また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2282778 全員に公開 雪山ハイキング 甲斐駒・北岳

入笠山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年03月31日(火) [日帰り]
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候
アクセス
利用交通機関
ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち36%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間11分
休憩
1時間10分
合計
4時間21分
Sスタート地点09:5610:07富士見パノラマリゾートゴンドラ山頂駅10:2210:55山彦荘10:5611:19マナスル山荘11:2011:48岩場コース 迂回コース分岐11:5012:15入笠山13:0713:22岩場コース 迂回コース分岐13:2213:44御所平登山口13:55山彦荘13:5514:01入笠湿原14:0214:18アカノラ山14:1914:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年03月の天気図 [pdf]

感想/記録

雪山登山のため、登山道の見通しが悪いなかの山行は危険だと感じつつ、入笠山についてはそのような心配もないほど道が目印や整備されている為、終始安心して登山を楽しめる一日となった。天気予報では午前中は晴れる予定であったが、朝の段階で山麓には雲がかかっており、街中霧のなか運転してゴンドラへ向かっていった。山の上の方は晴れていないか期待していったが、やはり曇っていた。午後からは曇りの予報だった為、結局一日中曇りの中の登山であった。二日前に雪が降ったため、スノーハイキングとして楽しめる程登山道には雪があり、曇りでもなかなかいい雰囲気の中登山を楽しめた。気温もそれほど低くなく、上りは半袖、休憩時はフリースのみで過ごした。
装備は私が8本アイゼン、同行者は4本アイゼン。靴はゴアテックスのハイキングシューズ程度のもの。マナスル山荘までの道は傾斜もほとんどなく、アイゼン不要かと思われたが、入笠山頂までの最後の分岐で岩場コースを選択した為、4本アイゼンのパートナーはかなり苦戦を強いられていた。下りは傾斜が緩い方を選択したほうが良いなと思うほどの傾斜があった。次から4本では対応が難しいことがわかり、もちろん下りは岩場コースを選択しなかった。登山者はアイゼンがほとんどだったが、スノーシューの方もいた。
晴れていたら展望が望めるはずだったが、残念ながら一度も晴れず。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:122人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ