また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2231073 全員に公開 雪山ハイキング 八ヶ岳・蓼科

縞枯山 茶臼山 東天狗岳 硫黄岳

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年02月23日(日) 〜 2020年02月24日(月)
メンバー
天候快晴、強風
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間39分
休憩
8分
合計
4時間47分
S北八ヶ岳ロープウェイ山頂駅09:5210:09縞枯山荘10:1010:36縞枯山10:3710:55縞枯茶臼鞍部10:5611:24中小場11:2411:34大石峠11:41茶水の池11:4211:47麦草峠11:4912:42丸山12:4413:00高見石小屋13:0014:05中山展望台14:09中山14:1114:20中山分岐14:2014:30見晴らし台14:3214:35中山峠14:3514:40黒百合ヒュッテ
2日目
山行
5時間33分
休憩
45分
合計
6時間18分
黒百合ヒュッテ07:3907:43中山峠07:4408:14天狗岳分岐08:1508:23天狗の鼻08:2308:45白砂新道入口08:4508:56根石岳08:5909:41夏沢峠09:4110:19硫黄岳10:3310:52赤岩の頭11:34ジョウゴ沢11:3511:37大同心沢(大同心ルンゼ)分岐11:3811:54赤岳鉱泉12:1612:43堰堤広場12:4413:10美濃戸山荘13:10美濃戸13:23やまのこ村13:2313:55八ヶ岳山荘13:55美濃戸口13:57yatsugatake J&NG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
標高2,500mくらいの稜線上は強風が吹き荒れていました。登山道はバリバリの雪かツルツルの氷に岩が混じっていました。一方樹林帯は風が弱く、登山道もフカフカの雪でした。
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

写真

樹林帯はフカフカ雪
2020年02月23日 12:49撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯はフカフカ雪
1
陽が差し込むとホッ
2020年02月23日 13:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が差し込むとホッ
1
青色を通り越して紺色の空
2020年02月23日 13:52撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青色を通り越して紺色の空
1
夕暮れ前
2020年02月23日 17:22撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕暮れ前
日の出前
2020年02月24日 06:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前
綺麗・・という言葉しか思いつかん
2020年02月24日 09:09撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗・・という言葉しか思いつかん
1
とにかく青い
2020年02月24日 09:23撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく青い
1
硫黄岳頂上から
横岳、赤岳、阿弥陀岳を臨む
2020年02月24日 10:23撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳頂上から
横岳、赤岳、阿弥陀岳を臨む
1
横岳頂上を臨む
大同心はどこから見ても強烈な存在感
2020年02月24日 11:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳頂上を臨む
大同心はどこから見ても強烈な存在感
左から大同心、奥の院、小同心かな?
2020年02月24日 11:18撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から大同心、奥の院、小同心かな?
1
撮影機材:

感想/記録

今回は花粉から逃げるように雪の八ヶ岳へ行きました。雪山ならではの綺麗な景色がたくさん拝めましたが、とりわけ「空」が色鮮やかで印象に残っています。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:238人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/9/29
投稿数: 14
2020/2/24 19:49
 花粉
雪山だと花粉症は大丈夫でしたでしょうか?
私は今日重症でくしゃみと鼻水が酷かったです・・・昨日は問題なかったのですが。
登録日: 2019/12/17
投稿数: 9
2020/2/24 19:58
 Re: 花粉
今回のコースの大部分が標高2,000m以上だったので花粉は全然平気でした。まだまだ真冬です。下山後バスに乗ったら症状が出ましたが。
登録日: 2019/9/29
投稿数: 14
2020/2/24 21:42
 Re[2]: 花粉
それはなにより。花粉症が重症の人は週末に避難してもいいかも。

写真どれもきれいですね〜
でもたくさんのテントに目がいってしまいました。
手がかじかんで軽アイゼンの着脱だけでもイライラするのに重い装備を持ち歩いて設営してさらにそこで寝るとか・・・私には信じられません(笑)
登録日: 2019/12/17
投稿数: 9
2020/2/25 8:05
 Re[3]: 花粉
テントは多かったです。20張くらいありました。黒百合平は風が穏やかで天気も良かったので、テントは快適に見えました。

そして、夏に黒百合ヒュッテに泊まった時もテントがたくさん張られていましたが、夜中の雷と大豪雨でテント客がヒュッテに駆け込んできました。そういう待避所がある気楽さもあって、どの季節でもテントを張りやすいのだと思います。ヒュッテに綺麗なトイレや売店もありますし。

黒百合ヒュッテの中も大盛況でごった返していました。宴会の場と化す居間、夕食の6人分の煮物を取り切ってしまう4人客、消灯後に響くしゃべり声、就寝後にぎゃーと泣き叫ぶ子供、そしてこれはやむを得ないですがイビキの大合唱。。泊まる日を完全に間違えました(ー ー;)

次は人の少ない日を狙って行こうと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

奥の院
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ