また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2254783 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月12日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘の駐車場に停めました。チェーンは携行しましたが必要なかった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
2時間18分
合計
8時間58分
S赤岳山荘06:3106:41美濃戸山荘07:44中ノ行者小屋跡07:4508:42行者小屋09:0709:15阿弥陀岳分岐10:17文三郎尾根分岐10:4811:03キレット分岐11:1311:24竜頭峰分岐11:2511:31赤岳11:4811:50赤岳頂上山荘12:1812:37赤岳天望荘12:3812:46地蔵の頭12:5213:29行者小屋13:4714:23中ノ行者小屋跡15:24美濃戸15:29赤岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
入山者が少なく新雪も降ったせいで上部はトレース・ステップが少ない感じでした。

写真

赤岳に向けて出発〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳に向けて出発〜!
すぐにテカテカ。チェーンスパイクを装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにテカテカ。チェーンスパイクを装着。
美濃戸山荘通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘通過。
今回も南沢経由で。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も南沢経由で。
1
今年も見事なアイスバーン状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年も見事なアイスバーン状態。
気温が高い目なので余計に滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が高い目なので余計に滑ります。
ちょっと寒くなってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと寒くなってきた。
行者小屋到着!
12本アイゼン、サングラス、ピッケルを用意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋到着!
12本アイゼン、サングラス、ピッケルを用意。
1
行者小屋からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋からスタート
文三郎尾根分岐。
この手前がトレース・ステップが薄くて怖かった。
写真を撮る余裕もなかった。
緊張のあまり右足のふくらはぎ、左足の太ももが攣った。
運動不足というのもありますが・・・。(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根分岐。
この手前がトレース・ステップが薄くて怖かった。
写真を撮る余裕もなかった。
緊張のあまり右足のふくらはぎ、左足の太ももが攣った。
運動不足というのもありますが・・・。(笑)
これより核心部。雪が緩んできていてここも怖かった。
頂上手前で文三郎尾根途中で追い越された人が降りてこられた。
「地蔵尾根方面はトレースがないので戻ってきた、行かない方がいい!」と仰っていました。
高所恐怖症で怖がりな自分「どうしよう??」
今、来た文三郎尾根も十分怖かったのにまた戻るの??
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより核心部。雪が緩んできていてここも怖かった。
頂上手前で文三郎尾根途中で追い越された人が降りてこられた。
「地蔵尾根方面はトレースがないので戻ってきた、行かない方がいい!」と仰っていました。
高所恐怖症で怖がりな自分「どうしよう??」
今、来た文三郎尾根も十分怖かったのにまた戻るの??
2
北アルプス
天気よく、景色はばっちり!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス
天気よく、景色はばっちり!
4
誰もいない頂上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない頂上。
3
頂上山荘横でお昼ご飯。
ゆっくりしていると地蔵尾根から登ってきた人がちらほら。
また6人ほどが文三郎尾根から登ってきて地蔵尾根に降りて行かれた。
「これで自分も地蔵尾根から降りられる!」
正直、ちょっとホッとした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘横でお昼ご飯。
ゆっくりしていると地蔵尾根から登ってきた人がちらほら。
また6人ほどが文三郎尾根から登ってきて地蔵尾根に降りて行かれた。
「これで自分も地蔵尾根から降りられる!」
正直、ちょっとホッとした。
1
展望荘と頂上方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望荘と頂上方面
1
地蔵の頭を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭を通過。
1
行者小屋に着いた〜!
「やれやれ!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に着いた〜!
「やれやれ!」
行ってきたど〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行ってきたど〜!
1
さぁ、行者小屋から下山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、行者小屋から下山。
帰りも南沢はアイスバーン状態。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りも南沢はアイスバーン状態。
普通だったら凍っているんでしょうけどね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通だったら凍っているんでしょうけどね。
下の方は融けかかっていますがまた明日の朝にはカチカチになっているんでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方は融けかかっていますがまた明日の朝にはカチカチになっているんでしょうね。
最後がツルツル!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後がツルツル!
駐車場まで戻ってきた。
とにもかくにも無事、登って、降りてくることが出来て良かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場まで戻ってきた。
とにもかくにも無事、登って、降りてくることが出来て良かった
2

感想/記録

冬の赤岳は3度目になります。1度目はガイドさんと、2度目は山友のchataさんと。
天気も良さそうなので「今回は一人で行ってみようと!」と思い付き行ってきました。
元来、高所恐怖症で怖がりなのですが、新型ウイルスのためか登山者が少なく、おまけに前日か前々日に降った雪のせいでトレースやステップが少なく文三郎尾根分岐の手前・頂上直下・地蔵の頭直下の通過がちょっと怖かったです。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:244人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ