また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2570405 全員に公開 ハイキング 東海

猿投山 1day 単独 - 夏の終わりを静かに告げる花々

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月16日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雲興寺参拝者用の駐車場(無料)を利用しました。
俗な話しで恐縮ですが、名古屋市とその周辺の道路は、時間帯とルートをよほど工夫しないと、朝夕共に平日はとてつもない渋滞に巻き込まれてしまいます。朝は9時をまわればスムーズかと思いきや、この半年間で愛知県内は車通勤者が増え、時間帯を分散した通勤の浸透で、お昼近くまで慢性的な渋滞が起きている気配。見込み1時間ほどで着けるはずの駐車場へ、1.5時間ほどかかってしまい、ちょっとストレスを感じてしまいました。平日は都市中心部やその近郊を通ってはいけませんね。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険と思われる箇所はなさそうでした。
ただし最高点の東側周回ルートは、台風等による倒木が多く残っていました。

装備

個人装備 ザック22L ミッドカットブーツ トレッキングポール コンプレッション系タイツ ショートパンツ 靴下 日除け帽子 保護手袋 レインウェア上下 ツェルト一式 ウエストポーチ 計画書 携帯電話 デジカメ2 ハンディGPS 紙地図 コンパス 筆記具 ヘッドライト 予備電池(単三2・単四3) タオル アルコールストーブ・コッヘル チタンDWマグ 行動食 アルファ化米1 水0.5L ペットボトル飲料1 ハイドレーション1L スポーツドリンク粉末 ビクトリノックスナイフ 保険証 ファーストエイドキット 土落としブラシ
備考 装備総重量:9.12kg(水含む、ブーツ&トレッキングポール除く)
不使用装備:日除け帽子,保護手袋,レインウェア上下,ツェルト一式,紙地図,コンパス,筆記具,ヘッドライト,予備電池(単三2・単四3),スポーツドリンク粉末,ビクトリノックスナイフ,保険証,ファーストエイドキット,土落としブラシ

写真

装備はだいたいこんな感じ。
カメラの交換レンズは2つ、12-100mmズームF4.0と30mm単焦点マクロF3.5。そしてコンデジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
装備はだいたいこんな感じ。
カメラの交換レンズは2つ、12-100mmズームF4.0と30mm単焦点マクロF3.5。そしてコンデジ。
アクセス中の車中から、今回山行目的とする猿投山を真正面に望みます。もしかするとこの画像、信号切り替わりの低速時とはいえ、危険運転の指摘もしくは不快に思われる方あるかもしれません。お許しください。
2020年09月16日 09:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アクセス中の車中から、今回山行目的とする猿投山を真正面に望みます。もしかするとこの画像、信号切り替わりの低速時とはいえ、危険運転の指摘もしくは不快に思われる方あるかもしれません。お許しください。
2
雲興寺の駐車場に設置されたトイレ。有り難く利用。隣に飲料自販機と休憩スペースも設置されています。
2020年09月16日 10:25撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲興寺の駐車場に設置されたトイレ。有り難く利用。隣に飲料自販機と休憩スペースも設置されています。
1
雲興寺のトイレにニホンヤモリ(日本家守 Gekko japonicus)がいました。下山時も全く同じ場所にいました。夜、外灯がつく頃から活動開始するのでしょう。縁起物です。手が可愛い。苦手な方、ごめんなさい。
2020年09月16日 10:28撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲興寺のトイレにニホンヤモリ(日本家守 Gekko japonicus)がいました。下山時も全く同じ場所にいました。夜、外灯がつく頃から活動開始するのでしょう。縁起物です。手が可愛い。苦手な方、ごめんなさい。
11
アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩 Desmodium paniculatum)
花期は7-9月頃。
2020年09月16日 10:29撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アレチヌスビトハギ(荒地盗人萩 Desmodium paniculatum)
花期は7-9月頃。
8
雲興寺の駐車場は参拝者用との表記がなされていますが、登山者の利用も黙認していただいているようです。平日のこの時間はこれくらいの利用状況。
2020年09月16日 10:42撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲興寺の駐車場は参拝者用との表記がなされていますが、登山者の利用も黙認していただいているようです。平日のこの時間はこれくらいの利用状況。
1
下山後、時間と体力に余裕があれば参拝をしようと思っていましたが、今回は夕方帰着となったため、断念。
2020年09月16日 10:44撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、時間と体力に余裕があれば参拝をしようと思っていましたが、今回は夕方帰着となったため、断念。
1
ツリガネニンジン(釣鐘人参 Adenophora triphylla var. japonica)
花期は8-10月頃。
2020年09月16日 10:53撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン(釣鐘人参 Adenophora triphylla var. japonica)
花期は8-10月頃。
8
タイアザミ(大薊 Cirsium nipponicum var. incomptum )が最も近い種だと思います。花期は9-11月頃。
2020年09月16日 10:53撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タイアザミ(大薊 Cirsium nipponicum var. incomptum )が最も近い種だと思います。花期は9-11月頃。
6
ツユクサ(露草、鴨跖草、鴨跖 Commelina communis)
この個体は薄い紫色の花弁が印象的でした。花期は6-10月頃。
---
この花色の系統を、牧野富太郎博士の記載に基づき、品種ウスイロツユクサ(C. communis f. caerulepurpurascens Makino)として区別することがあるそうです。18 Sep. 2020 追記
2020年09月16日 10:54撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツユクサ(露草、鴨跖草、鴨跖 Commelina communis)
この個体は薄い紫色の花弁が印象的でした。花期は6-10月頃。
---
この花色の系統を、牧野富太郎博士の記載に基づき、品種ウスイロツユクサ(C. communis f. caerulepurpurascens Makino)として区別することがあるそうです。18 Sep. 2020 追記
10
赤津川沿いの登山道(東海自然歩道)は猿投山へ向け、涼しい風が吹き抜けるアプローチでした。
2020年09月16日 10:56撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤津川沿いの登山道(東海自然歩道)は猿投山へ向け、涼しい風が吹き抜けるアプローチでした。
2
ミズヒキ(水引 Persicaria filiformis)
花期は8-11月頃。
2020年09月16日 10:56撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミズヒキ(水引 Persicaria filiformis)
花期は8-11月頃。
6
果実をつけたテンナンショウ(天南星)属のマムシグサ(蝮草 Arisaema serratum)。偽茎の紫の斑模様で判断しています。
2020年09月16日 10:58撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
果実をつけたテンナンショウ(天南星)属のマムシグサ(蝮草 Arisaema serratum)。偽茎の紫の斑模様で判断しています。
4
ゲンノショウコ(現の証拠 Geranium thunbergii)
花期は7-10月頃。
2020年09月16日 11:02撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲンノショウコ(現の証拠 Geranium thunbergii)
花期は7-10月頃。
8
オオセンチコガネ(大雪隠金亀子、雪隠黄金虫 Phelotrupes auratus)。フォーカスブラケット深度合成画像です。
2020年09月16日 11:06撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオセンチコガネ(大雪隠金亀子、雪隠黄金虫 Phelotrupes auratus)。フォーカスブラケット深度合成画像です。
6
山域の北側ということもあり、日差しはあるもののとても涼しい登山道です。
2020年09月16日 11:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山域の北側ということもあり、日差しはあるもののとても涼しい登山道です。
1
夏の終わりを賑やかに教えてくれる、菌況報告
種名を鋭意調査中
ーーー
ミズゴケタケ(水苔茸 Galerina tibiicystis)もしくはその近縁種でしょう。19 Sep. 2020 追記
2020年09月16日 11:11撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏の終わりを賑やかに教えてくれる、菌況報告
種名を鋭意調査中
ーーー
ミズゴケタケ(水苔茸 Galerina tibiicystis)もしくはその近縁種でしょう。19 Sep. 2020 追記
4
谷川沿いの涼やかな小径を登ってゆきます。
2020年09月16日 11:20撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川沿いの涼やかな小径を登ってゆきます。
3
種名を鋭意調査中
ーーー
これもミズゴケタケの仲間かと。19 Sep. 2020 追記
2020年09月16日 11:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種名を鋭意調査中
ーーー
これもミズゴケタケの仲間かと。19 Sep. 2020 追記
4
山行開始後1時間もしないうちに休憩です。今日は特にのんびり。
2020年09月16日 11:32撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行開始後1時間もしないうちに休憩です。今日は特にのんびり。
1
アルコールストーブでお湯を沸かし、コーヒーついでにアルファ化米にお湯を注いでおきます。
2020年09月16日 11:37撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アルコールストーブでお湯を沸かし、コーヒーついでにアルファ化米にお湯を注いでおきます。
5
実は職場で備蓄の災害時用非常食が、賞味期限残り1年未満となり大量放出。廃棄は勿体無いので積極的に利用しておこうとのことで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は職場で備蓄の災害時用非常食が、賞味期限残り1年未満となり大量放出。廃棄は勿体無いので積極的に利用しておこうとのことで。
1
ちびちび補給しながら、ノンビリ山頂を目指します。お湯を注いだアルファ化米は保温した状態でザックの中へ。
2020年09月16日 11:45撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちびちび補給しながら、ノンビリ山頂を目指します。お湯を注いだアルファ化米は保温した状態でザックの中へ。
3
この環境に、まったり溶け込むことが今回山行の最大の目的。
2020年09月16日 11:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この環境に、まったり溶け込むことが今回山行の最大の目的。
6
休憩所付近の鉄塔越しに、名古屋市のビル群。
2020年09月16日 11:59撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩所付近の鉄塔越しに、名古屋市のビル群。
4
アカヤマドリ(赤山鳥 Leccinum extremiorientale)という種類のキノコで、広くイグチの仲間に属します。これは傘の直径が25cmほどもある大型でした。見た目と異なり食用で、煮ても炒めてもかなり美味しいらしいです。
2020年09月16日 12:08撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤマドリ(赤山鳥 Leccinum extremiorientale)という種類のキノコで、広くイグチの仲間に属します。これは傘の直径が25cmほどもある大型でした。見た目と異なり食用で、煮ても炒めてもかなり美味しいらしいです。
7
ヒヨドリバナ(鵯花 Eupatorium makinoi)
花期は8-10月頃。
2020年09月16日 12:19撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒヨドリバナ(鵯花 Eupatorium makinoi)
花期は8-10月頃。
6
シュウブンソウ(秋分草 Aster verticillatus)
意識して探さなければとても見つからないような、ごく控えめに咲く花です。花期は8-10月頃。
2020年09月16日 12:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュウブンソウ(秋分草 Aster verticillatus)
意識して探さなければとても見つからないような、ごく控えめに咲く花です。花期は8-10月頃。
5
ガンクビソウ(雁首草 Carpesium divaricatum)
花期は8-10月頃。
2020年09月16日 12:24撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガンクビソウ(雁首草 Carpesium divaricatum)
花期は8-10月頃。
6
三又広場から赤猿峠へのコースを、ここからショートカットしました。
2020年09月16日 12:33撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三又広場から赤猿峠へのコースを、ここからショートカットしました。
2
ヤマカガシ(山棟蛇 Rhabdophis tigrinus)ですね。「蛇の道は蛇」じゃ。苦手な方、ごめんなさい。
2020年09月16日 12:45撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマカガシ(山棟蛇 Rhabdophis tigrinus)ですね。「蛇の道は蛇」じゃ。苦手な方、ごめんなさい。
10
猿投山北歩道分岐から見た西側の眺望。曇っているため名古屋市のビル群がぼんやり。
2020年09月16日 12:59撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿投山北歩道分岐から見た西側の眺望。曇っているため名古屋市のビル群がぼんやり。
4
猿投山の山頂(標高629m)にお住いのお猿さん。いつも元気そう。
2020年09月16日 13:13撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿投山の山頂(標高629m)にお住いのお猿さん。いつも元気そう。
9
山頂から見た北側の眺望。曇りがちでした。
2020年09月16日 13:14撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から見た北側の眺望。曇りがちでした。
4
プレートに記載の「猿じじい」が本名かな?
見るたびにカスタマイズが激化しています。
2020年09月16日 13:15撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
プレートに記載の「猿じじい」が本名かな?
見るたびにカスタマイズが激化しています。
4
御嶽山・南ア・恵那山 眺望ポイント(通称:てっぱんピーク)に立ち寄りました。
2020年09月16日 13:23撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山・南ア・恵那山 眺望ポイント(通称:てっぱんピーク)に立ち寄りました。
2
カエル石の上に新キャラ
2020年09月16日 13:27撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カエル石の上に新キャラ
4
アマビエ様がさらに増殖していました。
2020年09月16日 13:27撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アマビエ様がさらに増殖していました。
3
賑やかになりつつあるカエル石
2020年09月16日 13:28撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賑やかになりつつあるカエル石
3
キイボカサタケ(黄疣傘茸 Entoloma murrayi)
2020年09月16日 13:31撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キイボカサタケ(黄疣傘茸 Entoloma murrayi)
3
頂上から最高点へ向かう途中、拾った羽根を子供への土産に持ち帰りました。きっとフクロウの仲間だと思います。
2020年09月17日 08:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から最高点へ向かう途中、拾った羽根を子供への土産に持ち帰りました。きっとフクロウの仲間だと思います。
5
猿投山最高点(標高632m)にお住いのお猿さん。いつもちょっと寂しそう。
2020年09月16日 13:36撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猿投山最高点(標高632m)にお住いのお猿さん。いつもちょっと寂しそう。
7
柄の部分が平滑なので、シロオニタケ(白鬼茸 Amanita virgineoides)かと。まだ成長中です。
2020年09月16日 13:47撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柄の部分が平滑なので、シロオニタケ(白鬼茸 Amanita virgineoides)かと。まだ成長中です。
4
最高点を中心にぐるっと周回し、東の宮へ到達。
2020年09月16日 14:03撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点を中心にぐるっと周回し、東の宮へ到達。
2
東の宮の拝殿
2020年09月16日 14:04撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の宮の拝殿
2
1時間ほど周遊したのち、また頂上へ舞い戻ってきました。
展望地にて繁殖のササユリ(笹百合 Lilium japonicum)が、櫺未鮟室造気擦討い泙靴拭B山の種子を形成しているのでしょうね。
2020年09月16日 14:24撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間ほど周遊したのち、また頂上へ舞い戻ってきました。
展望地にて繁殖のササユリ(笹百合 Lilium japonicum)が、櫺未鮟室造気擦討い泙靴拭B山の種子を形成しているのでしょうね。
2
NO密な猿投山頂上の休憩所
2020年09月16日 14:28撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NO密な猿投山頂上の休憩所
2
陽だまりの休憩所を経由する谷ルートで、赤猿峠方面へ下ることにしました。
2020年09月16日 14:33撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽だまりの休憩所を経由する谷ルートで、赤猿峠方面へ下ることにしました。
2
妖精の池に鯉がたくさん飼育されていました。
2020年09月16日 14:35撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妖精の池に鯉がたくさん飼育されていました。
1
このルート、何箇所かにクリンソウ(九輪草 Primula japonica)の栽培地があるようです。開花期は4-6月ですね。
2020年09月16日 14:42撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルート、何箇所かにクリンソウ(九輪草 Primula japonica)の栽培地があるようです。開花期は4-6月ですね。
1
この谷ルート途中から、雲興寺・赤猿峠方面へのショートカットルートを登りました。
2020年09月16日 14:45撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この谷ルート途中から、雲興寺・赤猿峠方面へのショートカットルートを登りました。
1
アキチョウジ(秋丁字 Isodon longitubus)
花期は8-10月頃。
2020年09月16日 15:21撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキチョウジ(秋丁字 Isodon longitubus)
花期は8-10月頃。
6
小腹が空いたので、往路と同じ休憩場所でおやつタイム。珍しくミニラーメンを食します。コッヘルを汚したくないので、空になったアルファ化米のパッケージを再利用。
2020年09月16日 15:47撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小腹が空いたので、往路と同じ休憩場所でおやつタイム。珍しくミニラーメンを食します。コッヘルを汚したくないので、空になったアルファ化米のパッケージを再利用。
3
あら不思議、アルファ化米のパッケージからラーメンがこんにちは。
2020年09月16日 15:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あら不思議、アルファ化米のパッケージからラーメンがこんにちは。
5
雑木林の緩やかな下りをのんびりと。
2020年09月16日 16:19撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林の緩やかな下りをのんびりと。
1
キンミズヒキ(金水引 Agrimonia pilosa var. japonica)
花期は8-10月頃。
駐車場は目の前ですが「瀬戸赤津・凧山(たこやま)つばきの森」を散策することにしました。
2020年09月16日 16:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キンミズヒキ(金水引 Agrimonia pilosa var. japonica)
花期は8-10月頃。
駐車場は目の前ですが「瀬戸赤津・凧山(たこやま)つばきの森」を散策することにしました。
5
ガマズミ(莢蒾 Viburnum dilatatum)もしくはオオカメノキ(大亀の木 Viburnum furcatum)。秋ですねー。
2020年09月16日 16:40撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガマズミ(莢蒾 Viburnum dilatatum)もしくはオオカメノキ(大亀の木 Viburnum furcatum)。秋ですねー。
3
コウホネ(河骨、学名 Nuphar japonicum)
2020年09月16日 16:43撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コウホネ(河骨、学名 Nuphar japonicum)
8
コウホネの生育する池の様子
2020年09月16日 16:43撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コウホネの生育する池の様子
2
キツネノマゴ(狐の孫 Justicia procumbens)
花期は8-10月頃。花言葉は以下、3つあるようです
・可憐美の極致
・女性の美しさの極致
・この上なくあなたは愛らしくかわいい
2020年09月16日 16:49撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツネノマゴ(狐の孫 Justicia procumbens)
花期は8-10月頃。花言葉は以下、3つあるようです
・可憐美の極致
・女性の美しさの極致
・この上なくあなたは愛らしくかわいい
6
キツネノマゴ(狐の孫)の和名の由来は、花後の花穂がキツネのしっぽに似ているとか、花の形がキツネの顔に似ているから、など諸説溢れますが、孫についてはあまり説明が見当たりません。
2020年09月16日 16:50撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツネノマゴ(狐の孫)の和名の由来は、花後の花穂がキツネのしっぽに似ているとか、花の形がキツネの顔に似ているから、など諸説溢れますが、孫についてはあまり説明が見当たりません。
7
「瀬戸赤津・凧山(たこやま)つばきの森」の配置図。
瀬戸椿の会による管理で、約5000坪(1万6500平方メートル)とのこと。約500種、2000本のツバキがあるそうです。
冬から春にかけての開花期に訪れると賑やかそうです。
2020年09月16日 16:53撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「瀬戸赤津・凧山(たこやま)つばきの森」の配置図。
瀬戸椿の会による管理で、約5000坪(1万6500平方メートル)とのこと。約500種、2000本のツバキがあるそうです。
冬から春にかけての開花期に訪れると賑やかそうです。
1
ツリガネニンジン(釣鐘人参 Adenophora triphylla var. japonica)
2020年09月16日 16:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン(釣鐘人参 Adenophora triphylla var. japonica)
5
ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶 Zizeeria maha)
2020年09月16日 17:04撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマトシジミ(大和小灰蝶、大和蜆蝶 Zizeeria maha)
7
雲興寺の駐車場から見える民家に、大きな狛犬が設置。個人所有だと思います。
2020年09月16日 17:06撮影 by E-M1MarkIII , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲興寺の駐車場から見える民家に、大きな狛犬が設置。個人所有だと思います。
3
家人が車を必要とのことで、今回も直帰。名古屋市内の渋滞を考えると平日の朝夕移動は分が悪いです。
風呂上がりに山盛りのざる蕎麦を所望したところ、「猿投山盛り」が配膳されました。お皿は総織部の釉薬が掛かった美濃焼で、猿投山の深緑がピッタリのイメージ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家人が車を必要とのことで、今回も直帰。名古屋市内の渋滞を考えると平日の朝夕移動は分が悪いです。
風呂上がりに山盛りのざる蕎麦を所望したところ、「猿投山盛り」が配膳されました。お皿は総織部の釉薬が掛かった美濃焼で、猿投山の深緑がピッタリのイメージ?

感想/記録

またまた平日ですが涼風を求め、猿投山へ日帰り山行へ繰り出しました。おもに8-10月頃に開花期を迎える草花の状況を確認することで、夏の終わりから秋の始まりへの季節の巡りを実感しよう、というのが今回最大の目的。

必然的に山行中の目線は足元ばかりをキョロキョロ。非常にゆったりペースでの散策となりました。正直、今まであまり意識を向けなかったような地味な花々が、耳を傾けると静かにそして力強く季節の移り変わりを教えてくれる、といった感じが心に染み入る山行となりました。強い香りや豪華な色彩で教えてくれるタイプも派手で良く、逆に静々と語りかけてくれるタイプもまた楚々奥ゆかしく、この上もこの下もなくいろいろあって素晴らしいことを実感しました。

いつ訪れても常に何かを教えてくれる猿投山エリア、やはり大感謝の山行となりました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:186人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ