また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2280263 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

苗場山〜小松原湿原

情報量の目安: B
-拍手
日程 1993年08月21日(土) ~ 1993年08月22日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候1日目:曇りのち時々雨 2日目:曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前日20日(金)の深夜、雨の中、下山口のとなる見倉の神社?の空き地に車をとめた。翌朝、曇り空の下、中津川を渡り清水河原バス停から前倉入口バス停まで越後交通バスで移動。そこからタクシーで小金沢コースの3合目登山口まで移動した、と当時の記録に書いている。
なお、当時は現在のような東松山林道はまだ整備されておらず見倉トンネルも見倉登山口近くの駐車場もまだなかった。バス会社は現在、南越後交通バスの運行となっている。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間29分
休憩
16分
合計
3時間45分
S小金沢三合目登山口08:5509:304合目09:4010:095合目11:066合目11:448合目11:5012:40苗場山12:40苗場山頂ヒュッテ
2日目
山行
7時間15分
休憩
1時間38分
合計
8時間53分
苗場山頂ヒュッテ06:0007:25神楽峰07:3409:05霧ノ塔09:2510:05釜ヶ峰10:0810:23日蔭山10:3611:20小松原避難小屋11:34小松原湿原12:2213:10水場13:45金城山13:5014:53苗場登山道見倉入口14:53見倉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
○写真は色褪せた当時のネガフィルムからデジタル化したもの。
○前夜、下山口となる見倉の集落の神社?近くの空き地に車をとめたが、詳細な場所の記憶がない。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 時計 タオル カメラ

写真

見倉から歩いて中津川を渡って清水河原バス停まで移動。前倉入口バス停まで越後交通バスで移動した。
2017年12月15日 16:35撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見倉から歩いて中津川を渡って清水河原バス停まで移動。前倉入口バス停まで越後交通バスで移動した。
1
前倉入口バス停からタクシーで小金沢コースの三合目登山口まで移動。ここから登山を開始した。
2017年12月15日 16:35撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前倉入口バス停からタクシーで小金沢コースの三合目登山口まで移動。ここから登山を開始した。
1
4合目あたりから山頂まで雨だったのでそのまま苗場山頂ヒュッテに入る。16時頃に雨が上がったので1時間ほど山頂台地を散歩した。
2017年12月15日 16:36撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4合目あたりから山頂まで雨だったのでそのまま苗場山頂ヒュッテに入る。16時頃に雨が上がったので1時間ほど山頂台地を散歩した。
1
苗場山頂ヒュッテ。この日は満員だった。
2017年12月15日 16:36撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山頂ヒュッテ。この日は満員だった。
1
遠景は岩菅山
2017年12月15日 16:36撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠景は岩菅山
遠景は岩菅山
2017年12月15日 16:37撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠景は岩菅山
遠景は岩菅山
2017年12月15日 16:37撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠景は岩菅山
遠景右は岩菅山
2017年12月15日 16:37撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠景右は岩菅山
現在はない山小屋遊仙閣。
2017年12月15日 16:38撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在はない山小屋遊仙閣。
1
遠景は岩菅山
2017年12月15日 16:38撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠景は岩菅山
谷川岳主稜、右端は平標山。
2017年12月15日 16:38撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳主稜、右端は平標山。
苗場山からの下りから小金沢コースの霧ノ塔を見る。
2017年12月15日 16:39撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山からの下りから小金沢コースの霧ノ塔を見る。
苗場山の下りから神楽ヶ峰を見る。
2017年12月15日 16:39撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山の下りから神楽ヶ峰を見る。
苗場山から神楽ヶ峰へ向かう。遠景は霧ノ塔。
2017年12月15日 16:39撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山から神楽ヶ峰へ向かう。遠景は霧ノ塔。
1
苗場山から神楽ヶ峰へ向かう。遠景は霧ノ塔。
2017年12月15日 16:47撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山から神楽ヶ峰へ向かう。遠景は霧ノ塔。
1
苗場山を振り返る。
2017年12月15日 16:48撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山を振り返る。
1
神楽ヶ峰との鞍部にある雷清水の水場
2017年12月15日 16:48撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰との鞍部にある雷清水の水場
谷川岳主稜、右端は平標山。
2017年12月15日 16:49撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳主稜、右端は平標山。
小松原ルートへの分岐
2017年12月15日 16:49撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原ルートへの分岐
1
神楽ヶ峰の先?から苗場山を振り返る。
2017年12月15日 16:49撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰の先?から苗場山を振り返る。
谷川岳主稜、右端は平標山か。
2017年12月15日 16:49撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳主稜、右端は平標山か。
神楽ヶ峰と苗場山を振り返る。
2017年12月15日 16:49撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰と苗場山を振り返る。
霧ノ塔?から鳥甲山を見る。
2017年12月15日 16:50撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ノ塔?から鳥甲山を見る。
霧ノ塔?から日蔭山と釜ヶ峰
2017年12月15日 16:50撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ノ塔?から日蔭山と釜ヶ峰
霧ノ塔の下りから日蔭山と釜ヶ峰
2017年12月15日 16:50撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ノ塔の下りから日蔭山と釜ヶ峰
霧ノ塔の下りから日蔭山と釜ヶ峰
2017年12月15日 16:50撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧ノ塔の下りから日蔭山と釜ヶ峰
釜ヶ峰から日蔭山に向かう。気持ちの良いトレイル。
2017年12月15日 16:50撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜ヶ峰から日蔭山に向かう。気持ちの良いトレイル。
釜ヶ峰の下りから鳥甲山を見る。
2017年12月15日 16:51撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜ヶ峰の下りから鳥甲山を見る。
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から霧ノ塔を振り返る。
2017年12月15日 16:51撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から霧ノ塔を振り返る。
苗場山と右手前に猿面峰
2017年12月15日 16:51撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山と右手前に猿面峰
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から霧ノ塔を振り返る。
2017年12月15日 16:51撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から霧ノ塔を振り返る。
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から霧ノ塔を振り返る。
2017年12月15日 16:51撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から霧ノ塔を振り返る。
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から鳥甲山を見る。
2017年12月15日 16:51撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜ヶ峰〜日蔭山の稜線から鳥甲山を見る。
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
2017年12月15日 16:40撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
1
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
2017年12月15日 16:40撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
2017年12月15日 16:41撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
2017年12月15日 16:41撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原湿原にもたくさんの池塘が広がる。
見倉に下山後、車で小金沢に戻り、「楽養館」の赤茶色の湯で疲れをとった。
2017年12月15日 16:41撮影 by SP-3000, FUJI PHOTO FILM CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見倉に下山後、車で小金沢に戻り、「楽養館」の赤茶色の湯で疲れをとった。

感想/記録

1993年08月21日(土) 〜 22日(日)【苗場山〜小松原湿原】信越国境

当時、憧れだった苗場山から小金沢湿原への縦走に山小屋泊まりで友人と二人で臨むことにした。

前日20日(金)の深夜、雨の中、下山口のとなる見倉の神社の空き地に車をとめた。翌朝、曇り空の下、中津川を渡りバスで前倉入口まで移動。そこからタクシーで小金沢コースの3号目登山口まで移動して苗場山に向かった。

3合目あたりでは陽がさす場面もあったが、4合目あたりで雨が降り出し、山頂ヒュッテに着くまで雨の中を歩く。山頂ヒュッテは満員だった。16時頃には雨も上がったので、外へ出て山頂台地を1時間ほど散歩した。広大な山頂台地の大草原と無数の池塘そして周囲の山並みの大展望に感激した。

2日目も曇り空の下を出発となった。小松原コースに入ると樹林帯の中の登山道はややわかりにくかった。霧ノ塔から日蔭山までの稜線はとても展望が良くて、苗場山は言うまでもなく、鳥甲山の山容が素晴らしかった。

誰もいない静かな小松原湿原でゆっくりお昼を食べていると、夏の青空が一気に広がっていった。小松原湿原から再び樹林帯に入り金城山まで生い茂った草で登山道がとてもわかりにくかった。

金城山で稜線を離れて下草のないブナの森の急坂を一気に下った。草深い登山口に降り立つ頃、上空は夏の午後らしい夕立雲に覆われていた。

この山行記録は当時の記録をもとに、2020年3月29日に作成しアップした。
26年余り経った今も昨日のことのようにたくさんの美しい記憶が蘇ってくる素晴らしい山旅でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:49人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ