また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2278910 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

木和田尾から真ノ谷、御池岳へ 坂本谷の福寿草は終盤

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月26日(木) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
簡易パーキングふじわらに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。
行程の一部は廃道区間や道の無いところを歩いるので、かんたんに歩ける所ばかりではありません。
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

簡易パーキングふじわら
立派なトイレもあり、空いています。
2020年03月26日 07:22撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡易パーキングふじわら
立派なトイレもあり、空いています。
最初はけっこうきつい登りが続きます。
2020年03月26日 08:00撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はけっこうきつい登りが続きます。
途中、緩やかな尾根を歩きます。
2020年03月26日 08:21撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、緩やかな尾根を歩きます。
主のようです。
2020年03月26日 08:28撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主のようです。
1
送電線の鉄塔から一気に視界が広がります。
これは白山。
2020年03月26日 08:50撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔から一気に視界が広がります。
これは白山。
1
福寿草を見に坂本谷へ下ります。
下部は最盛期を過ぎていました。
2020年03月26日 09:21撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福寿草を見に坂本谷へ下ります。
下部は最盛期を過ぎていました。
2
群落の密度が高いです。
2020年03月26日 09:23撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
群落の密度が高いです。
1
ちっちゃいの
2020年03月26日 09:35撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちっちゃいの
1
ミヤマカタバミ
2020年03月26日 09:52撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ
上がっていくと最盛期でした。
2020年03月26日 09:58撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がっていくと最盛期でした。
2
苔むす岩。
その間に福寿草。
2020年03月26日 10:05撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むす岩。
その間に福寿草。
白山を始めとする福井の山々の眺望が見事でした。
2020年03月26日 10:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山を始めとする福井の山々の眺望が見事でした。
1
北アルプスから乗鞍岳。
送電線が邪魔ですね。
2020年03月26日 10:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスから乗鞍岳。
送電線が邪魔ですね。
頭陀ヶ平 1143m
藤原岳のピークのひとつ。
2020年03月26日 10:58撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭陀ヶ平 1143m
藤原岳のピークのひとつ。
御池岳へ向かいます。
2020年03月26日 11:01撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳へ向かいます。
伊吹山、銀杏峰、能郷白山、白山、北アルプスから御嶽、中央アルプス、南アルプスまで見えていました。(写真は御嶽までです)
2020年03月26日 11:01撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山、銀杏峰、能郷白山、白山、北アルプスから御嶽、中央アルプス、南アルプスまで見えていました。(写真は御嶽までです)
白瀬峠。
真ノ谷へ下ります。
2020年03月26日 11:20撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白瀬峠。
真ノ谷へ下ります。
真ノ谷。
倒木がけっこうあったり、道ははっきりしません。
2020年03月26日 11:54撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ノ谷。
倒木がけっこうあったり、道ははっきりしません。
きれいなところもあります。
御池岳の雪融け水でしょうか。
けっこう水が豊富です。
2020年03月26日 11:56撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいなところもあります。
御池岳の雪融け水でしょうか。
けっこう水が豊富です。
コグルミ谷登山道の八合目。
2020年03月26日 12:43撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コグルミ谷登山道の八合目。
残雪が出てきました。
2020年03月26日 13:12撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が出てきました。
御池岳山頂 1247m
2020年03月26日 13:25撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳山頂 1247m
2
背景に白山が輝いていました。
2020年03月26日 13:27撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背景に白山が輝いていました。
1
南の方向。
鈴鹿の山々が広がります。
2020年03月26日 13:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の方向。
鈴鹿の山々が広がります。
東の方向。
テーブルランドですね。
2020年03月26日 13:32撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の方向。
テーブルランドですね。
けっこう締まっています。
2020年03月26日 14:12撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう締まっています。
コグルミ谷登山道から分かれて、白瀬峠へ。
2020年03月26日 14:27撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コグルミ谷登山道から分かれて、白瀬峠へ。
白瀬峠に戻ってきました。
あとは木和田尾を下ります。
2020年03月26日 15:18撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白瀬峠に戻ってきました。
あとは木和田尾を下ります。
登山口に到着>
このあと駐車場までの道を少し間違ったのはご愛敬です。
2020年03月26日 16:31撮影 by E-M1MarkII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に到着>
このあと駐車場までの道を少し間違ったのはご愛敬です。

感想/記録
by omurat

快晴の一日でした。
坂本谷の福寿草は、下の方は最盛期を過ぎていましたが、
登るにつれて元気なものが増えていきました。
坂本谷は土石流のため廃道になっています。道はありません。
足場が悪い急斜面をたくさん歩いて、写真を撮影したので、ふくらはぎがとっても疲れました。
頭陀ヶ平へ登ってからは登山道を歩いて、白瀬峠から真ノ谷まで。
御池岳奥ノ平へ直登する予定でしたが、ふくらはぎの限界を超えそうだったのでやめて、真ノ谷をつめてコグルミ谷登山道へ合流し、御池岳を目指しました。
真ノ谷は緩やかな傾斜ですが、枯葉が落とし穴を隠していて、歩き難いところも。
御池岳の雪融け水なのでしょう、水は意外と最後まであり、きれいな所でした。
御池岳山頂からは白山を始め、北アルプスから乗鞍・御嶽、中央アルプス、南アルプスまできれいに見えました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:225人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ