また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2269806 全員に公開 山滑走 白山

白山 東面台地

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年03月21日(土) [日帰り]
メンバー
 o36
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
白川郷IC下車
R156 道の駅 飛騨白山
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間6分
休憩
30分
合計
11時間36分
S道の駅飛騨白山02:0307:38コブラツリー07:4010:14白山10:4211:16コブラツリー13:39道の駅飛騨白山13:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白山公園線は間名古谷以降雪が増えたので9キロ地点に自転車デポ
残り4キロ弱を担ぎとスキー歩行
自転車デポ後は雪は出たり消えたりと気まぐれ
その他周辺情報白水の湯

装備

個人装備 山スキー装備一式

写真

道の駅から平瀬ゲート到着
スタート時は氷点下
寒いほうが良い
2020年03月21日 02:04撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅から平瀬ゲート到着
スタート時は氷点下
寒いほうが良い
1
間名古谷を越えて頑張るが9キロ地点辺りでケッタをデポしてスキー歩行
しかしながらこの後雪が切れてしばらくツボで歩く
2020年03月21日 03:33撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間名古谷を越えて頑張るが9キロ地点辺りでケッタをデポしてスキー歩行
しかしながらこの後雪が切れてしばらくツボで歩く
1
ショートカット
ラッセル♪ラッセル♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショートカット
ラッセル♪ラッセル♪
2
取り付き地点
雪が付いているのは初めてで嬉しくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き地点
雪が付いているのは初めてで嬉しくなる
2
素敵なダケカンバの東面台地
太陽が出ると風も無かったので暑かった
2020年03月21日 07:01撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵なダケカンバの東面台地
太陽が出ると風も無かったので暑かった
2
シンボル発見
この辺りから風が出てくる
2020年03月21日 07:34撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シンボル発見
この辺りから風が出てくる
3
1911から転法輪谷へ
双耳峰が見事
稜線付近は風が強そう
2020年03月21日 07:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1911から転法輪谷へ
双耳峰が見事
稜線付近は風が強そう
2
広い転法輪谷はスベスベ
いつ来ても沢芯にデブリが無い
ここも賽の河原と同じで溶岩溝なんだろうな
2020年03月21日 08:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い転法輪谷はスベスベ
いつ来ても沢芯にデブリが無い
ここも賽の河原と同じで溶岩溝なんだろうな
3
転法輪谷でクトー装着
ゴーグルを着けるか迷ったがもう少し後で
これが後々失敗
2020年03月21日 08:56撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪谷でクトー装着
ゴーグルを着けるか迷ったがもう少し後で
これが後々失敗
2
2489と山頂のコルを目指して
コルに到着した途端に爆風スランプ
2020年03月21日 09:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2489と山頂のコルを目指して
コルに到着した途端に爆風スランプ
3
風が強すぎて危険な為、鞍部から直接山頂に向かわず
回り込んで正面から山頂を目指す
ゴーグルも装着できず
休憩の時に装着するべきだったと後悔
しくじり先生
2020年03月21日 09:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が強すぎて危険な為、鞍部から直接山頂に向かわず
回り込んで正面から山頂を目指す
ゴーグルも装着できず
休憩の時に装着するべきだったと後悔
しくじり先生
4
北からの爆風スランプでまともに顔面に風を受ける
マコ氏は眉毛が真っ白に凍り村山富市のようにボリュームアップ(爆)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北からの爆風スランプでまともに顔面に風を受ける
マコ氏は眉毛が真っ白に凍り村山富市のようにボリュームアップ(爆)
6
柔らかい所を探しクトーで登る
最後の10メートルほどはクトーが刺さらないが
北からの爆風の後押しのおかげで何とかスキーで登り切った。
2020年03月21日 10:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔らかい所を探しクトーで登る
最後の10メートルほどはクトーが刺さらないが
北からの爆風の後押しのおかげで何とかスキーで登り切った。
3
山頂のマコ氏
2020年03月21日 10:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のマコ氏
3
出発から8時間かかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から8時間かかる
4
奥社でお参りだ〜
おっとっとww
2020年03月21日 10:16撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥社でお参りだ〜
おっとっとww
2
登頂に感謝申し上げます
もし願いが叶うなら大きなイチ○○をください
2020年03月21日 10:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂に感謝申し上げます
もし願いが叶うなら大きなイチ○○をください
3
カリカリいわせながら剣ヶ峰のコルへ
風が強くて慎重に
コケると下は大根おろしのおろし金(岩)が待っている
2020年03月21日 10:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カリカリいわせながら剣ヶ峰のコルへ
風が強くて慎重に
コケると下は大根おろしのおろし金(岩)が待っている
2
落ちて行くんだ
2020年03月21日 10:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちて行くんだ
5
東面台地を見ながら
さいこ〜です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東面台地を見ながら
さいこ〜です
5
東面台地でパウダーなんて初めて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東面台地でパウダーなんて初めて
4
左は御前峰、右は剣ヶ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は御前峰、右は剣ヶ峰
3
転法輪谷は大きなハーフパイプ
2020年03月21日 10:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
転法輪谷は大きなハーフパイプ
2
まだまだいくよ
2020年03月21日 10:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだいくよ
2
1911付近から山頂を望む
こんな素敵な場所は毎年来ないともったいない
2020年03月21日 10:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1911付近から山頂を望む
こんな素敵な場所は毎年来ないともったいない
4
ここからは重くなるがまだまだ楽しめる
2020年03月21日 11:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは重くなるがまだまだ楽しめる
1
三方崩山を正面に変化のある台地を滑降
早めに出発したことでずいぶん楽しめました
2020年03月21日 11:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方崩山を正面に変化のある台地を滑降
早めに出発したことでずいぶん楽しめました
3
取り付き地点から白水湖方面
水が青くてめちゃ綺麗
2020年03月21日 12:12撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付き地点から白水湖方面
水が青くてめちゃ綺麗
2
スキーを歩行モードにして帰ります。
2020年03月21日 12:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーを歩行モードにして帰ります。
1
ここで雪が一旦消える
スキーを洗って担いで帰る
2020年03月21日 12:34撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで雪が一旦消える
スキーを洗って担いで帰る
4
そしてまた雪が出るあるある
のんびり談笑しながら歩く
正面は三方崩山から間名古への稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてまた雪が出るあるある
のんびり談笑しながら歩く
正面は三方崩山から間名古への稜線
1
ようやくケッタデポ地
富山のシティーボーイは自転車をチャリと言わない
ケッタクリマシーン。
略してケッタ
2020年03月21日 13:07撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくケッタデポ地
富山のシティーボーイは自転車をチャリと言わない
ケッタクリマシーン。
略してケッタ
2
何度か押し歩きがあるが一気に下ります
2020年03月21日 13:15撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か押し歩きがあるが一気に下ります
1
平瀬ゲートは春
2020年03月21日 13:32撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平瀬ゲートは春
4
すれ違う車にガン見されながら‥
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すれ違う車にガン見されながら‥
4
恥ずかしながら帰ってまいりました(`・ω・´)ゞ
2020年03月21日 13:36撮影 by GR II, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恥ずかしながら帰ってまいりました(`・ω・´)ゞ
3

感想/記録
by o36

道の駅飛騨白山で前泊して1時過ぎ起床
2時に出発
間名古谷を過ぎて自転車が使えなくなりゲートから8キロ過ぎで自転車デポ
スキーで歩くも南斜面に回り込むと一気に雪が消えてツボ足歩行
途中から道路脇を繋いだりしてワリ谷付近でしっかり増えた
パウダーでここへ来るのは初めてで新鮮
台地への取り付き地点も雪が着いているのは初めて灌木を掴んで台地へ登り直ぐにスキーが使えました
下部はいつもと違って灌木が多くなんか凸凹しているように感じる
例年よりやはり積雪が少ないんだろうと思う
明るくなると一気に暖かくなり上着を脱ぐが標高を上げると風が出てきて上着を再び着る
山頂や稜線付近は激しく雪煙が確認できて風がかなり強そう
転法輪谷を詰め上がり2489と山頂の鞍部を目指す
後を振り返ると2名のスキーヤーが確認できました
鞍部の手前でクトー装着、ゴーグルは装着するか迷うがやめておいた
これが失敗で鞍部に到着すると雪が舞い爆風が吹く
危険と判断して直接ここから山頂へ向かわずに巻きながら正面から向かう
北からの猛烈なブリザードでマコ氏はゴーグルに変えるというがやはりこの状態では無理だわと諦めた。
と同時によく見るとマコ氏の眉毛が凍って村山富市状態
登山道方面に向かい硬い場所を避けながら山頂へダイレクトへ向かう
雪は硬くてクトーも刺さりにくのでアイゼンだろうが追い風の助けも借りて無理やんこ奥社と山頂の間に登り上ました
奥社で登頂に感謝の参拝をして裏側で即準備して剣ヶ峰のコルへ
風が強くて危険度マックス
こけたら下部の大根おろしがね(岩)の餌食
カリカリいわせながら慎重にコルに滑り降りる
あとは写真を撮り合いながらチャッチャと高度を下げるのみ
東面で初めてのパウダーを堪能
転法輪谷もよかったです
下部は重くなり硬い所はザラメになっていた
途中3名のスキーヤーとスライド
風の無い下部で休憩しながら取り付き地点へ
取り付き地点に降りると林道の雪はグサグサで滑らずスキーは歩行モードで道路歩き
途中担ぎで歩きようやく自転車デポ地
自分たちの自転車も含めて計7台の自転車がデポしてありました
一気に下って平瀬ゲートに到着
あとは道の駅まで国道156をのんびり
すれ違う車にガン見されてゴール
お疲れさまでした
今日もありがとう






お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:541人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/1/20
投稿数: 4
2020/3/22 17:48
 昨日、後ろ(コブラの上部あたり)を追従していた二人です。
トレース頂きました。お蔭様でありがとうございます。
当方、4時に出発しましたが、頂上下の青石(夏道の)付近で、動けないほどの猛烈なブリザードとシュカブラ+氷結した斜面に出くわし、あえなく敗退。しかし転法輪谷の雪は、最高でした! ありがとうございました。
o36
登録日: 2011/10/25
投稿数: 117
2020/3/22 18:16
 Re: 昨日、後ろ(コブラの上部あたり)を追従していた二人で...
Marksanさんお疲れ様です。
コブラの付近でスライドしたお二人ですね。
我々も猛烈なブリザードで心折れそうになりました。
登頂後も悪天が予想されていたのでお二人を心配しておりましたがご無事でよかったです。転法輪谷の雪は良かったですね。
これからもお互い安全第一で楽しみましょうね
コメントありがとうございました。
登録日: 2016/6/19
投稿数: 37
2020/3/23 0:28
 7分後に(笑)
当日、御前峰へ直登している最中、山頂部にいらっしゃるo36さん、macoさんを見かけ、追いかけたものの、私が登頂したのはお二人が御前峰を去った7分後でした(笑)。私は白峰ゲートから1泊2日で入山した登山者(≠BCスキーヤー)ですが、てっきりこの日登頂一番乗りかと思いきや、平瀬からのワンデー入山なんて、本当にすごいですねー!

山頂の爆風っぷりは相当なもんでしたね。あの爆風の中、滑走するのは怖さと快感が半端ないことが想像できます。爆風ゆえに、室堂側に回り込んでこられなければ、お二人を見かけることもなかったと思いますが(笑)。

よろしかったら、私の登山レポも覗いていってくださいませ!お疲れさまでした!
o36
登録日: 2011/10/25
投稿数: 117
2020/3/23 7:47
 Re: 7分後に(笑)
happygoyeahさん、お疲れさまでした
山頂直下で私たちも室堂上に単独の方を確認していました。
happygoyeahさんだったんですね
正直風が強くて余裕なく流石に長居は出来ませんでした
剣ヶ峰と山頂の鞍部までが核心でそこを抜けたら東面は風裏で天国でしたよ
スキーと自転車で驚くほど登山の幅が広がります
先駆者の先生のおかげですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ