また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2690331 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 富士・御坂

毛無山・雨ヶ岳(朝霧高原から周回)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
第二東名新富士ICを降りて国道139号を北上。道の駅朝霧高原に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間27分
休憩
1時間41分
合計
7時間8分
S道の駅朝霧高原07:3508:23麓 トイレ08:3108:39毛無山駐車場08:46地蔵峠・毛無山分岐点09:04不動の滝見晴台09:1009:40毛無山五合目09:4110:26富士山展望台10:38地蔵峠・毛無山尾根道出合10:43毛無山(天子山地)11:5412:09毛無山12:1212:15大見岳12:1612:43タカデッキ12:4413:10雨ヶ岳13:1513:53端足峠13:5714:07石割峠・A沢貯水池分岐14:28根原バス停14:2914:43道の駅朝霧高原14:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
落ち葉の下に隠れた石ころは足首持っていかれそうになるので注意です。
岩の上に落ち葉が乗っている場所で何度か滑りました。
その他周辺情報バッジ:なし
温泉:あさぎり温泉風の湯(900円)https://www.kazenoyu.net/
過去天気図(気象庁) 2020年10月の天気図 [pdf]

写真

道の駅朝霧公園から出発。この時間で満車状態。こんな朝早くからみなさんどこへ行くのやら。
2020年10月31日 07:28撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅朝霧公園から出発。この時間で満車状態。こんな朝早くからみなさんどこへ行くのやら。
毛無山の登山口はだいぶ先にあるので、このような道をのんびりと。なぜか眠い…。
2020年10月31日 07:39撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山の登山口はだいぶ先にあるので、このような道をのんびりと。なぜか眠い…。
雲ひとつない快晴。今日はどこからでも富士山が見えたんじゃないだろうか。
2020年10月31日 07:48撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲ひとつない快晴。今日はどこからでも富士山が見えたんじゃないだろうか。
1
ふもとっぱらキャンプ場が見えてきた。来る前にちょっと調べたら土曜日は予約でいっぱいだった。
2020年10月31日 08:13撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふもとっぱらキャンプ場が見えてきた。来る前にちょっと調べたら土曜日は予約でいっぱいだった。
キャンプ場を横目に進んで行くと公衆トイレがあった。陽を浴びながら歩いてきたら暑くなって、フリースやらを着こんでいたのをここで全部脱いだ。
2020年10月31日 08:20撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場を横目に進んで行くと公衆トイレがあった。陽を浴びながら歩いてきたら暑くなって、フリースやらを着こんでいたのをここで全部脱いだ。
毛無山駐車場の前にやってきた。ここの左とこの先にも駐車できるようで500円。
2020年10月31日 08:36撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山駐車場の前にやってきた。ここの左とこの先にも駐車できるようで500円。
毛無山の急登が始まる。稜線にあがるまでスタートからずっとだ。
2020年10月31日 08:44撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山の急登が始まる。稜線にあがるまでスタートからずっとだ。
急だ。だけど、登りやすいからどんどん登って行けそうだ。
2020年10月31日 08:49撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急だ。だけど、登りやすいからどんどん登って行けそうだ。
と思ったら大きな岩が現れはじめ、サクサク登って行けない感じになって来た。
2020年10月31日 08:53撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思ったら大きな岩が現れはじめ、サクサク登って行けない感じになって来た。
森の中の小窓から富士山がえた。
2020年10月31日 08:56撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中の小窓から富士山がえた。
2
不動の滝ビュースポットに到着。二段になってるのかな?
2020年10月31日 09:00撮影 by FinePix F100fd , FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の滝ビュースポットに到着。二段になってるのかな?
急登(根っ子)
2020年10月31日 09:07撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登(根っ子)
急登(巨岩)
2020年10月31日 09:22撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登(巨岩)
急登(岩ゴロゴロ)
この3パターンがずっと続く。
2020年10月31日 10:10撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登(岩ゴロゴロ)
この3パターンがずっと続く。
稜線までやっと上がって来た。急登はここまで。あとは緩やかな道だ。
2020年10月31日 10:30撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線までやっと上がって来た。急登はここまで。あとは緩やかな道だ。
北アルプス展望台と書かれた巨岩。南アルプスでしょ?と何人に突っ込まれているだろうか。
2020年10月31日 10:31撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス展望台と書かれた巨岩。南アルプスでしょ?と何人に突っ込まれているだろうか。
巨岩の上は素晴らしい眺望。八ヶ岳と、あ、たしかに北アルプスも少し見える。
2020年10月31日 10:33撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨岩の上は素晴らしい眺望。八ヶ岳と、あ、たしかに北アルプスも少し見える。
やっぱり南アルプス展望台だよなぁ。
2020年10月31日 10:33撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり南アルプス展望台だよなぁ。
しばらく稜線を歩き、毛無山山頂に到着。
2020年10月31日 10:41撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく稜線を歩き、毛無山山頂に到着。
2
毛無山山頂にからの富士山。すばらしい。山頂は広いスペースでみなさん富士山を眺めながらのお昼ごはん。ちなみにこの先にもいい感じに富士山を見ながら休憩できる所がたくさんあった。
2020年10月31日 10:57撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毛無山山頂にからの富士山。すばらしい。山頂は広いスペースでみなさん富士山を眺めながらのお昼ごはん。ちなみにこの先にもいい感じに富士山を見ながら休憩できる所がたくさんあった。
1
駿河湾方面を見るとパラグライダーがたくさん飛んでいた。
2020年10月31日 11:56撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駿河湾方面を見るとパラグライダーがたくさん飛んでいた。
では本当の山頂へ向けて出発。先ほどの山頂は本当の山頂ではないらしい。富士山を前に見ながら歩いていく。
2020年10月31日 11:59撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では本当の山頂へ向けて出発。先ほどの山頂は本当の山頂ではないらしい。富士山を前に見ながら歩いていく。
すると前方からパラグライダーが近づいてきた。このあとかなり接近。手を振ったら降り返してくれた。
2020年10月31日 12:03撮影 by SC-52A, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると前方からパラグライダーが近づいてきた。このあとかなり接近。手を振ったら降り返してくれた。
2
本当の毛無山山頂に到着。
2020年10月31日 12:07撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当の毛無山山頂に到着。
1
この標識、道の脇のもっこりした上にある。危うく通過してしまうところだった。
2020年10月31日 12:09撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この標識、道の脇のもっこりした上にある。危うく通過してしまうところだった。
富士山を見ながら歩いていくこの道は最高だ。
2020年10月31日 12:19撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山を見ながら歩いていくこの道は最高だ。
先ほどのビュースポット以上の眺望はないが、たまに南アルプス方面も見ることができた。白峰三山。
2020年10月31日 12:31撮影 by FinePix F100fd , FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどのビュースポット以上の眺望はないが、たまに南アルプス方面も見ることができた。白峰三山。
タカデッキに到着。次は雨ヶ岳へ向かう。
2020年10月31日 12:40撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカデッキに到着。次は雨ヶ岳へ向かう。
うーん、何度も富士山を撮ってしまう。
2020年10月31日 13:05撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うーん、何度も富士山を撮ってしまう。
雨ヶ岳に到着。ここでお昼ご飯もいいかもしれない。
2020年10月31日 13:09撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ岳に到着。ここでお昼ご飯もいいかもしれない。
1
雨ヶ岳からの下山は正面に富士山を見ながら降りて行く。ずーっと富士山を見ていられる毛無山の周回はかなりおすすめしたいルートだ。
2020年10月31日 13:15撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨ヶ岳からの下山は正面に富士山を見ながら降りて行く。ずーっと富士山を見ていられる毛無山の周回はかなりおすすめしたいルートだ。
森の中に入り富士山が見えなくなる頃に本栖湖がチラチラ見えてくる。
2020年10月31日 13:35撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中に入り富士山が見えなくなる頃に本栖湖がチラチラ見えてくる。
端足峠まで一気に下って来た。
2020年10月31日 13:50撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
端足峠まで一気に下って来た。
端足峠は急斜面をつづら折りに下って行く。石がゴロゴロしているので注意。
2020年10月31日 13:55撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
端足峠は急斜面をつづら折りに下って行く。石がゴロゴロしているので注意。
つづら折りが終わって道が緩やかになってきた。落ち葉の下に石がゴロゴロしているので足首捻って捻挫しないように注意したいところ。
2020年10月31日 14:05撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つづら折りが終わって道が緩やかになってきた。落ち葉の下に石がゴロゴロしているので足首捻って捻挫しないように注意したいところ。
無事に下山。
2020年10月31日 14:13撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に下山。
途中公衆トイレがあった。ここは新しくできたトイレ。
2020年10月31日 14:16撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中公衆トイレがあった。ここは新しくできたトイレ。
マムシ草。
2020年10月31日 14:15撮影 by FinePix F100fd , FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシ草。
国道139号を歩いて道の駅へ。この道もなかなかのビューロードだ。
2020年10月31日 14:29撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道139号を歩いて道の駅へ。この道もなかなかのビューロードだ。
朝霧高原は野焼き中。春の火入れのために延焼防止の防火帯を草原の周囲に作るっているとのこと。
2020年10月31日 14:33撮影 by DSC-RX0, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝霧高原は野焼き中。春の火入れのために延焼防止の防火帯を草原の周囲に作るっているとのこと。

感想/記録

 どっぴーかん日和の毛無山からの富士山は今まで見て来た富士山の中でピカイチでした。今日はどの山からみてもピカイチ富士山だったのでは。富士山の西側の山から全体を見るのは初めて。大沢崩れのえぐれ具合がすごくて、このまま削れていくと中が見えちゃうんじゃないかと思うくらいでした。毛無山の周回は登山口から始まる急登が大変でしたが、それを乗り越えた後の稜線歩きはご褒美状態。ずーっと綺麗な富士山を見ることができてすごく良かったです。下山後も朝霧高原のバックにそびえる富士山をずーっと見ながら道の駅へ。登っても降りてからもずーっと眺望のいい登山でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:427人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ