また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2271318 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 丹沢

(青根)釜立沢から蛭ヶ岳ピストン

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候春霞の快晴・しかし姫次から先は烈風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黍殻山登山道駐車場までマイカー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間55分
休憩
1時間31分
合計
10時間26分
S黍殻山登山口駐車場06:4506:59八丁坂ルート入口07:0008:38青根分岐08:3908:41黍殻避難小屋08:5108:56青根分岐09:11八丁坂ノ頭09:34東海自然歩道最高地点09:3509:38姫次10:0010:18原小屋平10:29地蔵平道標10:3010:43地蔵平11:07ポッチノ頭11:36小御岳11:3711:57蛭ヶ岳12:0112:06蛭ヶ岳山荘12:2012:22蛭ヶ岳12:2812:41小御岳12:4213:05ポッチノ頭13:31地蔵平13:3213:42地蔵平道標13:4313:57原小屋平14:20姫次14:3414:37東海自然歩道最高地点14:3814:57八丁坂ノ頭14:5915:09青根分岐15:1816:56八丁坂ルート入口16:5717:10黍殻山登山口駐車場17:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
釜立沢右岸は台風19号被害で大きく削られ、左岸も登山道が崩落しここを通過するのにかなりの時間を要しました。
山頂直下の階段で、一箇所崖側に傾いているところがあり、平衡感覚を失います。
その他周辺情報R413一箇所で集中工事をやっており、帰りはその信号待ちにつかまりましたが、早く全通する為の工事なので仕方なし。

Myアイテム  

isk145 重量:-kg

写真

釜立ゲートスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立ゲートスタート
八丁坂の頭分岐
今回も昨年末同様
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1834999.html
ここから登ろうとしていましたが、登り慣れた最短コースの釜立沢に変更。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂の頭分岐
今回も昨年末同様
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1834999.html
ここから登ろうとしていましたが、登り慣れた最短コースの釜立沢に変更。
最終ゲート前駐車場着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終ゲート前駐車場着
最終ゲート
台風19号後、ゲート後ろまで土石流的な大岩が流れ込んでていたショットを拝見しましたが、今はすべて取り除かれていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終ゲート
台風19号後、ゲート後ろまで土石流的な大岩が流れ込んでていたショットを拝見しましたが、今はすべて取り除かれていました。
モノレール小屋。
ここから登山道取り付きまでが凄そうな記事を拝見しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレール小屋。
ここから登山道取り付きまでが凄そうな記事を拝見しました。
釜立沢横断箇所。
本来この看板左手にはもっと地面があったのですが、ごっそりえぐられていました。
要所要所にピンク・白リボンが付いていたので迷うことはありませんでしたが。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜立沢横断箇所。
本来この看板左手にはもっと地面があったのですが、ごっそりえぐられていました。
要所要所にピンク・白リボンが付いていたので迷うことはありませんでしたが。。。
以前の状態。
現在は数mえぐられています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前の状態。
現在は数mえぐられています。
2
堰堤から先、登山道はえぐられていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤から先、登山道はえぐられていました。
内側を歩かないと、さらに崩落しそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内側を歩かないと、さらに崩落しそう。
1
以前から気になっているこの室
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前から気になっているこの室
ここは地面に両手をついて右移動、ここが最も危なかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは地面に両手をついて右移動、ここが最も危なかったです。
危険個所を通過し、ここからは台風19号以前と変わっておらず、危険個所はありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険個所を通過し、ここからは台風19号以前と変わっておらず、危険個所はありませんでした。
青根分岐、東海自然歩道に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青根分岐、東海自然歩道に合流。
黍殻避難小屋に行ってみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黍殻避難小屋に行ってみます
姫次へ向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姫次へ向かいます
丹沢三兄弟(丹沢三峰)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢三兄弟(丹沢三峰)
宮ケ瀬湖のエメラルドグリーン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮ケ瀬湖のエメラルドグリーン
八丁坂ノ頭分岐
私の後ろにお孫さんと一緒に登られた方がいたのですが、私の後について来ずここから上がってきていればいいなと、少し心配に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂ノ頭分岐
私の後ろにお孫さんと一緒に登られた方がいたのですが、私の後について来ずここから上がってきていればいいなと、少し心配に。
蛭が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭が見えてきました
東海自然歩道最高標高地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道最高標高地点
ドローンで147m上空まで。
動画はこちら
https://youtu.be/hAgEbvh1K7Y
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドローンで147m上空まで。
動画はこちら
https://youtu.be/hAgEbvh1K7Y
2
おっ!まるで龍!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ!まるで龍!
北斜面には雪が残っていた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面には雪が残っていた
いよいよ長い階段の始まり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ長い階段の始まり
檜洞丸の後ろに富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸の後ろに富士山
後方アルプスの雪も融けて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方アルプスの雪も融けて
遮るものがなく、西からの烈風にさらされる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遮るものがなく、西からの烈風にさらされる。
神之川林道の檜皮橋(ひわたはし)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神之川林道の檜皮橋(ひわたはし)
あと400m標識 その壱
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと400m標識 その壱
山荘が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘が見えてきた
到着
山頂は意外にも風弱し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着
山頂は意外にも風弱し。
去年のGW、鬼ヶ岩ノ頭でリタイヤ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年のGW、鬼ヶ岩ノ頭でリタイヤ。
熊木沢。
ここを直登される方すごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊木沢。
ここを直登される方すごい。
1
去年のGWからお取り置きいただいていた、これを頂きに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
去年のGWからお取り置きいただいていた、これを頂きに。
2
米軍輸送機墜落慰霊碑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米軍輸送機墜落慰霊碑
唯一階段で危なかったところ。
崖側に傾いていて、平衡感覚を失う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一階段で危なかったところ。
崖側に傾いていて、平衡感覚を失う。
この一本橋もだいぶ朽ちてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この一本橋もだいぶ朽ちてきた
モノレール小屋到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレール小屋到着
1
日没に間に合った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没に間に合った

感想/記録
by isk145

去年の暮に登りましたが、R413の迂回路をミスって小学校脇無料駐車場を出発したのが7:40、姫次で蛭まで行って帰ると日没になると判断。

数日前に積雪がありましたが、先に登頂された方に色々お聞きしていたので、アイゼンなど無駄になる装備は持って行かずに済みました。

今回は、距離優先で自己責任にて登り慣れた釜立沢ルートで登りました。
登山道本体は問題ありませんでしたが、釜立沢左岸の登山道はことごとく崩落しており、落石・崩落の危険を感じました。

暴風的な風で、階段道では飛ばされそうになりましたが、地蔵平では生暖かい春の風も。

持参したドローンは姫次で飛ばすも、もちろん山頂では飛ばせず。




この傾いた木段、2018年は歩きましたが、今回は無理でした💦

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:291人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ