また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2268402 全員に公開 ハイキング 奥秩父

【山梨】大菩薩嶺〜大菩薩峠

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月20日(金) 〜 2020年03月21日(土)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
往:塩山⇒甲州市民バス⇒大菩薩峠登山口
復:大菩薩峠登山口⇒甲州市民バス⇒塩山
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間37分
休憩
1時間11分
合計
5時間48分
S大菩薩峠登山口10:2010:25雲峰寺駐車場10:31裂石登山口駐車場10:39丸川峠分岐駐車場10:4010:55千石茶屋12:16上日川峠12:2112:45福ちゃん荘12:5312:55福ちゃん荘テント場13:2814:36雷岩14:4014:56大菩薩嶺15:1115:20雷岩15:28神部岩15:43賽ノ河原15:4515:48親不知ノ頭15:5116:08大菩薩峠
2日目
山行
1時間54分
休憩
0分
合計
1時間54分
大菩薩峠07:3007:52勝縁荘07:55富士見山荘08:00福ちゃん荘08:10上日川峠08:59千石茶屋09:08丸川峠分岐駐車場09:18雲峰寺駐車場09:24大菩薩峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道自体に難しいところはありません
ただし、雷岩の手前あたりから残雪が凍ってアイスバーンと化しています
チェーンアイゼン、ゲイターがあるとよいでしょう
その他周辺情報登山口に茶屋あり
近隣の温泉の多くが例のアレで休業しているようです

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー タイツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ 調理器具 ライター レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 針金 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 携帯トイレ

写真

大菩薩峠登山口のバス停から出発
2020年03月20日 10:18撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠登山口のバス停から出発
しばらくは川沿いの舗装路(県道201号線)を歩きます
2020年03月20日 10:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは川沿いの舗装路(県道201号線)を歩きます
車止めのゲート
冬季閉鎖中です
2020年03月20日 10:39撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車止めのゲート
冬季閉鎖中です
県道を外れて登山道に入ります
2020年03月20日 10:42撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道を外れて登山道に入ります
千石茶屋
まだ休むには早いですね
2020年03月20日 10:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千石茶屋
まだ休むには早いですね
第二展望台に到着
…第一ってどこよ?
2020年03月20日 11:31撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二展望台に到着
…第一ってどこよ?
展望台を名乗ってるわりに景色はイマイチ
2020年03月20日 11:32撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台を名乗ってるわりに景色はイマイチ
いったん県道に合流しますが、また外れます
2020年03月20日 11:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん県道に合流しますが、また外れます
嫌らしい感じで倒木が道を塞いでました
巻くよりザックを下ろしてくぐった方が安全です
2020年03月20日 11:51撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫌らしい感じで倒木が道を塞いでました
巻くよりザックを下ろしてくぐった方が安全です
左が正しい進路に見えますが、右が正解
2020年03月20日 12:02撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左が正しい進路に見えますが、右が正解
ロッヂ長兵衛に到着
この日は休業していたのか、静まりかえっていました
2020年03月20日 12:13撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッヂ長兵衛に到着
この日は休業していたのか、静まりかえっていました
唐松尾根分岐に向かいます
登山道と車道がありますが、どっちを行っても変わりません
2020年03月20日 12:24撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾根分岐に向かいます
登山道と車道がありますが、どっちを行っても変わりません
福ちゃん荘に着きました
大菩薩峠事件の舞台になった山小屋
2020年03月20日 12:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福ちゃん荘に着きました
大菩薩峠事件の舞台になった山小屋
ここでランチ
ご飯ものがなかったので(山菜?)うどんにしました
2020年03月20日 12:59撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでランチ
ご飯ものがなかったので(山菜?)うどんにしました
1
唐松尾根から山頂を目指します
2020年03月20日 13:26撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾根から山頂を目指します
えっちらおっちら登っていくと富士が姿を表します
素晴らC
2020年03月20日 14:12撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっちらおっちら登っていくと富士が姿を表します
素晴らC
雷岩に到着
ここに来てものすごい風です…
2020年03月20日 14:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩に到着
ここに来てものすごい風です…
順に、大菩薩湖
お坊山、笹子雁ヶ腹摺山
三ツ峠山、黒岳
富士山
2020年03月20日 14:35撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
順に、大菩薩湖
お坊山、笹子雁ヶ腹摺山
三ツ峠山、黒岳
富士山
山頂はこっちですね
2020年03月20日 14:36撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はこっちですね
つるつる滑る道に苦戦しつつ山頂に到着
ここでアイゼンを付けたのですが、あまりの寒さに指先がおかしくなってしまいました
2020年03月20日 15:11撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つるつる滑る道に苦戦しつつ山頂に到着
ここでアイゼンを付けたのですが、あまりの寒さに指先がおかしくなってしまいました
展望もないのでさっさと下ります
2020年03月20日 15:11撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望もないのでさっさと下ります
雷岩の脇を通って大菩薩峠へ向かいます
正面が熊沢山、右が小金沢山
2020年03月20日 15:25撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷岩の脇を通って大菩薩峠へ向かいます
正面が熊沢山、右が小金沢山
賽ノ河原
もともとはここが大菩薩峠と呼ばれていたそうで
2020年03月20日 15:44撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽ノ河原
もともとはここが大菩薩峠と呼ばれていたそうで
謎の小屋
扉がないので避難小屋として使えるかは微妙
2020年03月20日 15:45撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
謎の小屋
扉がないので避難小屋として使えるかは微妙
親不知ノ頭
ここからの景色が一番よいかも
2020年03月20日 15:48撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
親不知ノ頭
ここからの景色が一番よいかも
来た道を振り返る
左に見えるのが乾徳山、国師ヶ岳、金峰山ですね
いずれあのへんにも行かなくては
2020年03月20日 15:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返る
左に見えるのが乾徳山、国師ヶ岳、金峰山ですね
いずれあのへんにも行かなくては
大菩薩峠に到着
今日はここまで
2020年03月20日 16:24撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩峠に到着
今日はここまで
うおおおお(大興奮
2020年03月20日 15:59撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うおおおお(大興奮
1
奥多摩の山々
正面に見えるのが石尾根ですね
2020年03月20日 16:23撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩の山々
正面に見えるのが石尾根ですね
左から御前山、大岳山、三頭山
2020年03月20日 16:27撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から御前山、大岳山、三頭山
本日のお宿となる介山荘
2020年03月20日 16:25撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のお宿となる介山荘
例のアレのせいで、ひとりにつき一部屋が割り当てられます
暖房がないのでメチャ寒いです(廊下にストーブあり
2020年03月20日 16:35撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
例のアレのせいで、ひとりにつき一部屋が割り当てられます
暖房がないのでメチャ寒いです(廊下にストーブあり
日の入りを拝みに外へ
南アルプスへ太陽が沈んでいきます
仙丈ヶ岳のあたりですかね
2020年03月20日 17:51撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の入りを拝みに外へ
南アルプスへ太陽が沈んでいきます
仙丈ヶ岳のあたりですかね
富士山はいつだって美しい
2020年03月20日 17:49撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はいつだって美しい
夕ごはんはカレー(お代わり可
これにたっぷりサラダと自家製のお漬物が付きます
ご主人も「普段はここまでサービスしないからね」と言いながら、お酒までふるまっていただきました
2020年03月20日 18:36撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕ごはんはカレー(お代わり可
これにたっぷりサラダと自家製のお漬物が付きます
ご主人も「普段はここまでサービスしないからね」と言いながら、お酒までふるまっていただきました
二度寝したので日の出は拝めず…
朝ごはんはこんな感じ
なめこの味噌汁が美味しかった
2020年03月21日 06:35撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二度寝したので日の出は拝めず…
朝ごはんはこんな感じ
なめこの味噌汁が美味しかった
バスの時間もありますし、さっさと下山しましょう
2020年03月21日 07:28撮影 by SO-01K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの時間もありますし、さっさと下山しましょう
地面が凍り付いているため慎重に足を運びます
2020年03月21日 07:33撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面が凍り付いているため慎重に足を運びます
小説「大菩薩峠」の執筆にも使われた勝縁荘
現在は営業していません
2020年03月21日 07:52撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小説「大菩薩峠」の執筆にも使われた勝縁荘
現在は営業していません
富士見山荘
廃業して久しいようです
2020年03月21日 07:55撮影 by DSC-WX350, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見山荘
廃業して久しいようです
唐松尾根分岐から先は行きと同じ道を下りました
バスが来るまで番屋茶屋で一服
できたてのよもぎだんごが美味でした
2020年03月21日 09:51撮影 by com.hantor.CozyCameraPlus, HANTORM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松尾根分岐から先は行きと同じ道を下りました
バスが来るまで番屋茶屋で一服
できたてのよもぎだんごが美味でした

感想/記録

3連休はどこか百名山を登るべということで、大菩薩嶺へ泊まりがけで行くことにしました。面白いかたちをしてるので以前から気になってたんですよね。

久々に15キロ弱を背負ったのですが、おニューのザックのせいか、さほどキツくありませんでした。それより何より強風がつらかった…おかげで雷岩から先の極上の景色も余裕をもって楽しめず。

翌日は丹波山村へ下ってのめこい湯にでもと考えていたのですが、介山荘のご主人の話によると、昨年の台風の影響で丹波大菩薩道は数カ所で崩落が起きており、泉水横手山林道もズタズタということで、あきらめて来た道を戻りました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:127人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ