また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2243892 全員に公開 ハイキング 奥武蔵

飯能100名山行脚

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き:飯能
帰り:西吾野
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間0分
休憩
31分
合計
10時間31分
Sスタート地点06:0506:25天覧山中段06:2606:29天覧山06:54常盤平07:01多峯主山07:0307:17西武不動産営業所バス停07:22西武飯能日高BS07:32久須美ケルン07:44久須美坂07:57かまど山入口08:1258号鉄塔08:19東峠08:2009:04天覚山09:29ゼンゴ山09:3110:12大高山10:56栃沢・栃沢峠11:0211:17藤光寺山11:1811:47栃沢・栃沢峠11:4812:48栃沢・栃沢峠12:5113:09長久保坂13:22湯ノ花山13:42南沢山13:57飛村(前坂)への分岐14:22高反山14:2314:34堂平山14:56スルギ14:5715:02久々戸山15:0315:16子の権現駐車場15:2015:24子ノ権現15:46天寺へ十二丁15:57イモリ山16:0016:07森坂峠16:14本陣山16:18森坂峠16:27ロックガーデンカフェ16:3116:36西吾野駅16:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
飯能駅→天覧山(No.2)→神久山(No.1)→太郎坊(No.3)→多峯主山(No.13)→永田山(No.17)→久須美山(No.11)→仙谷山(No.22)→天覚山(No.52)→ゼンゴ山(No.29)→大高山(No.55)→高岩山(No.44)→藤光寺山(No.39)→柴山(No.15)→湯ノ花山(No.40)→南沢山(No.54)→高反山(No.61)→堂平山(No.60)→久久戸山(No.62)→阿宇山(No.73)→子の山(No.76)→イモリ山(No.47)→本陣山(No.50)→ロックガーデンカフェ→西吾野駅
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

PACKWEIGHT13キロ。肩に食い込む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
PACKWEIGHT13キロ。肩に食い込む。
天覧山から朝焼け。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覧山から朝焼け。
1
まいど(コメントなし)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まいど(コメントなし)
看板は分かりづらい位置にある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板は分かりづらい位置にある。
阿闍梨の講習会で来たことがある場所だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿闍梨の講習会で来たことがある場所だった。
まいど(コメントなし)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まいど(コメントなし)
ケルンのあるところが頂上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンのあるところが頂上。
この看板も分かりづらい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板も分かりづらい。
アップダウンが多くて大変だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップダウンが多くて大変だった。
まいど(コメントなし)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まいど(コメントなし)
410ピークからの下りがちょっと怖い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
410ピークからの下りがちょっと怖い。
まいど(コメントなし)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まいど(コメントなし)
尾根にとりつくまでが不明瞭。飯能アルプスから尾根沿いを歩いた方がいいかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にとりつくまでが不明瞭。飯能アルプスから尾根沿いを歩いた方がいいかも。
ここはほんと大変。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはほんと大変。
尾根を直登すればすぐにつく。ただし尾根までが遠い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を直登すればすぐにつく。ただし尾根までが遠い。
湯ノ花山への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯ノ花山への分岐。
途中の藪が嫌だけど、割とすぐにつく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の藪が嫌だけど、割とすぐにつく。
ここもピーク取りやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもピーク取りやすい。
廃道を下ってみた。GPSがあればなんとかなるが、地図読みは無理。途中鹿にあって心臓が止まるかと思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道を下ってみた。GPSがあればなんとかなるが、地図読みは無理。途中鹿にあって心臓が止まるかと思った。
ここも無理やり尾根にとりついてピークハント。飯能アルプスから尾根沿いを歩けばすぐにつく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも無理やり尾根にとりついてピークハント。飯能アルプスから尾根沿いを歩けばすぐにつく。
100名山ではない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100名山ではない。
堂平山への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂平山への分岐。
昔間違えて来たことがあるなって思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔間違えて来たことがあるなって思った。
100名山ではない。100名山の基準が分からない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100名山ではない。100名山の基準が分からない。
尾根沿いを歩いてピークハント。下りは無理やり下って飯能アルプスに合流した。ここも尾根沿いを歩いた方が無難。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根沿いを歩いてピークハント。下りは無理やり下って飯能アルプスに合流した。ここも尾根沿いを歩いた方が無難。
この看板が分かりづらかった。銅像の裏の木にさらっとかかっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この看板が分かりづらかった。銅像の裏の木にさらっとかかっている。
なっちゃん50円。ただし賞味期限は2020.1月。買ってはじめてわかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なっちゃん50円。ただし賞味期限は2020.1月。買ってはじめてわかった。
前回我慢した本陣山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回我慢した本陣山。
カレーパンを2個買って帰る。ギリギリの電車じゃないとこういう楽しみが出来るのでいいなって思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーパンを2個買って帰る。ギリギリの電車じゃないとこういう楽しみが出来るのでいいなって思う。

感想/記録

飯能中央公園出発。飯能中央公園付近の100名山を一気にピークハント。
多峯主山から永田台までは飯能アルプスを通らず、街へ一度抜けるルートを選択。

永田台のファミリーマートで補給。ここはカフェスペースが広く綺麗。
また行きたい。高麗は街がきれいで住みやすそうでいいな。

永田台の登山口からトレイルに入り、飯能アルプスに復帰。
永田山→久美須山を踏破。久美須山の看板が非常に分かりづらい。
というか、どこの山も大体わかりづらく3分くらい見つけるまでに時間がかかる山もある。

釜戸山、不動山、屋船山は先日ピークハントしたので寄り道せず。
これら3つの山への寄り道(全てピストン)があるだけでたぶん+2時間はかかる。

東峠からSAKIルートを通り鉄塔へ。鉄塔から仙谷山まではピストン。
鉄塔脇から入り、右手に尾根を見ながらトラバースして尾根に合流。
その後エグイアップダウンを繰り返して仙谷山に到着する(往復20〜25分)。

毎度の天覚山をピークハント。飯能アルプスを進み、次の410ピークから支尾根に入りゼンゴ山までは再びのピストン。

410ピークからの下りが嫌らしかった。あとはまったく踏まれてなくはないがあまり踏まれてないのでそれなりって感じだった(往復20〜25分)。

大高山まではアップダウンが多くて長く感じる嫌らしいルート。
彩の国100mileはここを明るい時間に通過できればタイムが短縮できるのではないだろうか?

大高山から下っていったんロードへ。前坂方面は行かず、ロードを下る。
分岐を北に上り返して高岩山に向かう。

高岩山の尾根への取り付きがよく分からかったので、無理やり尾根に合流する。
飯能アルプスの方から尾根沿いを歩けばもう少し容易にピークハントできたのかもしれないって思った。

再びロードへ戻りロードを下る。若干踏まれているトレイルに入り栃沢峠に。
栃沢峠からエグイ尾根を直登し、藪漕ぎしながら藤光寺山まで往復30分くらい。
この区間は道が分かりづらく、油断すると支尾根に入るし、趣味の悪い道案内みたいのばかりでおっかなかった。

栃沢坂を飛村とは逆に荒れてる道を進み萩沢の集落へ。集落に出るとロードがある。
ロードを柴山直下まで南下する。直下の尾根を直登して柴山(往復15分くらい)。

柴山登頂後は来た道を戻り、彩の国ルートの長久保坂コースに入る。
長久保坂の分岐を長沢の方へは抜けず南側の尾根を進む。

左右に分かれる分岐を左に曲がって(一応案内がある)下ったり藪を漕いだりしながら湯ノ花山(分岐から往復20分)

分岐まで戻り、尾根沿いを進み、一度コルに下る。ここの下りが非常に怖かった。
しかもオフロードバイクが登ってきたからのにはビビった。
コルから再び尾根を登り返して南沢山(コルから往復20分)。

コルに戻り廃道を使って中沢に降りたけどあまりに不明瞭すぎるので長久保峠まで戻った方が無難かなと思う。この辺の道をさまよってたら2〜3mくらいのところに鹿がいてマジでビビった。

中沢からロードを登り返して、これまたよくわからないところからほぼほぼ踏み跡のない道をたどり尾根にとりつく、尾根沿いを直進し高反山。
そのまま尾根を直進して飯能アルプスに復帰。

飯能アルプス沿いを進み、堂平山へ寄り道(案内板あり)。

飯能アルプスに戻り、スルギの手前の尾根から久久戸山に向かう(案内板無し)
登頂後は無理やり道なき道を下り飯能アルプスに下山したけど、来た道を戻った方が安心。

飯能アルプスを進み、子の権現到着。
阿宇山の看板を探すのに時間がかかったり、子の山の看板は見つからなかった。
(というか探さなかった、あるのかな)り、少し補給をして下山。

先日寄れなかった、本陣山へ寄り道して、ロックガーデンカフェでカレーパンを購入して帰宅した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:474人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ