また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2509866 全員に公開 沢登り 白山

白山地獄谷:昨年撤退のリベンジ達成

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月15日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り(下部は晴れ、稜線から上は曇り)
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 自転車
道の駅飛騨白山の駐車場をお借りしました。
平瀬からの県道白山公園線はまだゲートオープンしてません。
情報によると9月末日まで工事で通行止めとのこと。
11月に入ればすぐに雪で閉鎖されるので開通期間は短いですね。
当然のことながら、白水湖畔ロッジや露天風呂も営業しておりません。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間34分
休憩
1時間46分
合計
13時間20分
S道の駅飛騨白山05:0507:10東面台地取付点07:15大白川登山口07:20白水湖畔ロッジ11:51アルプス展望台12:3813:05平瀬道・展望歩道分岐13:15白山室堂13:2713:58白山14:1014:49平瀬道・展望歩道分岐14:5015:14カンクラ雪渓15:2115:49大倉山避難小屋16:0416:08大倉山16:1017:41大白川登山口17:5117:52東面台地取付点18:23道の駅飛騨白山18:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
地獄谷はバリエーションなので、状況を考えないと危険です。
その年によって雪渓の量がまちまちです。
今回はかなり雪渓が少なかったので、雪渓歩きは全くなく、ブリッジの下を通過できました。
その他周辺情報しらみずの湯
大人600円
マスク着用で
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 グローブ レインウェア(ノースフェイスレインテックスフライト) 日よけ帽子(カブー) 渓流シューズ(カモシカ渓流保温タビ) スパッツ(キャラバンケイリュウスパッツ) ザック(マウンテンハードウェアスクランブラーRT35アウトドライ) 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ(ペツルアクティック) GPS ファーストエイドキット スマホ 時計 タオル ナイフ カメラ ハーネス(ロックエンパイアアルペンライト) ハーネス(サレワロックハーネスリーフ) ヘルメット(クライミングテクノロジーイクリプス) 確保器(BD ATC-XP) 確保器(BDスーパーエイト) ロックカラビナ(BDロックロックスクリューゲート) ロックカラビナ(BDグリッドロックスクリューゲート) ロックカラビナ(BDナイトロンスクリューゲート) ロックカラビナ(ロックテリクステトンクイックロック) ロックカラビナ(ロックテリクスユタスクリュー) カラビナ(BDフードワイヤ) カラビナ(BDポジトロン) オープンスリング(ロックエンパイア16mm×60mm) オープンスリング(ロックエンパイア25mm×150mm) 補助ロープ(8.0mm×30m) ダイニーマスリング(ロックエンパイア10mm×120mm) ゴルジュハンマー(ロックテリクスゴルジュライト) アプローチシューズ(ノースフェイスウルトラエクイティー) ココヘリ

写真

5か月ぶりにやってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5か月ぶりにやってきました
休憩しながら2時間ちょいでスタート地点
チャリをデポしていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩しながら2時間ちょいでスタート地点
チャリをデポしていきます
白水湖はちょっと濁ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白水湖はちょっと濁ってます
ちょっと天気は予想に反していまいち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと天気は予想に反していまいち
2
でも癒される眺めです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも癒される眺めです
1
崩落が進んでいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落が進んでいる
この辺りまでゴーロ歩きが主体
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りまでゴーロ歩きが主体
ここも湯の花
ちょっと黒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも湯の花
ちょっと黒い
みんな温泉にワクワク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな温泉にワクワク
2
ちょうどいい温度のところもある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうどいい温度のところもある
1
ヤケ谷との分岐をゾロ谷へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤケ谷との分岐をゾロ谷へ
1
ようやく滝らしいところが出てきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく滝らしいところが出てきた
1
水はやはり冷た目
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水はやはり冷た目
2
白山と言えばお花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山と言えばお花
シャワーを浴びて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャワーを浴びて
徐々に谷が深くなっていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に谷が深くなっていく
1
yama3さん常に早い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yama3さん常に早い
1
みんなそれについていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんなそれについていく
難しくはありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難しくはありません
1
水は冷たいが、シャワーも心地よい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は冷たいが、シャワーも心地よい
1
落ちてもしれてますよ
決定的瞬間を待っていたところ、graveltrekさんがつるっといったが、全然浅かった(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちてもしれてますよ
決定的瞬間を待っていたところ、graveltrekさんがつるっといったが、全然浅かった(笑)
1
昨年はこの辺りから雪渓で埋まってた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年はこの辺りから雪渓で埋まってた
2
最初に出てきた雪渓
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初に出てきた雪渓
2
でも自然の造形美
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも自然の造形美
1
点々と出てくるようになった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点々と出てくるようになった
1
これだけ溶けるのが早いと逆に歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけ溶けるのが早いと逆に歩きやすい
1
小さいとは言えかなりのボリュームはあります
yamaさん重そ〜、力持ち
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいとは言えかなりのボリュームはあります
yamaさん重そ〜、力持ち
2
ここはどうする?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはどうする?
1
間を開けて順番に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間を開けて順番に
2
写真を撮ってる場合じゃありません(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真を撮ってる場合じゃありません(笑)
3
なるべく急いで通過しましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なるべく急いで通過しましょう
3
あなた達は観光客か? (Y)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あなた達は観光客か? (Y)
2
どこを詰めるか

流しソーメンは何処だ? (Y)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを詰めるか

流しソーメンは何処だ? (Y)
1
一番緩そうな沢を選択
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番緩そうな沢を選択
2
この辺りから花が広がり始める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから花が広がり始める
1
クルマユリが一輪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマユリが一輪
1
稜線から上は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から上は雲の中
1
水は既にちょろちょろ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水は既にちょろちょろ
藪になってきた
この辺りで熊の寝床や熊のトレースらしきものが多々見られた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪になってきた
この辺りで熊の寝床や熊のトレースらしきものが多々見られた
1
草を掴んで登っていく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草を掴んで登っていく
1
それにしてもこの斜面お花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしてもこの斜面お花畑
1
カライトソウがたくさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カライトソウがたくさん
1
ニッコウキスゲも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲも
三方崩山がうっすらと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方崩山がうっすらと
いろんな種類のお花畑
色とりどり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろんな種類のお花畑
色とりどり
1
正面は白水湖から延びる平瀬道(大倉尾根)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面は白水湖から延びる平瀬道(大倉尾根)
アキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノキリンソウ
今度はこの斜面を詰めてみようと話し合った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度はこの斜面を詰めてみようと話し合った
今回詰めた沢のもう1本北の沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回詰めた沢のもう1本北の沢
ハクサンフウロが一番多かったかなぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロが一番多かったかなぁ
1
一面お花畑
いいタイミングで来れたようだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面お花畑
いいタイミングで来れたようだ
1
山頂取ったど〜

剣ヶ峰も行きたかった… (Y)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂取ったど〜

剣ヶ峰も行きたかった… (Y)
1
下山すると室堂周辺はこんなお花畑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山すると室堂周辺はこんなお花畑
1
ハクサンフウロが一面に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロが一面に
カンクラ雪渓は全然雪がない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カンクラ雪渓は全然雪がない
1
本日登った地獄谷が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日登った地獄谷が見える
1
種類豊富
色もカラフル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種類豊富
色もカラフル
中央が登ったルート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が登ったルート
1
あの正面に見える細い沢を登った

沢というよりガリーと書いた方がイメージしやすいかも… (Y)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの正面に見える細い沢を登った

沢というよりガリーと書いた方がイメージしやすいかも… (Y)
1
ニッコウキスゲの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの群落
大倉山避難小屋
開いてないと思っていたが、開けてみると開いた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉山避難小屋
開いてないと思っていたが、開けてみると開いた
1
白水湖の色は今一つ
普段はもっと青い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白水湖の色は今一つ
普段はもっと青い
平瀬道登山口に戻った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平瀬道登山口に戻った
1
後は重力に任せて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は重力に任せて
上高地みたい?? (Y)
2020年08月15日 07:23撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地みたい?? (Y)
垂れ流し(Y)
2020年08月15日 07:29撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
垂れ流し(Y)
カッコいい! (Y)
2020年08月15日 09:50撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコいい! (Y)
1
今だ!南海トラフ‼
2020年08月15日 10:50撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今だ!南海トラフ‼
1
卦蕕続きます♪ (Y)
2020年08月15日 11:08撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
卦蕕続きます♪ (Y)
1
みんな楽しそう♡ (Y)
2020年08月15日 11:09撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな楽しそう♡ (Y)
あなた達!そこで何してるんですか⁉(熊)
2020年08月15日 12:03撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あなた達!そこで何してるんですか⁉(熊)
1
ゾロ谷
2020年08月15日 15:05撮影 by SHV46, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゾロ谷
1

感想/記録
by ktn92

当初は昨年ご一緒した☆さん、T中さん、N田さんと昨年のリベンジ予定がメンバーが揃わずに今回のメンバーとなりました。
平瀬道への白山公園線は未だ開通されてないため、ゲートからチャリ漕ぎになります。
チャリを漕いでからの沢登りと、大胆(変態)な計画。体力勝負だなと出発。
yama3さんは折りたたみチャリだが、夜な夜な鍛えているので体力も強く一番手。
N田さんはロードバイクで鍛えているのでこちらも速い。
今回初めましてのgraveltrekさんはバッテリー付きという暴挙(笑)なので、普通であれば圧倒的に1番早いはずなのだが、優しいので僕にお付き合いしていただいてのんびりと。で、僕が一番チャリ力がないので、いつもみんな待っていてくれる。
何とか平瀬道の登山口に到着し、チャリをデポ。ここまで来て先行者がいるようでチャリが2台デポしてあった。でも沢ではなく、夏道でしょう。(当たり前か)
林道を地獄谷に進むと、露天風呂の源泉であろうところで温泉が噴き出ておりました。
地獄谷には入りやすいところから入渓。しばらくはゴーロ歩きが主体です。
途中で温泉が湧き出ていそうな湯の花があちらこちらで。
手を入れると適温のところもあった。
ヤケ谷とゾロ谷分岐が近づいてくると、小滝が出だす。
でもあまり難しいところはなく、皆快適にシャワーを浴びながら進んでいく。
ゾロ谷に入って行くと、昨年撤退した場所に差し掛かった。今回はそこに全く雪渓がなかった。しばらく進むと漸く雪渓の残骸が出てくる。ひんやりとした空気の中、さらに進むと今回で一番大きな雪渓が出てきた。しばし観察し、スノーブリッジを潜れるでしょうと順番に進む。
この辺りまで来ると全く滝場もなく、水も細くなっていく。
では、どこを詰めるかで迷った挙句、まあ一番登りやすそうな沢筋に向かいましょうと進んでいく。やがて水流もなくなり藪漕ぎが始まるが、まあ藪というより草付き斜面をよじ登る感じでしたでしょうか。
この辺りが一面のお花畑で、申し訳ないがなるべく踏まないようにルート工作していく。
また、この辺りで熊の寝床やトレースがあちらこちらで見られた。
最後の藪を超えるとようやく稜線登山道に出た。アルプス展望台の少し下であった。
ここから沢装束を解除し、とりあえず山頂は踏みましょうと展望のない山頂へ向かう。
別当から来たであろう登山者もまだ多く見られ、三密にならないよう山頂を踏んで下山した。
下山は大倉尾根の夏道を下る。避難小屋を覗いてみると、扉は開いていた。
道中の道標はほとんど熊に荒らされていた。人がいないのが理由なのか、噛み噛み、爪を研ぎ研ぎで体毛までしっかり残っていました。
登山口まで戻れば後はチャリで自動運転。
下りは僕が一番早かった。(笑)
その後は、翌日もN田さん以外の3名で連ちゃん沢遡行の予定であったので、温泉で汗を流し、移動の道中でお腹を満たして翌日に続くのであった。






感想/記録

いやぁ〜、キツカッタっす・・・薄々は感じて居ましたが、同行の3人が変態だと確信できました(笑)
それはそれは・・・まぁ、丈夫な人たちです。
足手まといに成りっ放しのgraveltrekでした、ごめんなさい。

感想/記録

ゾロ谷中盤の分岐点で地形図から一番楽そうなルートを選択しましたが…GPSのラインが美しくない…
次回は流しソーメンルートで室堂平まで詰めるぞ‼
ん?ソーメンルートもそんなに美しいラインじゃないか?

県をまたがないコロナ禍ルートで山頂目指すのもいいな(笑)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:379人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/4/30
投稿数: 256
2020/8/17 15:57
 皆さんお疲れ様でした。
皆さんこんにちは。
夏はやっぱり沢が吉なんでしょうね、写真から涼しさが伝わってきます。
今、現場の休憩室からこのコメント書いてるのですが、今朝から現場の空調が壊れて室温40℃超の中で作業をしていますので、写真の涼し気な様子が一層際立ちます。
また、皆さんの楽しそうな姿が良く伝わってきます。
私もそうですが、幾つになっても男は中二の夏休み、純粋な子供心を思い出して心底楽しめる遊びを持っていることは幸せですよね!
登録日: 2012/1/12
投稿数: 326
2020/8/17 21:31
 Re: 皆さんお疲れ様でした。
沢遊びを味わってしまうと普通の山歩きができなくなってしまいます😅絶対ではないですけどね。でもこの時期にロングルート連チャンご苦労様でした😵僕もどちらのルートは歩いたことありますが、まあ簡単ではないですよね。でもどちらももう一度歩いてもいいルートです。そう言えば、ランドレさんと初めてお会いしたのも木曽駒のロングルートでしたね🎵やはりみんな変態の気はありますよね😆
登録日: 2013/6/10
投稿数: 958
2020/8/23 6:12
 ゾロ谷いいですね〜!
 ktnさん、graveltrekさん、今日は。yama3dayoさん、初めまして。
 白水湖から地獄谷、ゾロ谷遡行どうもお疲れ様でした。レコを楽しませて頂きました。
 岐阜、石川は遠いですが、いつか訪れ、遡行したり山スキーしたりしてみたくなる沢ですね。今年は雪渓もちょうどいい感じでした。ただ平瀬からの林道は相当長そうですね。有峰林道で折立に行くよりはまだましのように思えますが...。自分もチャリ力は年相応で(50代後半)、そろそろ電動バイクも視野に入ってきました(笑)。しかし、YSHRさんや大魔人さんを見ているとまだまだ電動バイクは早いかと....。意外なことに、graveltrekさんはすでに使用されているのですね!?
 とにかく最優先はBCで、そのためなら電動バイクの使用も考えます。ex.地元では、尾瀬の戸倉ゲートから鳩待峠まで。ここはゲートがオープンすると、至仏山がゲレンデ化してしまうので、ゲートオープン前のみがチャンスです。
(photo78のピンクの花はクガイソウでなく、カライトソウだと思います。)
 いつも精力的に活躍されている皆さんのレコを見て、やる気を高めています。楽しいレコいつも有り難うございます。
hareharawaiより
登録日: 2012/1/12
投稿数: 326
2020/8/23 8:16
 Re: ゾロ谷いいですね〜!
hareharawaiさんこんにちは。
白山はいろんな楽しみ方ができる山ですね。スキーあり、チャリあり、沢登りあり、温泉もあり(笑)、ルートも四方八方延びてます。平瀬はまだ県道がオープンしてないので、静かな山を楽しめます。その分、熊との遭遇がヤバいですが。
hareharawaiさんも沢登りやハイキング、サマースキーと活動的ですね。
まだまだ残暑厳しいですが、あと3ヶ月もしたらスキーシーズン開幕です。
お互いに体調に気を配り、楽しみな山スキーを堪能しましょう。
登録日: 2013/2/2
投稿数: 549
2020/8/23 9:34
 Re: ゾロ谷いいですね〜!
hareharawaiさんこんにちわ。

白山を平瀬から登る場合、駐車地から登山口まで13km超えの上り坂で、とってもつらい部分も沢山有ります。
今回の沢登り以外にも、GWまでの「白山東面台地滑走」にも非常に有効な「電動自転車」です。

乗鞍スカイライン開通前のスキーを担いでのヒルクライムも、「乗鞍ヒルクライム大会」の優勝者と同じくらいの時間で(そんなバカな!)上がれる逸品です、しかも息切れしません(笑)

楽が出来るなら、見栄もへったくれも無い61歳です(笑)

hareharawaiさんも是非、白山の渓でお楽しみください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ