また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2244857 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

榛ノ木尾根→六ツ石山→石尾根周回

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
むかし道小中沢観光トイレに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
1時間42分
合計
7時間57分
S小中沢公衆トイレ08:0209:32イソツネ山09:4910:27沖ノ指10:2911:17トオノクボ11:2212:00六ツ石山12:5913:02六ツ石山分岐13:12狩倉山13:1413:37三ノ木戸林道分岐13:3813:58三ノ木戸山14:1314:19十二天山14:2014:43越路ノ杜15:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■取り付きから境集落最上部の廃屋付近まで、基本的に道無し。あまり明瞭ではないが踏み跡はある。また、ハイキングコース合流前に3回水平道が横切った。
■イソツネ山へは道が無いので植林内を適当に登った。
■三ノ木戸山は山頂まで道が在った。山頂から北へコース復帰のための踏み跡も在る。
■城から檜村へ下る道は、地形図破線の様に直線的でなく、P684の先で一旦南に下ってトラバースする。この部分は踏み跡薄くて注意が必要。破線通り真っ直ぐ下ってしまうと、標高550m〜600mの急斜面を下る事になる。ここは登りはまだしも、下りだとロープ無しでは非常に危険。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

境から一般道で登るつもりだったが、道が在ったんでここから登り始める。リニューアルされたトイレはピカピカだった。
2020年03月03日 07:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境から一般道で登るつもりだったが、道が在ったんでここから登り始める。リニューアルされたトイレはピカピカだった。
10
大きな水音がしてたんで覗き込むと、滝が在った。むかし道の案内図に不動の上滝と書いてある。
2020年03月03日 07:50撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな水音がしてたんで覗き込むと、滝が在った。むかし道の案内図に不動の上滝と書いてある。
8
モノレールと共に道が逸れて行く。沢道だった様だ。ここから直登。
2020年03月03日 07:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールと共に道が逸れて行く。沢道だった様だ。ここから直登。
8
大きな木が数本佇む。ここにはっきりと道が横切っていた。水源巡視路だろうか。
2020年03月03日 08:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな木が数本佇む。ここにはっきりと道が横切っていた。水源巡視路だろうか。
3
対岸の三ノ木戸山。あの緑の屋根が某議員の別荘か。
2020年03月03日 08:38撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸の三ノ木戸山。あの緑の屋根が某議員の別荘か。
22
あー、気分台無し。それはそうと、ここにも水平道が横切っていた。
2020年03月03日 08:52撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あー、気分台無し。それはそうと、ここにも水平道が横切っていた。
2
境最上部の廃屋から近いんで、そのお宅で祀っていた神様でしょうね。直ぐ先でハイキングコースに合流。
2020年03月03日 08:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境最上部の廃屋から近いんで、そのお宅で祀っていた神様でしょうね。直ぐ先でハイキングコースに合流。
8
コースに合流して間もないが、ここから外れてイソツネ山へ向かう。
2020年03月03日 09:04撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースに合流して間もないが、ここから外れてイソツネ山へ向かう。
4
結構広い山頂だ。
2020年03月03日 09:32撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構広い山頂だ。
6
樹間に奥多摩湖が見える。冬季限定の眺めだね。
2020年03月03日 09:34撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹間に奥多摩湖が見える。冬季限定の眺めだね。
15
尾根伝いに進むとちょっとした岩場在り。
2020年03月03日 09:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根伝いに進むとちょっとした岩場在り。
5
コース復帰の辺りだったかな。伐採地上部の好展望地。
2020年03月03日 10:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コース復帰の辺りだったかな。伐採地上部の好展望地。
20
ここは皆写真撮ってるよね。
2020年03月03日 10:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは皆写真撮ってるよね。
9
この炭焼窯跡から道は巻くんで直登。
2020年03月03日 10:22撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この炭焼窯跡から道は巻くんで直登。
3
山頂手前から下った鞍部まで岩々だった。
2020年03月03日 10:29撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前から下った鞍部まで岩々だった。
6
防火帯に出る。綺麗な地面は歩き易い。
2020年03月03日 10:42撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
防火帯に出る。綺麗な地面は歩き易い。
14
地形図のマークはこれかー。
2020年03月03日 10:45撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地形図のマークはこれかー。
3
反射板から小河内ダムに一直線の空間。
2020年03月03日 10:47撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反射板から小河内ダムに一直線の空間。
8
やっとトオノクボに到着。久々の1000m登りは堪える。あとちょっとなんだけど、休憩しないと脚が棒。
2020年03月03日 11:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとトオノクボに到着。久々の1000m登りは堪える。あとちょっとなんだけど、休憩しないと脚が棒。
13
丁度良い時刻に到着。昼メシにする。
2020年03月03日 12:00撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁度良い時刻に到着。昼メシにする。
40
ずっと見えてたんだけど、結局ここまで邪魔なく見える所は無かった。
2020年03月03日 12:01撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと見えてたんだけど、結局ここまで邪魔なく見える所は無かった。
19
あの岩は巻く事もできるけど…
2020年03月03日 13:06撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの岩は巻く事もできるけど…
2
登ればこの通り。でも残念ながら時刻が遅過ぎた。
2020年03月03日 13:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ればこの通り。でも残念ながら時刻が遅過ぎた。
20
最高地点は明らかに奥だけど、ロープが張ってあって進入規制。
2020年03月03日 13:11撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高地点は明らかに奥だけど、ロープが張ってあって進入規制。
9
御前山に向かって下る。
2020年03月03日 13:14撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山に向かって下る。
12
中央のポッコリが三ノ木戸山かな。
2020年03月03日 13:24撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央のポッコリが三ノ木戸山かな。
12
コースは左へ巻くが直進。
2020年03月03日 13:44撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースは左へ巻くが直進。
1
道は少し外した所を長々と続く。
2020年03月03日 13:49撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は少し外した所を長々と続く。
1
標高点をだいぶ過ぎた所に山頂は在った。
2020年03月03日 13:56撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高点をだいぶ過ぎた所に山頂は在った。
4
三ノ木戸山到着。
2020年03月03日 13:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ木戸山到着。
18
北へ下ってコース復帰できるみたい。
2020年03月03日 14:13撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北へ下ってコース復帰できるみたい。
2
直ぐ下に道が通ってた。これがハイキングコースかと思ったら違ってた。
2020年03月03日 14:16撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐ下に道が通ってた。これがハイキングコースかと思ったら違ってた。
2
ここでハイキングコース合流。
2020年03月03日 14:18撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでハイキングコース合流。
1
城から檜村へ下るんでここは直進。
2020年03月03日 14:58撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城から檜村へ下るんでここは直進。
1
尾根を越える所にあった石仏。
2020年03月03日 14:59撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根を越える所にあった石仏。
9
取り敢えず奥多摩駅の方へ。
2020年03月03日 15:08撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り敢えず奥多摩駅の方へ。
5
ここで分かれる。上が檜村方向。
2020年03月03日 15:09撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで分かれる。上が檜村方向。
4
ここにも石仏。
2020年03月03日 15:10撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも石仏。
14
廃屋を過ぎるとP684。
2020年03月03日 15:12撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃屋を過ぎるとP684。
3
檜村に着いた。
2020年03月03日 15:43撮影 by ILCE-5100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜村に着いた。
14
撮影機材:

感想/記録

榛ノ木尾根はトオノクボから下が、石尾根は六ツ石山から下が、それぞれ未踏であった。これらを纏めて踏破するお得な周回ルートとして計画・実行した。天候も良く、暖かい日で気持ちよく歩けた一日だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1207人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ