また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2248898 全員に公開 雪山ハイキング 甲斐駒・北岳

360度の展望!入笠山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月07日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢入登山口の駐車場に停めました。20台ほどは楽に駐車できそうです。10時頃着いた時には、まだ何台か停められる余裕がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち48%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間44分
休憩
1時間24分
合計
4時間8分
S沢入登山口10:2611:24入笠湿原11:29山彦荘11:4412:11岩場コース 迂回コース分岐12:1412:27入笠山13:3213:38岩場コース 迂回コース分岐13:46御所平登山口13:4713:48マナスル山荘13:53山彦荘14:34沢入登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
チェーンスパイクを持っていきましたが、使わなくて大丈夫でした。全体的に適度な斜度で歩きやすいルートです。
コース状況/
危険箇所等
凍っているところもありますので、チェーンスパイク程度はあると安心です。でも、今回は私たちは使わずにすませてしまいました。

装備

個人装備 ザック ザックカバー 長袖シャツ 防寒着 ゲイター 昼ご飯 行動食 飲料 ヘッドランプ ファーストエイドキット タオル グローブ 携帯 バッテリー 時計 サングラス ストック ナイフ カメラ

写真

駐車場はまだいくらか空いていました。
2020年03月07日 10:21撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場はまだいくらか空いていました。
最初は、こんな階段が続きます。ややぬかるんでます。
2020年03月07日 10:26撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は、こんな階段が続きます。ややぬかるんでます。
凍っているところは気をつけて進みます。
2020年03月07日 11:09撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍っているところは気をつけて進みます。
法華道は左ですが、右側へ進みます。
2020年03月07日 11:18撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
法華道は左ですが、右側へ進みます。
山彦荘まで5分とありますが、もう少しかかるかな?
2020年03月07日 11:18撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘まで5分とありますが、もう少しかかるかな?
鹿防止用の柵がありますが、冬は解放しているようです。
2020年03月07日 11:22撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿防止用の柵がありますが、冬は解放しているようです。
入笠湿原に到着
2020年03月07日 11:24撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原に到着
ここにも柵が
2020年03月07日 11:26撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも柵が
スキー場側の山
2020年03月07日 11:28撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場側の山
山彦荘は、やっていないようです。トイレはきれいで暖かかったです。
2020年03月07日 11:28撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘は、やっていないようです。トイレはきれいで暖かかったです。
案内板を見ると、頂上まで40分ほどのようです。
2020年03月07日 11:29撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板を見ると、頂上まで40分ほどのようです。
左側へ行く標示があったので左へ進みましたが、右側の道をそのまま行っても大丈夫でした。
2020年03月07日 11:46撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側へ行く標示があったので左へ進みましたが、右側の道をそのまま行っても大丈夫でした。
帰りはここを曲がって戻ります。
2020年03月07日 11:47撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはここを曲がって戻ります。
サルオガセがたくさん絡まっています。
2020年03月07日 11:49撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセがたくさん絡まっています。
この花畑を登っていきました。
2020年03月07日 11:53撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花畑を登っていきました。
けっこう積もっていますが、足跡をたどって登ります。
2020年03月07日 11:59撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう積もっていますが、足跡をたどって登ります。
ここでそり遊びをしている人がたくさんいました。
2020年03月07日 12:01撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでそり遊びをしている人がたくさんいました。
雪はこんな感じですが、チェーンスパイクを付けずになんとか登れました。
2020年03月07日 12:09撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪はこんな感じですが、チェーンスパイクを付けずになんとか登れました。
登りは時間短縮のため岩場コースへ
2020年03月07日 12:11撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは時間短縮のため岩場コースへ
八ヶ岳がよく見えてます。
2020年03月07日 12:21撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳がよく見えてます。
頂上までもう少し
2020年03月07日 12:23撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上までもう少し
頂上到着!人がいっぱいいました。
2020年03月07日 12:25撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上到着!人がいっぱいいました。
1
うちの奥さんも到着
2020年03月07日 12:25撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うちの奥さんも到着
やはりカッコイイ甲斐駒とその左に鳳凰三山、さらに写真では見えないけど富士山も
2020年03月07日 12:34撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりカッコイイ甲斐駒とその左に鳳凰三山、さらに写真では見えないけど富士山も
南八ヶ岳のオールスターズ、今年こそ赤岳へ行きたいなぁ!
2020年03月07日 12:34撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳のオールスターズ、今年こそ赤岳へ行きたいなぁ!
1
蓼科山と中央奥に見えるのは根子岳と四阿山かな?左は霧ヶ峰方面
2020年03月07日 12:35撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山と中央奥に見えるのは根子岳と四阿山かな?左は霧ヶ峰方面
諏訪湖もバッチリ見えて、その奥の方に北アルプスの白馬や五竜、鹿島槍なども見えているようです。どれがそうかイマイチ分かりませんが…
2020年03月07日 12:35撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖もバッチリ見えて、その奥の方に北アルプスの白馬や五竜、鹿島槍なども見えているようです。どれがそうかイマイチ分かりませんが…
こちらは穂高や槍が見えます。いいですねぇ!
2020年03月07日 12:35撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは穂高や槍が見えます。いいですねぇ!
何年か前に日の出を見るために登った乗鞍岳
2020年03月07日 12:36撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何年か前に日の出を見るために登った乗鞍岳
昨年登った御嶽山
2020年03月07日 12:36撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年登った御嶽山
中央アルプスの木曽駒や空木岳もバッチリ見えます。
2020年03月07日 12:36撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスの木曽駒や空木岳もバッチリ見えます。
1
人が空くのを待って、中央アルプスをバックに記念撮影
2020年03月07日 12:57撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人が空くのを待って、中央アルプスをバックに記念撮影
1
入笠山 1,955m 今日は風も無くて最高です。長野の山は、花粉もまだ少ないし…。
2020年03月07日 12:57撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山 1,955m 今日は風も無くて最高です。長野の山は、花粉もまだ少ないし…。
1
これを眺めながら山座同定
2020年03月07日 13:00撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを眺めながら山座同定
八ヶ岳と飛行機雲
2020年03月07日 13:01撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と飛行機雲
人がたくさんいるので、山名標示板の周りは混んでます。
2020年03月07日 13:02撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人がたくさんいるので、山名標示板の周りは混んでます。
青空に飛行機
2020年03月07日 13:02撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空に飛行機
いつかは行くぞ。待ってろよ穂高!
2020年03月07日 13:08撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつかは行くぞ。待ってろよ穂高!
白馬もね
2020年03月07日 13:09撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬もね
美ヶ原の王ヶ頭がかすかに分かります。
2020年03月07日 13:09撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美ヶ原の王ヶ頭がかすかに分かります。
もう一度、乗鞍 昔は何度か夏スキーにも行きました。
2020年03月07日 13:09撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度、乗鞍 昔は何度か夏スキーにも行きました。
御嶽は今日も噴煙が上がってます。
2020年03月07日 13:09撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽は今日も噴煙が上がってます。
木曽駒のロープウェイはどうなっているのでしょうか?左端には、昨年登った恵那山も見えてるようです。
2020年03月07日 13:10撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒のロープウェイはどうなっているのでしょうか?左端には、昨年登った恵那山も見えてるようです。
左に甲斐駒右に仙丈ヶ岳。中央に見えてるのは間ノ岳のようです。
2020年03月07日 13:10撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に甲斐駒右に仙丈ヶ岳。中央に見えてるのは間ノ岳のようです。
中央アルプスのアップ
2020年03月07日 13:12撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスのアップ
空いてきたので、最後にもう一枚八ヶ岳の全貌をバックにおさめてパチリ!
2020年03月07日 13:20撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空いてきたので、最後にもう一枚八ヶ岳の全貌をバックにおさめてパチリ!
最初はこちらに行って首切清水方面へ行こうかと思いましたが、やっぱりピストンで戻ります。岩場迂回コースで戻る場合は、こちらへ行けば良かったようです。
2020年03月07日 13:25撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はこちらに行って首切清水方面へ行こうかと思いましたが、やっぱりピストンで戻ります。岩場迂回コースで戻る場合は、こちらへ行けば良かったようです。
マナスル山荘まで下ってきました。
2020年03月07日 13:44撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘まで下ってきました。
サルオガセと青空
2020年03月07日 13:50撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルオガセと青空
帰りは法華道へ
2020年03月07日 13:52撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは法華道へ
途中にあった氷柱
2020年03月07日 13:55撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にあった氷柱
橋を渡って進みます。
2020年03月07日 13:55撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って進みます。
分岐まで戻ってきました。
2020年03月07日 13:57撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで戻ってきました。
水道の施設まで下ってきました。もう少しです。
2020年03月07日 14:22撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水道の施設まで下ってきました。もう少しです。
駐車場が見えてきた。
2020年03月07日 14:30撮影 by Canon EOS M100, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場が見えてきた。

感想/記録

 5年程前の春に登ったことがある入笠山に行ってきました。前回はゴンドラ利用で楽に登りましたが、沢入登山口から登ってみて、あらためて入笠山の良さを実感しました。登山道は分かりやすく適度な斜度で歩きやすいです。霜柱が溶けたのか、ややぬかっていましたが、それほど大変ではありません。
 雪の時期だと周りの山の見え方も変わって、頂上からの眺めは最高でした。5年前より踏破した山も増えて、山座同定もしやすかったです。(頂上にあった表示のおかげですが…)自分が登った山が30座ほど周りに見えて、十分楽しめました。風も無く穏やかだったので、頂上で1時間ほど長居をしてしまいました。360度の眺望が楽しめ、頂上が広いので休む場所もたくさんあります。
 新型コロナの心配もあるので、帰りのお風呂とソバはあきらめて真っ直ぐ家へ帰りました。山へ行くのは、人混みではないので心配ないと思いますが、早く終息してもらいたいものですね。それと花粉も……。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:288人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ