また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2204898 全員に公開 雪山ハイキング中央アルプス

恵那山 広河原登山口から

日程 2020年02月01日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広河原登山口P:20〜30台位停められます。
朝6:30で2台目でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間28分
休憩
1時間54分
合計
7時間22分
S林道ゲート06:3106:54恵那山広河原ルート登山口06:5508:064合目(休憩所)08:0709:031,990m展望地09:2209:56恵那山一等三角点09:5810:11恵那山頂避難小屋10:2510:30恵那山10:3310:37恵那山頂避難小屋11:2711:35恵那山一等三角点11:3912:001,990m展望地12:0612:354合目(休憩所)13:17恵那山広河原ルート登山口13:2513:47林道ゲート13:5313:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・林道〜登山口:積雪無し
・登山口〜1990mP:歩き始めは岩が露出したアイスバーン気味。それ以降は少ない積雪で歩きやすい。
・1990mP〜山頂:樹林帯は前日までのトレースもあり、チェーンアイゼン位でもOKですが、アイゼンを履いた方がグリップが良く登りやすい。
その他周辺情報・野熊の庄 月川:620円、露天風呂もあり静か。今回利用
・湯たり〜な昼神:600円、大きな温泉、かなり混んでいる。他

写真

登山届けを投函し、ほぼ一番で駐車場をスタート。
2020年02月01日 06:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届けを投函し、ほぼ一番で駐車場をスタート。
1
落石があります。
2020年02月01日 06:53撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落石があります。
トンネルを抜けると
2020年02月01日 06:55撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けると
1
すぐに登山口です。
2020年02月01日 06:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに登山口です。
橋を越えて、
2020年02月01日 06:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を越えて、
1
20分ほど登り、岩ゴロや階段で滑るのでチェーンアイゼンを付けました。
2020年02月01日 07:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど登り、岩ゴロや階段で滑るのでチェーンアイゼンを付けました。
4
朝日が差し込み始めました。
2020年02月01日 08:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日が差し込み始めました。
1
ややフラットな4/10ポイント
2020年02月01日 08:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ややフラットな4/10ポイント
1
開けた場所に出ました。
2020年02月01日 08:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所に出ました。
遠くに南アも見えて来ました。
2020年02月01日 09:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに南アも見えて来ました。
4
白鳳三山。暫く景色を楽しみます。
2020年02月01日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白鳳三山。暫く景色を楽しみます。
7
塩見岳。ここが1990m展望地で、自分はアイゼンに履き替えました。勾配がきつい箇所では楽になりました。
2020年02月01日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳。ここが1990m展望地で、自分はアイゼンに履き替えました。勾配がきつい箇所では楽になりました。
5
しばらく樹林帯の中を登って行くと
2020年02月01日 09:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく樹林帯の中を登って行くと
2
山頂に到着です。
2020年02月01日 10:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に到着です。
1
フラットな中を気持ち良く進んで
2020年02月01日 10:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フラットな中を気持ち良く進んで
2
西の方が少し開けた箇所です。
2020年02月01日 10:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の方が少し開けた箇所です。
3
見上げると樹氷が発達してます。
2020年02月01日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると樹氷が発達してます。
4
避難小屋に到着。
2020年02月01日 10:15撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋に到着。
裏側にある岩場へ登ります。
2020年02月01日 10:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側にある岩場へ登ります。
2
南アルプス全景が見えました。
2020年02月01日 10:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス全景が見えました。
1
左(=北側)には白い中央アルプスも。
2020年02月01日 10:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左(=北側)には白い中央アルプスも。
6
左から、八ヶ岳連峰かな
2020年02月01日 10:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から、八ヶ岳連峰かな
5
塩見岳〜小河内岳
2020年02月01日 10:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見岳〜小河内岳
3
悪沢岳〜赤石岳
2020年02月01日 10:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
悪沢岳〜赤石岳
3
聖岳〜上河内岳。の後方に富士山もニョッキリ
2020年02月01日 10:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳〜上河内岳。の後方に富士山もニョッキリ
5
たぶん光岳と思います。
2020年02月01日 10:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぶん光岳と思います。
1
岩場からの避難小屋
2020年02月01日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場からの避難小屋
4
山頂エリアは真っ白です。
2020年02月01日 10:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂エリアは真っ白です。
1
少し北側にある祠へ向かいます。
2020年02月01日 10:29撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し北側にある祠へ向かいます。
1
踏み跡が無く膝位まで潜りながら到着。
2020年02月01日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡が無く膝位まで潜りながら到着。
4
その向こうの北側の眺めも壮観です。
2020年02月01日 10:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その向こうの北側の眺めも壮観です。
1
避難小屋まで戻り、ランチ休憩1時間。
2020年02月01日 11:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋まで戻り、ランチ休憩1時間。
3
さて下山します。モコモコですねぇ〜
2020年02月01日 11:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山します。モコモコですねぇ〜
4
白サンゴみたいです。
2020年02月01日 11:36撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白サンゴみたいです。
3
登り途中のグループが居られ、撮ってもらいました。
2020年02月01日 11:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り途中のグループが居られ、撮ってもらいました。
8
再び南ア展望ポイント
2020年02月01日 12:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び南ア展望ポイント
3
昼過ぎのほうがクリアーに見えます。
2020年02月01日 12:08撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼過ぎのほうがクリアーに見えます。
5
今年はこの黒法師も登りたいと思っています。
2020年02月01日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年はこの黒法師も登りたいと思っています。
4
南側に見える尾根はたぶん恩田大川入山?
2020年02月01日 12:18撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側に見える尾根はたぶん恩田大川入山?
3
ズンズン下り、
2020年02月01日 12:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズンズン下り、
1
2時頃に駐車場に到着し下山完了です。
2020年02月01日 12:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時頃に駐車場に到着し下山完了です。
2

感想/記録

◇恵那山は2回目ですが冬山は初めてです。6時過ぎに到着すると先着は1台、暗がりの中で準備し明るくなってきてスタート。ワカンもザックの背中に付けましたが、潜るようなことは無く背中の錘となりました。

◇登り始め付近は雪の下がやや凍った岩場でした。20分ほど登った付近でチェーンアイゼンを付けました。自分がこの日の先行者でしたが、1990m展望地で南アを眺めアイゼンを履き替えていると若者がアイゼン無しで追い越していきました。羨ましい。急坂部ではアイゼンはスリップが少ないので歩きやすかったです。

◇2000m以上では真っ白な樹氷と青空とのコントラストがクッキリ。このコースは距離が比較的短く、危険な箇所も無いので登りやすく冬山を楽しめました。
訪問者数:498人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ