また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2477926 全員に公開 アルパインクライミング 剱・立山

妻Cフェース剣稜会ルート

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月04日(火) [日帰り]
メンバー
 sola16(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
扇沢駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間50分
休憩
1時間50分
合計
13時間40分
S剱沢キャンプ場03:2004:20長次郎出合04:3006:40Cフェース取り付き07:0008:50Cフェース頭09:3012:10后Ν困離灰12:3014:30長次郎出合14:5017:00剱沢キャンプ場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
長次郎雪渓出合から長次郎雪渓に入るところが崩落している。
また一・二ルンゼの部分も崩落しておりルートファインディングに注意
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック アイゼン ピッケル 行動食 非常食 地図(地形図) トポ コンパス ヘッドランプ 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ クライミングシューズ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ
共同装備 ファーストエイドキット ツェルト ロープ クイックドロー スリング ロープスリング ナイフブレード ラープ
備考 中間ランナー用のギアを過剰に持ってきすぎたので数量を調整したい。

写真

長次郎雪渓入口
2020年08月04日 04:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長次郎雪渓入口
一二ルンゼの崩落場所
ここだけでなく一段したがすべて切れているため通行不可
右岸側を巻かないといけない。
2020年08月04日 05:23撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一二ルンゼの崩落場所
ここだけでなく一段したがすべて切れているため通行不可
右岸側を巻かないといけない。
1
今回リードは私が全て担当
3p目のフェースをリード中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回リードは私が全て担当
3p目のフェースをリード中
2
あまりにも有名な構図
バックに本峰
2020年08月04日 08:46撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あまりにも有名な構図
バックに本峰
4
Cフェース頭から一枚
槍ヶ岳まで見える
2020年08月04日 08:57撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Cフェース頭から一枚
槍ヶ岳まで見える
1
名残おしいけど
2020年08月04日 12:51撮影 by TG-3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残おしいけど
3

感想/記録
by sola16

源次郎尾根から1日空けて今度は大先輩とCフェース剣稜会を登りました。

長次郎雪渓の崩落個所のルートファインディングが1日を通しての核心だった。
登攀は岩が硬くしっかりしているので鼻歌交じりに登ることができる。
今回先輩が4p目のナイフリッジでの写真を撮ってほしいとのことで同行したが、なかなか楽しかったです。我々の他にはガイドとお客さんの2名1パーティーしかいなくて静かな登攀だった。
1p目、2p目も特に難しいところはないものの、ピッチを中途半端にきってしまったため3pかかってしまった。本来の3p目が技術的な核心部ではあるが、ホールドも残置ハーケンも豊富である。4p目のリッジはカンテを忠実にあがった方が高度感を楽しめる。最後5m程度のトラバースが高度感がありしびれるぅ。残置ハーケンで終了点を作成したが、すぐ上にあるピナクルと180僖好螢鵐阿鰺用し手作成した終了点の方がアルパインチックで良かった。
5p目はオマケのようなもので階段状の壁を25mほどロープをのばして終了。

后Ν困離灰襪妨けて出発するがイマイチ記憶があやふやだ。
記録やトポなどで事前に調査したがどれも微妙
自分の判断で懸垂箇所を選定する。藪にロープが引っかかると面倒なので本来1回で下りられそうな距離も2回に分けて懸垂していたため時間を食ってしまった。
無事に后Ν困離灰襪鵬爾蠅蕕譴討泙困楼谿多粥

脆いガレ場を慎重に下る。長次郎出合までは集中しておりる。出合に到着すると安心感が半端なかったです。2時間ほどダラダラ剣沢雪渓と登山道を登り返す。

剱沢小屋の売店でコーラを御馳走してもらい、今回の登攀の成功を祝す。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:333人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ