また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2708857 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 関東

赤鞍ヶ岳〜菜畑山(山梨百名山40座目)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月06日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
道志村役場駐車場を役場の職員の方にお話しして使用させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間26分
休憩
1時間21分
合計
6時間47分
S道志村役場08:2508:29田代橋08:33道志水源の森 駐車場10:03厳道峠・道志村分岐10:1310:25赤鞍ヶ岳10:2710:32ウバガ岩10:3511:11秋山峠11:1211:17朝日山11:4011:49岩殿山12:09岩戸ノ峰12:1212:27本坂峠12:2912:36ブドウ岩ノ頭12:4712:54アミハリ13:05網場峠13:0813:40菜畑山13:5514:06テレビ塔14:1214:48菜畑山登山道入口14:4915:04戸渡バス停15:11道志村役場15:1215:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
カッコ内は山と高原地図標準CT
道志村役場 - 大栗登山口入り口 0:13 (0:15)
 - 赤鞍ヶ岳 1:37 (1:40)
 - 朝日山 0:46 (0:55)
 - 道志口峠 0:44 (0:55)
 - ブドウ岩の頭 0:07 (0:15)
 - 菜畑山 0:50 (1:00)
 - 林道終点 0:11 (0:20)
 - 道志村役場 0:58 (1:00)

合計 5時間26分(6時間20分) 標準CT比 86%
コース状況/
危険箇所等
危険箇所、迷い箇所は無いが、細かいピークのアップダウンがどれも急傾斜。特に今の時期は落ち葉で滑り易いので注意。
その他周辺情報温泉:道志の湯(横浜市民は500円)
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

道志村役場駐車場をお借りしました。
2020年11月06日 08:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道志村役場駐車場をお借りしました。
国道413号沿いから加入道山西側の紅葉した山並みを望む。
2020年11月06日 08:35撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道413号沿いから加入道山西側の紅葉した山並みを望む。
2
スタートから約15分、大栗地区に入りこの碑の立つ地点を左に入ります。赤鞍岳を示す案内板が小さく立っています。
2020年11月06日 08:38撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから約15分、大栗地区に入りこの碑の立つ地点を左に入ります。赤鞍岳を示す案内板が小さく立っています。
登山道入り口。右の階段を上がります。
2020年11月06日 08:42撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入り口。右の階段を上がります。
程なく、標識に従って右に上がりますが若干ヤブ状態です。
2020年11月06日 08:43撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく、標識に従って右に上がりますが若干ヤブ状態です。
植林帯の登り
2020年11月06日 08:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林帯の登り
鉄塔下を通過。正面にこれから向かう赤鞍ヶ岳が聳えます。
2020年11月06日 08:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下を通過。正面にこれから向かう赤鞍ヶ岳が聳えます。
今日歩く赤鞍ヶ岳から朝日山への稜線
2020年11月06日 08:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日歩く赤鞍ヶ岳から朝日山への稜線
鉄塔下を潜って正面の開けた道を上がります。右に見える道は鉄塔保守用のルートでしょうか?
2020年11月06日 08:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下を潜って正面の開けた道を上がります。右に見える道は鉄塔保守用のルートでしょうか?
一旦林道に出合いますが、すぐ向かいの登山道に再び入ります。登り初めはやや急です。
2020年11月06日 09:01撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦林道に出合いますが、すぐ向かいの登山道に再び入ります。登り初めはやや急です。
再び植林帯の登り
2020年11月06日 09:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び植林帯の登り
斜面の紅葉も進んでいます。
2020年11月06日 09:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面の紅葉も進んでいます。
2
振り返ると加入道山がどっしりと聳えています。
2020年11月06日 09:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると加入道山がどっしりと聳えています。
2
ブナなどの広葉樹林が色付いています。
2020年11月06日 09:31撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナなどの広葉樹林が色付いています。
4
稜線まで急登が続きます。
2020年11月06日 09:45撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まで急登が続きます。
1
稜線に上がりました。ここで少々スナック休憩しました。
2020年11月06日 10:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に上がりました。ここで少々スナック休憩しました。
1
雨量観測所。赤鞍ヶ岳山頂は観測所を左から回り込んで中央奥の道を少し進んだところです。
2020年11月06日 10:24撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨量観測所。赤鞍ヶ岳山頂は観測所を左から回り込んで中央奥の道を少し進んだところです。
1
赤鞍ヶ岳山頂。何も無い地味な山頂です。
2020年11月06日 10:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤鞍ヶ岳山頂。何も無い地味な山頂です。
2
ここはなだらかなルートですが、この後細かいアップダウンがしばらく連続します。
2020年11月06日 10:28撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはなだらかなルートですが、この後細かいアップダウンがしばらく連続します。
2
ウバガ岩手前地点から富士山を望む
2020年11月06日 10:32撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウバガ岩手前地点から富士山を望む
4
ウバガ岩近くに立つ松
2020年11月06日 10:33撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウバガ岩近くに立つ松
1
ウバガ岩からの菜畑山、今倉山、御正体山、奥に富士山
2020年11月06日 10:34撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウバガ岩からの菜畑山、今倉山、御正体山、奥に富士山
2
左がウバガ岩、奥に加入道山
2020年11月06日 10:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左がウバガ岩、奥に加入道山
2
この岩場は越えるのに少々難儀しました。
2020年11月06日 10:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場は越えるのに少々難儀しました。
1
落葉してスッキリとした快適なトレイル
2020年11月06日 11:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉してスッキリとした快適なトレイル
1
秋山峠。朝日山へは右へ。
2020年11月06日 11:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋山峠。朝日山へは右へ。
朝日山山頂。こちらも赤鞍ヶ岳と、呼ばれています。
ここでランチ休憩としました。
2020年11月06日 11:17撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日山山頂。こちらも赤鞍ヶ岳と、呼ばれています。
ここでランチ休憩としました。
3
朝日山山頂は今回の他の二山と比べると広々としています。
2020年11月06日 11:17撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日山山頂は今回の他の二山と比べると広々としています。
1
ブナ林の中を進む
2020年11月06日 11:45撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林の中を進む
1
ブナ林が続きます
2020年11月06日 11:49撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林が続きます
1
この辺りは紅葉が綺麗でした
2020年11月06日 11:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは紅葉が綺麗でした
4
道志口峠(本坂峠)
2020年11月06日 12:27撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道志口峠(本坂峠)
ブドウ岩の頭。ここでルートを南向きに変え、120mほど高度を下げます。
2020年11月06日 12:38撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブドウ岩の頭。ここでルートを南向きに変え、120mほど高度を下げます。
注意地点。何かと思ったら…
2020年11月06日 12:58撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
注意地点。何かと思ったら…
1
この岩場下りでした。特に困難ではありません。
2020年11月06日 12:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場下りでした。特に困難ではありません。
再びブナ林
2020年11月06日 13:33撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びブナ林
鞍部から180mほど登り返して山梨百名山の菜畑山に到着。
2020年11月06日 13:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から180mほど登り返して山梨百名山の菜畑山に到着。
2
今倉山への稜線が続いていますが今日はここから下山です。
2020年11月06日 13:40撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今倉山への稜線が続いていますが今日はここから下山です。
菜畑山山頂には以前あずま屋があったようですが、今は木の丸椅子が残っているのみです。
2020年11月06日 13:40撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜畑山山頂には以前あずま屋があったようですが、今は木の丸椅子が残っているのみです。
2
菜畑山からの富士山遠望
2020年11月06日 13:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜畑山からの富士山遠望
1
菜畑山からの加入道山、鳥の胸山方面
2020年11月06日 13:41撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜畑山からの加入道山、鳥の胸山方面
菜畑山からの下りは最初急坂を下りますが、比較的歩き易いです。
2020年11月06日 13:55撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜畑山からの下りは最初急坂を下りますが、比較的歩き易いです。
1
所々階段も作られていました。
2020年11月06日 13:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々階段も作られていました。
1
菜畑山周辺は木の巣箱が多く取り付けられています。
2020年11月06日 14:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菜畑山周辺は木の巣箱が多く取り付けられています。
林道終点まで降りてきました。
2020年11月06日 14:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点まで降りてきました。
林道終点にはテレビ中継塔が立っています。
2020年11月06日 14:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点にはテレビ中継塔が立っています。
1
ここから暫く林道下りです。
2020年11月06日 14:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから暫く林道下りです。
10分ほど林道を降ったここから再び登山道に入ります。
2020年11月06日 14:19撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10分ほど林道を降ったここから再び登山道に入ります。
1
鉄塔と加入道山。鉄塔付近はススキの原です。
2020年11月06日 14:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔と加入道山。鉄塔付近はススキの原です。
1
鉄塔地点から道志村役場方面
2020年11月06日 14:26撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔地点から道志村役場方面
1
何かの苗木を育成しているようです。この先真っ直ぐ進む道がありますが、下山道は途中で左に折れる必要があります。
2020年11月06日 14:29撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何かの苗木を育成しているようです。この先真っ直ぐ進む道がありますが、下山道は途中で左に折れる必要があります。
左折地点。鉄塔整備のための黄色い小さな標識があります。
2020年11月06日 14:32撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左折地点。鉄塔整備のための黄色い小さな標識があります。
暫く降るとミタケ沢に出合います。最初は右岸を下り、途中で左岸に移ります。
2020年11月06日 14:37撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫く降るとミタケ沢に出合います。最初は右岸を下り、途中で左岸に移ります。
鹿柵を通過すると登山道は終わりです。
2020年11月06日 14:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵を通過すると登山道は終わりです。
鹿柵を過ぎると民家の建つ里道になります。
2020年11月06日 14:47撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿柵を過ぎると民家の建つ里道になります。
左奥から出てきました。
2020年11月06日 14:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥から出てきました。
長閑な里道を進みます。
2020年11月06日 14:51撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長閑な里道を進みます。
和出公民館入口バス停のところで国道413号に出ました。ここから道志村役場まで約15分、通過する車やオートバイに注意が必要です。
2020年11月06日 14:56撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和出公民館入口バス停のところで国道413号に出ました。ここから道志村役場まで約15分、通過する車やオートバイに注意が必要です。
道志村役場まで戻りました。この後道志の湯で汗を流して帰路に着きました。
2020年11月06日 15:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道志村役場まで戻りました。この後道志の湯で汗を流して帰路に着きました。
道志の湯
2020年11月06日 15:26撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道志の湯

感想/記録

今回のルートはバス便がダイヤの関係で利用出来ないのでマイカーでアプローチしました。
稜線に上がってからのルートは、登山地図ではフラットな道が続いているように見えるのですが、地形図をよく見ると細かなアップダウンが沢山あります。しかもそれぞれのアップダウンが結構な急坂で、距離の割には思いの外手強いルートでした。
今日は快晴とはなりませんでしたが、富士山も望むことができ、風も穏やかだったので快適な山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:345人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ