また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2624311 全員に公開 ハイキング 白山

大笠山 大畠谷橋からピストン

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年10月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時にわか雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
桂湖オートキャンプ場をさらに進むと道路脇に駐車できるスペースがあります。5台くらいかな。登山口からは少し離れています。
登山口にも2台停めれます。最初そこに停めていいのかわからなかったので先行車が停っていた少し離れた箇所に駐車。後から来た方は登山口に停められていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
15分
合計
6時間33分
Sスタート地点08:1408:21大畠谷橋08:2610:10前笈ヶ岳10:31アカモノの頂10:3211:16避難小屋跡11:1711:46新大笠山避難小屋11:4711:51大笠山11:5212:04新大笠山避難小屋12:0512:30避難小屋跡12:59アカモノの頂13:15前笈ヶ岳13:1714:41大畠谷橋14:4414:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は特にありません。
よく整備されていて歩きやすいですが、全体的に急登りが多い印象です。中盤はアップダウンがあるので登りで体力使ってしまうと、下りはきついと思います。今日は登りをゆっくり意識したので大丈夫でした。
その他周辺情報下山後は「くろば温泉」を利用。600円
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

桂湖の端にある大畠谷橋から登山開始
橋を渡るといきなり梯子の登りになります。
少し登った所から桂湖 水が少ないです。
2020年10月04日 08:23撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桂湖の端にある大畠谷橋から登山開始
橋を渡るといきなり梯子の登りになります。
少し登った所から桂湖 水が少ないです。
アカモノの頂付近
前半はずっと樹林帯を登っていき、この辺りで展望が広がります。この辺りは紅葉が綺麗でした。
2020年10月04日 10:30撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカモノの頂付近
前半はずっと樹林帯を登っていき、この辺りで展望が広がります。この辺りは紅葉が綺麗でした。
大門山の方かな?
この山行の前に登ろうと計画していたけど登山口までの道路が土砂崩れで通行止め。今回は断念しました。
2020年10月04日 10:30撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門山の方かな?
この山行の前に登ろうと計画していたけど登山口までの道路が土砂崩れで通行止め。今回は断念しました。
これがかの有名な笈ヶ岳
いつか登る日が来るのだろうか。
2020年10月04日 10:30撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがかの有名な笈ヶ岳
いつか登る日が来るのだろうか。
2
ようやく大笠山の山頂が見えてきました。
ここまで結構登ってきましたが、ここから見るとまだまだ登りがあるように見えます。
2020年10月04日 10:31撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく大笠山の山頂が見えてきました。
ここまで結構登ってきましたが、ここから見るとまだまだ登りがあるように見えます。
2
大笠山山頂
途中通り雨があり雨宿り。その後もパラパラと。山頂では周囲はガスに覆われて展望がほとんどありませんでした。残念
2020年10月04日 11:51撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大笠山山頂
途中通り雨があり雨宿り。その後もパラパラと。山頂では周囲はガスに覆われて展望がほとんどありませんでした。残念
1
所々色づいた木々が見られました。
2020年10月04日 11:52撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々色づいた木々が見られました。
1
事前に情報知ってましたがスズメバチがいます。
登山口に案内あります。ここがおそらくその箇所。
ロープが張られ通行しないようにしてありました。右側に藪ですがなんとか通過できるルートがあります。
スズメバチの巣が奥の木の根本にあるようです。実際スズメバチが飛んでました。
2020年10月04日 14:27撮影 by 701SH, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
事前に情報知ってましたがスズメバチがいます。
登山口に案内あります。ここがおそらくその箇所。
ロープが張られ通行しないようにしてありました。右側に藪ですがなんとか通過できるルートがあります。
スズメバチの巣が奥の木の根本にあるようです。実際スズメバチが飛んでました。
1

感想/記録
by takeuy

出発前はこの辺りの山々は笈ヶ岳など藪山があるのでどんな所なんだろうか、また直前の情報でスズメバチが出るとか、少し不安でした。
結果的には登山道は良く整備されて歩きやすいです。急登り多いですが。
スズメバチも危険な所を回避するように規制してあったので大丈夫でした。

天気は基本曇りで通り雨がありましたが降った量は多くなく木の下の雨宿りでやりすごしました。予報で本降りにはならないだろうと読んでいたので。下りには一時的に日差しがあり変わりやすい天気でした。

今日は私含めて3組の登山者で静かな山歩きでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:527人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ