また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2212474 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

笹平バス停〜松生山〜天領山〜浅間嶺〜上川乗バス停まで。雪のない2月の浅間尾根。

日程 2020年02月09日(日) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間18分
休憩
58分
合計
6時間16分
S笹平バス停06:5008:43内蔵ノ助山08:5409:16払沢ノ峰09:1709:46松生峠10:06松生山10:2710:35天領山10:3610:45入沢山10:4611:11浅間嶺展望台11:1211:23浅間尾根休憩所11:4512:46上川乗バス停13:06下川乗バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル カメラ

写真

「詳細図」ではここが取りつきになっていましたので行ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「詳細図」ではここが取りつきになっていましたので行ってみます。
1
霜が降りています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜が降りています。
1
なんか耕作していない畑っぽいところを抜けると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか耕作していない畑っぽいところを抜けると
奥に道標が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に道標が見えました。
案外急かも。踏み跡ははっきりしています。意外とアップダウンがありました。膝が少し痛いのでストックを使い、ゆっくり歩きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案外急かも。踏み跡ははっきりしています。意外とアップダウンがありました。膝が少し痛いのでストックを使い、ゆっくり歩きました
道標はそれなりにあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標はそれなりにあります。
ボケてますがこれはもしかして
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボケてますがこれはもしかして
最初のピーク。この辺で朝食。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のピーク。この辺で朝食。
1
このピークから先はなだらかな道に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このピークから先はなだらかな道に
木がありますがチラチラと見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木がありますがチラチラと見えました
尾根が曲がるところなどには道標lがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根が曲がるところなどには道標lがあります
雲取山とかかなあ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山とかかなあ
朝一人抜かされただけで誰にも合わない静かな尾根、
富士山を眺めながら歩きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝一人抜かされただけで誰にも合わない静かな尾根、
富士山を眺めながら歩きました
1
こういう尾根が好きなのです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう尾根が好きなのです
尾根の両側の所有者が書かれた札が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の両側の所有者が書かれた札が
1
自然林なのか雑木林なのかわかりませんが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林なのか雑木林なのかわかりませんが
もうちょっとかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょっとかな。
つきましたー山頂。三角点も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つきましたー山頂。三角点も
3
ベンチとテーブルっぽい木がありましたので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベンチとテーブルっぽい木がありましたので
1
富士山を見ながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を見ながら
3
コーヒーとおやつ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コーヒーとおやつ
3
しばらくは、眺めのいいところがちょいちょいでてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは、眺めのいいところがちょいちょいでてきます
2
ここは東京都の持ち物?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは東京都の持ち物?
富士山がずいぶん隠れてきちゃいました。「浅間」嶺なのに松生山より見えてないというのはどういうことなのか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がずいぶん隠れてきちゃいました。「浅間」嶺なのに松生山より見えてないというのはどういうことなのか
関ふれルートに乗りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関ふれルートに乗りました
ゆるいけどちょっと疲れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるいけどちょっと疲れた
1
展望台に着きましたよ。人が増えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に着きましたよ。人が増えてきました
1
いつもの休憩場所が見えました。人がたくさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの休憩場所が見えました。人がたくさん
トイレとか昼食とかの休憩。それにしても雪がないです。いつもこの時期真っ白なのに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレとか昼食とかの休憩。それにしても雪がないです。いつもこの時期真っ白なのに
上川乗バス停に降ります。ここで降りたことはなかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上川乗バス停に降ります。ここで降りたことはなかった
竹林もありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹林もありました
これはなんだろう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはなんだろう
もうすぐバス停。この辺の町並みは良いと思うのです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐバス停。この辺の町並みは良いと思うのです
1
バスの時刻表。次までちょっとあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの時刻表。次までちょっとあります。
送迎かーと迷っていたら、数馬行きのバスがきていました。これに乗って温泉に入っても良かったかな、と後で思いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送迎かーと迷っていたら、数馬行きのバスがきていました。これに乗って温泉に入っても良かったかな、と後で思いました。
1
ここのカフェは満員でした。下川乗バス停そばのカフェでコーヒー飲みながらバスを待ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのカフェは満員でした。下川乗バス停そばのカフェでコーヒー飲みながらバスを待ちました。
2
満員カフェの温度計。意外と高かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満員カフェの温度計。意外と高かった。

感想/記録
by kumayo

浅間嶺は、いつも9時くらいのゆっくりスタートが多いですが、今回は早起きし、未踏の多摩100山、松生山経由にしてみました。
武蔵五日市駅に着いたのは日の出少し前。車窓からの薄明がきれいでした。

笹平からのルートは奥多摩東部登山詳細図(2013年版)では
一般登山道ではあるものの「山慣れた人向き」で、
しかもみなさんのレコで取り付きがわかりにくいことも予習済みなので、
GPSと詳細図をしっかり見て、バスを降りたら少し先に歩き、取り付きを探して、なんとか間違えずにすみました。

最初しばらくは結構アップダウンがあり、そういえば膝が痛いのだったと思い、
ストック使って安全第一で歩き、ちょっと時間かかってしまいました。

とはいえ、内蔵ノ助山を超えたらゆるやかな尾根になり、
富士山などの展望もすばらしく、楽しく歩けました。

浅間嶺に近づくと人も増え、ここでぼっち登山は終了、かと思いきや、
バスのタイミングがいまいちの時間におりたので、
上川乗までもぼっちでのんびりマイペースに歩けてよかったです。

浅間尾根は雪の多い2月に歩くことが多いのですが、やはり暖冬、ここまで雪がないとは。
ひだまりハイキングも楽しいけど、
雪がないのもちょっとさびしいものです。

帰宅後、多摩100山の本の浅間尾根のページをちょっと見てみました。

(1)ルートは浅間尾根登山口→一本松山→浅間嶺展望台→松生山→少し浅間嶺側に戻り→瀬戸沢→時坂峠→払沢の滝

今までも本に記載のルート通りには歩いていないけど、
たまにはちゃんとルート通りに歩いても良かったかも、とも思いました。
本には笹平方面のルートは記載がありませんでした。

(2)松生峠から瀬戸沢まで下りられるが崩壊地もあるので、
浅間嶺の方に戻り、との趣旨の記載がありました。

かつては直接瀬戸沢に行けたのかもしれませんが、
今は道標で塞がれていて、多分廃道なのかな、と。

(3)松生山には浅間尾根を横断する古道が通っていた

というものの、今回、それらしき道は見つからなかったです。地図にもありませんでしたし…

せっかく本を持っているので、次はちゃんとよんでから歩こうと思います。
平成15年発行の書籍のため、最新の情報も入手は必要ですが。
ついでに今回里山100も歩いたし、この本もよんでおこう。
(実は一回読んでいるものの、歩くつもりで読んでなかったのです)

帰りはバスの待ち時間が長かったので、次のバス停まで歩いたら、最後の写真のカフェは満員。
下川乗バス停そばにコーヒーが飲めそうなお店があってよかったです。ちゃんと豆を挽いてくれた、おいしいコーヒーでした。
訪問者数:83人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/3
投稿数: 135
2020/2/16 23:11
 こんばんは!
松生山登山お疲れ様でした。
写真を見て、2か月前の記憶がよみがえりました。
最初は急登でキツイけど、稜線にでると勾配緩く、
しかも景色が良いので、なかなか良い山だったことを思い出します。
多摩100山の本を事前に読んで、登ってみるとまた違う発見があるようですね!
私も購入してみます。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ストック 三角点 GPS 廃道 道標 温泉
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ