また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2482446 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳【県界尾根〜真教寺尾根周回】

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年08月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■駐車場 県道615号の行止まり地点より1.5km手前にある駐車スペース
■前夜車中泊 中央道双葉サービスエリア
★サンメドウズ清里スキー場内は下山(通行)出来ません。
★リフト利用はOKですが、下山でも往復料金1800円必要です。
 ⇒もちろん私は羽衣池経由の登山道で下山しました。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間44分
休憩
1時間21分
合計
10時間5分
S県道615駐車スペース06:5707:15登山口07:1708:39小天狗08:5009:52大天狗10:1511:25天望荘分岐11:3012:10赤岳12:4013:23真教寺尾根分岐13:2515:17牛首山15:2015:57賽の河原16:50美し森ロッジ16:5517:02県道615駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
県道615号の行き止まり地点から登山道へと入る。登山口にはコロナの感染予防も含めた「登山者が徹底する5つのルール」が掲示されている。かつて大門沢の堰堤工事に利用されていたと思われる林道に沿いにゆっくり高度を上げて行く。真教寺尾根分岐を過ぎると大門沢から離れ深い樹林帯の急な登りとなる。尾根に上がると野辺山からの登山道が合わさる小天狗分岐に到着。
分岐からわずかに登ると展望が開け真教寺尾根越しに権現岳が望まれた。ここから大天狗までも、ひたすら樹林帯の地味な登りが続いた。大天狗から40分程の登りで最初の岩場(クサリ)が現れた。
辺りは積雪の多い東面であることから高山植物が咲き乱れ、岩場が続く緊張感の中にあって心が和んだ。途中、天望荘のトラバースを分け最後の急登を上がりきると赤岳・北峰に到着。残念ながらガスで視界はなく早々に南峰へ移動。山頂祠の岩陰で休憩を兼ねたドリップ珈琲と軽食タイム。
下山は真教寺尾根へ。過去の古い記憶の曖昧さから分岐を確認するまでに時間をロスしてしまった。
県界尾根と比較すると入山者も少なく、上部の登山道は滑りやすく荒れている状態であった。また牛首山付近の尾根通しの道は整備されているものの小さなアップダウンが続き、地図上より長く感じた。賽ノ河原から羽衣池を経て美し森ロッジ付近の車道に出ると駐車スペースまではわずかであった。
コース状況/
危険箇所等
■登山届⇒フロントガラス内に残置 
■八ヶ岳の一般登山道としては岩場の通過や登山道の整備状況、累積1500mを超える標高差からみてもリスクを抱えるコースと言える。
その他周辺情報■帰路の入浴 富士見高原「八峯苑鹿の湯」入浴料700円

写真

8月4日9時の天気図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8月4日9時の天気図
駐車スペース
2020年08月04日 06:57撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペース
「登山者が徹底する5つのルール」が掲示されている。
2020年08月04日 07:15撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「登山者が徹底する5つのルール」が掲示されている。
2
真教寺尾根分岐・・・賽の河原につながっている
2020年08月04日 07:33撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根分岐・・・賽の河原につながっている
1
天狗尾根の岩峰
2020年08月04日 07:42撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗尾根の岩峰
2
大門沢から離れて本格的登りが始まる
2020年08月04日 07:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門沢から離れて本格的登りが始まる
小天狗標識・・・野辺山からの合流点
2020年08月04日 08:39撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小天狗標識・・・野辺山からの合流点
真教寺尾根の向こうに権現岳
2020年08月04日 09:02撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根の向こうに権現岳
大天狗標識
2020年08月04日 09:52撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天狗標識
鎖・岩場が始まった
2020年08月04日 10:58撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖・岩場が始まった
1
短めのハシゴ
2020年08月04日 11:03撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
短めのハシゴ
岩窟・・・ビバーク出来るかも
2020年08月04日 11:06撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩窟・・・ビバーク出来るかも
1
天望荘と横岳
2020年08月04日 11:26撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天望荘と横岳
長〜いハシゴ
2020年08月04日 11:37撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長〜いハシゴ
2
赤岳・南峰に着きました・・・ジャスト・コースタイム
2020年08月04日 12:10撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳・南峰に着きました・・・ジャスト・コースタイム
撮っていただきました!
2020年08月04日 12:49撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撮っていただきました!
3
阿弥陀さま
2020年08月04日 13:17撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀さま
2
真教寺尾根分岐
2020年08月04日 13:23撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真教寺尾根分岐
綺麗な蝶が蜜を吸っています
2020年08月04日 13:33撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な蝶が蜜を吸っています
5
ガスで半分の牛首山
2020年08月04日 14:27撮影 by SO-02K, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスで半分の牛首山
野辺山も見えて来ました
2020年08月04日 15:49撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野辺山も見えて来ました
駐車スペースに戻って来ました
2020年08月04日 17:02撮影 by PENTAX WG-10, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペースに戻って来ました
2
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:204人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/11
投稿数: 178
2020/8/11 17:38
 赤岳いいですね!
peak315さん、赤岳お疲れさまでした。

真教寺尾根、県界尾根は登りがいのある良い登山道ですね。
私も赤岳を同じルートで考えていましたが、近頃体力不足を感じていたので天狗岳に変更してしまいました。
そこでpeak315さんの代表写真と同じ「花と蝶」を撮りました。
偶然の一致ですが嬉しくなってコメントさせていただきました。

暑さとコロナに注意して次の山も頑張ってください。
レコ楽しみにしています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス ビバーク 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ