また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2211323 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

快晴の雲取山!鴨沢ルート日帰りピストン

日程 2020年02月08日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
無料の丹波山村村営駐車場(小袖乗越駐車場)利用。
トイレ完備で助かります。

東京方面から村営駐車場まで車でアクセスする際、車で入っていく道に注意。駐車場まで行く道は3本あります。

1本目の道は鋭角で曲がれない角(賀茂神社前)があります。ここから入ってしまうと、右折出来ずに該当箇所を通り過ぎて、また折り返すようになります。したがって、1本目の道をスルーして、鴨沢バス停のすぐ先を右折したところにある2本目の道から進む方がいいです。また、3本目の道は戸畑にある、狭くてくねくねした道です。山梨方面からのアクセスの場合はここから入っていくのが1番近いです。ただ、気を使う道なので、運転が苦手な人は止めておいた方がいいかもしれないです。自分は朝に道の駅に寄ったので、行きはこの3本目の道から入り、帰りは2本目の東京側の鴨沢バス停に出る道で帰りました。

詳しくは丹波山村のHP参照
https://www.vill.tabayama.yamanashi.jp/access/kumotori-parking.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間49分
休憩
1時間58分
合計
8時間47分
S丹波山村村営駐車場06:5807:01小袖緑道あがり07:53茶煮場08:14堂所08:1508:48七ッ石小屋下分岐08:5308:54七ツ石小屋09:1109:14七ツ石山の水場09:1509:31上段と下段の分岐09:43ブナ坂09:4410:20奥多摩小屋10:2110:30ヨモギノ頭10:4411:07小雲取山11:23雲取山避難小屋11:2511:28雲取山11:4211:45雲取山避難小屋12:1812:29小雲取山12:43ヨモギノ頭12:48奥多摩小屋12:4913:10ブナ坂13:1113:24七ツ石山13:3713:46七ツ石山の水場13:4913:50七ッ石小屋上分岐13:57七ツ石小屋13:5814:03七ッ石小屋下分岐14:0414:32堂所14:51茶煮場14:5915:41小袖緑道あがり15:4215:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
鴨沢コースをピストンして来ました。

午前中はそれ程人に遭遇しませんでしたが、午後は泊まり予定と思われるハイカーがたくさん登って来ていました。
コース状況/
危険箇所等
七ツ石小屋のHPがあるので、こちらを事前に確認してから登るのがいいかと思います。
http://www.tabayama.jp/nanatsuishi/

通常のコースタイムとしては、登り約6時間、下り約4時間、休憩込みでトータル10時間。この記載が村営駐車場のトイレに張り紙がしてありました。冬はもう少し時間がかかると思うので、+‪α‬の余力とそれなりの体力が必要になると思います。雲取山の日帰り登山に対し、随所に警鐘を鳴らす注意書きもありました。日帰りでは気軽に行ける山ではないです。

また、稜線に出るまでは細いトラバースが多くあり、崩落箇所も数箇所あり。滑落事故も起きているようなので足下注意。

鴨沢〜七ツ石小屋まではほとんど雪はありませんが、小屋を過ぎると徐々に雪が増えてきます。雲取山頂付近では30cmほどの積雪がありますが、圧雪されているので、今の状況ではチェーンスパイクで十分でした。チェーンスパイクは閉鎖となった奥多摩小屋付近から装着しました。
その他周辺情報もえぎの湯
850円

写真

小袖乗越にある丹波山村村営駐車場に到着。
車は割と少なめです。
2020年02月08日 06:57撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小袖乗越にある丹波山村村営駐車場に到着。
車は割と少なめです。
トイレ完備です。
ありがたや〜(о´∀`о)
2020年02月08日 06:56撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレ完備です。
ありがたや〜(о´∀`о)
2
トイレにあった張り紙。
10時間のコースタイムとのこと。
暗くまる前に下山が出来るよう、心して頑張ります!
2020年02月08日 06:50撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレにあった張り紙。
10時間のコースタイムとのこと。
暗くまる前に下山が出来るよう、心して頑張ります!
3
平将門にまつわる逸話。
道中にちょいちょいあり、ストーリーを楽しみながら進めます。
2020年02月08日 06:59撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平将門にまつわる逸話。
道中にちょいちょいあり、ストーリーを楽しみながら進めます。
1
駐車場から約5分歩き、鴨沢ルート小袖登山口に到着です。

それでは、レッツラゴー!
2020年02月08日 07:01撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から約5分歩き、鴨沢ルート小袖登山口に到着です。

それでは、レッツラゴー!
2
序盤は細めのトラバースが多め。
2020年02月08日 07:06撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は細めのトラバースが多め。
滑落には注意です!
2020年02月08日 07:11撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落には注意です!
良く整備された森です。
2020年02月08日 07:16撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く整備された森です。
サンシャイーーン!
2020年02月08日 07:18撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンシャイーーン!
2
堂所を通過。
2020年02月08日 08:14撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂所を通過。
頑張って進みます。
2020年02月08日 08:16撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張って進みます。
富士山見えた!
2020年02月08日 08:30撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山見えた!
3
本当にトラバースの多い山です。
2020年02月08日 08:46撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当にトラバースの多い山です。
七ッ石小屋下を通過。
2020年02月08日 08:49撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋下を通過。
スタートからちょうど2時間で七ツ石小屋に到着。
2020年02月08日 08:58撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートからちょうど2時間で七ツ石小屋に到着。
こちらで休憩させてもらいます。
富士山がキレイに見える山小屋です(^^)
2020年02月08日 08:59撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらで休憩させてもらいます。
富士山がキレイに見える山小屋です(^^)
1
猫ちゃんニャー😸
2020年02月08日 09:00撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫ちゃんニャー😸
3
七ツ石小屋上にある分岐。
ここで雲取山の案内に従って左に進みました。
2020年02月08日 09:15撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋上にある分岐。
ここで雲取山の案内に従って左に進みました。
1
しばらく進んでルート確認したら、七ツ石山には登らない巻道に進んでしまっていたようでした。
七ツ石山は帰りに寄ることに。
2020年02月08日 09:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進んでルート確認したら、七ツ石山には登らない巻道に進んでしまっていたようでした。
七ツ石山は帰りに寄ることに。
この巻道にある北斜面はバッキバキ。
とりあえず、チェーンスパイクは装着せずに慎重に進みます。
2020年02月08日 09:33撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この巻道にある北斜面はバッキバキ。
とりあえず、チェーンスパイクは装着せずに慎重に進みます。
2
ブナ坂に到着。
2020年02月08日 09:44撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂に到着。
平将門の逸話もここでエンドロール。
2020年02月08日 09:46撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平将門の逸話もここでエンドロール。
1
ここから道がいっきに開けます。
2020年02月08日 09:48撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから道がいっきに開けます。
青空の下、稜線歩きのスタートです(^^)
2020年02月08日 09:53撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下、稜線歩きのスタートです(^^)
1
稜線に出た途端、目線の先には鹿の群れ。
2020年02月08日 09:54撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出た途端、目線の先には鹿の群れ。
2
七ツ石だけに、7頭の鹿がモグモグしてました(-'ロ'- )
2020年02月08日 09:55撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石だけに、7頭の鹿がモグモグしてました(-'ロ'- )
3
DIVE TO BLUE!

景色を楽しみながらどんどん進みます。
2020年02月08日 10:11撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DIVE TO BLUE!

景色を楽しみながらどんどん進みます。
1
ずっと富士山に見守られながら歩けて嬉しいです(^^)
2020年02月08日 10:12撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと富士山に見守られながら歩けて嬉しいです(^^)
2
遠くに南アルプス。
2020年02月08日 10:13撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに南アルプス。
1
雪と霜柱が解けて、道が少しグチャグチャな区間も続きます。
2020年02月08日 10:14撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と霜柱が解けて、道が少しグチャグチャな区間も続きます。
1
閉鎖になった奥多摩小屋。
2020年02月08日 10:20撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉鎖になった奥多摩小屋。
この登りの先、1813Pでチェーンスパイク装着。
2020年02月08日 10:23撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この登りの先、1813Pでチェーンスパイク装着。
この先からいっきに雪が増えてきます。
2020年02月08日 10:59撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先からいっきに雪が増えてきます。
九十九折の道。
2020年02月08日 11:01撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九十九折の道。
ちょいちょい富士山挟みます(^^)
2020年02月08日 11:06撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょいちょい富士山挟みます(^^)
小雲取山ゲッツ!
2020年02月08日 11:08撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小雲取山ゲッツ!
ホワイトビクトリーロードが続きます。
2020年02月08日 11:16撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホワイトビクトリーロードが続きます。
1
山頂直下の最後の登りです。
2020年02月08日 11:20撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の最後の登りです。
1
避難小屋に到着。
2020年02月08日 11:45撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋に到着。
1
ここからも富士山(^^)
2020年02月08日 11:25撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも富士山(^^)
避難小屋から雲取山山頂はすぐです。
2020年02月08日 11:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋から雲取山山頂はすぐです。
2
雲取山ゲッツ!
2020年02月08日 11:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山ゲッツ!
3
更にゲッツ!
2020年02月08日 11:29撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にゲッツ!
3
立派な方位盤。
2020年02月08日 11:41撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な方位盤。
2
( ゜∀ ゜)ハッ!
2020年02月08日 11:38撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
( ゜∀ ゜)ハッ!
2
DIVE TO BLUE!

避難小屋方面に戻ります。
2020年02月08日 11:40撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DIVE TO BLUE!

避難小屋方面に戻ります。
3
避難小屋の上には山梨百名山の標柱もありました。
2020年02月08日 11:45撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の上には山梨百名山の標柱もありました。
1
景色も開けているので、こちらでお昼にします。
2020年02月08日 11:47撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色も開けているので、こちらでお昼にします。
お昼は軽めに。
2020年02月08日 11:50撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼は軽めに。
1
コーヒー飲んで下山します!
2020年02月08日 12:19撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒー飲んで下山します!
1
景色に夢中になって、行きにスルーしてしまったダンシングツリー(-'ロ'- )
2020年02月08日 13:03撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色に夢中になって、行きにスルーしてしまったダンシングツリー(-'ロ'- )
2
帰りは、行きに寄らなかった七ツ石山を経由します。
雪が残る道の登り返しがキツイ^^;
2020年02月08日 13:10撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは、行きに寄らなかった七ツ石山を経由します。
雪が残る道の登り返しがキツイ^^;
七ツ石山ゲッツ!
2020年02月08日 13:24撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山ゲッツ!
3
山頂からの景色。
この時間帯には、富士山頂が雲に覆われてしまいました。
天気は安定していたものの、午後は雲が多めでした。
2020年02月08日 13:26撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの景色。
この時間帯には、富士山頂が雲に覆われてしまいました。
天気は安定していたものの、午後は雲が多めでした。
雲取山山頂から歩いた稜線。
2020年02月08日 13:35撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山山頂から歩いた稜線。
1
狼の神様をおまつりする七ツ石神社。
2020年02月08日 13:40撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狼の神様をおまつりする七ツ石神社。
1
その名の由来は、文字通り7つの大きな岩が並んでいるからとのこと。
数えたら確かに7つありました(-'ロ'- )
2020年02月08日 13:39撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その名の由来は、文字通り7つの大きな岩が並んでいるからとのこと。
数えたら確かに7つありました(-'ロ'- )
1
最近起きた2件の滑落事故は、下山時に暗くなった時間帯のラスト10分で起きたようです。
最後に足を踏み外さぬよう、特に足下に集中して注意して進みます!
2020年02月08日 15:22撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近起きた2件の滑落事故は、下山時に暗くなった時間帯のラスト10分で起きたようです。
最後に足を踏み外さぬよう、特に足下に集中して注意して進みます!
1
無事に登山口まで戻って来ました。
お疲れ様でした(^-^)/
2020年02月08日 15:41撮影 by SO-02H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に登山口まで戻って来ました。
お疲れ様でした(^-^)/
2

感想/記録

前から登ってみたかった雲取山に日帰りで行って来ました。

お天気も午前中はしっかり晴れて、稜線からは立派な富士山だけでなく、南アルプスなんかもしっかり見えました(^^)石尾根から眺める景色はとても素晴らしかったです✨

午後からは少し雲が多くはなりましたが、風もほとんどなく、気温もそこまで冷え込むこともなく、本当にコンディションのいい日に来れたと思います(^^)薄手の長袖1枚で山頂までは行けちゃいました。雪も思ったより少なく、チェーンスパイクで問題なしでした。

日帰りだと、どのコースで登ってもまあまあ長いので、この時期は特に早出早着が重要だと思いました。登山道自体はよく整備されていますが、細いトラバース道が多く、崩落している箇所もあります。時間に余裕を持って注意して登れば問題はないかと思います。

帰りは道の駅たばやまにある、めこい湯にも行ってみたかったのですが、帰りも遅くなりそうだったので、東京方面への帰り道にある奥多摩のもえぎの湯で温まって帰りました。

雲取山、さすがは東京都最高峰の日本百名山。その名の通り素敵なお山でした🗻✨日本百名山踏破を目指しているのではないですが、これで日本百名山も15座目となりました。これからもたまに遠征しながら、栃木以外の山も楽しんでいければと思います(^^)
訪問者数:283人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/16
投稿数: 1433
2020/2/11 18:55
 雲取山、令和天皇も登頂したお山。
こんばんは😄
雲取山を日帰りで、健脚ですね(^。^)
今年は雪が少ないとはいえ2,000mの山は
そこそこ雪が有りますから。

冬山にしては天気も穏やかでいいですね。
ダイブトウーブルー(^。^)

随分前に三峰口から山荘泊でピストン。
令和天皇(当時は皇太子)お泊りの写真とかが飾られて、トイレは水洗( ̄▽ ̄)
小屋のスタッフは気のせいか「天狗👺」が多かったです( ̄▽ ̄)
登録日: 2018/1/2
投稿数: 74
2020/2/11 20:17
 Re: 雲取山、令和天皇も登頂したお山。
teheさん

こんばんは★コメントありがとうございます!
日帰りの雲取山はなかなか大変でしたが、お陰様で無事に暗くなる前に下山出来て良かったです👍雪は中盤からちょいちょいありましたが、後半だけチェーンスパイク装着しました。

三峰口から登られたことあるんですね☺️
あそこの山小屋は水洗トイレなんですか!それは快適ですね🚻その分、スタッフさんも天狗になってしまっていたんですね😅

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ