また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2214000 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳(赤岳&赤岳鉱泉アイスキャンディ)

日程 2020年02月08日(土) 〜 2020年02月09日(日)
メンバー , その他メンバー4人
天候2/8(土) 強風→曇りのち時々晴れ
2/9(日) 曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘の駐車場を利用(1日¥1,000×2日間=¥2,000)
美濃戸までの林道はとても雪が少なかったが凍結箇所ありで、4駆スタッドレスにチェーンを装着して入った。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち80%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間30分
休憩
2時間9分
合計
7時間39分
S赤岳山荘07:3607:42美濃戸07:4407:46美濃戸山荘09:02中ノ行者小屋跡09:0810:08行者小屋10:5511:03阿弥陀岳分岐12:13文三郎尾根分岐12:1612:25キレット分岐12:3212:46竜頭峰分岐12:53赤岳12:5913:02赤岳頂上山荘13:1113:28赤岳天望荘13:4313:47地蔵の頭13:5814:30行者小屋14:5315:01中山尾根展望台15:15赤岳鉱泉
2日目
山行
53分
休憩
1分
合計
54分
赤岳鉱泉12:4113:09堰堤広場13:1013:31美濃戸山荘13:35赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<2/8>
美濃戸07:36→10:08行者小屋(休憩)10:55→12:13文三郎尾根分岐→12:25キレット分岐→12:53▲赤岳12:59→13:25赤岳天望荘(休憩)13:43→13:47地蔵の頭→14:30行者小屋14:53→15:15赤岳鉱泉(宿泊)
[TOTAL:7時間39分]
<2/9>
赤岳鉱泉12:41→13:09堰堤広場→13:35美濃戸
[TOTAL:0時間54分]
コース状況/
危険箇所等
登山届は八ヶ岳山荘でポスト。トイレは八ヶ岳山荘、美濃戸、行者小屋、赤岳天望荘(2/24まで)、赤岳鉱泉が使えると思います。(いずれもチップ制)
登山道は、南沢・北沢ともにカチンコチンなところがあるのでチェーンスパイクか軽アイゼンがあると快適。一般ルートなので普通にトレースあり。今回は稜線も雪が着いており岩の上を歩くことはなかったです。ブンザも地蔵もクサリはだいたい出ていたので普通に使えました。
その他周辺情報赤岳鉱泉アイスキャンディ初心者体験会
https://userweb.alles.or.jp/akadake/i/taiken.html

写真

7:36 赤岳山荘駐車場しゅっぱつ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:36 赤岳山荘駐車場しゅっぱつ。
1
まずは南沢から行者小屋へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは南沢から行者小屋へ。
けっこうカチンコチンなので軽アイゼンかチェーンスパイクがあるといい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこうカチンコチンなので軽アイゼンかチェーンスパイクがあるといい。
南沢大滝はここから入るらしい。ロープの外にトレースがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢大滝はここから入るらしい。ロープの外にトレースがある。
1
標高が上がってくると雪もふかふかに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が上がってくると雪もふかふかに。
1
この倒木のあたりから、晴れていれば横岳の岩峰群が見えるんだがナ・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この倒木のあたりから、晴れていれば横岳の岩峰群が見えるんだがナ・・・。
10:08 行者小屋とうちゃこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:08 行者小屋とうちゃこ。
ココはあいかわらず寒い!稜線仕様に身支度をととのえる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココはあいかわらず寒い!稜線仕様に身支度をととのえる。
10:55 行者小屋しゅっぱつ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:55 行者小屋しゅっぱつ。
1
阿弥陀との分岐をすぎて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀との分岐をすぎて
ブンザはふかふかの急登ではじまる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブンザはふかふかの急登ではじまる。
1
少し晴れ間ものぞいてきた。午後からは回復する予報やよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し晴れ間ものぞいてきた。午後からは回復する予報やよ。
3
森林限界を超えた。主稜にクライマーがとりついてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超えた。主稜にクライマーがとりついてる。
眼下に行者小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に行者小屋。
2
上部はガスの中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部はガスの中。
ときおり見える大同心。晴れないかな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ときおり見える大同心。晴れないかな〜。
ちょっと八ヶ岳ブルーがのぞいては
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと八ヶ岳ブルーがのぞいては
3
またガスに。中岳との分岐の標識が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またガスに。中岳との分岐の標識が見える。
12:13 中岳・阿弥陀岳との稜線に出た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:13 中岳・阿弥陀岳との稜線に出た。
1
まだ重たそうな雲が広がっているが、阿弥陀山頂にかかっていたガスがはれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ重たそうな雲が広がっているが、阿弥陀山頂にかかっていたガスがはれた。
4
あちらは権現岳、網笠山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらは権現岳、網笠山。
1
あの岩稜地帯に入ったら山頂は近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩稜地帯に入ったら山頂は近い。
キレット分岐の標識が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット分岐の標識が見えた。
12:25 キレットとの分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:25 キレットとの分岐。
ここのトラバースは片足分の幅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのトラバースは片足分の幅。
1
12:46 竜頭峰分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:46 竜頭峰分岐。
あの岩をまわりこんだら山頂はすぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩をまわりこんだら山頂はすぐ。
もうほとんど山頂〜♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうほとんど山頂〜♪
2
12:53 赤岳山頂とうちゃこ!(2,899m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:53 赤岳山頂とうちゃこ!(2,899m)
初八ヶ岳が冬季赤岳のメンバーも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初八ヶ岳が冬季赤岳のメンバーも。
2
自撮り集合写真。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り集合写真。
3
さて下山しますか〜。あちらは頂上山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて下山しますか〜。あちらは頂上山荘。
こっち側は正面からの風が冷たいので完全防備で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち側は正面からの風が冷たいので完全防備で。
県界尾根は歩いたことがない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県界尾根は歩いたことがない。
天望荘にむかって降ってゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天望荘にむかって降ってゆく。
ちょっと晴れてきたぞ、登山あるあるか〜?(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと晴れてきたぞ、登山あるあるか〜?(笑)
1
稜線はミックスかと思ったが意外に雪があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線はミックスかと思ったが意外に雪があった。
横岳に陽があたってきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳に陽があたってきれい。
1
いつもながら降りてくるのは早い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもながら降りてくるのは早い。
2
13:28 赤岳天望荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:28 赤岳天望荘。
ひと休みして、しゅっぱつ。横岳のむこうに硫黄岳も晴れてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと休みして、しゅっぱつ。横岳のむこうに硫黄岳も晴れてきた。
いちおう八ヶ岳ブルーということで。雪稜に映えるな〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いちおう八ヶ岳ブルーということで。雪稜に映えるな〜。
5
10:47 地蔵の頭。地蔵尾根で下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:47 地蔵の頭。地蔵尾根で下山します。
お地蔵様。エビはあんまりついてない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様。エビはあんまりついてない。
地蔵尾根の上部ですれ違い待ち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の上部ですれ違い待ち。
1
正面に阿弥陀岳、中岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面に阿弥陀岳、中岳。
2
クサリも出ていて安心の地蔵尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリも出ていて安心の地蔵尾根。
でも思ったより雪は深い。最近降ったのだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも思ったより雪は深い。最近降ったのだろうか。
1
今日の宿、赤岳鉱泉とアイスキャンディを見下ろしながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿、赤岳鉱泉とアイスキャンディを見下ろしながら。
1
大同心のむこうに硫黄岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心のむこうに硫黄岳。
1
14:30 行者小屋に戻ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:30 行者小屋に戻ってきた。
1
行者小屋の気温はマイナス10℃。陽が出ると暖かい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋の気温はマイナス10℃。陽が出ると暖かい。
赤岳山頂も晴れた。登山あるあるだ(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂も晴れた。登山あるあるだ(笑)
3
大同心・小同心も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心・小同心も。
1
さあ、あとは赤岳鉱泉に行ってビールのむぞ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、あとは赤岳鉱泉に行ってビールのむぞ〜。
展望台の分岐から見上げる大同心・小同心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台の分岐から見上げる大同心・小同心。
15:15 赤岳鉱泉とうちゃこ!おつかれさまでした〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:15 赤岳鉱泉とうちゃこ!おつかれさまでした〜。
夕食は肉だった♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食は肉だった♪♪
2
さっぶー!翌朝はマイナス17℃。(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっぶー!翌朝はマイナス17℃。(笑)
アイスキャンディ体験会に参加!登る人を応援中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディ体験会に参加!登る人を応援中。
2
体験会は陽があたる緩い斜面で良かった(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体験会は陽があたる緩い斜面で良かった(笑)
2
ラインは2つ、徐々に高度をあげていく。これは3本目かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラインは2つ、徐々に高度をあげていく。これは3本目かな。
2
全部で4本登らせてもらった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全部で4本登らせてもらった。
3
12時まで遊んで、集合写真。(赤岳鉱泉fbより)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時まで遊んで、集合写真。(赤岳鉱泉fbより)
5
腹へったけどゴハンは下までガマンする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹へったけどゴハンは下までガマンする。
12:41 では下山します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:41 では下山します。
1
アイスキャンディと横岳の岩峰群。晴れたね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスキャンディと横岳の岩峰群。晴れたね〜。
2
ひさしぶりに歩く北沢。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひさしぶりに歩く北沢。
13:31 美濃戸とうちゃこ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:31 美濃戸とうちゃこ。
13:35 赤岳山荘駐車場。おつかれさまでしたー!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:35 赤岳山荘駐車場。おつかれさまでしたー!
2

感想/記録

今回の目的は赤岳鉱泉のアイスキャンディ初心者体験会。赤岳鉱泉に泊まることが条件だが、¥1,000で道具のレンタルもついてお得なコースなのでクライミング仲間で遊びに行ってみようということに。八ヶ岳が初のメンバーも、冬季の赤岳が初のメンバーもいたので、ついでに赤岳に登ることにした。
メンバー2人は前のりしてどこかに登り、赤岳鉱泉で落ち合う算段。僕らは後発隊として5人で南沢から行者〜文三郎道で赤岳に向かう。
土曜の午前中は風が強く、午後から回復に向かう予報だったので、昼過ぎにでも登頂できればいいなとのんびり山行スタート。
2時間睡眠で日本酒1升を背負っての文三郎は足取りが重かったが、重く垂れ込めた雲も少しずつ晴れ間がのぞくようになり、赤岳山頂はガスだったが地蔵尾根を下るころには晴れてきた。
赤岳鉱泉の晩ゴハンはお肉だったので申し分ない1日目となった。

2日目の朝はマイナス17℃まで冷え込んだ。午前中はアイスキャンディ体験会に参加するので、あわただしく出発する登山客を横目にコーヒー飲んだりしてのんびり過ごす。こういう山小屋の朝もいいもんだ。起きたときは吹雪いていたが、体験会がはじまるころには陽もあたるようになった。
アイス体験会は縦爪のクランポンを借りられると思っていたら自前の平爪を使わされたのがちょっと残念だったが、傾斜の緩いラインだったので平爪でもけっこう乗れて問題なかった。コツを習ったり、3種類くらいのアックスをいろいろ使わせてもらったりして、4本ほど登って12時に終了。とてもおもしろかったので今度は道具だけレンタルして自分たちで遊びにこよう。実は既に縦爪のクランポンが欲しくなったりしてるので、これからアックスとか物色してしまわないか心配だ(笑)
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/21
投稿数: 1286
2020/2/11 21:45
 もう戻れませんね。。。
YOSさん
こんにちは。
アイスキャンディーやってる写真かっこいいですねぇ〜
もう戻れませんね^^きっと道具買っちゃいますね!
どんどん進化していってうらやましいです。
文三郎の登っていく様子を見て、私も赤岳に行きたくなってきてしまいました。
登録日: 2013/10/25
投稿数: 168
2020/2/11 23:51
 雪の八ヶ岳いいなー
白馬にいましたが金曜日夜から積雪がありこの連休は雪に恵まれました。
八ヶ岳もかなり雪が増えた様子ですね!
YOSさんが赤岳登られるのは地蔵尾根からの印象があるのですが、
今回はブンザからなのですね。そっちの方がリスクが少ないのかな?

いずれにせよ、赤岳うらやましいです。
天望荘が営業していると知りますます行きたくなってます〜
登録日: 2012/8/1
投稿数: 182
2020/2/12 13:07
 Re: もう戻れませんね。。。
mapleさんどうも!
アイス体験会、おもしろかったですよ〜
けっこう人気コンテンツなんですぐに満員になりますが、アイスキャンディを使って遊ぶHow Toもわかるし、必要な道具は全部借りられるんで、キャンセル待ちで行ってみるのもあり?
こんどは自前のアックスで(体験会は自前アックスNG)と縦爪アイゼン(買うのか?w)で遊んでみたいです。
冬の八ヶ岳はやっぱりいいですね。北のほうも行きたいな〜。
来シーズンは久しぶりに赤〜横〜硫黄の縦走でもやろうかな、なんて思います
登録日: 2012/8/1
投稿数: 182
2020/2/12 13:09
 Re: 雪の八ヶ岳いいなー
nomaさんどうも!
雪にめぐまれた白馬、なによりでしたね
八ヶ岳も、美濃戸林道の雪の少なさは驚きましたが、登山道には岩の露出もなく
ストレスのない山歩きができました。
今回は天候回復が遅れて行動が厳しいようなら天望荘で待機なんてこともできる地蔵からのルートも考えましたが、大丈夫そうだったのでメンバーで話し合ってブンザから登りました
地蔵からは天望荘から山頂への登りがどうも退屈なんで・・・。
今シーズンの天望荘は2/24までだそうです
硫黄〜横岳〜赤岳〜阿弥陀なんて縦走する場合はいいですよね〜 。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ