また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2326678 全員に公開 沢登り 甲信越

前毛猛山(毛猛山塊)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年05月02日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
国道252号線は六十里越トンネル、福島県側への通り抜け可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間22分
休憩
22分
合計
4時間44分
S六十里越登山口05:4308:25前毛猛山08:4710:27六十里越登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
残雪&沢登りのため、長靴+巻き用にチェーンアイゼン使用。
コース状況/
危険箇所等
登山道の無い薮山。雪渓の残る大鳥沢からアプローチ。(雪渓の崩落による沢への転落、ブロック雪崩に遭遇、急な雪面での滑落などのリスク有り)
過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

写真

(おまけ)六十里越トンネルを越え福島県側から望む、前毛猛山(6月下旬)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(おまけ)六十里越トンネルを越え福島県側から望む、前毛猛山(6月下旬)
1
鏡ヶ池。道の駅入広瀬の近く。売店はもちろん休業中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡ヶ池。道の駅入広瀬の近く。売店はもちろん休業中。
国道252号線を進むと足沢山が見えてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道252号線を進むと足沢山が見えてくる
さらに前毛猛山も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに前毛猛山も
1
ヘアピンカーブの連続区間で裸山が大迫力
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘアピンカーブの連続区間で裸山が大迫力
奥に福島県境の稜線が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に福島県境の稜線が見えてきた
六十里越トンネルの手前の広場(鬼ヶ面山、浅草岳方面登山口)に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六十里越トンネルの手前の広場(鬼ヶ面山、浅草岳方面登山口)に到着
広場から、目指す前毛猛山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場から、目指す前毛猛山
1
まずは大鳥沢の支流を二又まで下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは大鳥沢の支流を二又まで下る
二又から大鳥沢本流を遡る(標高は730m)。最初は穏やかな渓相が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二又から大鳥沢本流を遡る(標高は730m)。最初は穏やかな渓相が続く。
谷が狭まってくると急に雪渓(デブリ)現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷が狭まってくると急に雪渓(デブリ)現れる。
1
これだけ分厚くて安定していれば沢歩きより順調に進める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけ分厚くて安定していれば沢歩きより順調に進める
まだ標高が低いので雪渓は連続しない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ標高が低いので雪渓は連続しない
渓相は明るくてナメ床が多くきれい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓相は明るくてナメ床が多くきれい
最初の難関、15mくらいの大滝。ナメ滝できれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の難関、15mくらいの大滝。ナメ滝できれい。
2
右岸のスラブ斜面から巻く。途中で見下ろす滝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸のスラブ斜面から巻く。途中で見下ろす滝。
1
チェーンアイゼンは草付きには良いがスラブでは滑る。一長一短どころか諸刃の剣!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンアイゼンは草付きには良いがスラブでは滑る。一長一短どころか諸刃の剣!
巻き終えると穏やかになり前方に朝日を浴びる前毛猛山が現れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き終えると穏やかになり前方に朝日を浴びる前毛猛山が現れる。
支流を分けて徐々に水量が細っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支流を分けて徐々に水量が細っていく
水線際のスラブ斜面ををじゃぶじゃぶ長靴で進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水線際のスラブ斜面ををじゃぶじゃぶ長靴で進む
1
時折、釜も現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折、釜も現れる
小滝を登ると丸く穴の開いた雪渓。中央部は薄くなっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小滝を登ると丸く穴の開いた雪渓。中央部は薄くなっている。
標高900mを越えると雰囲気が変わり、概ね残雪を歩けるようになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900mを越えると雰囲気が変わり、概ね残雪を歩けるようになる。
振り返ると浅草岳(鬼ヶ面山)が大きい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると浅草岳(鬼ヶ面山)が大きい
大鳥沢の源頭部からは山頂まで急登が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥沢の源頭部からは山頂まで急登が続く
前毛猛山の急な北面を蹴り込みながら一歩ずつ進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前毛猛山の急な北面を蹴り込みながら一歩ずつ進む
2
一息入れ振り返ると守門岳(左)と浅草岳(右)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一息入れ振り返ると守門岳(左)と浅草岳(右)
1
目指す前毛猛山が視界に現れる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す前毛猛山が視界に現れる
山頂部は薮で黒々としている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部は薮で黒々としている
1
山頂の西の肩に這い上がるとシャクナゲ薮が密集。それでも藪の中にはうっすらと踏み跡あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の西の肩に這い上がるとシャクナゲ薮が密集。それでも藪の中にはうっすらと踏み跡あり。
1
西の肩より望む毛猛山塊パノラマ。中央は毛猛山〜太郎助山(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の肩より望む毛猛山塊パノラマ。中央は毛猛山〜太郎助山(元サイズあり)
2
同じく守門岳〜浅草岳方面パノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じく守門岳〜浅草岳方面パノラマ(元サイズあり)
2
残雪が残る前毛猛山山頂。三角点のみ姿を現す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が残る前毛猛山山頂。三角点のみ姿を現す
1
豪雪の影響で傾いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪雪の影響で傾いている
大きい標石は主三角点(標高1233.4m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きい標石は主三角点(標高1233.4m)
福島県側パノラマ。右奥は村杉半島の峰々、左は田子倉湖。(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
福島県側パノラマ。右奥は村杉半島の峰々、左は田子倉湖。(元サイズあり)
奥只見湖方面のパノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥只見湖方面のパノラマ(元サイズあり)
2
山頂の薮の中に見つけた鳥の巣
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の薮の中に見つけた鳥の巣
スタート地点の六十里越登山口を見下ろす
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタート地点の六十里越登山口を見下ろす
全山スラブの裸山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全山スラブの裸山
2
山頂を後に福島県境稜線を下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を後に福島県境稜線を下る
残雪の下は強靭なヤマグルマの薮が密生しているようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪の下は強靭なヤマグルマの薮が密生しているようだ
展望の良い県境稜線を下る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望の良い県境稜線を下る
稜線上は完全な薮でなくうっすらと踏み跡が存在している。踏み跡を外れないように歩ければ稜線からでもアプローチは可能。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は完全な薮でなくうっすらと踏み跡が存在している。踏み跡を外れないように歩ければ稜線からでもアプローチは可能。
1
浅草岳と田子倉湖パノラマ(元サイズあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅草岳と田子倉湖パノラマ(元サイズあり)
2
1100m付近より大鳥沢を目指して雪面を下る。最初はブナ林。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1100m付近より大鳥沢を目指して雪面を下る。最初はブナ林。
1
下るにつれ斜度が増してくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下るにつれ斜度が増してくる
緩んだ雪のため最後は尻セードを楽しむ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩んだ雪のため最後は尻セードを楽しむ
大鳥沢を下降していくとブロック雪崩の音が...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大鳥沢を下降していくとブロック雪崩の音が...
自然の造形美のスラブ滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然の造形美のスラブ滝
1
右岸から巻いて降りてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸から巻いて降りてくる
開けた沢なので増水時もそれほど苦労せず巻きで降りられる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた沢なので増水時もそれほど苦労せず巻きで降りられる
釜に落ちないように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釜に落ちないように
徐々に水量が増してきているようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に水量が増してきているようだ
いつ崩落しても不思議でない雪渓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ崩落しても不思議でない雪渓
1
15mの滝を落ち口より見下ろす。水流増して跳ね上がるように落ちる滝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15mの滝を落ち口より見下ろす。水流増して跳ね上がるように落ちる滝
右岸(県境稜線側)から押し出るデブリ(雪渓)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸(県境稜線側)から押し出るデブリ(雪渓)
渓相が穏やかになればゴールは近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渓相が穏やかになればゴールは近い
無事に広場に到着
例年のGWよりは少ないが、時々福島県側への自動車やバイクの通行が見られた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に広場に到着
例年のGWよりは少ないが、時々福島県側への自動車やバイクの通行が見られた。
1

感想/記録

国道252号線が既に開通しているので、登山者に殆ど遭遇しないであろう前毛猛山に登ってみた。自宅から登山口までは一切店舗には寄らず。
前毛猛山は薮の中の踏み跡を利用しての福島県境稜線からの記録が若干見られる。
今回は前毛猛山へダイレクトに突き上げる大鳥沢から雪渓を利用しながらアプローチする。下流部と滝の前後区間では沢は露出しているが、それ以外は雪渓(デブリ)に埋もれている区間が多い。標高900m以上では概ね安定した雪渓が山頂北面にかけて利用できる。小雪の年と言われるがここ毛猛山塊は別のようである。
傾いた三角点のある山頂からは霞みながらも360度の大展望が得られ、毛猛山や太郎助山を始め秘境村杉半島の峰々、越後三山、浅草・守門岳など残雪の山を満喫できた。
下りは少し県境稜線の様子を見ながら辿り雪渓の谷から大鳥沢へ戻る。既に増水の始まっている流れと時折聞こえるブロック雪崩の音に気を引き締めながら六十里越登山口へ下降した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:284人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/4/19
投稿数: 150
2020/5/5 9:21
 大兄の・・・
技量あればこその自由な運歩ですね。
ブロック雪崩、不安定な雪渓、増水の沢、・・・赤子の様な私には。
昔、TVで山形朝日村の御老人でしたか、生業で山に入る際、家人に、
「おらが戻らなくともさがすな、山の肥やしになったと思ってあきらめろ」(記憶不正確)と仰ってたのを、思い出しました。
何故か、大兄にも、これに似た覚悟のようなものを感じました。
ご無礼の段、お赦しあれ。
登録日: 2017/10/19
投稿数: 41
2020/5/5 21:00
 Re:
コメントありがとうございます。
今回のルートは過去にも一度登っていましたので難易度的には想定内でした。
さすがに初めての沢は十分に情報収集して自分のレベルに応じてチャレンジするようにしています。道を辿るだけの登山に比べ自分でルートを決めて自由に登れる、薮こぎ登山や沢登りは比較にならないほど面白いですよ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ