また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2201931 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

黒戸尾根からの甲斐駒ヶ岳

日程 2020年01月31日(金) 〜 2020年02月01日(土)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間22分
休憩
22分
合計
6時間44分
S尾白川渓谷駐車場07:1007:15竹宇駒ヶ岳神社08:56笹の平分岐09:0310:36刃渡り10:57刀利天狗12:23五合目小屋跡12:2612:28屏風小屋跡12:4013:54七丈小屋
2日目
山行
7時間32分
休憩
2時間0分
合計
9時間32分
七丈小屋05:4606:54八合目御来迎場07:1108:21駒ヶ岳神社本宮08:3008:35甲斐駒ヶ岳08:4408:47駒ヶ岳神社本宮08:5209:35八合目御来迎場10:02七丈小屋10:5811:32屏風小屋跡11:3711:38五合目小屋跡11:4612:40刀利天狗12:53刃渡り13:39笹の平分岐13:4815:07竹宇駒ヶ岳神社15:14尾白川渓谷駐車場15:1615:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・笹の平分岐付近から薄く一面の雪
・刀利天狗を越えて雪が深くなる
・七丈小屋から8合目までも雪が多く、踏み抜きある
・8合目先のルンゼは、表層の雪は降ったばかりで柔らかいが、
 深い部分は締まっていてアイゼン、ピッケルが効いた
・8合目から上は風が強く、特に二本剣あたりから北側は爆風
・下山時のGPSログは、五合目〜刀利天狗間で電源が切れてい
 たので飛んでいます。

写真

日が昇ってきて尾白川渓谷駐車場を出発
2020年01月31日 06:58撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が昇ってきて尾白川渓谷駐車場を出発
1
橋を渡って黒戸尾根へ突入
2020年01月31日 07:17撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って黒戸尾根へ突入
最初は雪もなく、こんな感じの落葉の中を進みます
2020年01月31日 07:39撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は雪もなく、こんな感じの落葉の中を進みます
1
笹の平分岐は雪で覆われています。自分はこの辺りからチェーンスパイクを装着しました。
2020年01月31日 08:57撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の平分岐は雪で覆われています。自分はこの辺りからチェーンスパイクを装着しました。
刃渡りはこんな感じ
2020年01月31日 10:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りはこんな感じ
4
ようやく刀利天狗
2020年01月31日 11:16撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく刀利天狗
この辺りに来ると1段、雪深さが上がります。先行で行かれた方に感謝。
2020年01月31日 11:52撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りに来ると1段、雪深さが上がります。先行で行かれた方に感謝。
2
五合目からは梯子が連続
添えられているチェーン、ロープがありがたい
2020年01月31日 12:29撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目からは梯子が連続
添えられているチェーン、ロープがありがたい
2
稜線上は風が強そう
2020年01月31日 13:25撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は風が強そう
小屋まであと少し
2020年01月31日 13:42撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋まであと少し
1
ようやく七丈小屋
いやー、長かった
2020年01月31日 14:02撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく七丈小屋
いやー、長かった
3
中はストーブで暖かい。今晩の宿泊は自分だけ。小屋番さんお二人と語らい、ゆったりとした夜を過ごせました。
2020年01月31日 14:22撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中はストーブで暖かい。今晩の宿泊は自分だけ。小屋番さんお二人と語らい、ゆったりとした夜を過ごせました。
5
翌朝
山頂目指して出発
2020年02月01日 05:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
山頂目指して出発
1
八合目御来迎場
2020年02月01日 06:47撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場
4
いざ核心部へ
2020年02月01日 06:55撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ核心部へ
2
鎖があっても足が上がらず一苦労(汗
2020年02月01日 07:10撮影 by iPhone X, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖があっても足が上がらず一苦労(汗
二本剣まであと少し
2020年02月01日 07:34撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本剣まであと少し
2
富士山を後ろに従え、太陽に照らされる二本剣。
これが見たかった、最高〜!
2020年02月01日 07:39撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を後ろに従え、太陽に照らされる二本剣。
これが見たかった、最高〜!
6
北側斜面は爆風
2020年02月01日 08:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面は爆風
3
テント泊の強者
終始、先行して頂きありがとうございました
2020年02月01日 08:00撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント泊の強者
終始、先行して頂きありがとうございました
3
山頂到着
テント泊の方と握手で登頂を祝う
2020年02月01日 08:40撮影 by Oregon 550, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着
テント泊の方と握手で登頂を祝う
3
デジカメ、携帯が動作せず、辛うじGPSのカメラに収まっていた2枚の眺め。残念ながら山頂標、草履付き祠は写っていなかった。
2020年02月01日 08:40撮影 by Oregon 550, Garmin
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デジカメ、携帯が動作せず、辛うじGPSのカメラに収まっていた2枚の眺め。残念ながら山頂標、草履付き祠は写っていなかった。
3
七丈小屋で休憩後下山。天気も良く、沢山の人とすれ違う。
2020年02月01日 12:44撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋で休憩後下山。天気も良く、沢山の人とすれ違う。
黒戸尾根からの富士山も見納め
2020年02月01日 12:45撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根からの富士山も見納め
3
無事下山できました
2020年02月01日 15:03撮影 by PENTAX WG-3 GPS, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山できました
1

感想/記録
by hikko

秋に北岳から見た姿がかっこよくて、いつか登りたいと思っていた甲斐駒ヶ岳。その甲斐駒に、この厳冬期に黒戸尾根から挑戦。初めての黒戸尾根は、二日前に降った雪が深いものの、先行の方のトレースで迷うこともなく、また踏み抜きも少なく進行できた。先行の方に感謝。五合目からの梯子の連続は怖いものの、添えられているロープ、チェーンを頼りに無事通過。結果、疲労困憊したが七丈小屋へ比較的順調に到着。小屋での宿泊者は自分一人。夕食時には小屋番お二人と山談義。いろいろと教えて頂き、静かでほんわかとした夜を過ごす。夜6時半には毛布の中で落ちていた。
翌朝は、予定より15分ほど遅れて5時45分に出発。幸い3名の方が先行していて、8合目過ぎまでトレースありで、感謝。またテント泊の方も追いついてきて、8合目過ぎのルンゼ等、注意が必要なところを先行して頂く。北側斜面に抜けると風がもの凄く、なかなか進めない状況となったが、少しずつ進行して無事、登頂。山頂でテント泊の方と握手して登頂を祝う。ただ、デジカメ、携帯の電源が入らず記念撮影が撮れなかった。辛うじてGPSが動いたので、モニターが見えない状況の中、感で数枚シャッターを切る。結果、写っていたのは2枚の風景だけ。甲斐駒の山名、標高が記された山頂標も、甲斐駒のお決まりの草履がぶら下げられた祠も写っていなかった。
下山も強風とルンゼの危険帯を慎重に進む。小屋で1時間ほど休憩して黒戸尾根を下る。5合目までは、梯子にビビりながらゆっくりゆっくり進む。途中、沢山の登山者とすれ違い、厳冬期黒戸尾根から登る甲斐駒ヶ岳の人気を垣間見た。
とてもハードだった厳冬期の黒戸尾根甲斐駒ヶ岳。んー、また昇るかどうするか?撮り損なった山頂標と草履の祠の写真を撮りに登るかな。
訪問者数:366人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/8/26
投稿数: 1
2020/2/3 17:32
 お疲れさまでした!
インスタもフォローいただきありがとうございます!またご一緒したいですね!
登録日: 2013/10/28
投稿数: 27
2020/2/3 21:59
 Re: お疲れさまでした!
ryosk_hsさん、お疲れさまでした。8合目以降、先導して頂き助かりました。
山頂近くの風は強かったですが、青空の中の甲斐駒は最高でした。また何処かの山でお会いできるといいですね。お互い、気を付けて楽しみましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ