また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2557712 全員に公開 ハイキング 日光・那須・筑波

【表日光縦走】道は失うは、熊には遭うは、車の施錠は忘れるは…

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月08日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
〔入山〕寂光滝駐車場に車を放置
〔下山〕二荒山神社前から蓮華石まで路線バス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間0分
休憩
1時間0分
合計
12時間0分
S寂光滝05:2006:30裏見滝・寂光滝分岐06:4009:10女峰山の冷水09:2009:30唐沢避難小屋09:55女峰山10:1010:35帝釈山11:05富士見峠11:1011:50小真名子山12:45大真名子山12:5513:40志津乗越15:35男体山15:4517:15二荒山神社中宮祠17:20二荒山神社バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
裏見滝・寂光滝分岐から女峰山の唐沢小屋までルートがはっきりせず苦労しました。笹が深いので朝は露でびしょ濡れになります。ルートも無いに等しいので準登山道と思った方が良いでしょう。
私は荒沢出合いの手前で完全に迷ってしまったので、獣道を使って枝沢を何本か横切り、唐沢小屋下の大ガレを詰め、水場手前で登山道に合流しました。大ガレの登攀は危険ではないので、分からなくなったら大ガレに入ることを目指せば良いと思います。

写真

寂光滝。朝でも薄暗く幽玄な雰囲気。
2020年09月08日 05:26撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寂光滝。朝でも薄暗く幽玄な雰囲気。
11
このようなカラマツの疎林の中、笹薮漕ぎをこれでもかというほどやらされます。朝露でびっしょり濡れます。途中で嫌になります。このルート、あまりお勧めしません。
2020年09月08日 06:41撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このようなカラマツの疎林の中、笹薮漕ぎをこれでもかというほどやらされます。朝露でびっしょり濡れます。途中で嫌になります。このルート、あまりお勧めしません。
20
久しぶりに派手に道に迷いました。この先のルートを非常に悩みましたが、結局このガレを詰めました。
時間も早いため心の奥では楽観的でした。登山において、時間と体力が潤沢にあることは何よりも重要なことですね。
2020年09月08日 08:28撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに派手に道に迷いました。この先のルートを非常に悩みましたが、結局このガレを詰めました。
時間も早いため心の奥では楽観的でした。登山において、時間と体力が潤沢にあることは何よりも重要なことですね。
9
唐沢小屋下の女峰山の冷水。いきなり川が始まってます。湧き水でこの水量はなかなか見ません。
2020年09月08日 09:10撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢小屋下の女峰山の冷水。いきなり川が始まってます。湧き水でこの水量はなかなか見ません。
13
唐沢小屋は古いですが中はきれいに掃除もされており、広くて快適そうです。泊まりで計画しても楽しいでしょう。
2020年09月08日 09:26撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐沢小屋は古いですが中はきれいに掃除もされており、広くて快適そうです。泊まりで計画しても楽しいでしょう。
5
女峰山の山頂より、これから進む尾根を眺める。火山らしく、ずんぐりむっくりのピークが並ぶ。
2020年09月08日 09:55撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女峰山の山頂より、これから進む尾根を眺める。火山らしく、ずんぐりむっくりのピークが並ぶ。
23
登ってきたガレを俯瞰する。下部は傾斜が緩く、滝も無かったのが幸いでした。
2020年09月08日 09:55撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきたガレを俯瞰する。下部は傾斜が緩く、滝も無かったのが幸いでした。
8
日光白根。今年4月にスキーで登ろうとしてガスと暴風で断念したため、未踏峰です。
2020年09月08日 09:55撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光白根。今年4月にスキーで登ろうとしてガスと暴風で断念したため、未踏峰です。
11
200名山ですが誰も居らず…
2020年09月08日 10:12撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
200名山ですが誰も居らず…
20
帝釈山への途中から女峰山を振り返る。こちらから見ると男性的に見えますが…
2020年09月08日 10:25撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山への途中から女峰山を振り返る。こちらから見ると男性的に見えますが…
18
富士見峠には廃道のはずの野門への看板も。
2020年09月08日 11:08撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠には廃道のはずの野門への看板も。
2
小真名子山には反射板があります。眺めも良いです。
2020年09月08日 11:50撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小真名子山には反射板があります。眺めも良いです。
5
大真名子山の像。この山は信仰登山が盛んなのか、祠や石碑が多かった。
2020年09月08日 12:47撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大真名子山の像。この山は信仰登山が盛んなのか、祠や石碑が多かった。
15
裏登山道から男体山の登り。この山は本当にもろい山ですね。表登山道もそうですが、あちこち崩れまくりです。
2020年09月08日 14:47撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏登山道から男体山の登り。この山は本当にもろい山ですね。表登山道もそうですが、あちこち崩れまくりです。
7
来し方を振り返る。一番奥は女峰山(右)と帝釈山(左)。随分遠くなった。
2020年09月08日 14:48撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来し方を振り返る。一番奥は女峰山(右)と帝釈山(左)。随分遠くなった。
9
山頂から西方向。夕刻ですが、今日は雷雨はなさそうです。雨だけが心配でしたがラッキーでした。
2020年09月08日 15:05撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西方向。夕刻ですが、今日は雷雨はなさそうです。雨だけが心配でしたがラッキーでした。
7
一等三角点。過保護的に守られてます。
2020年09月08日 15:36撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一等三角点。過保護的に守られてます。
4
ピカピカの大剣。前来たときは真っ黒に錆びてました。
2020年09月08日 15:37撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピカピカの大剣。前来たときは真っ黒に錆びてました。
21
いつ新調されたんですかね?
2020年09月08日 15:38撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ新調されたんですかね?
14
中禅寺湖を俯瞰。今日は宇都宮で34.7度と暑かったが、風も強かったのでそれほど苦しくは無かったです。
2020年09月08日 15:43撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖を俯瞰。今日は宇都宮で34.7度と暑かったが、風も強かったのでそれほど苦しくは無かったです。
11
熊に遭遇してぶったまげましたが、無事神社まで下山しました。
2020年09月08日 17:21撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊に遭遇してぶったまげましたが、無事神社まで下山しました。
7
男体山を振り返る。
2020年09月08日 17:36撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山を振り返る。
11
日没の中禅寺湖畔。路線バスでいろは坂を下り、さらに真っ暗な中30分歩いて寂光滝に到着し、車を回収しました。
2020年09月08日 17:37撮影 by OPPO A5 2020, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没の中禅寺湖畔。路線バスでいろは坂を下り、さらに真っ暗な中30分歩いて寂光滝に到着し、車を回収しました。
13

感想/記録

9/8(火) 晴れ
 週末がいろいろ忙しいため、しばらく山に行けておらずストレスがたまる… という事で週半ばに休暇を取得した。どこへ行くか迷っていたが、結局天気が比較的よさそうな日光へ。登ったことのない女峰山に登り、男体山まで縦走でつなげてみようと思い立った。日帰りとしては少し長いが、まだ秋分の前で陽も長いため、何とかなるであろう。
 寂光滝は朝でも薄暗くおどろおどろしい雰囲気だ。いきなりの急坂で一汗かかされるが、その後は広い尾根が嫌というほどダラダラ続く。カラマツの疎林で見通しは良いのは幸いだが、ルートは完全に深い笹で覆われており、朝露でズボンや靴の中がびしょぬれになってしまう。
 裏見滝との分岐を過ぎるとルートはますます判然としなくなり、荒沢の手前で完全に迷ってしまった。時間は早いので地図と地形を見極め、行けそうなところを適当にトラヴァースしながら歩いてゆく。カラマツと笹薮の見通しがよい地形なのでどこでも歩けると楽観視していたが、やがて針葉樹の密林となり、地形も枝沢を横切るようになりスムーズに進まなくなった。
 定石からすれば道のわかるところまで戻るべきであるが、幸か不幸かここで私はヤブ漕ぎの本能が働いてしまい、獣道をかぎ分けながら枝沢を渡り、ずんずん進んでしまった。このまま進めば登山道にいつか当たるはずなので、それほど深刻には考えていなかった。しかし、やがて大きなガレにぶち当たった。五万図にもこのガレは載っており、ガレを渡った先に登山道があるはずだった。しかしガレの縁は急峻で崩れており、向こう岸に渡るのは危険そうだった。地図をよく読むと、ガレをこのままつめれば女峰山の冷水の直下で登山道に合流しそうだ。詰めれるところまで詰めて、滝が出てきてダメだったら戻ろうと、先へ進んだ。
 結局このガレに難所は全く無く、目論見通り冷水の下で登山道に合流した。女峰山の冷水は川がいきなり始まっていると言って良いほどの豊富な湧水である。ここで水筒を満タンにした。一時はどうなるかと思ったが、なんとか無事に唐沢小屋に着いた。女峰山の山頂までは小屋から30分もかからなかった。
 女峰山で絶景を堪能し、富士見峠まで降りた。気になっていた野門への廃道への看板がある。廃道と言いつつ結構登っている人もいるのでそこそこ道はあるのだろう。ひょっとすると今回登った寂光滝からのほうがよっぽど道が不明瞭かもしれない。時間が足りなそうなら富士見峠から寂光滝に戻ろうと考えていた。路迷いがあって時間がかかったものの、標準コースタイムより2時間は早く歩いている。なんとか行けそうだと先へ進む。
 小真名子山、大真名子山と二つのモッコリしたピークを越える。双方非常に急峻であるが、標高差はそれほどでもないので順調に進んだ。日光らしい火山地形が味わえる山でとても気に入った。山頂からの眺めもなかなか良かった。
 志津乗越へはこれでもかというほど下る。体調不良や時間不足なら男体山を登らずに志津林道から戦場ヶ原へ下ってしまうオプションもあったが、男体山越えもなんとか行けそうだ。躊躇なく先へ進んだ。とは言いつつも体力はかなりヘロヘロ… 五合目でへばって休んでいるとトレランの方が登ってきて挨拶する。人の少ないエリアでいきなり声をかけて驚かせてしまった、、申し訳ないですm(__)m。
 山頂には4時に着けば御の字と思っていたが、30分弱早く着いた。もう20年近く前に登った時、突き立てられた大剣は鉄製で、真っ黒に錆びていたが、新調されていて銀色に塗装されてまばゆいばかりに光っていて驚いた。終バスより1本早いバスに間に合いそうなので、休憩もそこそこに急いで下ることにする。
 林道まで順調に下り、やれやれあと少しだと思っていたら林道の脇からガサゴソ音がする。どうせいつもの鹿か猿だろうと思ってスマホをいじりながら無視して歩いていたが、不思議となかなか逃げていかない。おかしいな?何だろうと思って立ち止まった瞬間、10メートルくらい先を熊が猛スピードで横切って行った! 口あんぐりでしばらく呆然と立ち尽くした。危ないところだった。熊に会うのはこれで5回目くらいだが、今までで一番の至近距離での遭遇。子熊と成獣の間くらいの小さい個体。母熊が近くにいたら私の身も危ないと思い、急に怖くなった。周囲をしばらく注意深く確認したが、横切った個体以外の気配はなさそうだ。ストックをたたいて音を出しながら林道を降りた。
 二荒山神社まで無事下山。バスにも余裕で間に合った。バスでいろは坂を下り蓮華石のバス停に着いたらもう真っ暗。寂光滝までは街灯がないため途中からヘッ電歩きになったが、なんとか無事に車にたどり着いた。着いてびっくり、、車のキーロックがかかっていない! 何とロックを忘れて登山に行ってしまっていたのだった。幸い荒らされた形跡はなかったが、不注意に反省しきりであった。

 ハプニングも多かったが、天気もほぼよく、満足度の高い山行でとても楽しめた。有名な山も平日中日に行くと人が少なくていいものである。この日あった人は5人だけで、男体山以外で会った方は2人だけであった。

おしまい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:5125人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/5/5
投稿数: 648
2020/9/12 9:09
 いろいろとハプニングがありましたね。
junjapaです。またまた冒険的な楽しいレコでした。クマの遭遇から径迷い、そしてクルマのアンロックと無責任な言い方ですが、飽きない記録でした。道迷いのところは、改めてログのルートを見ましたが、ちょっと沢状をそのまま登るというあたり地図ではわかりませんでした。ログは沢を登っていないように見えました。いずれにせよ、あまり人の入りが少ないルート、往時はメインで今は廃れたということなんでしょうか。これで200名山ゲットですね! お疲れ様でした。あ、写真の方も天然色 でとてもきれいです。
登録日: 2009/8/31
投稿数: 109
2020/9/12 11:28
 Re: いろいろとハプニングがありましたね。
ハプニングは多かったですが、幸い大きなトラブルもなく充実した山行でした。
ログは実際に記録されたものではなく、ヤマレコ付属のものを引っ張ってきたものなので正しい登山道です。荒沢の分岐のかなり手前から右の方にそれて真北に進み、地図上にある3つの砂防ダムの少し上で大ガレに入りました。
地図では荒沢分岐から冷水までの登山道は部分的に大ガレの中についているように見えます。しかし実際は右岸の高い所にあり、ガレ縁を登って登山道まで到達するのはちょっと危険そうでした。幸いガレの傾斜が緩かったのでそのままガレを登りました。
今回はGPSを持っていかなかったので、少し難易度が高かったですが、読図の練習にはなり、地図読みも目論見どおりだったので良かったです。

それにしても私は栃木の山でよく迷います。栃木に行く時は気をつけようと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ