また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2698580 全員に公開 ハイキング 奥秩父

金峰山・八幡山(憧れの八幡尾根)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月01日(日) [日帰り]
メンバー
 yama-ari(CL)
 reg(食事)
天候晴れ
■10:15金峰山 5℃ 風速7〜8m(体感)
■13:24八幡山 5℃ 風速3〜4m(体感)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
二台の自家用車を使用。一台を終点のコレイ坂へ(ゲート封鎖のため現在行き止まり。クリスタルラインもコレイ坂以西は閉鎖されています)。コレイ坂には路肩に2台停めれます。もう一台で起点の瑞牆山荘の無料駐車場へ(ほぼ満車状態)。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間2分
休憩
1時間55分
合計
10時間57分
S県営無料駐車場05:3405:40瑞牆山荘05:4105:56富士見平林道交差05:5906:13富士見平林道終点06:1406:17富士見平湧水06:2006:23富士見平小屋06:2506:55鷹見岩分岐07:05鷹見岩07:4807:57鷹見岩分岐07:5808:05大日小屋08:29大日岩08:3009:22砂払いノ頭09:3309:41千代の吹上09:4209:48金峰山小屋分岐10:10五丈石10:15金峰山10:20五丈石11:482333mピーク12:0513:24八幡山13:4113:56八幡山のコル13:5714:142035m南の広場15:24チョキ15:3715:59チョキ登山口16:31コレイ坂G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
瑞牆山荘から金峰山までは実線(昭文社地図)。八幡尾根はバリルートです。基本稜線歩きを意識します。境界見出標を頼りにしてください。細かな注意点について♯49をご参照ください。
その他周辺情報増富の湯
https://www.masutominoyu.com/
土日の受付は17:30まで。ぎりぎりでした(笑)
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 救急セット ヘッドライトPETZL ZIPKA PLUS2 非常用防寒シート 手袋・フェイスマスク(1) レインウェアTHE NORTH FACEマウンテンレインテックス(1) ガスカートリッジPRIMUS IP-110(1) バーナーPRIMUS P-153(1) カートリッジホルダーPRIMUS P-CH(1) コッヘルセットsnow peak(1) 手拭・ハンカチ・ティッシュ(1) 地図・コンパス(1) 高度計・時計Suunto Core Glacier Gray(1) カメラOLINPUS TOUGH TG-5(1) 常食(2) 携帯食 水2.0L

写真

瑞牆山荘を出発します。今日は4人のパーティーで、憧れの八幡尾根を目指します。途中の休憩所では唐松が伐採されて、瑞牆山がよく見えるようになっていました。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 06:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘を出発します。今日は4人のパーティーで、憧れの八幡尾根を目指します。途中の休憩所では唐松が伐採されて、瑞牆山がよく見えるようになっていました。
(Photo by yama-ari)
富士見平小屋。たくさんのテント泊者。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 06:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋。たくさんのテント泊者。
(Photo by yama-ari)
鷹見岩を目指します!!
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 07:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹見岩を目指します!!
(Photo by yama-ari)
鷹見岩。山梨県で3本の指に入る展望場所です!!
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 07:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹見岩。山梨県で3本の指に入る展望場所です!!
(Photo by yama-ari)
3
金峰山からご来光! 富士山ちっちゃい。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 07:10撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山からご来光! 富士山ちっちゃい。
(Photo by yama-ari)
1
tomomomomiさんと南ア。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 07:05撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
tomomomomiさんと南ア。
(Photo by yama-ari)
1
regさんと八ヶ岳。奥に御嶽山。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 07:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
regさんと八ヶ岳。奥に御嶽山。
(Photo by yama-ari)
1
八ケ岳と瑞牆山(右)
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 07:39撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ケ岳と瑞牆山(右)
(Photo by yama-ari)
絶景の鷹見岩でのregめし。金八ラーメン。金峰山と八幡尾根に敬意を表して。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 07:27撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景の鷹見岩でのregめし。金八ラーメン。金峰山と八幡尾根に敬意を表して。
(Photo by yama-ari)
3
お腹を満たして、先に進みます!
(Photo by hibikiro)
2020年11月01日 08:29撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お腹を満たして、先に進みます!
(Photo by hibikiro)
1
大日岩。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 08:38撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩。
(Photo by yama-ari)
hibikiroさんとtomomomomiさんが、大日岩のトップを目指しましたが、断念して降りてきました(笑)
(Photo by hibikiro)
2020年11月01日 08:53撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hibikiroさんとtomomomomiさんが、大日岩のトップを目指しましたが、断念して降りてきました(笑)
(Photo by hibikiro)
砂払ノ頭に到着。瑞牆山越しに八ヶ岳がよくみえます。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 09:32撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払ノ頭に到着。瑞牆山越しに八ヶ岳がよくみえます。
(Photo by yama-ari)
下っていく八幡尾根と富士山。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 09:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下っていく八幡尾根と富士山。
(Photo by yama-ari)
千代ノ吹上。何度来てもこの稜線は本当に素敵です。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 09:35撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千代ノ吹上。何度来てもこの稜線は本当に素敵です。
(Photo by yama-ari)
2
岩場の間からの富士山。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 09:36撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の間からの富士山。
(Photo by yama-ari)
五丈岩が見えてきました。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 09:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩が見えてきました。
(Photo by yama-ari)
八幡尾根(手前)と富士山。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 09:53撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡尾根(手前)と富士山。
(Photo by yama-ari)
八幡尾根の分岐点まで登っていきます。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 09:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡尾根の分岐点まで登っていきます。
(Photo by yama-ari)
2
八幡尾根分岐点を確認。ここに荷物をデポして、軽装で金峰山を目指します。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:00撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡尾根分岐点を確認。ここに荷物をデポして、軽装で金峰山を目指します。
(Photo by yama-ari)
朝の曇りがちな天気もここにきて、青空に!! tomomomomiさんの後ろ姿も映えます!!
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の曇りがちな天気もここにきて、青空に!! tomomomomiさんの後ろ姿も映えます!!
(Photo by yama-ari)
hibikiroさんは、いつもの銀行強盗(笑)
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:08撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
hibikiroさんは、いつもの銀行強盗(笑)
(Photo by yama-ari)
あと少しで山頂!!
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:06撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しで山頂!!
(Photo by yama-ari)
五丈岩前の広場には、たくさんの登山者。山梨県でイオンモールに続いて、二番目に人口密度が高い場所ですね(笑)
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:09撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩前の広場には、たくさんの登山者。山梨県でイオンモールに続いて、二番目に人口密度が高い場所ですね(笑)
(Photo by yama-ari)
金峰山山頂!! ちなみにregさんは金峰山を踏んでません。八幡尾根の分岐点で待つとのこと(笑)。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金峰山山頂!! ちなみにregさんは金峰山を踏んでません。八幡尾根の分岐点で待つとのこと(笑)。
(Photo by yama-ari)
2
五丈岩と富士山。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩と富士山。
(Photo by yama-ari)
2
五丈岩を後にして、regさんの待つ分岐点に戻ります。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:24撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩を後にして、regさんの待つ分岐点に戻ります。
(Photo by yama-ari)
1
さていよいよ、本日のメインディッシュを食すときがやってきました。いざ出発!!
(Photo by hibikiro)
2020年11月01日 10:58撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さていよいよ、本日のメインディッシュを食すときがやってきました。いざ出発!!
(Photo by hibikiro)
1
regさんは、まだ病み上がりなので、慎重な歩み。稜線近くの岩場のルートは、下山だとわかりやすい。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:45撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
regさんは、まだ病み上がりなので、慎重な歩み。稜線近くの岩場のルートは、下山だとわかりやすい。
(Photo by yama-ari)
森林限界の場所は破線レベル。このあたりは踏跡もあり。基本は岩稜があるところを意識していきます。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界の場所は破線レベル。このあたりは踏跡もあり。基本は岩稜があるところを意識していきます。
(Photo by yama-ari)
これから進む八幡尾根と富士山。いい景色です。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから進む八幡尾根と富士山。いい景色です。
(Photo by yama-ari)
2
八幡尾根を歩かないとみれない、この絶景! 奥は八ヶ岳。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 10:57撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡尾根を歩かないとみれない、この絶景! 奥は八ヶ岳。
(Photo by yama-ari)
4
ここまではいいペース。
(Photo by hibikiro)
2020年11月01日 11:17撮影 by Canon EOS 80D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではいいペース。
(Photo by hibikiro)
1
ここで森林限界は終わり。森林限界区間は問題なし。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 11:03撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで森林限界は終わり。森林限界区間は問題なし。
(Photo by yama-ari)
1
森林帯に入っても比較的踏跡はしっかりしている。境界見出標があれば、正解ルート。2333mピークまでは、破線レベルです。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 11:14撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林帯に入っても比較的踏跡はしっかりしている。境界見出標があれば、正解ルート。2333mピークまでは、破線レベルです。
(Photo by yama-ari)
2333mからは少し難易度が上がってきます。初めてのリボン発見。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 12:11撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2333mからは少し難易度が上がってきます。初めてのリボン発見。
(Photo by yama-ari)
途中、水晶がたくさん転がっていました。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 12:15撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、水晶がたくさん転がっていました。
(Photo by yama-ari)
2333mピークから八幡尾根も踏跡は多いですが、倒木で踏跡が遮断されて、ルートファインディングしないといけない場所がいくつか。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 12:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2333mピークから八幡尾根も踏跡は多いですが、倒木で踏跡が遮断されて、ルートファインディングしないといけない場所がいくつか。
(Photo by yama-ari)
こうしたのを頼りに。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 12:34撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうしたのを頼りに。
(Photo by yama-ari)
基本稜線で境界見出標があるところがルートですが、ここでは行く手をシャクナゲに阻まれました。激しいシャクナゲ漕ぎになってくるとルートが間違っています。あたりを見回しましょう!! ここは右側へと回避。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 12:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本稜線で境界見出標があるところがルートですが、ここでは行く手をシャクナゲに阻まれました。激しいシャクナゲ漕ぎになってくるとルートが間違っています。あたりを見回しましょう!! ここは右側へと回避。
(Photo by yama-ari)
八幡山に到着。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 13:12撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山に到着。
(Photo by yama-ari)
1
八幡山いい場所です!
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 13:23撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山いい場所です!
(Photo by yama-ari)
1
八幡山からはピンクリボンがたくさんついていました。ありがたい。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 13:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山からはピンクリボンがたくさんついていました。ありがたい。
(Photo by yama-ari)
1
八幡山のコル。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 13:52撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山のコル。
(Photo by yama-ari)
八幡山のコルからは楽勝かと思いきや、意外とここからの方が苦戦。2035m南の広場からはピンクリボンがぐっと減り、稜線つなぎがしにくくなります。ここは稜線替えする細尾根。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 14:37撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡山のコルからは楽勝かと思いきや、意外とここからの方が苦戦。2035m南の広場からはピンクリボンがぐっと減り、稜線つなぎがしにくくなります。ここは稜線替えする細尾根。
(Photo by yama-ari)
八幡尾根はハイマツ漕ぎもありますが、この程度です。踏跡がしっかりあれば、まったく問題ありません。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 14:42撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡尾根はハイマツ漕ぎもありますが、この程度です。踏跡がしっかりあれば、まったく問題ありません。
(Photo by yama-ari)
1
チョキがちかくなるとやっと穏やかな道へ。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 14:54撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョキがちかくなるとやっと穏やかな道へ。
(Photo by yama-ari)
チョキに到着! 予定通りの時間に来れました。
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 15:20撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョキに到着! 予定通りの時間に来れました。
(Photo by yama-ari)
1
チョキまでの八幡尾根(下り)の状況をまとめました。ご参考まで(2020年11月01日現在)
(Photo by yama-ari)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョキまでの八幡尾根(下り)の状況をまとめました。ご参考まで(2020年11月01日現在)
(Photo by yama-ari)
4
チョキの南にある展望場所。ラスト富士です!
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 15:43撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョキの南にある展望場所。ラスト富士です!
(Photo by yama-ari)
2
最後は林道歩きで、コレイ坂に到着!! みなさんお疲れ様でした!!
(Photo by yama-ari)
2020年11月01日 16:30撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は林道歩きで、コレイ坂に到着!! みなさんお疲れ様でした!!
(Photo by yama-ari)
1

感想/記録

■憧れの八幡尾根
 regさんの復活2本目は、構想3年の八幡尾根です。今年お世話になった、hibikiroさんとtomomomomiさんも参戦してくれて、花を添えてくれました。
 八幡尾根は、藪漕ぎで有名ですが、終わってみたらさほどではなかったという感想です。藪漕ぎランキングでいけば、

〇信州峠〜小川山 レベル5
(助走をつけないと突破できないシャクナゲ多数)
〇釜無山〜横岳峠 レベル4
(藪漕ぎ区間は長く、倒木地獄が激しいが、ササが基本なので、前に進みます)
〇八幡尾根 レベル2〜3
(ルートさえ正しければ、難易度は下がる)

 といったところでしょうか。レベル2〜3としたのは、踏跡がかなりついていてルート開拓されていたことと、それほどシャクナゲ圧が強くなかったということです。倒木がありますが、回避できるレベルです。境界見出標を頼りに稜線を基本で歩き、ところどころあるリボンや踏跡を外さなければ、レベル2にもなるし、迷ってシャクナゲ壁にぶつかって突入すればレベル3にもなります。その意味でルートファインディングがレベルのカギを握っています。GPSは必携です。
 八幡山は甲斐百山にもなり、これから目指す人も多くなってくると思います。♯49に現状をまとめました。ご参考になれば幸いです。

感想/記録
by reg

金峰山,八幡尾根から思いついたワードが「金八」。
このワードなら何か出てくるだろうと調べた結果,
岡山県に「金八ラーメン」というお店があることが判明。
ちょうど岡山出身のhibikiroちゃんも参戦ですし,
金八ラーメン風で行くことに決めました。
そこに,私とは初対面の新潟山ガールこと
tomomomomiちゃんも加わるということで,
急遽,新潟産の餅を入れ,
餅入り金八ラーメンの完成です。
ちなみに金八ラーメンは,
醤油とんこつ,ストレート細めん,
コーン,チャーシュー,メンマ,ねぎ
というだけで,本家の味は知りません。
今度食べに行ってみたいと思います。

餅入り金八ラーメン 4人分
<材料>
マルタイ棒ラーメン 4食分 
豚骨醤油のスープ(グリコ) 4袋
冷凍チャーシュー(reg作) 12枚
コーン 1缶
メンマ 2分の1袋
味付け煮卵 4個
刻みネギ 1袋

<前日準備>
1 コーン,メンマをジップロック
2 味付け煮卵は半分に切ってジップロック

<山で>
1 お湯を沸かす
2 麺をゆでる
3 途中でスープとか凍ったチャーシューとか入れて温める
4 最後にトッピング
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:497人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/8/26
投稿数: 3744
2020/11/3 21:25
 お疲れさまでした
yama-ariさん、regさん、皆様、こんばんは

とうとう八幡尾根行かれましたね。
百戦錬磨のyama-ariさんには余裕だったのでしょうか。
下りとしたのも正解かもしれませんね。
藪の登りは体力の消耗が激しいので。
でも下りでも金峰山から八幡山まで3時間かかるということは、
登りはやはり大変そうですね。

#49のメモ、さすがです。
もしかして事前調査もこんなにやっていらっしゃるのでしょうか。
登録日: 2012/12/5
投稿数: 1000
2020/11/3 21:36
 Re: お疲れさまでした
hirokさん。こんばんわ!

本当は、大弛峠からのダウンヒルだったんですが、クリスタルラインが工事でコレイ坂から先が使えないので、今回のプランになりました。二人の女子に山梨県が誇る鷹見岩を知ってもらえたので、軟派なプランでなく今回ので正解だったかもしれません(笑)

確かに、藪の登り、しかもシャクナゲの登りは相当きついです。ですから当初からregさんと下りで八幡尾根攻めようと打合せしていました。結論としては、ルートファインディングさえ違わなければ、登りでもシャクナゲ圧に負けることはないと思います。「突破!!」みたいなのは、ほとんどないですから。

♯49をお褒めいただき感激です。これも大唐松同様、敬愛するhirokさんへのアシストです(おじさんからのラブコールは気持ち悪いとは思いますが(笑))。タイム含め参考にできるところがあればうれしいです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ