また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2510641 全員に公開 ハイキング 大雪山

知床縦走

情報量の目安: C
-拍手
日程 2020年08月13日(木) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候一日中濃いガスに巻かれる。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ホテル地の涯前の登山者用駐車場に駐車。
帰りは岩尾別ユースホステルまでシャトルバスで移動し、徒歩にてホテルへ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間34分
休憩
50分
合計
11時間24分
Sスタート地点03:1503:31弥三吉水 天場03:39極楽平04:16銀冷水 天場04:32大沢05:02羅臼平05:0505:17岩清水05:1905:33羅臼岳直下の岩場05:3805:39羅臼岳06:0006:01羅臼岳直下の岩場06:0506:18岩清水06:26羅臼平07:34三ツ峰キャンプ地07:3609:08二つ池 天場09:41南岳10:47知円別岳10:4811:44硫黄山13:33新噴火口最上部13:3814:08旧硫黄採掘跡14:1014:13展望台14:26硫黄山 登山口14:2814:36カムイワッカ湯の滝14:3914:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
以前から1度は来てみたいと思っていた知床。今回念願叶い、来ることができた。
レンタカーにてウトロ市街に前日に入り、知床自然センターにて帰りのバスのチケットの購入と熊スプレー(1,000円/日)をレンタル。バスチケットは現地でも購入はできるようだったが、念のため正規のとおり事前購入する。
道の駅にて車内で仮眠し、次の日に備える。
当日は2時に起床し朝食をとり、車でホテル地の涯へ。駐車場に止め出発する。木下小屋で入山届に記入すると木下小屋のオーナーらしき方から熊は24時間営業だから気を付けるようにとのアドバイスをいただく。とくに前半はつづら折りのため曲がったときにばったりということもあるので手をたたきながら登ると良いとのこと。このアドバイスを守りながら登る。羅臼平までは道は明瞭で特に問題なし。熊に遭うこともなく、順調に登る。羅臼平のテントサイトには1張テントがあり、少し離れた場所にはフードロッカーが設置されている。今回の山行はとにかく熊づくしである。
羅臼平から登っていくと途中雲が切れて国後島が見え、遠くまで来たという実感を強くする。羅臼岳頂上は景色もなく、風が強いので写真をとり、早々に下山する。羅臼平に降りると三ツ峰の方に向かう。三ツ峰のコルを越え下りの途中で急に強い雨が降ってきてびしょぬれになる。ガスも濃く何の景色も期待できないため、引き返すかどうか10分近く迷ったが、現状風も強くないためこの状態が維持されるなら行けると踏んで前に進む。この判断は間違いであったとことはあとからわかる。
この先は景色もない中をひたすら歩くだけの修行になる。稜線上に出る突風も吹いていたため、慎重に進んでいく。踏み跡はしっかりしているので、外れないように進む。知円別岳手前の吹き曝しは濃いガスの中杭を探しながら進むが暴風も吹いており、しっかり踏ん張らないと吹き飛ばされそうであった。途中反対から歩いてくる登山者がおり、硫黄岳周辺の状況を聞くとガスが濃くルートがわからないため、引き返してきたとのこと。若干不安になりながら進んでいく。すれ違った方の言う通り、第一火口分岐から硫黄岳分岐の間はガスが濃いと道がわかりずらく、慣れてないと発見するのは難しいかなと感じる。何とかルートを見つけ、硫黄岳分岐につく。今回は荒天のため硫黄岳頂上はパスし沢沿いに下っていく。くだりもロープなどを確認しながら間違えてほかの沢に入らないように下っていく。くだりは数か所涸れ滝があり、巻き道あるがテープ等ない場合もあるので、よく探す必要がある。
下っていくと沢を横断するようにロープがはられており、これ以上下に下らないようになっている。その先には登山口と書かれた道標があり、終わりが近いことを強く感じる。樹林帯の中を下っていくと新噴火口の上部に抜ける。ここは今でも噴煙を出しており、大地のエネルギーを強く感じる。このまま下り、旧採掘場を越えていくとまた熊ゾーンに突入するので口笛と笛を駆使して存在をアピールしながら下っていくと登山口が見えてくる。
ここまでくると一安心。あとは道を歩いてカムイワッカの滝へ。多くの観光客がおり、ぬれねずみの自分たちと比較すると状況が全く違い若干悲しくなりながらもワンデーで抜けることができ満足感も強かった。
ここからはシャトルバスで岩尾別に移動し、ホテル地の涯まで4kmあるいて車を回収。
天気悪く景色は望めなかったが、いい修行にはなった。
また借りた熊スプレーを使うことなくよかった。
コース状況/
危険箇所等
危険な個所はないが、ガスが濃い時は不明瞭な個所があった。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック サブザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

木下小屋から出発
2020年08月13日 03:13撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下小屋から出発
1
オホーツク展望。まだ暗い
2020年08月13日 03:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オホーツク展望。まだ暗い
四時過ぎると徐々に明るくなる。
2020年08月13日 04:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四時過ぎると徐々に明るくなる。
手をたたきながら登る。
2020年08月13日 05:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手をたたきながら登る。
1
さすが知床。テン場からは離れているところに設置されている。
2020年08月13日 06:07撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さすが知床。テン場からは離れているところに設置されている。
1
羅臼岳の登りで国後島がうっすら見えた。今日のハイライトはこれだけ。ここから天気は転がり落ちていく。
2020年08月13日 06:10撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼岳の登りで国後島がうっすら見えた。今日のハイライトはこれだけ。ここから天気は転がり落ちていく。
3
羅臼岳頂上。風強く早々に降りる。
2020年08月13日 06:50撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼岳頂上。風強く早々に降りる。
1
知円別分岐。ガスに巻かれ道も不明瞭な中進む。
2020年08月13日 11:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知円別分岐。ガスに巻かれ道も不明瞭な中進む。
何とか第一火口降り口に到着。
2020年08月13日 12:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何とか第一火口降り口に到着。
下山路を下るが、沢から離れるところにはしっかりロープが張られていた。
2020年08月13日 14:06撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路を下るが、沢から離れるところにはしっかりロープが張られていた。
やっと登山口の文字が。
2020年08月13日 14:07撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと登山口の文字が。
新噴火口。いまだに活動している。
2020年08月13日 14:37撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新噴火口。いまだに活動している。
1
無事下山。今回もぬれねずみでの下山となった。
2020年08月13日 15:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。今回もぬれねずみでの下山となった。
1
入山口からカムイワッカの滝の間は通行には許可が必要
2020年08月13日 15:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山口からカムイワッカの滝の間は通行には許可が必要
ガスが濃く、カムイワッカの滝もぼやけて見える。
2020年08月13日 15:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが濃く、カムイワッカの滝もぼやけて見える。
熊スプレー。使用することが無くて良かった。
2020年08月13日 15:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊スプレー。使用することが無くて良かった。
2
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:414人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス テン 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ