また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2472593 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥秩父

和名倉山(ナシ尾根→仁田小屋尾根周回) 初めてのハンモック泊 

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月02日(日) ~ 2020年08月03日(月)
メンバー
天候2日 曇り
3日 曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鮫沢橋手前の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間3分
休憩
48分
合計
7時間51分
Sスタート地点08:0008:22大洞ダム08:3511:32尻無ノ頭12:0215:28和名倉山15:3315:51二瀬分岐
2日目
山行
7時間59分
休憩
1時間0分
合計
8時間59分
二瀬分岐07:5308:12和名倉山08:1710:43仁田小屋の頭10:4411:29仁田小屋12:2316:52ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ナシ尾根
全体的に踏み跡薄い、もしくはなし
基本伝いなので、登りであれば大きくルートを外すことはないだろう
途中、藪漕ぎ、倒木エリアあり。距離・高度の割に疲れる

仁田小屋尾根
全体的に踏み跡薄い、もしくはなし
こちらも方向さえあっていれば大きくコースを外すことはない
要注意は仁田小屋の先、ルートを見つけにくい
沢まで下りて、沢沿いを下らず、ザレ斜面を登っていくと踏み跡あり

その先、シカ柵をくぐって暫く進み、水平移動から尾根伝いの下りに入るところで盛大にルートミス!!
リボンを目印に進んだのだが、本来のルートの一つ先の尾根から下ってしまった
足場の緩い激下り、危なそうな場所は非常用に持って行ったロープを利用してクリア
途中、隣の尾根に移れそうな場所を見つけて強引に正規ルートに復帰
なお、GPSのログは参考にしないで下さい

仁田小屋尾根の最後の下りで大きなルートミス、他にも小さなルートミスを何度か
ルートファインディング、状況判断が必要な場面が多々あり、GPSをフル活用
後から思うと、事前の情報収集をもっとしかっりとしておくんだったと少々後悔

熊注意!!
ルート上には新しい足跡、糞など熊の痕跡が多数あり
熊鈴、ラジオなど対策必須

装備

個人装備 ザック ストック 飲料 食料 行動食 プラティパス メスティン クッカー カトラリー バーナー カートリッジ LEDランタン ハンモック タープ ペグ ロープ類 スリング カラビナ スコップ シュラフ グローブ レインウェア フリース 帽子 着替え タオル ファーストエイドキット GPS ゴミ袋 携帯電話 健康保険証/運転免許証

写真

鮫沢橋手前のスペースに車を停め
8時スタート
2020年08月02日 07:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮫沢橋手前のスペースに車を停め
8時スタート
2
しばらく林道を進むと
2020年08月02日 08:03撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく林道を進むと
10分ほどで小屋が見えてくる
2020年08月02日 08:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほどで小屋が見えてくる
小屋の横のモノレール跨いで大洞ダムまで下る
2020年08月02日 08:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の横のモノレール跨いで大洞ダムまで下る
大洞ダムが見えてくる
2020年08月02日 08:19撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞ダムが見えてくる
1
ダムを渡り対岸へ移動し
2020年08月02日 08:20撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダムを渡り対岸へ移動し
上流に向けて少し移動
2020年08月02日 08:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上流に向けて少し移動
1
ここから長い登りが始まり
2020年08月02日 08:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから長い登りが始まり
2
しばらく登ると植林地帯に入る
2020年08月02日 08:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく登ると植林地帯に入る
1
この辺は作業道なのか踏み跡がはっきりとしている
2020年08月02日 08:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は作業道なのか踏み跡がはっきりとしている
崩落地帯の横をジグザクに登っていく
2020年08月02日 08:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地帯の横をジグザクに登っていく
1
大規模な崩落跡
2020年08月02日 09:01撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大規模な崩落跡
1
崩落地帯の頭を越えると、しばらくはなだらかな登り
2020年08月02日 09:38撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地帯の頭を越えると、しばらくはなだらかな登り
1
ところどころワイヤーなどの残骸
2020年08月02日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころワイヤーなどの残骸
2
しばらく進むと北側が開けた場所に出るのでその先を登っていくと
2020年08月02日 10:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく進むと北側が開けた場所に出るのでその先を登っていくと
一面倒れたスズタケ
昔の山火事の影響か?
2020年08月02日 10:54撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面倒れたスズタケ
昔の山火事の影響か?
1
しばらくのんびり歩き
2020年08月02日 10:57撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくのんびり歩き
2
踏み跡を辿ると花畑、でも間違ったルート
尻無ノ頭へは、もっと北寄りのルートを歩いてなければならなかった
2020年08月02日 11:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を辿ると花畑、でも間違ったルート
尻無ノ頭へは、もっと北寄りのルートを歩いてなければならなかった
3
途中、斜面を無理やりのぼり尻無ノ頭へ
ここで昼食休憩
2020年08月02日 11:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、斜面を無理やりのぼり尻無ノ頭へ
ここで昼食休憩
1
この先は尾根伝いなのでルートは分かりやすい
2020年08月02日 12:05撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先は尾根伝いなのでルートは分かりやすい
ルートわきに境界杭
2020年08月02日 12:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートわきに境界杭
1
だいぶガスってきた
2020年08月02日 12:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶガスってきた
スズタケがうるさい
2020年08月02日 13:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズタケがうるさい
1
木々が通せんぼ
ここは右の隙間を抜けていく
2020年08月02日 13:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々が通せんぼ
ここは右の隙間を抜けていく
1
1284m地点
南側が開けた場所に出るが
2020年08月02日 13:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1284m地点
南側が開けた場所に出るが
1
雲の隙間に青空が見えるが
展望は望めず
2020年08月02日 13:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の隙間に青空が見えるが
展望は望めず
1
正面には和名倉山が見えるはずなのだが...
2020年08月02日 13:35撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面には和名倉山が見えるはずなのだが...
1
スズタケが鬱陶しい
2020年08月02日 13:37撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズタケが鬱陶しい
1
ここにも残骸
2020年08月02日 13:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも残骸
1
熊の足跡、しかも新しい
他にも糞などの痕跡がたくさん
2020年08月02日 13:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の足跡、しかも新しい
他にも糞などの痕跡がたくさん
1
ここの岩場は右側から巻き上がる
2020年08月02日 13:58撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの岩場は右側から巻き上がる
1
こんな感じが続くといいのだが
2020年08月02日 14:12撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じが続くといいのだが
1
倒木エリアの登り
2020年08月02日 14:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木エリアの登り
倒木エリアを抜けると仁田小屋尾根との合流箇所
2020年08月02日 14:43撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木エリアを抜けると仁田小屋尾根との合流箇所
この後はしばらくのんびりと進み
2020年08月02日 14:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後はしばらくのんびりと進み
1
再び倒木エリア
2020年08月02日 15:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び倒木エリア
1
苔生した雰囲気はきれい
2020年08月02日 15:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔生した雰囲気はきれい
4
15時20分、予定よりだいぶ遅くなったが和名倉山に到着
2020年08月02日 15:21撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15時20分、予定よりだいぶ遅くなったが和名倉山に到着
4
山頂は木々に囲まれ展望はないので、少し休憩した後は本日の泊地へ
2020年08月02日 15:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は木々に囲まれ展望はないので、少し休憩した後は本日の泊地へ
1
二瀬分岐まで進み、そこから少し下ると
2020年08月02日 15:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二瀬分岐まで進み、そこから少し下ると
1
開けた場所に出るので、本日はここに宿泊
2020年08月02日 15:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けた場所に出るので、本日はここに宿泊
1
初めてのハンモック泊
設営はテントよりも簡単
2020年08月02日 16:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めてのハンモック泊
設営はテントよりも簡単
8
食事の準備の前に給水
水場は薄い踏み跡(途中から消失)を進み300mほど
2020年08月02日 17:56撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事の準備の前に給水
水場は薄い踏み跡(途中から消失)を進み300mほど
1
水場
たぶん二瀬分岐の手前から下れば水源に出れるのではないか?
2020年08月02日 17:45撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場
たぶん二瀬分岐の手前から下れば水源に出れるのではないか?
4
夕飯はカレーとビール
夜はハンモックに揺られてのんびりと過ごす
2020年08月02日 18:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯はカレーとビール
夜はハンモックに揺られてのんびりと過ごす
5
翌朝
想像以上に快適、途中目が覚めることもなく、朝までぐっすり
2020年08月03日 06:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝
想像以上に快適、途中目が覚めることもなく、朝までぐっすり
3
のんびと朝食を済ませ撤収
7時45分、遅めの出発
2020年08月03日 07:50撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のんびと朝食を済ませ撤収
7時45分、遅めの出発
1
前日通った道を戻り
2020年08月03日 08:07撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日通った道を戻り
1
再び和名倉山へ
2020年08月03日 08:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び和名倉山へ
1
歩いた道を逆に辿り
2020年08月03日 08:16撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いた道を逆に辿り
仁田小屋尾根の分岐へ
ここは踏み跡薄く方向が分かりにくい
2020年08月03日 08:39撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田小屋尾根の分岐へ
ここは踏み跡薄く方向が分かりにくい
1
方向が分かれば後は大雑把に下っていく
2020年08月03日 08:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方向が分かれば後は大雑把に下っていく
念のためリボンを辿りながら進む
2020年08月03日 08:59撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念のためリボンを辿りながら進む
1
ダケカンバのキレイな森
2020年08月03日 09:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダケカンバのキレイな森
1
昔の作業場の跡かな
2020年08月03日 09:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昔の作業場の跡かな
2
踏み跡を進むと
2020年08月03日 09:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡を進むと
藪に阻まれる
2020年08月03日 09:22撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪に阻まれる
が、GPSでコースを確認し復帰
2020年08月03日 09:26撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、GPSでコースを確認し復帰
1
松葉沢ノ頭
ここで最初の小休止
2020年08月03日 09:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松葉沢ノ頭
ここで最初の小休止
1
この辺は少し単調
2020年08月03日 10:11撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺は少し単調
1
45分ほどで仁田小屋ノ頭
2020年08月03日 10:41撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
45分ほどで仁田小屋ノ頭
少し進むと鹿除けのネット
2020年08月03日 10:46撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと鹿除けのネット
右手にトラロープ
2020年08月03日 10:47撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手にトラロープ
1
しばらくはなだらかに進むが
2020年08月03日 10:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくはなだらかに進むが
その先は長い下り
作業道を下っていくと
2020年08月03日 11:17撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先は長い下り
作業道を下っていくと
仁田小屋に到着
ここで昼食休憩
2020年08月03日 12:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田小屋に到着
ここで昼食休憩
2
雲は多いが青空も見える
2020年08月03日 12:09撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は多いが青空も見える
3
沢は下らず、対岸の斜面を上がっていく
写真左上にルートが見えている
2020年08月03日 12:14撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢は下らず、対岸の斜面を上がっていく
写真左上にルートが見えている
1
しばらく斜面を水平に進み
2020年08月03日 12:23撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく斜面を水平に進み
シカ柵を開けて進む
2020年08月03日 12:25撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シカ柵を開けて進む
この辺でルートミス
2020年08月03日 12:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺でルートミス
この先、南に下る尾根にリボンが見えていたので目印に進むと
2020年08月03日 12:44撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、南に下る尾根にリボンが見えていたので目印に進むと
1
足場の緩い激下りの斜面
一つ先の尾根を下ってしまった
(写真は下った先、途中から斜面を見上げたところ)
この後、正規のルートに復帰するまでは写真を撮る余裕もなかった
2020年08月03日 13:27撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場の緩い激下りの斜面
一つ先の尾根を下ってしまった
(写真は下った先、途中から斜面を見上げたところ)
この後、正規のルートに復帰するまでは写真を撮る余裕もなかった
1時間以上かけてやっと正規ルートに復帰
盛大にルートミスをしてしまった
2020年08月03日 14:52撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間以上かけてやっと正規ルートに復帰
盛大にルートミスをしてしまった
堰堤が見えてくると林道に合流
2020年08月03日 15:02撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤が見えてくると林道に合流
1
あとは最後の林道歩き
2020年08月03日 15:10撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは最後の林道歩き
1
林道の崩落個所
2020年08月03日 15:13撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の崩落個所
3
車止めのゲートを越えて
2020年08月03日 15:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車止めのゲートを越えて
取水タンク
林道歩くこと既に1時間以上
2020年08月03日 16:06撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取水タンク
林道歩くこと既に1時間以上
1
ナシ尾根の横の崩落地帯が見える
2020年08月03日 16:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナシ尾根の横の崩落地帯が見える
2
やっとモノレールの小屋まで到着
2020年08月03日 16:40撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとモノレールの小屋まで到着
17時前、鮫沢橋にゴール
2020年08月03日 16:48撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時前、鮫沢橋にゴール
3

感想/記録
by ARAQ

8月に入りやっと梅雨明け
夏山第一弾は奥秩父、和名倉山へ

和名倉山は4年ぶりの2回目
今回は山中泊と初めてのハンモック泊が目的
昨年、奥秩父でビバークした時に、落ち葉の積もった柔らかい地面で、ペグが打てずツェルトをキレイに晴れなかったことがあり
その後、キャンプ情報などでハンモックの情報を見て、思わず「これだ!」と思って購入
やっと機会が巡ってハンモック泊を実践

初めて体験したハンモック泊
タープとハンモックの重量は1.6圓如▲瀬屮襯Εールのテントより少し重いくらい
マットなどは不要になるので、総重量では少し軽いくらいになるが、ツェルトと比べるとだいぶ思い
設営はいたって簡単、ロープワークを3つほど覚えておけば15分ほどで設営完了
なれれば10分程度でできそう
寝心地は快適、揺椅子のように座って寛げるのも良い
シチュエーションを選ばなければならないが、夜をのんびりを過ごすには絶好のアイテム

ということで、快適なハンモック泊を楽しみ、担いでいった食料、アルコールも消化し身軽になって、あとはのんびり下山のはずだったのだが
最後の最後で盛大にルートミスをして、足場の悪い急斜面の下りに入ってしまう
非常用のロープ(10m)を持って行っていたので、時間はかかったものの、危ないところはロープを使って正規のルートに復帰
ここは結構危なかったので反省しないと...

今回歩いたナシ尾根、仁田小屋尾根
登山者が少ないせいかルートは荒廃気味
なかなかワイルドな山行を楽しめるが、あまり人にはおススメできないコース

それでも久々な少しハードな山行と山中泊、初めてのハンモック泊と楽しい山行だった
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:399人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ