また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2372195 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

中央分水嶺・楡沢〜坊主岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年05月28日(木) 〜 2020年05月29日(金)
メンバー
天候晴天⇒曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間31分
休憩
15分
合計
11時間46分
S横川ダムP05:0309:25砂防ダム上部09:3514:07楡沢山14:1216:49岩尾沢 三角点
2日目
山行
15時間38分
休憩
1時間35分
合計
17時間13分
岩尾沢 三角点06:4314:14天照沢14:3215:15坊主岳16:0018:33横川林道登山口19:0523:56横川ダムPG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:03 横川ダムPスタート(0.00km) 05:03 - 瀬戸沢林道06:20 - 砂防下部07:50 - 砂防上部09:25 - 廃林道終点(5.91km) 09:47 - 楡沢山13:35 - 岩尾沢(7.53km) 16:36 - テン泊
出発06:43 - 1772m07:45 - 1764m08:45 - 1823m09:56~10:35 - 1851m11:45 - GPS機器故障・鞍部(8.93km) 12:10  天照沢14:14 - 坊主岳15:15 - 横川林道登山道1589m17:26 - 尾根迷い断崖 - 横川林道18:33 - 横川ダムP23:56
コース状況/
危険箇所等
一般登山道では有りません。

  瀬戸沢林道〜楡沢
横川林道内の支線・瀬戸沢林道から、廃棄された林道⇒砂防ダム⇒大規模切通⇒廃棄林道・・と経て、楡沢山の東尾根に乗る。
が、下部の廃棄林道は、灌木どころか既に樹木も茂っていて歩きづらい上に、
階段状の砂防ダム(?)を登らねばならない。
これは大変危険に付き、楡沢山南東の大切通までは、
瀬戸沢林道の南に隣接の支線(林道名不明)を利用した方が良い。
大切通の下端を横切り、もう使われてない林道が、南東沢まで伸びている。
終点から杣道を経由し、楡沢東尾根1320mの鞍に至る。
東尾根は、上部は笹が出るが、楡沢山頂まで杣道が続く。

  楡沢〜岩尾沢
中間の鞍以降、笹藪が酷くなる。かすかにトレースが有る。

  岩尾沢〜坊主岳
笹藪は、岩尾沢前後と、坊主岳山頂に至る最後の登り部分が、特に酷い。
その他の箇所も殆どが笹藪だが、
トレースは明瞭になったり薄くなったり、丈も高くなったり低くなったり。

  坊主岳〜横川林道
後で知りましたが、これは、坊主岳横川登山道として確立されてるらしい。
ただし、一般向けとは言えない上級者向けの登山道で、超急傾斜。
坊主岳頂上〜1800m位までは、激笹藪・激傾斜・トレース激薄。
以下は、意外に、かなり笹刈り整備されていた。
が、1589m以下の支尾根分岐点から、私はその登山道から一本南の尾根に流されてしまいました。
その支尾根は、通行困難な断崖が続く、超危険な尾根でした。

過去天気図(気象庁) 2020年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 薄パーカー黄色 ピコシェルター ハット&防虫メッシュ モンベルチャチャバッグ35ℓ ツェルト橙 シュラフ 薄銀マット 水1日3ℓ 固形燃料 木杖 熊鈴 GPSヤマナビ GPSエプソンMZ500 コンパス 紙地図(地図プリ印刷)

写真

横川ダムPに駐車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横川ダムPに駐車。
擁壁工事で7月31日まで通行止め。
工事時間帯以外での通過が必須。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
擁壁工事で7月31日まで通行止め。
工事時間帯以外での通過が必須。
横川林道支線の、瀬戸沢林道へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横川林道支線の、瀬戸沢林道へ。
航空写真で見た大規模な切通しを確認。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
航空写真で見た大規模な切通しを確認。
航空写真で見た大規模な切通しを確認。
工事アクセスに作られたのであろう対岸の林道は、
既に雑草・灌木が生い茂る。
橋は無いが、渡渉容易な沢幅。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
航空写真で見た大規模な切通しを確認。
工事アクセスに作られたのであろう対岸の林道は、
既に雑草・灌木が生い茂る。
橋は無いが、渡渉容易な沢幅。
楡沢山切通しから流れる沢は伏流となってる様だ。
枯れ沢。
対岸に羚羊が草を食んでた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楡沢山切通しから流れる沢は伏流となってる様だ。
枯れ沢。
対岸に羚羊が草を食んでた。
工事アクセスに作られたであろう林道も、
現在では御覧の有様。
恐らく4~5年は人も立ち入ってないのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事アクセスに作られたであろう林道も、
現在では御覧の有様。
恐らく4~5年は人も立ち入ってないのだろう。
下部の、単独の砂防ダム。
(あまり見慣れないが、これも砂防ダムと呼ぶのか?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部の、単独の砂防ダム。
(あまり見慣れないが、これも砂防ダムと呼ぶのか?)
上部の砂防ダム(?)。
これだけ連続してたら、圧巻。
平らな個所に、楡沢林道の枝線が走ってる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部の砂防ダム(?)。
これだけ連続してたら、圧巻。
平らな個所に、楡沢林道の枝線が走ってる。
管理の為にこういうステップが組まれてるんでしょうね。
ワイヤーが崩れれば莫大な量の岩雪崩で超危険。
しかし、
ワイヤー劣化の無いことを確認し、
階段を登らせてもらう。
(見つかったら、激しく怒られるだろうなあ・・)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
管理の為にこういうステップが組まれてるんでしょうね。
ワイヤーが崩れれば莫大な量の岩雪崩で超危険。
しかし、
ワイヤー劣化の無いことを確認し、
階段を登らせてもらう。
(見つかったら、激しく怒られるだろうなあ・・)
楡沢山南尾根の1655コブmに伸びる大規模切通し。
これ、何の為の工事?

当初計画では、切通しの端を登るつもりだったが、
急傾斜を見て、めげた。
(擁壁の右端に、取付らしきものが有りました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楡沢山南尾根の1655コブmに伸びる大規模切通し。
これ、何の為の工事?

当初計画では、切通しの端を登るつもりだったが、
急傾斜を見て、めげた。
(擁壁の右端に、取付らしきものが有りました)
地図に記載されていないが、
林道の枝線は、その先楡沢山の谷へ伸びていた。
そして、
砂防ダムでは伏流の枯沢となったが、
ここでは流水が得られた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図に記載されていないが、
林道の枝線は、その先楡沢山の谷へ伸びていた。
そして、
砂防ダムでは伏流の枯沢となったが、
ここでは流水が得られた。
谷を少し回り込んで、林道は終わる。
そこから杣道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷を少し回り込んで、林道は終わる。
そこから杣道。
杉や檜の鬱蒼とした樹林帯。
急斜面をトラバースする杣道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉や檜の鬱蒼とした樹林帯。
急斜面をトラバースする杣道。
杣道は、
楡沢山東尾根(下部で更に枝分かれし、南東へ向かう尾根)の
1320m位の鞍部へ出る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杣道は、
楡沢山東尾根(下部で更に枝分かれし、南東へ向かう尾根)の
1320m位の鞍部へ出る。
草付きも無く、気持ちの良い樹林帯杣道。

登山道の無い山も、
全てがこうだったら嬉しいのですが・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付きも無く、気持ちの良い樹林帯杣道。

登山道の無い山も、
全てがこうだったら嬉しいのですが・・。
1600m辺りから笹が出始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1600m辺りから笹が出始める。
上部では笹丈も胸くらいになるが、
トレースはわりしっかり付いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部では笹丈も胸くらいになるが、
トレースはわりしっかり付いている。
楡沢山頂へ最後の詰めだけを我慢すれば、
まぁ、楽な方の笹藪じゃないでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楡沢山頂へ最後の詰めだけを我慢すれば、
まぁ、楽な方の笹藪じゃないでしょうか。
楡沢山頂。
残雪期に、牛首峠からここまで来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楡沢山頂。
残雪期に、牛首峠からここまで来た。
楡沢〜岩尾沢の鞍辺りから、
激藪ですね。
トレースも薄く、見失いがち。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楡沢〜岩尾沢の鞍辺りから、
激藪ですね。
トレースも薄く、見失いがち。
岩尾沢、最後の詰め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾沢、最後の詰め。
岩尾沢山頂。
楡沢を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾沢山頂。
楡沢を振り返る。
岩尾沢からの先まで少し探してみたが、
良いテン場は無さそう。
今日は岩尾沢で泊まる事にし、
山菜鉈でテン場整備。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾沢からの先まで少し探してみたが、
良いテン場は無さそう。
今日は岩尾沢で泊まる事にし、
山菜鉈でテン場整備。
岩尾沢、29日の日の出。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩尾沢、29日の日の出。
ヘリティジ・ツェルト。
軽量化の為、ポールもペグも無し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリティジ・ツェルト。
軽量化の為、ポールもペグも無し。
激笹藪は、岩尾沢から最初の鞍辺りで一旦治まる。
が、その鞍部に、
これは熊の糞でしょう? まだ真新しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激笹藪は、岩尾沢から最初の鞍辺りで一旦治まる。
が、その鞍部に、
これは熊の糞でしょう? まだ真新しい。
1823m。
良い場所、ホッとする。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1823m。
良い場所、ホッとする。
鞍から、また笹が始まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍から、また笹が始まる。
1823〜1852m中間のL字曲がりコブから、
佛谷が見え始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1823〜1852m中間のL字曲がりコブから、
佛谷が見え始める。
天照沢(北坊主)の肩へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天照沢(北坊主)の肩へ。
天照沢肩、
分水嶺尾根と北西尾根分岐の目印。
北西尾根を下った先の木曽奈良井に天照沢という地名が有るので、
北坊主を天照沢と呼ぶのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天照沢肩、
分水嶺尾根と北西尾根分岐の目印。
北西尾根を下った先の木曽奈良井に天照沢という地名が有るので、
北坊主を天照沢と呼ぶのだろう。
天照沢へ、最後の詰め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天照沢へ、最後の詰め。
天照沢山頂はこんな感じだが、
目の前の木立を抜けると・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天照沢山頂はこんな感じだが、
目の前の木立を抜けると・・・。
パノラマ写真 1/7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真 1/7
パノラマ写真 2/7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真 2/7
パノラマ写真 3/7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真 3/7
パノラマ写真 4/7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真 4/7
パノラマ写真 5/7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真 5/7
パノラマ写真 6/7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真 6/7
パノラマ写真 7/7
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真 7/7
天照沢〜坊主岳は、
天照沢⇒鞍まで、トレース明瞭で歩きやすかったのに、
一転、
鞍⇒坊主岳はトレース不明瞭で笹藪も深く絡み合っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天照沢〜坊主岳は、
天照沢⇒鞍まで、トレース明瞭で歩きやすかったのに、
一転、
鞍⇒坊主岳はトレース不明瞭で笹藪も深く絡み合っている。
坊主岳山頂。
横川林道坊主登山道への下降は、
画像左手の木立から。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主岳山頂。
横川林道坊主登山道への下降は、
画像左手の木立から。
激藪の急降下。
トレースは激薄。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激藪の急降下。
トレースは激薄。
1820m辺りまで下ると、
何とか尾根らしくなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1820m辺りまで下ると、
何とか尾根らしくなる。
あれ?
1780mから下は、かなり綺麗に笹刈り整備されている。
黄テープも随所に。
感じからして、昨秋の整備か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?
1780mから下は、かなり綺麗に笹刈り整備されている。
黄テープも随所に。
感じからして、昨秋の整備か?
整備されてるとは言え、急坂。
足が痛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整備されてるとは言え、急坂。
足が痛い。
1589m。テン場に使える。
さて、この先、枝尾根を間違えてしまった。
この先、枝尾根が3つに分かれる。
北が、2017年末に取ったコース。
中が、横川林道登山道。
・・南の枝尾根に流されてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1589m。テン場に使える。
さて、この先、枝尾根を間違えてしまった。
この先、枝尾根が3つに分かれる。
北が、2017年末に取ったコース。
中が、横川林道登山道。
・・南の枝尾根に流されてしまった。
南の枝尾根は、通過困難な断崖がいくつも出現する。

が、それでもトレースが有ったのは、
杣人の酔狂か?
困難ルートが好きな変人ヤマ屋か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の枝尾根は、通過困難な断崖がいくつも出現する。

が、それでもトレースが有ったのは、
杣人の酔狂か?
困難ルートが好きな変人ヤマ屋か?
南の枝尾根は、通過困難な断崖がいくつも出現する。

が、それでもトレースが有ったのは、
杣人の酔狂か?
困難ルートが好きな変人ヤマ屋か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の枝尾根は、通過困難な断崖がいくつも出現する。

が、それでもトレースが有ったのは、
杣人の酔狂か?
困難ルートが好きな変人ヤマ屋か?
南の枝尾根は、通過困難な断崖がいくつも出現する。

が、それでもトレースが有ったのは、
杣人の酔狂か?
困難ルートが好きな変人ヤマ屋か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の枝尾根は、通過困難な断崖がいくつも出現する。

が、それでもトレースが有ったのは、
杣人の酔狂か?
困難ルートが好きな変人ヤマ屋か?
それでも、何とか無事下山。
正規の道・横川林道登山道は、画像の黄テープからの尾根。
私は、その一本奥の尾根を下ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも、何とか無事下山。
正規の道・横川林道登山道は、画像の黄テープからの尾根。
私は、その一本奥の尾根を下ってしまった。

感想/記録

上伊那地域の中央分水嶺踏破を目指し、奮闘中。
しかし数年来の足の故障で、
健脚の皆さんなら日帰りで通過できる距離も、2日かかってしまう有様。

楡沢からをどう攻略しようかと、地図とともに航空写真など調べてると、
楡沢南の1655m山腹に、大規模な切通を発見。
これがどうも気になる。見てみたい。
そして、その切通しの端を辿って楡沢南尾根に取付いてみようか?

航空写真はかなり以前の撮影のようで、現在は木や草が生い茂っていた。
そして、これを砂防ダムと呼んでいいのか、あまり見慣れない、階段状の砂防設備。

切通し端に杣道らしきの取付きを発見したが、超急傾斜に付き、めげた。
そして今回は、GPS機器の不調も発覚。
こりゃもう、今回の山行は中止にするか?

いや、此処まで来たんだから、周辺をブラついてみよう。
そしたら、楡沢方面に伸びる、既に廃棄されたような荒れ果てた林道跡を発見。
それを詰めてみたら、杣道で、楡沢東尾根に乗った。

どのみち泊の用意はしているので、それじゃあ、と行ってみたら、
まあ岩尾沢まで行けた。
よっしゃ、ならもう、ついでに、
当初の予計画通り、坊主岳まで繋いでやろう。


坊主岳からの下りは、2017年末に、積雪ではあるが、登っている。
大体の道の状況も把握している。


・・・そんな慢心からか、GPS機器の不調からか、
最後の最後で、下山支尾根を一本間違え、
断崖が連続する超危険な尾根に流されてしまった。

時間も押していたし、
あわや遭難、というケースだったですね、反省。
しかし、
楡沢の杣道や、最後の超危険尾根など、
意外な発見も多くて、結構楽しい山行となりました。

(反省してねぇだろ?この阿呆! とのお叱りの声が・・・)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:139人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/5
投稿数: 862
2020/6/1 20:59
 これは!!
17時間、0時まで! すごいメンタルの強さを感じます
でもこれ以上にならないようにしてくださいヨ
ワタシはこのところダニにとりつかれて、ササを敬遠しがち。
これを拝見して、ワタシも〇〇と〇〇〇に行かなくてはと思いをあらたにしました。
お疲れさまでした
登録日: 2018/1/3
投稿数: 24
2020/6/1 22:11
 RE:これは!!
今回はビバークじゃなく泊の装備をしてたんで、もう一泊でも良かったんですが、
件の工事中が、ね。
そこで翌夕まで足止めされるのもナンでしたし・・。

真っ暗な横川林道を、熊に怯えながら、トボトボと・・。
まあ休み休み歩きましたので。

上伊那の分水嶺は、
後は牛首峠横の1347mの1km弱を残すだけになりました。
キツいのが、やっと片付きました。
yama-takeさんはじめ、多くの先行者の方のログを参考にさせて頂きまして、
本当に感謝です。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ