また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2468309 全員に公開 ハイキング 甲信越

冠着山---八頭山 インシデント

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候はれ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
17分
合計
4時間37分
Sスタート地点08:5610:05冠着山10:1511:56八頭山12:0313:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

写真

古峠 広いのでここに車停めてしばらく車道歩き
2020年08月02日 09:02撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古峠 広いのでここに車停めてしばらく車道歩き
ここを左に入って
2020年08月02日 09:25撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを左に入って
境界確認している為か道しっかりしています
2020年08月02日 09:28撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
境界確認している為か道しっかりしています
ブナか大木
2020年08月02日 09:34撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナか大木
最初の眺め 手前に長野自動車道
2020年08月02日 09:36撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の眺め 手前に長野自動車道
次の眺めのいいところ
2020年08月02日 09:38撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の眺めのいいところ
1
使われていなさそうな水道タンク
2020年08月02日 09:45撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使われていなさそうな水道タンク
鳥居平からのルート
2020年08月02日 09:49撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居平からのルート
中間の展望ベンチから
2020年08月02日 09:57撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間の展望ベンチから
冠着山 今日は誰もいません
2020年08月02日 10:05撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠着山 今日は誰もいません
これから行こうとしている手前が八頭山
2020年08月02日 10:06撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行こうとしている手前が八頭山
1
北側 千曲市から長野市方面
2020年08月02日 10:06撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側 千曲市から長野市方面
三角点  1252.2m
2020年08月02日 10:07撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点  1252.2m
ここでいいのか反射板へ この後急な下り坂
2020年08月02日 10:17撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでいいのか反射板へ この後急な下り坂
相当下って反射板2基
2020年08月02日 10:30撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相当下って反射板2基
車道へ 反射板の案内  この後通行止めになっている車道歩き
2020年08月02日 10:37撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道へ 反射板の案内  この後通行止めになっている車道歩き
四十八曲峠 振り返って  ここへたどり着く前に途中で山道に入ってトンネルの上を行くルートがあったようだ
2020年08月02日 11:08撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四十八曲峠 振り返って  ここへたどり着く前に途中で山道に入ってトンネルの上を行くルートがあったようだ
聖山高原 県立公園 四十八曲峠
2020年08月02日 11:09撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖山高原 県立公園 四十八曲峠
トンネル 廃道 ここを右に入った 途中まで山道なのか獣道なのかわからない 引き返そうとも思った GPSで確認して登ってみた
2020年08月02日 11:09撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネル 廃道 ここを右に入った 途中まで山道なのか獣道なのかわからない 引き返そうとも思った GPSで確認して登ってみた
尾根沿いにロープが張ってあった これで安心だ
2020年08月02日 11:42撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根沿いにロープが張ってあった これで安心だ
八頭山への案内 もう少しだ
2020年08月02日 11:50撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八頭山への案内 もう少しだ
八頭山 1204m 三角点はない 
以前の失敗 稲倉沢へ下りてしまったことがあった
2020年08月02日 11:58撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八頭山 1204m 三角点はない 
以前の失敗 稲倉沢へ下りてしまったことがあった
下山途中登るときここの左斜面から登って来た 右に山道がついている 右に行って本来のルートで行こうとした
2020年08月02日 12:23撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中登るときここの左斜面から登って来た 右に山道がついている 右に行って本来のルートで行こうとした
すぐにこの案内 ここ自体が本来の四十八曲峠だったようだ
自分の勘違い 
この看板が一旦廃道の四十八曲峠に下りるものと思っていた  
確かに矢印はなかった
2020年08月02日 12:24撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにこの案内 ここ自体が本来の四十八曲峠だったようだ
自分の勘違い 
この看板が一旦廃道の四十八曲峠に下りるものと思っていた  
確かに矢印はなかった
下っても廃道に出ない どこへ迷ってしまったのか
現在地を確認した
カモシカ 道を間違えていると思っているのか
2020年08月02日 12:42撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っても廃道に出ない どこへ迷ってしまったのか
現在地を確認した
カモシカ 道を間違えていると思っているのか
この道は上山田へ下る女沢川沿いだ あちこちに千曲市のキノコの為の入山禁止看板があったので道を下れば大丈夫という思いがあった
2020年08月02日 12:50撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道は上山田へ下る女沢川沿いだ あちこちに千曲市のキノコの為の入山禁止看板があったので道を下れば大丈夫という思いがあった
農園に出た さあこれからどうやって帰ろうか
2020年08月02日 12:57撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農園に出た さあこれからどうやって帰ろうか
正面の山の左側まで行かなければならない 
時間をかければ歩けるが それはやめよう
2020年08月02日 12:58撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の山の左側まで行かなければならない 
時間をかければ歩けるが それはやめよう
大町麻績インタ千曲線に出た  その道路脇に石碑が建っていた
それが車道ができる前の古道の道標だったと思う
2020年08月02日 13:01撮影 by DSC-W810, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大町麻績インタ千曲線に出た  その道路脇に石碑が建っていた
それが車道ができる前の古道の道標だったと思う

感想/記録

今回のことは重大インシデントであると思う。本来なら八頭山からピストンで駐車地へ帰る予定だった。事故がなくて無事下山できたとは言っていられない。
上さんに迎えに来てもらって、駐車地へ行った。道を間違えたといってもこのインシデントの重大さがよくわかっていないようだ。
二度あることは三度ある  三度目の正直  この次はどうなるか
いつか四十八曲峠を越えて歩きたい。

四十八曲峠から下ったルート地図上のルートと離れているけど ガレ場で荒れた一応は山道になっていました。何か地図が違うように思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:138人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ