また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2268098
全員に公開
積雪期ピークハント/縦走
槍・穂高・乗鞍

常念岳東尾根(冬季ルート)

2020年03月20日(金) 〜 2020年03月21日(土)
 - 拍手
体力度
6
1〜2泊以上が適当
GPS
15:07
距離
21.8km
上り
2,116m
下り
2,132m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
5:58
休憩
0:10
合計
6:08
7:03
31
7:34
7:44
327
13:11
2日目
山行
9:18
休憩
0:26
合計
9:44
5:34
139
7:53
7:55
50
8:45
8:46
16
9:02
9:11
2
9:13
9:14
33
9:47
9:48
284
14:32
14:44
34
15:18
15:18
0
天候 1日目:雪
2日目:晴れ
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
烏川林道冬季ゲート前の駐車スペースに駐車
コース状況/
危険箇所等
1600mまでは明瞭な登山道。
1600mから1720m付近までは笹藪。
1720mより上は冬道。
2178m峰がテント適地。それより上は森林限界。
前常念直下に急登とトラバースあり。
その他周辺情報 ほりでーゆ四季の里
ゲートすぐ近く。日帰り入浴550円。
最初は30分くらい烏川林道沿いを歩く。
登山口近くにサル
2020年03月20日 07:07撮影 by  iPhone XR, Apple
3/20 7:07
最初は30分くらい烏川林道沿いを歩く。
登山口近くにサル
東尾根取付き点。
2020年03月20日 07:44撮影 by  iPhone XR, Apple
3/20 7:44
東尾根取付き点。
すぐに鉄塔が現れる。ここで標高1000mちょっと。
2020年03月20日 08:03撮影 by  iPhone XR, Apple
3/20 8:03
すぐに鉄塔が現れる。ここで標高1000mちょっと。
鉄塔の先は1100mくらいまで笹藪。
ただしここの笹藪は踏み跡が明瞭。
2020年03月20日 08:06撮影 by  iPhone XR, Apple
3/20 8:06
鉄塔の先は1100mくらいまで笹藪。
ただしここの笹藪は踏み跡が明瞭。
1100mから1600mあたりまでは一般登山道のような道。
2020年03月20日 08:50撮影 by  iPhone XR, Apple
3/20 8:50
1100mから1600mあたりまでは一般登山道のような道。
1350m付近で林道最終点。
2020年03月20日 09:08撮影 by  iPhone XR, Apple
1
3/20 9:08
1350m付近で林道最終点。
そのあと、すぐに尾根を直登する急登に。
凍結箇所もあったのでチェーンスパイクをつけました。
2020年03月20日 09:47撮影 by  iPhone XR, Apple
3/20 9:47
そのあと、すぐに尾根を直登する急登に。
凍結箇所もあったのでチェーンスパイクをつけました。
そして1600m付近から1700m過ぎまで藪漕ぎ。
笹が顔に容赦なくバシバシ当たる。
1700mを超えてからようやく冬道らしい道に。
2020年03月20日 10:19撮影 by  iPhone XR, Apple
1
3/20 10:19
そして1600m付近から1700m過ぎまで藪漕ぎ。
笹が顔に容赦なくバシバシ当たる。
1700mを超えてからようやく冬道らしい道に。
2178m峰は広々としていてテント適地。すでに数件建っていました。
当初はそこから少し降った鞍部が良いかと思っていましたが、狭い尾根でした。
2020年03月21日 11:02撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
3/21 11:02
2178m峰は広々としていてテント適地。すでに数件建っていました。
当初はそこから少し降った鞍部が良いかと思っていましたが、狭い尾根でした。
今回の我が家も2178m峰周辺に設置。
2020年03月21日 10:57撮影 by  iPhone XR, Apple
2
3/21 10:57
今回の我が家も2178m峰周辺に設置。
2日目は日の出前に出発。
2178m峰からしばらく歩くと森林限界。
2020年03月21日 06:16撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
2
3/21 6:16
2日目は日の出前に出発。
2178m峰からしばらく歩くと森林限界。
朝日があたる前常念、常念岳と横通岳。
前常念の直下がややきつい登り&トラバース。
2020年03月21日 06:32撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
4
3/21 6:32
朝日があたる前常念、常念岳と横通岳。
前常念の直下がややきつい登り&トラバース。
前常念を登り切ると常念岳が間近に!
2020年03月21日 08:18撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
3
3/21 8:18
前常念を登り切ると常念岳が間近に!
常念小屋からの夏道との合流点。
ここで初めて槍ヶ岳が見える。
2020年03月21日 08:54撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
1
3/21 8:54
常念小屋からの夏道との合流点。
ここで初めて槍ヶ岳が見える。
山頂までもう少し!
2020年03月21日 08:55撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
5
3/21 8:55
山頂までもう少し!
そして登頂!
山頂で一緒になった方に撮影して頂きました。
2020年03月21日 09:09撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
7
3/21 9:09
そして登頂!
山頂で一緒になった方に撮影して頂きました。
山頂は穂高連峰と槍ヶ岳が同時に見える絶景。
2020年03月21日 09:12撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
4
3/21 9:12
山頂は穂高連峰と槍ヶ岳が同時に見える絶景。
穂高連峰。
左側に昨夏登った前穂高岳北尾根が見える。
2020年03月21日 09:18撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
4
3/21 9:18
穂高連峰。
左側に昨夏登った前穂高岳北尾根が見える。
槍ヶ岳。私のレンズではこれが限界。
2020年03月21日 09:18撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
4
3/21 9:18
槍ヶ岳。私のレンズではこれが限界。
大天井岳。
2020年03月21日 09:21撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
2
3/21 9:21
大天井岳。
奥の方に燕岳。手前は横通岳。
燕岳の左側は鷲羽・水晶?
2020年03月21日 09:22撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
2
3/21 9:22
奥の方に燕岳。手前は横通岳。
燕岳の左側は鷲羽・水晶?
下山。前常念とそこから左側に伸びる東尾根。
2020年03月21日 09:33撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
2
3/21 9:33
下山。前常念とそこから左側に伸びる東尾根。
前常念から常念岳を振り返る。
叙々に曇ってきました。
2020年03月21日 09:53撮影 by  Canon EOS Kiss X9, Canon
2
3/21 9:53
前常念から常念岳を振り返る。
叙々に曇ってきました。
駐車場近くで振り返ると前常念と常念岳が見えた。
あそこまで行って戻ってきた自分を褒めたい。
2020年03月21日 15:11撮影 by  iPhone XR, Apple
6
3/21 15:11
駐車場近くで振り返ると前常念と常念岳が見えた。
あそこまで行って戻ってきた自分を褒めたい。

装備

個人装備
長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ シェラフ ストック
共同装備
調理用食材 調味料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター ポール テント テントマット

感想









夏に一度だけ登ったことのある常念岳ですが、その時の槍ヶ岳・穂高連峰の景色が忘れられず、また登りたいと思っていました。
そんな折にヤマレコをブラウズしていたところ、たまたま常念岳に冬季ルートがあることを知り、これは絶対に冬山シーズン中に登りたいと計画を温めていました。
3月も下旬となり、2月にテント泊した場所よりも標高が低いために、少し舐めて防寒着を最小限にしたのですが、これが大失敗。
テントに入ってもガタガタ震え、宴会もほどほどに寝袋に入って19時には就寝しました。
そのために2日目は4時起きで5時半出発。テント泊したパーティーでは早い方だったようで、登りよりも降りですれ違ったパーティーの方が多かったです。
風はやや強かったのですが、とても温かく晴れていたため、何とか冬山2シーズン目の私でも登頂できました。
下山時は1700mより下の雪がかなり融けていました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:4774人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍 [日帰り]
常念岳東尾根(冬季限定ルート)
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
4/5
体力レベル
5/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら