また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2282231 全員に公開 山滑走 白山

白山ーとっても怖かったです

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年03月30日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間36分
休憩
1時間13分
合計
13時間49分
S風嵐ゲート02:0903:09市ノ瀬ビジターセンター05:00別当出合05:2106:52中飯場07:51別当覗07:5209:12甚之助避難小屋09:36南竜分岐09:3711:02弥陀ヶ原・エコーライン分岐11:0911:29白山室堂11:3712:24白山12:5713:20白山室堂13:48南竜分岐13:4913:52甚之助避難小屋13:59別当覗14:56別当出合14:5715:32市ノ瀬15:32市ノ瀬ビジターセンター15:58風嵐ゲートG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
朝方はほぼ全山カチンコチンであるが、気温が上昇すると重重雪でした
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

写真

闇夜に着いた。
2020年03月30日 05:19撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
闇夜に着いた。
2
これぞ本物の恐怖の一本橋
2020年03月30日 05:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これぞ本物の恐怖の一本橋
12
中飯場の雪はかなり少ない。本来ならバームクーヘンになっている。
2020年03月30日 07:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場の雪はかなり少ない。本来ならバームクーヘンになっている。
3
大長山とガス
2020年03月30日 07:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大長山とガス
3
2階から入れます。中は天国
2020年03月30日 09:00撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2階から入れます。中は天国
ここらは例年位の積雪か?
2020年03月30日 09:29撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらは例年位の積雪か?
谷は雪解け
2020年03月30日 09:30撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷は雪解け
2
エコーラインに上がるとようやく見えた
2020年03月30日 10:35撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインに上がるとようやく見えた
南龍の小屋が箱のよう
2020年03月30日 10:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南龍の小屋が箱のよう
やっと着いた。雪は多い。
2020年03月30日 11:31撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いた。雪は多い。
6
入口は埋まってます
2020年03月30日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入口は埋まってます
1
やっぱり去年より多い?
2020年03月30日 11:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり去年より多い?
3
鳥居の上までこんなもん
2020年03月30日 11:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居の上までこんなもん
8
頂上手前の稜線へ
2020年03月30日 12:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前の稜線へ
1
あそこや。でも、足元はカチンコチンと強風で怖い
2020年03月30日 12:49撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこや。でも、足元はカチンコチンと強風で怖い
6
着いたよ
2020年03月30日 12:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたよ
10
お参りできました。ここだけいつも通り風は弱い。
2020年03月30日 12:39撮影 by iPhone 11 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お参りできました。ここだけいつも通り風は弱い。
1
大汝方面
2020年03月30日 12:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝方面
室堂と別山
2020年03月30日 12:46撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂と別山
1
剣が峰も
2020年03月30日 12:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰も
1
北アルプスは雲の中
2020年03月30日 12:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスは雲の中
3
奥宮も雪多し
2020年03月30日 12:55撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮も雪多し
1
かなり埋まっている
2020年03月30日 13:06撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり埋まっている
1
ガスは無くラッキー
2020年03月30日 12:57撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスは無くラッキー
1
頂上から・・・雪はたっぷりあるけど・・・
2020年03月30日 13:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から・・・雪はたっぷりあるけど・・・
2
解りにくいけど、鳥居の前の雪は動いてます。マジっす。
2020年03月30日 13:38撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
解りにくいけど、鳥居の前の雪は動いてます。マジっす。
8
エコーラインから下は融けている部分もあった
2020年03月30日 13:58撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エコーラインから下は融けている部分もあった
1
帰ってきました。帰りは一本橋は楽勝
2020年03月30日 15:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってきました。帰りは一本橋は楽勝
2
雪解けは早くて暖かい
2020年03月30日 15:15撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪解けは早くて暖かい
3

感想/記録



 今年も春スキーの季節がやってきました。MTBにスキーを担いで登るのは去年5月の乗鞍スカイライン以来、で持ったら当然重かった。2時にスタートで沢の轟音が凄い。除雪は市ノ瀬を過ぎて登りに入ってもまだあり。S字を少し過ぎたところまでであった。帰りに聞いたら3月末までで別当出合まで行くそう。

 登りで湿度が高く道も凍りかけている。一本橋は凍っている可能性も高いため大休憩し、少し明るくなってから渡る。テカテカで光っていてホンマに全面凍ってました。脚を軽く置いても滑るため触れる様に置く。風が無いのが良かったけど、対岸まで長い、長い。石畳は上半分は出ていた。その上からはどこでも例年だと歩けるけど、雪は少なくても行けた。1週間後には夏道しか無理かも?

 凍っていてスキーに最初からクトーを着けて登る。登りは全て凍っていて氷の滑り台の様であった。林道からの上も藪が多くいつもの様にどこでも歩けないが、雪はとりあえず繋がっている。最近は登りはホンマに遅くなった。運動は継続しているが・・・甚之助小屋まで予想以上の時間がかかる。エコーラインへは怖い沢を横切り早めに出て、ようやく頂上と対面できた。室堂から上は強風と凍っているためにスキーを強く叩きつけないと滑る。この時に表層に前日の降雪が乗っていたみたい。

 頂上から雪は繋がっていて今日は怖くないなぁと思って行くと表層雪崩が起きてその上に乗りながらゆっくりと下へ滑ってコケる。ここだけと思って、更に滑ると足元が動いている。横滑りは無理でボーゲンで行っても動いてこけます。強風とガスで見ている雪が動いてフラフラとしてきた。ようやく鳥居前まで来ると何と平面なのに前に雪がゆっくり動いていた。室堂から下もあったが、かなり収まる。が、とりあえず強度の船酔いになったみたいで滑る前に飲んだコーラも嘔気で吐きそう。頭痛もあるが、降りんとしゃぁない。

 エコーラインからの沢は気温が高く重くなっている。これこの急斜面で雪崩れて埋まったら一人なので間違えなくあの世行き。で、怖くて慎重に横滑りで行くと時間がかかるけど、甚之助小屋までそれで滑った。結局大丈夫やったけど、それから下も船酔い状態で別当出合に降りてくるとマシになった。けど、車乗って家に帰っても頭痛は残っていた。

 今回もたくさん勉強させてもらいました。山は怖い時もあるけど、日常と離れられてコロナもおりませんのでまた行きます。

 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:5713人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 林道 コーラ 雪崩 出合
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ