また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2644515 全員に公開 ハイキング 奥秩父

将監小屋でテント泊&西御殿岩まで紅葉ハイク

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年10月12日(月) ~ 2020年10月13日(火)
メンバー , その他メンバー1人
天候10/12 晴れるも雲多め 夜中は星が沢山見えた
10/13 晴れ 雲あり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
民宿みはらしの駐車場利用。¥500-/日(先払い。おばさんが雑談がてら、お茶やおかずでもてなしてくれました)。※素泊まりなら泊まれるそうです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間39分
休憩
1時間26分
合計
5時間5分
S民宿みはらし09:2109:47牛王院下09:5311:04将監小屋12:1412:19将監峠12:30牛王院平12:36山ノ神土13:21西御殿岩13:3114:05山ノ神土14:12牛王院平14:21将監峠14:26将監小屋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目のGPSログとの結合がうまく行かず、1日目のみ載せてあります。
2日目は1h15で下山しました(0851→1006)。
コース状況/
危険箇所等
登山口〜将監小屋:林道の緩やかな道。所々路肩の崩れあり。
将監小屋〜西御殿岩 木の根や岩、赤い土が湿っており、やや滑りやすい。西御殿岩分岐から尾根上に登ると、西御殿岩までちょっとした岩場あり。
将監小屋:小屋番さんは両日不在。バイオトイレあり。ガスっていると日が差し始める時間が遅い様子(8:30を過ぎた頃から日が差しました)。
※キシャヤスデが沢山居ます(テント場を含め)。
その他周辺情報温泉・食事ともに丹波山村の「のめこいの湯」を利用。※木曜定休とのこと

写真

民宿みはらしから少し下った所に、登山口あり。
2020年10月12日 09:22撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民宿みはらしから少し下った所に、登山口あり。
カナヘビ発見。すばしっこいが、程なく休んでくれた。
2020年10月12日 09:36撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カナヘビ発見。すばしっこいが、程なく休んでくれた。
ふもとに近い方はまだ青いが、木々が美しい。
2020年10月12日 09:48撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふもとに近い方はまだ青いが、木々が美しい。
見上げると、少し赤くなっている!
2020年10月12日 09:51撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げると、少し赤くなっている!
1
(拡大時、閲覧注意)苔むした岩が印象的。苔の上には…「彼ら」が居ます。
2020年10月12日 10:24撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(拡大時、閲覧注意)苔むした岩が印象的。苔の上には…「彼ら」が居ます。
黄色も見映えする。
2020年10月12日 10:47撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色も見映えする。
紅葉の本番はこれからの様子。
2020年10月12日 10:53撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の本番はこれからの様子。
薄く映ってしまいましたが、色のグラデーション。
2020年10月12日 10:56撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄く映ってしまいましたが、色のグラデーション。
1
将監小屋にて、設営後のマイテント。
2020年10月12日 11:50撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
将監小屋にて、設営後のマイテント。
2
西御殿岩へ向かうため、まず将監峠へ。そこここで紅葉が始まっている。
2020年10月12日 12:19撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西御殿岩へ向かうため、まず将監峠へ。そこここで紅葉が始まっている。
大きなキノコ!ヤマブシタケだと確信。下山後民宿のおばさんに写真を見せたら、合ってました。
2020年10月12日 12:27撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなキノコ!ヤマブシタケだと確信。下山後民宿のおばさんに写真を見せたら、合ってました。
1
奥秩父らしい苔の道。
2020年10月12日 12:46撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥秩父らしい苔の道。
西御殿岩分岐から、縦走路を離れ上ってゆく。途中の大岩のところで振り返って一枚。
2020年10月12日 13:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西御殿岩分岐から、縦走路を離れ上ってゆく。途中の大岩のところで振り返って一枚。
急な登りの先には、鮮やかな色付きが待っている様子。
2020年10月12日 13:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な登りの先には、鮮やかな色付きが待っている様子。
稜線の手前で、しばし紅葉見物。
2020年10月12日 13:08撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の手前で、しばし紅葉見物。
紅葉見物中。
2020年10月12日 13:11撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉見物中。
2
絵になる一枚。
2020年10月12日 13:13撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵になる一枚。
2
図らずも、赤い葉っぱと一気に出会えた。
2020年10月12日 13:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
図らずも、赤い葉っぱと一気に出会えた。
岩がちの道を行く。
2020年10月12日 13:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がちの道を行く。
ガスは取れそうにないか…
2020年10月12日 13:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスは取れそうにないか…
振り返って、一枚。
2020年10月12日 13:17撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、一枚。
西御殿岩に到着。展望なきも、いい散歩になった。
2020年10月12日 13:19撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西御殿岩に到着。展望なきも、いい散歩になった。
2
周りの紅葉その1。
2020年10月12日 13:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの紅葉その1。
1
周りの紅葉その2。
2020年10月12日 13:21撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの紅葉その2。
下ってきて、西御殿岩分岐の道標。
2020年10月12日 13:42撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってきて、西御殿岩分岐の道標。
再び、苔の道。
2020年10月12日 13:54撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び、苔の道。
1
笹原の中、黄葉の一本。
2020年10月12日 14:03撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原の中、黄葉の一本。
山の神土分岐。
2020年10月12日 14:05撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神土分岐。
テント場に戻り、まったりタイム。
2020年10月12日 15:04撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場に戻り、まったりタイム。
1
落ちていたマユミの枝。実が可愛らしい。
2020年10月12日 15:43撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちていたマユミの枝。実が可愛らしい。
立派なバイオトイレ。
2020年10月12日 16:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なバイオトイレ。
1
近くに水場。
2020年10月12日 16:14撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに水場。
2
夕食開始。ホイルを敷いたフライパンに冷凍肉をそのまま載せ、両面が焼けたところでとろけるチーズを載せる。ホイルで蓋をしてしばし待つ。
2020年10月12日 16:32撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食開始。ホイルを敷いたフライパンに冷凍肉をそのまま載せ、両面が焼けたところでとろけるチーズを載せる。ホイルで蓋をしてしばし待つ。
3
蓋を取ると、完成。程よい塩気でおいしく、油も要らない、とのこと。パセリや七味唐辛子を散らして頂きました。
2020年10月12日 16:46撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓋を取ると、完成。程よい塩気でおいしく、油も要らない、とのこと。パセリや七味唐辛子を散らして頂きました。
2
グリーンカレーペーストと鳥塩だし(鍋〇〇〇ブ)のスープで、ナスとしめじ、鶏肉を煮る。ナスが多すぎた!
2020年10月12日 17:22撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンカレーペーストと鳥塩だし(鍋〇〇〇ブ)のスープで、ナスとしめじ、鶏肉を煮る。ナスが多すぎた!
3
野菜と肉をひとしきり食べ終わったら、シメに棒ラーメンを投入。
2020年10月12日 17:34撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野菜と肉をひとしきり食べ終わったら、シメに棒ラーメンを投入。
1
ココナッツミルクを使うよりもあっさりしていて、香りもよく食べやすかった。
2020年10月12日 17:37撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ココナッツミルクを使うよりもあっさりしていて、香りもよく食べやすかった。
2
翌朝、ほのかな朝焼け。
2020年10月13日 05:31撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、ほのかな朝焼け。
朝食、レーズンバターロールを温める。
2020年10月13日 07:04撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食、レーズンバターロールを温める。
1
乾燥ポテトの粉、コンビーフ、豆乳だし(これも鍋〇〇〇ブ)でスープの完成。パセリを散らすと風味がさっぱりする。
2020年10月13日 07:07撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾燥ポテトの粉、コンビーフ、豆乳だし(これも鍋〇〇〇ブ)でスープの完成。パセリを散らすと風味がさっぱりする。
2
下山前。ガスが晴れて、すがすがしい青空。お世話になりました。
2020年10月13日 08:53撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山前。ガスが晴れて、すがすがしい青空。お世話になりました。
下山中、見上げて一枚。
2020年10月13日 08:59撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中、見上げて一枚。
1
倒木がトンネルみたい(振り返って)。
2020年10月13日 09:00撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木がトンネルみたい(振り返って)。
道の上の一枚。
2020年10月13日 09:05撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の上の一枚。
紅葉の進むカラマツ。
2020年10月13日 09:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の進むカラマツ。
もうじき、黄金色に輝くのでしょう。
2020年10月13日 09:15撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうじき、黄金色に輝くのでしょう。
ブナの幹の模様が好き。
2020年10月13日 09:32撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの幹の模様が好き。
一か所だけ水が道を横切っており、わずかな渡渉があった。
2020年10月13日 09:48撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一か所だけ水が道を横切っており、わずかな渡渉があった。
のめこいの湯の食堂で、カレーを頂きました。
2020年10月13日 12:06撮影 by arrowsM03, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のめこいの湯の食堂で、カレーを頂きました。
2

感想/記録

当初は三条の湯でテント泊予定だったが、前日の問い合わせ時に、片倉ゲート手前1キロ地点で土砂崩れとの情報あり。月曜から復旧作業が始まり、2〜3日かかるとのこと。残念ながら今回は取り止め。数年前の縦走で立ち寄り、一度幕営してみたかった将監小屋へ向かうこととする。

当日朝に出発。民宿みはらし駐車場へ向かうも、あと少しという所で最短の道が通行止めになっており、ぐるりと迂回して到着。民宿のおばさんに声を掛けて、料金を先払い。お茶や野菜の煮物をお呼ばれし、暫く雑談したのち出発。

緩やかな上りの林道を進む。紅葉はまだ始まったばかりだが、緑の中で鮮やかな赤や黄色が映える。それにしても、キシャヤスデが多い。避けるのも煩わしく、大地の分解者よありがとう!という気持ちに切り替え、すぐに気にしなくなった。

小屋で設営と昼食後、西御殿岩まで散歩することに。紅葉が麓の方より進んでいる様子。巻き道基調とはいえ、そこそこアップダウンあり。

西御殿岩分岐からは、けもの道のような横道に気を付けながら、やや急な道を尾根上まで上がる。尾根上からは、やや岩がちの道を進む。ガスがちだが、紅葉はますます鮮やかに。程なく西御殿岩頂上へ。眺望はなく、周囲の真っ赤な葉を愛でる。冷たい風が吹いてきたため程なく退散したが、紅葉散歩には十分だった。シャクナゲの植生もあり、奥秩父の雰囲気を感じられる場所と感じた。

テント場で水割りを傾けながら、しばらくまったり過ごす。幾種類か鳥が鳴くほかは、雲に覆われ、水場の音以外静かだった。のち、小屋の脇の自炊スペースで(※小屋の内部はテープで閉鎖されていて入れません)夕食タイム。肉を焼いたり、タイ風カレースープで暖まり、シメはマルタイラーメンで。

18:30頃には早くも横になった。0時頃目覚めると、星が沢山、光の濃淡をつけて輝いていた。テントはフライシートの内側まで結露でしっとり濡れるほど。風はなく、なかなか冷える夜だった。

明るくなってから、ゆっくり朝食。乾燥マッシュポテトとコンビーフの豆乳スープ&ホイルで包んでフライパンで暖めたレーズンバターロールを頂く。終盤でスズメバチが入ってきて、やむなく急いで平らげると、どこかへ行ってくれた(レーズンに寄って来たものと思われます)。

日差しを待つも諦めて、しっとり濡れたテントを撤収。8:30を過ぎた頃からようやく太陽が顔を出す。1時間ちょっとで下山。1日目に見かけたキノコの写真をおばさんに見せると、食べられるものだった!

再びお茶をお呼ばれして帰路へ。大回りしなくてよいルートを教えて頂き、やや早めにのめこいの湯へ到着。昼食に食べたカレーが美味しかった。

雨にも降られず、秋の雰囲気を楽しめるテント泊だった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:355人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ