また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 220712 全員に公開 沢登り 日高山脈

戸蔦別川十ノ沢→1967峰→ピパイロ岳→九ノ沢

情報量の目安: B
-拍手
日程 2012年08月19日(日) ~ 2012年08月20日(月)
メンバー , その他メンバー1人
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

8/19
(7:00)林道ゲート-(8:35)八ノ沢出合-(9:40)十ノ沢出合(16:00)1967峰-(17:00)1967峰とピパイロ岳のコル=C1

8/20
(6:00)C1-(7:00)ピパイロ岳-(8:00)九ノ沢下降開始-(10:15)九ノ沢出合-(10:40)八ノ沢出合-(12:15)林道ゲート
コース状況/
危険箇所等
ヨシモトさんの熱血メールに導かれ、初の日高主稜線に這い上がる。

8/19
前夜、長万部の浜ちゃんぽんで入山祝いをして、高速道をぶっ飛す。想像以上に早く到着し、高速道の利便性を思い知らされる。林道ゲートは車で一杯なので、手前の空きスペースに車デポ。久しぶりの重荷に具合が悪く、林道は途中から踏み跡に変わり、八ノ沢出合まで。林道はそこで終了し、入渓。川の水を飲みながら、単調な河原歩きで、十ノ沢出合に着く。倒木、雪渓の汚らしい渓相が続き、6mの滝が現れる。残置ロープがある右岸から越えると、すぐCo1200二俣である。二俣は左に入り、小滝が高密度で繰り返される。どれも簡単でロープはいらない。それぞれの滝が難しくなってくると、日高の立派な直登沢となるのだろう。次第に水が涸れ、急傾斜の草地をハアハア這い上がり、夏道に出る。ヨシモトさん、念願の1967峰を踏み、破顔。僕は悪寒に襲われ、ツエルト張るなり酒もほとんど飲まずに寝に入ってしまう。

8/20
10時間の睡眠で体調は回復。予報が外れ雨降りはなく、風とガスの稜線を歩く。ピパイロ岳から最低コルに下りてから、沢を下りる。九ノ沢に流入するまで何にもない。九ノ沢はナメと倒木でやはり汚らしい。結局、全行程ロープは使わず、疲労でフラフラ林道歩いてゲートまで。嵐山の国民宿舎で風呂に入り、芽室で豚丼食って帰る。
過去天気図(気象庁) 2012年08月の天気図 [pdf]

写真

雪渓、倒木
2012年08月19日 10:23撮影 by PX , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓、倒木
6mの滝
2012年08月19日 11:45撮影 by PX , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6mの滝
one of 小滝
2012年08月19日 12:15撮影 by PX , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
one of 小滝
徐行せよ
2012年08月20日 11:06撮影 by PX , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐行せよ
1
撮影機材:
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2344人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ