また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2338756 全員に公開 ハイキング 谷川・武尊

【過去レコ】苗場山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2007年09月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
秡川登山口 第二リフト町営駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
1時間15分
合計
9時間10分
S祓川登山口駐車場08:1508:40和田小屋登山口09:55下ノ芝10:0510:45中ノ芝10:5011:10上ノ芝11:20苗場山、小松原分岐11:35神楽ヶ峰11:55雷清水12:0512:55苗場山13:3014:35雷清水14:4015:00神楽ヶ峰15:10苗場山、小松原分岐15:20上ノ芝15:35中ノ芝15:4016:15下ノ芝16:2017:05和田小屋登山口17:25祓川登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的には良く整備されていて特段の問題はありません。
和田小屋から下ノ芝〜上ノ芝は、所々滑りすい箇所があります。苗場山への取り付きの雲尾根は結構厳しい急登です。
その他周辺情報湯沢町三俣 街道の湯
過去天気図(気象庁) 2007年09月の天気図 [pdf]

写真

湯沢町営駐車場に車を停めて祓川登山道入口をスタートします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯沢町営駐車場に車を停めて祓川登山道入口をスタートします。
出だしはこんな道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしはこんな道です。
30分弱で和田小屋に着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分弱で和田小屋に着きます。
祓川コースの起点の登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祓川コースの起点の登山口です。
最初はゲレンデを横切るように登って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はゲレンデを横切るように登って行きます。
滑りやすい登山道を登ってゆき、木道を歩くようになると下ノ芝に着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい登山道を登ってゆき、木道を歩くようになると下ノ芝に着きます。
木道脇に休憩スポットあり、ここでは西側の展望が開けています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道脇に休憩スポットあり、ここでは西側の展望が開けています。
苗場山で出会った花々(1)アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山で出会った花々(1)アキノキリンソウ
樹林帯をしばらく登ると中ノ芝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯をしばらく登ると中ノ芝です。
ここからは樹林越しに谷川連峰が望めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは樹林越しに谷川連峰が望めます。
木道脇のベンチで小休憩します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道脇のベンチで小休憩します。
苗場山で出会った花々(2)ギョウジャニンニク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山で出会った花々(2)ギョウジャニンニク
展望が開け出した斜面を登って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開け出した斜面を登って行きます。
上ノ芝に着きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上ノ芝に着きます。
ゆるやかに登って行くと小松原湿原からの道を合わせる小松原分岐に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるやかに登って行くと小松原湿原からの道を合わせる小松原分岐に出ます。
ここには鈴木牧之の顕彰碑があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここには鈴木牧之の顕彰碑があります。
苗場山で出会った花々(3)リンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山で出会った花々(3)リンドウ
股すり岩という大岩を越えて行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
股すり岩という大岩を越えて行きます。
苗場山で出会った花々(4)ウメバチソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山で出会った花々(4)ウメバチソウ
ここで初めて苗場山が姿を現わしました。最後の登りは少しきつそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで初めて苗場山が姿を現わしました。最後の登りは少しきつそうです。
少し下ると雷清水です。とてもおいしい水でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ると雷清水です。とてもおいしい水でした。
更に進むと雲尾根、結構急な坂道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に進むと雲尾根、結構急な坂道です。
雲尾根の急登を終わると足元が平坦な木道になります。
眼前には広大な山頂湿原が広がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲尾根の急登を終わると足元が平坦な木道になります。
眼前には広大な山頂湿原が広がります。
山頂には遊仙閣(右)と交流センター(左)の2つ山小屋があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には遊仙閣(右)と交流センター(左)の2つ山小屋があります。
多数の池塘が湿原に点在しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多数の池塘が湿原に点在しています。
木道が四方八方に延びています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道が四方八方に延びています。
山名の由来になった?人が植えたような苗に見えるミヤマホタルイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名の由来になった?人が植えたような苗に見えるミヤマホタルイ
池塘が点在する広大な山上湿原、まさにこれが苗場山といった景観です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池塘が点在する広大な山上湿原、まさにこれが苗場山といった景観です。
遊仙閣に着きました。この裏手に山頂標識と三角点があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊仙閣に着きました。この裏手に山頂標識と三角点があります。
苗場山山頂、平坦で山頂といった雰囲気ではありません。
一等三角点「苗場山」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苗場山山頂、平坦で山頂といった雰囲気ではありません。
一等三角点「苗場山」
360度どこを見ても山上湿原が広がっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度どこを見ても山上湿原が広がっています。
山上湿原も見納めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山上湿原も見納めです。
雲尾根の上部から神楽ヶ峰を望みます。
これから進む登山道が良く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲尾根の上部から神楽ヶ峰を望みます。
これから進む登山道が良く見えます。
雲尾根の取り付きまで下りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲尾根の取り付きまで下りました。
お花畑を通過します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑を通過します。
雷清水で喉を潤します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷清水で喉を潤します。
ここから苗場山を見返します。山頂部は雲がかかってしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから苗場山を見返します。山頂部は雲がかかってしまいました。
神楽ヶ峰まで戻りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神楽ヶ峰まで戻りました。
小松原分岐を秡川コースへ行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小松原分岐を秡川コースへ行きます。
下ノ芝を通過します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ノ芝を通過します。
やっと和田小屋に着きます。ここから登山道入口、駐車場までもうすぐです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと和田小屋に着きます。ここから登山道入口、駐車場までもうすぐです。

感想/記録
by tk3193

谷川連峰などから展望すると一目でそれと分かる苗場山。山頂部の広大な湿原に憧れ、是非行ってみたいと思っていました。
一般的な祓川コースを往復しましたが、歩行時間も長く、時間も結構かかりました。下山時刻が5時半と少し遅くなり反省点です。
歩き応えもあり景観も素晴らしく満足な楽しい山歩きでした。
【日本百名山登頂】
(37座)苗場山   妻(24座)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:172人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ