また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2401685 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

上平寺登山口から伊吹山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年06月20日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上平寺伊吹山登山口駐車場 トイレ、水なし、20台くらい?
登山道へは伊吹神社⛩から入る。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地形図には838.7三角点から道はありませんが、明瞭な踏み跡があり標準的な登山道とほとんど変わりありません。
ゲレンデに出る少し手前に沢がありますが、その前後が少し足場がもろく歩きにくかったです。
その他周辺情報養老温泉ゆせんの里
過去天気図(気象庁) 2020年06月の天気図 [pdf]

写真

少し入り口が細くてわかりにくかったです。施設は何もありません。随分出発が遅くなりました。
2020年06月20日 11:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し入り口が細くてわかりにくかったです。施設は何もありません。随分出発が遅くなりました。
盗掘とか未だにあるんですね。よほどの歴史マニアでしょうか。
2020年06月20日 11:05撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
盗掘とか未だにあるんですね。よほどの歴史マニアでしょうか。
少し降りたところにある伊吹神社から入ります。
2020年06月20日 11:07撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し降りたところにある伊吹神社から入ります。
安全祈願。そのまま登山道へ合流できると思い込んでいましたが、一旦石段を下りないと無理みたいです。
2020年06月20日 11:12撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全祈願。そのまま登山道へ合流できると思い込んでいましたが、一旦石段を下りないと無理みたいです。
このコースは京極氏にまつわる城址を通ります。きれいに整備されているわけではなく、完全に周囲の自然と一体化していて往時を偲ぶのに最適な感じでした。
2020年06月20日 11:41撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースは京極氏にまつわる城址を通ります。きれいに整備されているわけではなく、完全に周囲の自然と一体化していて往時を偲ぶのに最適な感じでした。
かつてはここまで馬で登って来れたのでしょうか。来れないことはない傾斜かなと思いました。いずれにしても大変不便な山城だったと思います。
2020年06月20日 11:42撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつてはここまで馬で登って来れたのでしょうか。来れないことはない傾斜かなと思いました。いずれにしても大変不便な山城だったと思います。
小ピークを過ぎるとようやく伊吹山が姿を現した。期待していなかっただけに意外と感動しました。
2020年06月20日 12:02撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークを過ぎるとようやく伊吹山が姿を現した。期待していなかっただけに意外と感動しました。
沢を渡る。やや足元が崩れやすい状態でした。昨日の雨で少しあれたようです。
2020年06月20日 12:29撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢を渡る。やや足元が崩れやすい状態でした。昨日の雨で少しあれたようです。
すぐに狭い沢をちょっとだけ上ります。そこから左手に道は続いていました。
2020年06月20日 12:30撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに狭い沢をちょっとだけ上ります。そこから左手に道は続いていました。
突如ゲレンデ上部に出ました。避難小屋が見えます。ここからは道は不明瞭で適当にまっすぐ水平に進みました。小屋を直線で目指すとかなり歩きにくいと思います。帰りに入り口が分からなくならないように場所を確認しつつ進みます。
2020年06月20日 12:41撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如ゲレンデ上部に出ました。避難小屋が見えます。ここからは道は不明瞭で適当にまっすぐ水平に進みました。小屋を直線で目指すとかなり歩きにくいと思います。帰りに入り口が分からなくならないように場所を確認しつつ進みます。
メイン登山道に合流。ここから多くの登山者が列をなして登っていくのが見えます。ちなみに登山道には上平寺方面への分岐を示すものは何も確認できませんでした。場所を覚えておく必要がありますし、ガスったらGPSないと厳しいです。
2020年06月20日 12:46撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メイン登山道に合流。ここから多くの登山者が列をなして登っていくのが見えます。ちなみに登山道には上平寺方面への分岐を示すものは何も確認できませんでした。場所を覚えておく必要がありますし、ガスったらGPSないと厳しいです。
急斜面に大量に繁茂していたこの樹木は何だろう。ネットで調べても高山植物ばかりが引っ掛かってわかりませんでした。葉は柑橘系の香りがしました。
2020年06月20日 12:53撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面に大量に繁茂していたこの樹木は何だろう。ネットで調べても高山植物ばかりが引っ掛かってわかりませんでした。葉は柑橘系の香りがしました。
山頂到着です。やはりこの時期にしては人が少なかったです。マスクをしている人はあまりいませんでした。
2020年06月20日 13:33撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着です。やはりこの時期にしては人が少なかったです。マスクをしている人はあまりいませんでした。
1
下山します。
2020年06月20日 14:03撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山します。
伊吹山は石灰岩の山ですが、よくみると変わった状態のものがあります。取り込まれているのはチャートでしょうか。
2020年06月20日 14:31撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山は石灰岩の山ですが、よくみると変わった状態のものがあります。取り込まれているのはチャートでしょうか。
2
この辺りは鹿の被害が多いようで、ビニール紐で幹回りが保護されているヒノキが見受けられました。
2020年06月20日 15:17撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは鹿の被害が多いようで、ビニール紐で幹回りが保護されているヒノキが見受けられました。
下山では登りでは通らなかった遺跡の方へ寄り道しました。なかなか趣があってよかったです。こういうものを地道に発掘し、後世に残そうと尽力している人たちがいるというのはありがたいことです。
2020年06月20日 15:20撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山では登りでは通らなかった遺跡の方へ寄り道しました。なかなか趣があってよかったです。こういうものを地道に発掘し、後世に残そうと尽力している人たちがいるというのはありがたいことです。
兵どもが夢の跡、っていつも思いますよね。
2020年06月20日 15:28撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兵どもが夢の跡、っていつも思いますよね。
下山しました。
2020年06月20日 16:06撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山しました。
主要登山道と比べると少しアプローチは長くなりますが、初夏の息吹を感じられるなかなかいい道でした。カエデの樹木も結構目についたので紅葉の季節もきっと素晴らしいのではないでしょうか。
2020年06月20日 16:13撮影 by Canon IXY 100F, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主要登山道と比べると少しアプローチは長くなりますが、初夏の息吹を感じられるなかなかいい道でした。カエデの樹木も結構目についたので紅葉の季節もきっと素晴らしいのではないでしょうか。
撮影機材:

感想/記録

伊吹山には何度も登っていますが、たまには別ルートから登ろうと探したところこのコースを見つけた。少し気温が高めでしたがほどよい風もあり、結果的にはとても歩きやすくさわやかな登山となりました。人が少なく駐車場も空いているのも良い点です。また帰化があれば紅葉の季節に訪れたいですね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:118人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ