年01月11日 12:59撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳へ、およそ400mの登り返し。
1
北斜面の薄暗い斜面をつづら折りに標高を上げる。2、3人の踏み跡があり助かる。
2020年01月11日 13:31撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面の薄暗い斜面をつづら折りに標高を上げる。2、3人の踏み跡があり助かる。
1
ほぼ山頂まで樹林帯。
2020年01月11日 13:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ山頂まで樹林帯。
1
樹林帯を抜けたらまたまた暴風。
2020年01月11日 13:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜けたらまたまた暴風。
4
強風だが絶景だ。
2020年01月11日 13:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風だが絶景だ。
北横岳北峰到着!
2020年01月11日 13:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳北峰到着!
5
ここからは蓼科山と背後の北アルプスが素晴らしい!
2020年01月11日 13:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは蓼科山と背後の北アルプスが素晴らしい!
6
樹氷越しに南八ヶ岳。
2020年01月11日 13:55撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷越しに南八ヶ岳。
2
北八ヶ岳の森の先、遠くまで見渡せる。
2020年01月11日 13:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ヶ岳の森の先、遠くまで見渡せる。
暴風で大変だが、それでも自撮りで記念を残そう。
2020年01月11日 14:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暴風で大変だが、それでも自撮りで記念を残そう。
4
北横岳南峰。北峰ほどでは無いがここも風が強い。
2020年01月11日 14:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳南峰。北峰ほどでは無いがここも風が強い。
2
南八ヶ岳。
2020年01月11日 14:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳。
2
下ります。
2020年01月11日 14:08撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ります。
3
北横岳ヒュッテ。多くの人が休憩していた。
2020年01月11日 14:14撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ヒュッテ。多くの人が休憩していた。
1
縞枯山と坪庭全景。
2020年01月11日 14:20撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縞枯山と坪庭全景。
1
坪庭を周回。
2020年01月11日 14:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坪庭を周回。
1
ロープウェー乗り場。
2020年01月11日 14:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェー乗り場。
1
ロープウェー北乗り場から北横岳。
2020年01月11日 14:42撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェー北乗り場から北横岳。
1
登山コースで下る。
2020年01月11日 14:43撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山コースで下る。
1
スキーヤーを尻目にゲレンデ脇を下る。
2020年01月11日 14:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーヤーを尻目にゲレンデ脇を下る。
全く楽しそうである。
2020年01月11日 15:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全く楽しそうである。
北横岳ロープウェー駐車場に到着。
2020年01月11日 15:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北横岳ロープウェー駐車場に到着。
1

感想/記録

 正月も終わった。遅くなったが2020年の山始め。地元は悪天候につき、他県遠征で八ヶ岳山系から今年を始める。

 で、蓼科山。先輩2氏は未踏。単なるピストンでは物足りなさが残るので、ここは少し欲張って北横岳まで行ってみよう、ということで2座縦走することにした。

 蓼科山は相変わらずの人気で、多くのハイカーが雪山を楽しんでいたが、そこから先はほとんど人が入っておらず、静かな雪山歩きとなる。

 雪と戯れ長い下りを下りきり、天祥寺原まで来ると山頂の暴風とは打って変わり快晴無風、全く人もおらず異空間。蓼科山と北横岳を仰ぎ見る絶景地点で休憩とする。カップラーメンがうまい!

このあと亀甲池から北横岳への登りが長く辛抱の時間が続いたが、苦労して極めた山頂からの景観は格別。八ヶ岳ブルーの空の先に広がる絶景を見ながら達成感に浸った。

 滑りを楽しむスキーヤーを脇目にゲレンデ脇を地味に下り、北横ロープウェー駐車場へ。自分的にはここからビーナスライン6.2キロを歩いて戻るつもりだったが、先輩方がそこまでのモチベーションがなく、最後はタクシーで蓼科山登山口駐車場へ送還と相成りました。

 小雪の今冬ですが、それなりに楽しめました。やや遠いのがネックですが冬の八ヶ岳はいつ来ても楽しいところです・・・
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:606人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ