また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2257492 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 中央アルプス

桂木場から石室泊で木曽駒ヶ岳

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月14日(土) ~ 2020年03月15日(日)
メンバー
天候1日目:雪 2日目:快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桂木場の登山口は4月末まで車で進入できません。手前の小黒川渓谷キャンプ場にあるゲート前に十数台駐車可のスペースがあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間14分
休憩
31分
合計
6時間45分
Sスタート地点07:1107:42桂小場07:4309:03野田場09:0409:25横山道分岐09:2609:44白川分岐10:17大樽小屋10:3410:45胸突八丁(信大コース分岐)10:4611:56津嶋神社12:0412:43胸突の頭12:4513:53将棊頭山13:56西駒山荘
2日目
山行
5時間41分
休憩
1時間25分
合計
7時間6分
西駒山荘05:4806:13遭難記念碑(聖職の碑)06:27濃ヶ池分岐06:2807:16馬ノ背分岐07:1707:31木曽駒ヶ岳07:4507:51馬ノ背分岐08:18濃ヶ池分岐08:38遭難記念碑(聖職の碑)08:49将棊頭山08:5008:53西駒山荘09:4209:49将棊頭山09:5510:23胸突の頭10:2510:35津嶋神社10:3611:04胸突八丁(信大コース分岐)11:11大樽小屋11:27白川分岐11:2811:36横山道分岐11:45野田場11:5412:31桂小場12:54ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
馬返しまではなだらかなトラバース道。大樽避難小屋あたりから積雪の下に凍結した雪があり12本爪アイゼンを装着。尾根に出てからはクラストした雪面に新しく積もった雪が吹き黙っている箇所あり。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック サブザック アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ

写真

6時半ころに林道ゲート前の駐車スペースに到着。天候もいまいちのせいか、先行の車は2台。行ってきます。
2020年03月14日 07:01撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時半ころに林道ゲート前の駐車スペースに到着。天候もいまいちのせいか、先行の車は2台。行ってきます。
20分ほど舗装された林道を上がってようやく登山口。雪がちらついてきました。
2020年03月14日 07:34撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20分ほど舗装された林道を上がってようやく登山口。雪がちらついてきました。
ぶどうの泉。おいしい水ですが今日は装備が重いので補充しません。
2020年03月14日 07:57撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶどうの泉。おいしい水ですが今日は装備が重いので補充しません。
野田場の湧き水。ここもよく出ています。
2020年03月14日 08:58撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野田場の湧き水。ここもよく出ています。
馬返しまできたら積雪も多くなってきました
2020年03月14日 09:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬返しまできたら積雪も多くなってきました
大樽避難小屋。トイレは便袋方式ですが袋は使い切って空になっていました。ここで小休止しながら12本爪アイゼンを装着。
2020年03月14日 10:10撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樽避難小屋。トイレは便袋方式ですが袋は使い切って空になっていました。ここで小休止しながら12本爪アイゼンを装着。
胸突き八丁の急登が始まりますが、ときどき緩斜面があって息をつけます。
2020年03月14日 10:10撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突き八丁の急登が始まりますが、ときどき緩斜面があって息をつけます。
1
うっすらとトレースがあるのでそれを追いながら高度を上げていきます。
2020年03月14日 11:03撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらとトレースがあるのでそれを追いながら高度を上げていきます。
茶臼岳の分岐を過ぎて尾根に乗りました。相変わらず雪とガス。このコンディションで西駒山荘までたどり着けるか心配になってきた。テントは持参しているので、そうなれば風をよけられるところでテント泊です。
2020年03月14日 12:48撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼岳の分岐を過ぎて尾根に乗りました。相変わらず雪とガス。このコンディションで西駒山荘までたどり着けるか心配になってきた。テントは持参しているので、そうなれば風をよけられるところでテント泊です。
桂木塲への下降点は中央のブッシュのあたり。夏道と少し違っています。帰りにこんな天気だとわからなくなるので写真に残しておきます。
2020年03月14日 12:48撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂木塲への下降点は中央のブッシュのあたり。夏道と少し違っています。帰りにこんな天気だとわからなくなるので写真に残しておきます。
1
やっとのことで将棋頭山の山頂に到着。ここまでくれば西駒山荘は下ってすぐです。
2020年03月14日 13:43撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとのことで将棋頭山の山頂に到着。ここまでくれば西駒山荘は下ってすぐです。
1
木曽駒へ続く尾根。この左下に西駒山荘があるはず
2020年03月14日 13:44撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒へ続く尾根。この左下に西駒山荘があるはず
やっと降りてきました。冬季開放されている石室は雪に埋もれています。はたして入室できるか?
2020年03月14日 13:48撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと降りてきました。冬季開放されている石室は雪に埋もれています。はたして入室できるか?
2
窓が一か所、埋もれずに開きました。
2020年03月14日 13:50撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窓が一か所、埋もれずに開きました。
1
すき間というすき間から雪が吹き込んでいます。まずは床の上にたまった雪をスコップで外へかき出す作業から。
2020年03月14日 13:58撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すき間というすき間から雪が吹き込んでいます。まずは床の上にたまった雪をスコップで外へかき出す作業から。
2
テント設営。この後、他の登山者も到着され室内はほぼ満室。おかげで温かく過ごせました。
2020年03月14日 14:16撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設営。この後、他の登山者も到着され室内はほぼ満室。おかげで温かく過ごせました。
2
4時起床。サブザックに必要なものを詰め込んで、ささっとインスタントラーメンの朝食を済ませたら木曽駒目指して出発します。風が強いです。
2020年03月15日 05:39撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時起床。サブザックに必要なものを詰め込んで、ささっとインスタントラーメンの朝食を済ませたら木曽駒目指して出発します。風が強いです。
4
下界は雲海に沈んでいる。南アルプスも雲に隠れていますがこちらは素晴らしい天気になりそうです。
2020年03月15日 05:43撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は雲海に沈んでいる。南アルプスも雲に隠れていますがこちらは素晴らしい天気になりそうです。
3
目指す稜線。素晴らしい景色。
2020年03月15日 05:49撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す稜線。素晴らしい景色。
4
基本的に尾根筋通しの道ですが、やや西側(木曽側)のコース取りをしたほうが吹き溜まりが少なく、アイゼンの爪を効かせてサクサク歩けます。
2020年03月15日 05:50撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本的に尾根筋通しの道ですが、やや西側(木曽側)のコース取りをしたほうが吹き溜まりが少なく、アイゼンの爪を効かせてサクサク歩けます。
先行者発見。途中で追い越させていただきました。
2020年03月15日 05:50撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者発見。途中で追い越させていただきました。
2
日が昇ります
2020年03月15日 05:51撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が昇ります
5
夏に歩いても気持ちいいルートですが、冬も格別。
2020年03月15日 05:56撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏に歩いても気持ちいいルートですが、冬も格別。
3
朝日に染まる木曽駒
2020年03月15日 05:56撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まる木曽駒
5
シュカプラの向こうに雲海。
2020年03月15日 05:57撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカプラの向こうに雲海。
4
御嶽山にも朝日があたります
2020年03月15日 05:59撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山にも朝日があたります
4
御嶽をズーム
2020年03月15日 05:59撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽をズーム
3
乗鞍岳も真っ白
2020年03月15日 05:59撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗鞍岳も真っ白
3
広々して気持ちいい尾根
2020年03月15日 06:01撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広々して気持ちいい尾根
3
西風はつよいので雪煙が常に上がっています。細かい氷の粒が顔に当たっていたい。
2020年03月15日 06:01撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西風はつよいので雪煙が常に上がっています。細かい氷の粒が顔に当たっていたい。
4
後続の方が見えます
2020年03月15日 06:04撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の方が見えます
4
クラスとしていますがアイゼンはよく効きます。ザクザク気持ちいい音を響かせて先へ進みます
2020年03月15日 06:07撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラスとしていますがアイゼンはよく効きます。ザクザク気持ちいい音を響かせて先へ進みます
3
シュカプラの海
2020年03月15日 06:08撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカプラの海
3
このあたりから傾斜が急になります
2020年03月15日 06:18撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりから傾斜が急になります
2
一部ダガーポジションで登りました
2020年03月15日 06:18撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部ダガーポジションで登りました
2
滑落は絶対できない斜面。ピッケルを打ち込みながら手も使って登ります。
2020年03月15日 06:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落は絶対できない斜面。ピッケルを打ち込みながら手も使って登ります。
2
まだ先は長い
2020年03月15日 06:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ先は長い
1
馬の背が近づいてきました。あそこを登り詰めると山頂はすぐです。
2020年03月15日 06:33撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背が近づいてきました。あそこを登り詰めると山頂はすぐです。
2
ようやく山頂が近づいてきました
2020年03月15日 07:10撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく山頂が近づいてきました
右によると新雪が深い
2020年03月15日 07:10撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右によると新雪が深い
いよいよビクトリーロード。本日一番乗りのようです。
2020年03月15日 07:20撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよビクトリーロード。本日一番乗りのようです。
3
祠の屋根も一部露出しています。
2020年03月15日 07:20撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の屋根も一部露出しています。
山頂到着。風は相変わらず強く、じっとしているとどんどん身体が冷えていきます。
2020年03月15日 07:22撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。風は相変わらず強く、じっとしているとどんどん身体が冷えていきます。
5
空木岳など中央アルプスの秀峰が連なる
2020年03月15日 07:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空木岳など中央アルプスの秀峰が連なる
3
宝剣岳がそそり立つ
2020年03月15日 07:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣岳がそそり立つ
2
宝剣をズーム
2020年03月15日 07:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝剣をズーム
3
御嶽をズームすると火口からわずかに蒸気が見えます
2020年03月15日 07:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽をズームすると火口からわずかに蒸気が見えます
1
伊那前岳の向こうに南アルプス
2020年03月15日 07:29撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那前岳の向こうに南アルプス
1
北アルプスも今日はお天気です。
2020年03月15日 07:30撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスも今日はお天気です。
1
穂高の向こうに槍も見えます
2020年03月15日 07:31撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高の向こうに槍も見えます
1
笠ヶ岳のほう
2020年03月15日 07:31撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳のほう
1
浅間山も見えます
2020年03月15日 07:31撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山も見えます
奥秩父のほう。金峰山の五丈石も見えます。寒さで長居できず15分ほどで下山開始
2020年03月15日 07:31撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父のほう。金峰山の五丈石も見えます。寒さで長居できず15分ほどで下山開始
中岳の下に広がる駒が池のあるカール地形
2020年03月15日 07:42撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳の下に広がる駒が池のあるカール地形
西駒山荘に戻ってきました。デポしていた荷物を撤収して下山にかかります
2020年03月15日 08:44撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西駒山荘に戻ってきました。デポしていた荷物を撤収して下山にかかります
ここからの歩いてきた稜線の眺めもすばらしい
2020年03月15日 09:43撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの歩いてきた稜線の眺めもすばらしい
4
将棋頭山に再度登頂。
2020年03月15日 09:46撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将棋頭山に再度登頂。
1
気持ちいい稜線歩きを堪能できました
2020年03月15日 09:47撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちいい稜線歩きを堪能できました
野田場まで長い下りを黙々と歩く
2020年03月15日 11:46撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野田場まで長い下りを黙々と歩く
やっと登山口まで戻りました。
2020年03月15日 12:24撮影 by NIKON D3400, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山口まで戻りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:610人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ