また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2319060 全員に公開 ハイキング 比良山系

小女郎ヶ池経て蓬莱山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年04月27日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴時々曇
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小女郎谷林道入口付近に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち51%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
16分
合計
4時間8分
S小女郎谷林道入口付近07:2607:28東屋の休憩所(薬師滝コース)07:2907:52小女郎谷林道終点07:5307:59薬師ノ滝08:0208:38小女郎谷上部08:4009:08小女郎峠09:10小女郎ヶ池09:1509:18小女郎峠09:39蓬莱山09:4109:44金毘羅道下降点10:02金毘羅峠10:0310:33金毘羅道登山口10:59金毘羅神社11:0011:34小女郎谷林道入口付近G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
小女郎谷林道入口付近7:26→小女郎谷林道終点7:52→薬師の滝7:59→小女郎谷上部8:38(水分補給)→小女郎峠9:08→小女郎ヶ池9:10(軽く散策)→小女郎峠9:18→蓬莱山9:39(水分補給)→金ピラ峠10:02→林道に出る10:33→金毘羅神社10:59(水分補給)→小女郎谷林道入口付近11:34着でした。
コース状況/
危険箇所等
小女郎谷林道は舗装林道だが急坂でキツイ、湿った苔に注意。
小女郎谷林道終点〜小女郎峠、倒木あり、中盤以降は落石及び転落注意、終盤は急坂&荒れ気味。
小女郎峠〜小女郎ヶ池、歩き易い。
小女郎峠〜蓬莱山、緩やかで歩き易い。
蓬莱山〜金ピラ峠、テラス付近ルートが分り難い、石多め、落石注意、倒木あり。
金ピラ峠〜林道出合、崩落箇所に迂回路ありでかなり急坂、他も石多め、落石注意、倒木多め。
林道出合〜金毘羅神社、荒れ気味の未舗装路少しとコンクリート舗装及び舗装路、落石注意、舗装路の一部で湧水が流れて湿った場所あり足元注意。
金毘羅神社〜小女郎谷林道入口付近、舗装路と鉄塔巡視路ショートカット。
その他周辺情報トイレはありません。
過去天気図(気象庁) 2020年04月の天気図 [pdf]

個人装備

個人装備品
数量
備考
ザック 1個 ケシュア30
ヘッドランプ 1個
昭文社地図 山行地域による
コンパス 1個
GPS 1個
カメラ 2個
雨具 1枚
飲料 2.0L 炭酸水、お茶等
個人装備品
数量
備考
ロールペーパー 適量
タオル 2枚
携帯電話 1個
サバイバルシート 1個 半身用
適量
折り畳み傘 1本
手袋 1式

写真

ニガイチゴの花かな。
2020年04月27日 07:28撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニガイチゴの花かな。
2
タチツボスミレも咲いている。
2020年04月27日 07:29撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレも咲いている。
4
ジシバリ発見。
2020年04月27日 07:30撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジシバリ発見。
1
アケビの花。
花びらみたいなのは萼片で、やや薄紫色掛かっている。
2020年04月27日 07:31撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケビの花。
花びらみたいなのは萼片で、やや薄紫色掛かっている。
5
アケビの花。
こちらは白っぽい。
2020年04月27日 07:37撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケビの花。
こちらは白っぽい。
6
林道沿いにはシハイスミレが多い。
2020年04月27日 07:42撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道沿いにはシハイスミレが多い。
1
林道終点にて。
この先より登山道となります。
2020年04月27日 07:52撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点にて。
この先より登山道となります。
涼しげなカキドオシ。
2020年04月27日 07:53撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しげなカキドオシ。
2
薬師の滝。
2020年04月27日 07:59撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師の滝。
3
ボタンネコノメソウ。
2020年04月27日 08:00撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ボタンネコノメソウ。
1
ムラサキケマン。
2020年04月27日 08:04撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキケマン。
2
倒木あり、下を潜ります。
2020年04月27日 08:10撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木あり、下を潜ります。
ヤマエンゴサクかな。
2020年04月27日 08:14撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマエンゴサクかな。
3
モミジチャルメルソウ。
花の数と葉っぱが特徴的です。
2020年04月27日 08:16撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジチャルメルソウ。
花の数と葉っぱが特徴的です。
3
ミヤマカタバミは殆ど閉じていました。
僅かに開いたお花です。
2020年04月27日 08:19撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミは殆ど閉じていました。
僅かに開いたお花です。
2
ここにも倒木…跨いで通ります。
2020年04月27日 08:20撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも倒木…跨いで通ります。
薄っすらと毛があるのでオオケタネツケバナかな。
2020年04月27日 08:22撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄っすらと毛があるのでオオケタネツケバナかな。
1
ミヤマハコベかな。
2020年04月27日 08:23撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマハコベかな。
3
涼しげなヤマルリソウ。
2020年04月27日 08:26撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しげなヤマルリソウ。
7
清楚なニリンソウ。
2020年04月27日 08:27撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清楚なニリンソウ。
7
スミレサイシンかな。
花の大きさがやや大きく、距が丸っこい形でした。
2020年04月27日 08:28撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレサイシンかな。
花の大きさがやや大きく、距が丸っこい形でした。
1
道沿いにはキブシの花が沢山咲いています。
2020年04月27日 08:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いにはキブシの花が沢山咲いています。
フモトスミレかと思う。
2020年04月27日 08:36撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フモトスミレかと思う。
4
カタクリはまだ閉じていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリはまだ閉じていました。
4
ガレた急坂です。
2020年04月27日 08:51撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレた急坂です。
ショウジョウバカマ。
2020年04月27日 09:02撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
4
上がるにつれ年々崩れて歩き難くなっています。
2020年04月27日 09:05撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上がるにつれ年々崩れて歩き難くなっています。
2
稜線に出れば琵琶湖が一望出来ます。
2020年04月27日 09:06撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出れば琵琶湖が一望出来ます。
小女郎ヶ池にて。
2020年04月27日 09:11撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎ヶ池にて。
1
小女郎ヶ池より蓬莱山を望む。
2020年04月27日 09:13撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎ヶ池より蓬莱山を望む。
6
稜線より琵琶湖を望む。
2020年04月27日 09:19撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より琵琶湖を望む。
2
稜線よりホッケ山方面と琵琶湖を望む。
2020年04月27日 09:20撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線よりホッケ山方面と琵琶湖を望む。
稜線より蓬莱山を望む。
2020年04月27日 09:21撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より蓬莱山を望む。
3
足元にはイワナシの花が咲いていました。
2020年04月27日 09:23撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはイワナシの花が咲いていました。
3
稜線より琵琶湖を望む…雲は多めながら晴れて心地よいです。
2020年04月27日 09:26撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線より琵琶湖を望む…雲は多めながら晴れて心地よいです。
2
終盤気味なアセビの花。
2020年04月27日 09:27撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終盤気味なアセビの花。
1
お地蔵様にご挨拶。
2020年04月27日 09:31撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様にご挨拶。
1
山頂近くより振り返る。
2020年04月27日 09:34撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂近くより振り返る。
1
蓬莱山にて…背景には武奈ヶ岳が見えます。
2020年04月27日 09:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山にて…背景には武奈ヶ岳が見えます。
4
蓬莱山にて…九体の石仏と展望。
2020年04月27日 09:39撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山にて…九体の石仏と展望。
2
分岐辺りより琵琶湖を望む。
2020年04月27日 09:45撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐辺りより琵琶湖を望む。
3
タチツボスミレ。
2020年04月27日 09:48撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ。
4
少し倒木あり、下を潜れます。
2020年04月27日 09:55撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し倒木あり、下を潜れます。
崩落地横の浸食が酷くなり迂回路が出来ていました。
無茶な急坂でロープ頼らないと下れません。
2020年04月27日 09:58撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地横の浸食が酷くなり迂回路が出来ていました。
無茶な急坂でロープ頼らないと下れません。
1
咲き始めなイワカガミ。
2020年04月27日 10:02撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き始めなイワカガミ。
4
金ピラ峠にて…琵琶湖バレイ山麓駅方面へは下れません。
2020年04月27日 10:02撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金ピラ峠にて…琵琶湖バレイ山麓駅方面へは下れません。
ニシキゴロモ。
2020年04月27日 10:06撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニシキゴロモ。
2
開きかけなカタクリ。
やや早めながら見れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開きかけなカタクリ。
やや早めながら見れました。
3
倒木あり、下を潜ります。
2020年04月27日 10:17撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木あり、下を潜ります。
閉じ気味なカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
閉じ気味なカタクリ。
1
後ろ姿なカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろ姿なカタクリ。
3
開ききったカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開ききったカタクリ。
3
植林多めながら山道沿いは自然林で明るい道です。
2020年04月27日 10:26撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林多めながら山道沿いは自然林で明るい道です。
見頃なカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見頃なカタクリ。
6
しぶとく咲くヤブツバキの花。
2020年04月27日 10:43撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しぶとく咲くヤブツバキの花。
2
マムシグサの仲間。
2020年04月27日 10:48撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサの仲間。
1
タネツケバナの仲間…やや手ブレあり。
細かく見れておらず種類はよく判らない。
2020年04月27日 10:51撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タネツケバナの仲間…やや手ブレあり。
細かく見れておらず種類はよく判らない。
1
金毘羅神社の名水にて…顔を洗ってスッキリ。
2020年04月27日 10:54撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金毘羅神社の名水にて…顔を洗ってスッキリ。
1
金毘羅神社の鳥居前にて。
2020年04月27日 10:59撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金毘羅神社の鳥居前にて。
ウリハダカエデの花。
2020年04月27日 11:27撮影 by E-PM1 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウリハダカエデの花。
2
ウラシマソウ…紐みたいな長い付属体が特徴的です。
2020年04月27日 11:33撮影 by Canon IXY DIGITAL 110 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラシマソウ…紐みたいな長い付属体が特徴的です。
3

感想/記録

今日は代休で休み、久々に小女郎ヶ池経て蓬莱山へ行く事にします。
やや早め出発で小女郎谷林道入口付近に7:20着、広い場所に車を停めます。

新型コロナウィルス騒動は未だに猛威を保ったままで4月初めから他府県への移動(仕事以外)は控えており、登山も県内で自動車利用としています。
全国に緊急事態宣言が発令されてからは天気と休みの兼ね合いもあり山に行けておらず。

誰が病気を持っているか分からない不安からヤマレコ上でも疑心暗鬼が跋扈している様で他人への自粛要請はやり過ぎに感じてしまう。
日本政府がハッキリと命令を出して各人へ行動制限を掛けない限りは自らの判断で行動するしかないと思う。

朝方は涼しげで山麓に咲く花を愛でながら進む、急坂な林道では少し熱くなり途中で上着を脱ぎます。
砂防ダム手前で林道終点となり、ここから山道です。

薬師の滝はいつもながら美しく、沢沿いにも色々な花が咲き愉しみます。

途中で軽い水分補給を入れ再スタート、この辺りは落石が目立つ斜面で気を付けて登って行きます。
やがて急坂な枯れ谷となり、上部は谷間が崩れた土砂で埋まりつつあり登り難い。
稜線に出れば雲が目立つも琵琶湖が一望出来て嬉しい、そしてすぐに小女郎峠に着きます。

小女郎ヶ池に寄りますがまだ冬枯れで地味な風景、幸いにも晴れ間が戻り蓬莱山が見えました。
峠に戻り琵琶湖を眺めつつ歩き、少し踏ん張れば蓬莱山に着きます。

蓬莱山ではゴンドラ・リフトが新型コロナウィルスの影響で止まっているのか観光客は居らず、工事の作業員が数人居るのみ。
景色を少し愉しみ水分補給のみで下山します。

下山ルートはザレ気味で岩場も多く荒れ気味で足元注意で下ります。
金比羅峠からは守山方面へ下る、ちなみにゴンドラの山麓駅方面は通行止めです。

以前から酷かった崩落地が年々浸食されている様で迂回路が作られていました、しかし急な斜面をそのまま道にした状態でロープを頼らないと歩けません。
ここを過ぎれば以前と変わらず、少し倒木も在りますが処置済みで屈んで通れます。

林道に出れば勾配は緩く穏やかな道、ただ途中湧水が溢れて道路上に流れており足元注意です。
金比羅神社からは単調な道で淡々と下り、鉄塔巡視路でショートカット経てバイパス横の舗装路に出て緩い登り坂で小女郎谷林道入口付近へと至りました。

花はタチツボスミレ、ジシバリ、ニシキゴロモ、カキドオシ、シハイスミレ、ボタンネコノメソウ、ムラサキケマン、モミジチャルメルソウ、ヤマエンゴサク、ミヤマカタバミ、オオケタネツケバナ、ミヤマハコベ、ヤマルリソウ、ニリンソウ、スミレサイシン、フモトスミレ、カタクリ、イワカガミ、ショウジョウバカマ、マムシグサ、ウラシマソウなどが咲いていました。

木に咲く花はニガイチゴ、ヤマツツジ、ウワミズザクラ(咲き始め)、アケビ、キブシ、アセビ(やや終盤)、イワナシ(やや終盤)、コバノミツバツツジ(やや終盤)、ヤブツバキ、ウリハダカエデなどが見れました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:577人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/12
投稿数: 3588
2020/5/2 8:31
 だんだんと
暑くなってきましたね☀。
比良の花も一段落したかなと思います(あまり観れませんでしたが(^_^;)。小女郎ヶ池コースは上から見てもガレてましたがやはり崩落していってるのですね💦。

最近の自粛ムードはやはり圧迫感はあります。レコもだしにくいですしね。早く落ち着けば良いですが。。
登録日: 2010/2/10
投稿数: 632
2020/5/2 20:53
 Re: だんだんと
ikajyuさん、こんばんわ。
今日も軽く登って来たのですが朝から暑かったです。
花の世界も移ろいつつあり同じルートでも変化があり愉しめます。

スーパーマーケットの混雑と比べたら山登りの方が遥かに人との接触は低く感染リスクも少なく感じ。
現状では行く行かないは各人が考え判断すれば良いと思います。
(場所により駐車場や登山口封鎖もあるようですが、近くは影響なく。)

緊急事態宣言も延長される様だし学校も休校のまま、梅雨の頃までは続くのでしょうね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ