また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2469407 全員に公開 沢登り 丹沢

マスキ嵐沢から権現山南西尾根

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月02日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝橋から入る林道は補修工事中で、進入不可。キャンプ場の駐車場に置かせてもらった。1日1000円/台。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間10分
休憩
37分
合計
5時間47分
S大滝橋バス停07:5608:57マスキ嵐沢標識11:30箒沢権現山12:0413:26大滝橋バス停13:2913:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
昨秋の台風で流された木橋などはまだそのまま。大滝橋から東海自然歩道を歩く場合も、渡渉の覚悟が必要。
その他周辺情報下山後、山北駅隣接のさくらの湯へ。400円。

装備

共同装備 30mロープ

写真

大滝橋からの林道を歩き、登山道になったところからしばらく行って、大滝沢を渡るところの橋が損壊していた。ここで我々は沢装備に。もし登山靴だったら濡れずには渡れない感じ。昨秋の台風のせいだな。
2020年08月02日 08:32撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝橋からの林道を歩き、登山道になったところからしばらく行って、大滝沢を渡るところの橋が損壊していた。ここで我々は沢装備に。もし登山靴だったら濡れずには渡れない感じ。昨秋の台風のせいだな。
向こうに橋の半分が残っている
2020年08月02日 08:32撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに橋の半分が残っている
天気は良さそう
2020年08月02日 08:43撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は良さそう
いつもの標識の手前からの入渓になりました。
2020年08月02日 08:43撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの標識の手前からの入渓になりました。
見逃しがちな標識
2020年08月02日 08:59撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見逃しがちな標識
標高748mあたり。北に向く手前?
2020年08月02日 09:24撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高748mあたり。北に向く手前?
難しくはない
2020年08月02日 09:24撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難しくはない
そのすぐ上の滝。2段15m。
2020年08月02日 09:48撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのすぐ上の滝。2段15m。
2段目。左から登り中段で右に渡ってから登って行く。右に渡るところで盛大に水を浴びた。
2020年08月02日 09:51撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段目。左から登り中段で右に渡ってから登って行く。右に渡るところで盛大に水を浴びた。
800m付近。テーブル岩。休憩して、エネルギー補給。
2020年08月02日 10:07撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
800m付近。テーブル岩。休憩して、エネルギー補給。
880付近の顕著な二股は右に。写真は940mあたりの涸滝10m。前のパーティの2人が登っているところ。上の男の人が立っているところは右に残置ハーケンがあって、ここにスリングを掛けて登った。この上も、少しハング気味のところがあり、高度感がある。右から容易に巻けるが、そちらは落石注意の感じ。
2020年08月02日 10:47撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
880付近の顕著な二股は右に。写真は940mあたりの涸滝10m。前のパーティの2人が登っているところ。上の男の人が立っているところは右に残置ハーケンがあって、ここにスリングを掛けて登った。この上も、少しハング気味のところがあり、高度感がある。右から容易に巻けるが、そちらは落石注意の感じ。
権現山頂上で、装備解除。昼ごはん。下りは、権現山南西尾根。頂上からやや戻り、鹿柵の手前の踏み跡を下る。
2020年08月02日 12:06撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山頂上で、装備解除。昼ごはん。下りは、権現山南西尾根。頂上からやや戻り、鹿柵の手前の踏み跡を下る。
南西尾根は、おおよそ踏み跡はあるが、支尾根にも踏み跡はあるので、読図が必要。1020m辺りの分岐は気をつけないと見落とす。まっすぐ行くと西に向かう尾根に乗ってしまう。コンパス見て、南へ。写真は、標高860m付近。ブナの緑がきれいだった。ブナの実がたくさん落ちていた。
急な下りで、滑ることも何度かあった。788m地点から下るところはいくつも尾根がある感じ。いちばん東側の尾根を下る。林道に出るまで、下り始めてからちょうど1時間だった。
2020年08月02日 12:34撮影 by iPhone SE (1st generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西尾根は、おおよそ踏み跡はあるが、支尾根にも踏み跡はあるので、読図が必要。1020m辺りの分岐は気をつけないと見落とす。まっすぐ行くと西に向かう尾根に乗ってしまう。コンパス見て、南へ。写真は、標高860m付近。ブナの緑がきれいだった。ブナの実がたくさん落ちていた。
急な下りで、滑ることも何度かあった。788m地点から下るところはいくつも尾根がある感じ。いちばん東側の尾根を下る。林道に出るまで、下り始めてからちょうど1時間だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:193人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ