また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2595973 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

大天井岳 テン泊(三股から常念岳経由ピストン)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年09月21日(月) ~ 2020年09月22日(火)
メンバー
天候晴一時ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三股第一駐車場利用。混雑間違いないため前日夕方に入った。自分が車を停めて1時間立たないうちに満車、帰りは随分下まで路駐した車が停まっていた。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間31分
休憩
2時間25分
合計
8時間56分
S三股駐車場04:2704:39三股登山口04:4106:17尾根平場06:2107:24前常念三角点07:3107:41常念小屋巻道分岐08:03常念岳分岐08:0408:10常念岳08:2408:29三股への分岐点09:01常念小屋09:0309:38横通岳分岐09:4510:36東天井岳10:4111:23大天荘13:0613:23大天井岳
2日目
山行
4時間33分
休憩
32分
合計
5時間5分
大天荘06:2406:52東天井岳下06:5407:31横通岳07:3407:55常念小屋08:0208:40常念岳分岐08:4108:47常念岳09:0309:07三股への分岐点09:22常念小屋巻道分岐09:30前常念三角点09:3210:17尾根平場10:1811:19三股登山口11:29三股駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前常念の登り途中、花崗岩の登山道で浮石が多い箇所があり、登りは安易に踏跡を追わない、下りでは落石に注意。

写真

駐車場から10分ほど歩くと三股登山指導所。登山届の提出を呼び掛けていたので、用意していた計画を渡して、すぐ先の鉄橋を渡り、分岐を常念方向に登っていく。
2020年09月21日 04:40撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から10分ほど歩くと三股登山指導所。登山届の提出を呼び掛けていたので、用意していた計画を渡して、すぐ先の鉄橋を渡り、分岐を常念方向に登っていく。
登り途中でランプをしまい尾根の平場に登り上げたら小休止
2020年09月21日 06:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り途中でランプをしまい尾根の平場に登り上げたら小休止
しばらく緩い樹林を進み、ハシゴを登ると樹林が終わり前常念への花崗岩帯にかかる。前常念の三角点まで重荷にはきついとこだ。
2020年09月21日 06:54撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく緩い樹林を進み、ハシゴを登ると樹林が終わり前常念への花崗岩帯にかかる。前常念の三角点まで重荷にはきついとこだ。
登っていくと蝶ヶ岳へ続く稜線鞍部に穂高が見えてくる。
2020年09月21日 06:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていくと蝶ヶ岳へ続く稜線鞍部に穂高が見えてくる。
前常念付近は紅葉も進んでいた。
2020年09月21日 07:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念付近は紅葉も進んでいた。
花崗岩帯を登っていくと、急に赤い屋根が見えると石室到着。前常念の三角点はすぐ上だ。ここまでくれば常念岳は近いので小休止していく。
2020年09月21日 07:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩帯を登っていくと、急に赤い屋根が見えると石室到着。前常念の三角点はすぐ上だ。ここまでくれば常念岳は近いので小休止していく。
1
雲海の上を眺めていると富士のお山が霞んで見えていた。
2020年09月21日 07:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の上を眺めていると富士のお山が霞んで見えていた。
前常念から左に穂高を見ながらの足元の悪い稜線歩き
2020年09月21日 07:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念から左に穂高を見ながらの足元の悪い稜線歩き
常念小屋への再開した巻道分岐を通過していくと、どんどん常念が近くなる、稜線分岐手前からは鞍部に常念小屋、そして目標の大天井も遠くに見えてくる。
2020年09月21日 08:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋への再開した巻道分岐を通過していくと、どんどん常念が近くなる、稜線分岐手前からは鞍部に常念小屋、そして目標の大天井も遠くに見えてくる。
涼しかったおかげか、予定より早く山頂へ到着。
2020年09月21日 08:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しかったおかげか、予定より早く山頂へ到着。
1
南には去年日帰りトライアングルした蝶ヶ岳と続く稜線。東のガスが少し上がってきたかな。
2020年09月21日 08:12撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南には去年日帰りトライアングルした蝶ヶ岳と続く稜線。東のガスが少し上がってきたかな。
そして西側はガスもなく素晴らしい景色。穂高や梓川、焼岳、乗鞍岳が良く見えていた。もちろん槍もね。
2020年09月21日 08:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして西側はガスもなく素晴らしい景色。穂高や梓川、焼岳、乗鞍岳が良く見えていた。もちろん槍もね。
遠く大天井岳の右奥をズームすると立山、劔がまだ見えていた。
2020年09月21日 08:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠く大天井岳の右奥をズームすると立山、劔がまだ見えていた。
常念で展望を楽しんだら400mほど下の常念小屋へ下る。
2020年09月21日 08:35撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念で展望を楽しんだら400mほど下の常念小屋へ下る。
常念小屋はテン泊で賑わったようで。撤収前の人、撤収して出発する人などでまだ人が多かった。
2020年09月21日 09:03撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋はテン泊で賑わったようで。撤収前の人、撤収して出発する人などでまだ人が多かった。
1
横通岳山頂への分岐付近から一時ガスに包まれたので、山頂は翌日回しにして、小休止したら巻道を進む。
2020年09月21日 09:34撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳山頂への分岐付近から一時ガスに包まれたので、山頂は翌日回しにして、小休止したら巻道を進む。
ガスが取れたら、再び槍穂高の大展望、晴れてると山の姿が徐々に変わるので楽しい。
2020年09月21日 09:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが取れたら、再び槍穂高の大展望、晴れてると山の姿が徐々に変わるので楽しい。
東天井岳のピークに寄り道して小休止。続く稜線は東側がガス、西側は快晴
2020年09月21日 10:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天井岳のピークに寄り道して小休止。続く稜線は東側がガス、西側は快晴
大天荘500mの看板が出てくると小屋は近い
2020年09月21日 11:14撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘500mの看板が出てくると小屋は近い
大天井岳の下に大天荘。
2020年09月21日 11:18撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳の下に大天荘。
山頂へ行く前、空いてるうちに、テントを設営したら、大天荘名物のインディアンランチを堪能。ナムだけでも結構ボリュームがある、サフランライスも食べるとお腹も落ち着きます。
2020年09月21日 12:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂へ行く前、空いてるうちに、テントを設営したら、大天荘名物のインディアンランチを堪能。ナムだけでも結構ボリュームがある、サフランライスも食べるとお腹も落ち着きます。
ゆっくり休んだら、小屋から近い山頂へ。燕岳へと続く稜線もガス景色
2020年09月21日 13:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくり休んだら、小屋から近い山頂へ。燕岳へと続く稜線もガス景色
山頂から槍ヶ岳が近い。
2020年09月21日 13:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から槍ヶ岳が近い。
鷲羽、水晶も大分近くなった。
2020年09月21日 13:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽、水晶も大分近くなった。
山頂景色を堪能しテン場に戻ると、随分テントが増えていた。この後、さらに増えてきたので、早めの到着で正解でした。 
2020年09月21日 13:46撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂景色を堪能しテン場に戻ると、随分テントが増えていた。この後、さらに増えてきたので、早めの到着で正解でした。 
小ピークから歩いてきた常念方向。翌日はここを戻らねば。
2020年09月21日 15:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ピークから歩いてきた常念方向。翌日はここを戻らねば。
夕方ガスに包まれるようになると気温がどんどん下がってくる。暗くなる前にウデンしながらワインを美味しくいただいた。早めに寝たが、夜中1時間ほど北風が強く吹き、フライを煽られているテントもあったようだ。
2020年09月21日 16:04撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方ガスに包まれるようになると気温がどんどん下がってくる。暗くなる前にウデンしながらワインを美味しくいただいた。早めに寝たが、夜中1時間ほど北風が強く吹き、フライを煽られているテントもあったようだ。
翌朝は日の出前に朝飯を食べ。大天井岳の山頂付近でご来光を堪能。
2020年09月22日 05:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝は日の出前に朝飯を食べ。大天井岳の山頂付近でご来光を堪能。
1
富士のお山もしっかり見えていた。
2020年09月22日 05:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士のお山もしっかり見えていた。
立山劔にも朝日があたる。
2020年09月22日 05:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山劔にも朝日があたる。
槍ヶ岳から穂高の朝景色。朝方は一部ガスがかかっていたけど、徐々に取れました。
2020年09月22日 05:42撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳から穂高の朝景色。朝方は一部ガスがかかっていたけど、徐々に取れました。
燕岳のさらに奥には鹿島槍や白馬
2020年09月22日 05:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳のさらに奥には鹿島槍や白馬
テントに戻ったら、荷物を片づけ撤収。予定より遅くなったが来た道を戻ります。
2020年09月22日 06:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに戻ったら、荷物を片づけ撤収。予定より遅くなったが来た道を戻ります。
帰りは右に見える槍穂高、ガスも取れ、天空ロード満喫。
2020年09月22日 06:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは右に見える槍穂高、ガスも取れ、天空ロード満喫。
どんどん歩いて、前日パスした横通岳山頂の三角点にタッチ。ここから常念小屋まで下って、常念岳への登り返しがきつそう。
2020年09月22日 07:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん歩いて、前日パスした横通岳山頂の三角点にタッチ。ここから常念小屋まで下って、常念岳への登り返しがきつそう。
長い登りだ。小屋に寄って買い物してから急登りにかかる。前日の疲れはあったが、急な岩道が終わると前常念分岐は近い。分岐からわずか常念岳山頂。
2020年09月22日 07:41撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い登りだ。小屋に寄って買い物してから急登りにかかる。前日の疲れはあったが、急な岩道が終わると前常念分岐は近い。分岐からわずか常念岳山頂。
常念山頂で、記念に撮っていただいた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念山頂で、記念に撮っていただいた。
満喫した大天井岳をもう一度よく見ておく
2020年09月22日 08:48撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
満喫した大天井岳をもう一度よく見ておく
富士のお山もまだ見えていた。
2020年09月22日 08:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士のお山もまだ見えていた。
雲海がいいなあ。
2020年09月22日 08:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海がいいなあ。
山頂から歩きだした先で、親子連れが止まって何かしていたので、静かに近づいたら、登山道にいる雷鳥の親子を見ることができました。親が岩場に登ったので、動く前に場所をかえ、槍とのコラボ写真(ややボケはご容赦ください)が撮れました。
2020年09月22日 09:04撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から歩きだした先で、親子連れが止まって何かしていたので、静かに近づいたら、登山道にいる雷鳥の親子を見ることができました。親が岩場に登ったので、動く前に場所をかえ、槍とのコラボ写真(ややボケはご容赦ください)が撮れました。
1
雷鳥の写真が撮れたので、気分良く前常念へ戻ります。
2020年09月22日 09:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥の写真が撮れたので、気分良く前常念へ戻ります。
前常念からの下りは足元が悪いので集中していく。
2020年09月22日 09:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念からの下りは足元が悪いので集中していく。
ハシゴからは樹林歩き、そのうち雲海の下になる。
2020年09月22日 09:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴからは樹林歩き、そのうち雲海の下になる。
尾根平場から膝にきく下りになるが、沢音が近づいてくると、蝶ヶ岳の分岐は近くなる。分岐すぐ先で登山指導所。
2020年09月22日 11:20撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根平場から膝にきく下りになるが、沢音が近づいてくると、蝶ヶ岳の分岐は近くなる。分岐すぐ先で登山指導所。
林道を戻って駐車場に到着して終了
2020年09月22日 11:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を戻って駐車場に到着して終了

感想/記録

立山雷鳥沢以来の山泊まりに大天荘のテン場利用で行ってきた。1日目、前常念への登り樹林を抜けると雲海となり好展望、常念岳からは谷を挟んで槍穂高の大展望、北アの山々、立山三山なども満喫。横通の巻道や夕方にガスはでたが天空ロードを堪能した。2日目、朝の温度計は2℃を下回っていたが、夜中1時間ほど吹いた風に比べると予想どおりの冷え加減。元々、槍側でなく朝日側にテントを張っていたが、ロケーションのいい山頂で雲海から出てきた朝日を楽しんでから、テントを撤収。戻る途中、ガスの上がる前の常念をもう一度楽しみ。思いがけない雷鳥のポーズも撮ることができ大満足。前常念からの足元の悪い花崗岩帯だけは面倒でした。2日間背負った水だけで補給不要だったが、重荷のわりに脚は大丈夫、楽しく2日間を終了。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:168人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ