また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2745756 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

浅間尾根縦走(一部破線ルート)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:武蔵五日市駅から西東京バス数馬行き「笹平」下車
復路:都民の森から西東京バス武蔵五日市駅行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
41分
合計
6時間53分
S笹平バス停07:4409:06内蔵ノ助山09:28払沢ノ峰09:49松生峠10:05松生山10:0910:17天領山10:27入沢山10:3010:44浅間嶺展望台10:4510:47浅間尾根休憩所10:4810:53浅間嶺11:08人里峠11:1011:17石宮ノ頭11:35一本松11:3811:57猿石11:5912:02数馬分岐12:0912:26数馬峠12:3112:55仲の平分岐12:5613:08御林山13:20浅間尾根駐車場13:2313:50戸沢峯14:03砥山14:0814:29森林館14:3314:37檜原都民の森駐車場14:37ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
浅間尾根から戸沢峯の破線コースは一カ所で崩落。また、この時季は落ち葉で道は不明瞭です。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

「笹平」バス停。下車したのは私一人
2020年11月21日 07:43撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「笹平」バス停。下車したのは私一人
数十メートル先に進むとアンテナ塔手前に登山道の入口
2020年11月21日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数十メートル先に進むとアンテナ塔手前に登山道の入口
アンテナ塔の脇を進む
2020年11月21日 07:46撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンテナ塔の脇を進む
ここから登山道。“破線”だが踏み跡は明瞭。だたし、かなり急登です
2020年11月21日 07:53撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道。“破線”だが踏み跡は明瞭。だたし、かなり急登です
破線ルートですが、松生山までこの標識が数か所ありました
2020年11月21日 07:58撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破線ルートですが、松生山までこの標識が数か所ありました
落ち葉で踏み跡が見えない場所も
2020年11月21日 08:41撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉で踏み跡が見えない場所も
まだ辛うじて紅葉が楽しめました
2020年11月21日 08:56撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ辛うじて紅葉が楽しめました
不明瞭な場所にはピンクのリボンも
2020年11月21日 09:09撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不明瞭な場所にはピンクのリボンも
針葉樹の樹林帯を過ぎ、ササ原の中を進む
2020年11月21日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹の樹林帯を過ぎ、ササ原の中を進む
ここが唯一分かりづらかったポイント。右は払沢の滝の方向に進む尾根ですが、道はありません。左へ進みます
2020年11月21日 09:23撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが唯一分かりづらかったポイント。右は払沢の滝の方向に進む尾根ですが、道はありません。左へ進みます
払沢ノ峰に到着。ここまで標高差にして約500m。ここから緩やかな尾根伝いに
2020年11月21日 09:28撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
払沢ノ峰に到着。ここまで標高差にして約500m。ここから緩やかな尾根伝いに
落葉広葉樹の尾根道。明るく気持ちが良い
2020年11月21日 09:44撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落葉広葉樹の尾根道。明るく気持ちが良い
松生山に到着。アンテナ塔が興ざめ
2020年11月21日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松生山に到着。アンテナ塔が興ざめ
山名板の向こうは御前山。ここから先、ところどころで御前山が視界に入ってきます。大きな山塊です
2020年11月21日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名板の向こうは御前山。ここから先、ところどころで御前山が視界に入ってきます。大きな山塊です
途中、木々の間からのぞかせていた富士山、ようやくすっきりとお目見え
2020年11月21日 10:01撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、木々の間からのぞかせていた富士山、ようやくすっきりとお目見え
1
松生山の三等三角点。標高933.7m
2020年11月21日 10:02撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松生山の三等三角点。標高933.7m
手前の黒い尾根が次に目指す笹尾根。超ロングコースです
2020年11月21日 10:05撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の黒い尾根が次に目指す笹尾根。超ロングコースです
松生山からの尾根道
2020年11月21日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松生山からの尾根道
浅間嶺展望台の手前、入沢山は尾根の両側の樹木が伐採され、抜群の眺望。丹沢方面を望む
2020年11月21日 10:25撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺展望台の手前、入沢山は尾根の両側の樹木が伐採され、抜群の眺望。丹沢方面を望む
1
北側は奥多摩の主稜線。画面左に三頭山、右端が御前山
2020年11月21日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側は奥多摩の主稜線。画面左に三頭山、右端が御前山
御前山から大岳山
2020年11月21日 10:27撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山から大岳山
「破線」ルートはここまで
2020年11月21日 10:32撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「破線」ルートはここまで
紅葉の盛りはさぞや見事だったかと
2020年11月21日 10:33撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の盛りはさぞや見事だったかと
なんだか晩秋のもの悲しさも
2020年11月21日 10:39撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか晩秋のもの悲しさも
御前山と大岳山のツーショット
2020年11月21日 10:40撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山と大岳山のツーショット
浅間嶺の展望台。ベンチがあり、弁当を広げるには最適の場所でした
2020年11月21日 10:42撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺の展望台。ベンチがあり、弁当を広げるには最適の場所でした
1
ススキと紅葉と富士山の三点セット
2020年11月21日 10:45撮影 by BLA-L29, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキと紅葉と富士山の三点セット
1
日本山岳会東京多摩支部の「多摩百山」では、ここから上川乗バス停へ降りるコースが紹介されています
2020年11月21日 10:49撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本山岳会東京多摩支部の「多摩百山」では、ここから上川乗バス停へ降りるコースが紹介されています
ここが本日のピーク「浅間嶺」ですが…。樹林に囲まれ展望はなし
2020年11月21日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが本日のピーク「浅間嶺」ですが…。樹林に囲まれ展望はなし
浅間嶺の小さな社
2020年11月21日 10:51撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間嶺の小さな社
人里峠。ここからはひたすら「風張峠」を目指して歩く
2020年11月21日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里峠。ここからはひたすら「風張峠」を目指して歩く
人里峠の石仏。ここから登山道のところどころで見かけるようになります
2020年11月21日 11:08撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人里峠の石仏。ここから登山道のところどころで見かけるようになります
針葉樹の中を進む登山道
2020年11月21日 11:25撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹の中を進む登山道
石宮ノ頭の石の祠
2020年11月21日 11:29撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石宮ノ頭の石の祠
こちらは一本松の石仏
2020年11月21日 11:36撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは一本松の石仏
一本松を過ぎて次のポイント「猿石」へ向かう途中。この日一番の紅葉
2020年11月21日 11:47撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本松を過ぎて次のポイント「猿石」へ向かう途中。この日一番の紅葉
サルの手形があるそうな
2020年11月21日 11:57撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サルの手形があるそうな
サル石。「よく探せばわかる」と書いてあったが、わかりません
2020年11月21日 11:58撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サル石。「よく探せばわかる」と書いてあったが、わかりません
ちょっと磨崖仏っぽい趣
2020年11月21日 12:03撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと磨崖仏っぽい趣
冠のようなものを被った石像。仏ではなく道祖神?
2020年11月21日 12:05撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冠のようなものを被った石像。仏ではなく道祖神?
浅間尾根登山口への分岐。右側を進みます
2020年11月21日 12:06撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根登山口への分岐。右側を進みます
針葉樹の森も悪くないかな
2020年11月21日 12:21撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針葉樹の森も悪くないかな
いったん尾根を横断する林道に出る
2020年11月21日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん尾根を横断する林道に出る
数馬峠の石仏。ここから再び登り基調に
2020年11月21日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数馬峠の石仏。ここから再び登り基調に
標高1078.4mの御林山(おはやしやま)
2020年11月21日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1078.4mの御林山(おはやしやま)
今日二つ目の三等三角点。スルーしてしまったが地図では「一本松」にも三角点があります
2020年11月21日 13:07撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日二つ目の三等三角点。スルーしてしまったが地図では「一本松」にも三角点があります
突き当りは奥多摩周遊道路で寸断されています。右側から浅間尾根駐車場に降ります
2020年11月21日 13:19撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突き当りは奥多摩周遊道路で寸断されています。右側から浅間尾根駐車場に降ります
浅間尾根駐車場に到着。正面は風張峠方向、手前左方向が都民の森方向
2020年11月21日 13:21撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根駐車場に到着。正面は風張峠方向、手前左方向が都民の森方向
1
浅間尾根駐車場からの眺望
2020年11月21日 13:22撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間尾根駐車場からの眺望
都心の超高層ビル群も見える
2020年11月21日 13:22撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
都心の超高層ビル群も見える
奥多摩周遊道路を都民の森方向へ少し下る
2020年11月21日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩周遊道路を都民の森方向へ少し下る
道路わきの登山道取り付き。ここから再び「破線」ルートに
2020年11月21日 13:25撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路わきの登山道取り付き。ここから再び「破線」ルートに
木の根を手掛かりによじ登る。下を通るバイクのエキゾーストノートが不安感をあおる
2020年11月21日 13:27撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根を手掛かりによじ登る。下を通るバイクのエキゾーストノートが不安感をあおる
狭いトラバース道は落ち葉で隠れている
2020年11月21日 13:34撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いトラバース道は落ち葉で隠れている
ここが崩落個所。木の根に隠れていますが、応急処置のロープが張ってあります。踏み外せば真っ逆さまに転落、ここは慎重に!
2020年11月21日 13:40撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが崩落個所。木の根に隠れていますが、応急処置のロープが張ってあります。踏み外せば真っ逆さまに転落、ここは慎重に!
1
戸沢峯に到着
2020年11月21日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢峯に到着
風張峠はこの写真奥の方向。手前が三頭山の方向
2020年11月21日 13:50撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風張峠はこの写真奥の方向。手前が三頭山の方向
三頭山への尾根道。左右で植生がくっきり分かれています
2020年11月21日 13:51撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三頭山への尾根道。左右で植生がくっきり分かれています
砥山のピークをまいて都民の森の散策路と合流
2020年11月21日 14:08撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砥山のピークをまいて都民の森の散策路と合流
1
正面が三頭山。ちょうど一年前に牛ノ寝通縦走の時に登った
2020年11月21日 14:09撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面が三頭山。ちょうど一年前に牛ノ寝通縦走の時に登った
「里山のテラス」から。画面中央が一週間前に登った雲取山
2020年11月21日 14:13撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「里山のテラス」から。画面中央が一週間前に登った雲取山
ウッドチップが撒かれ歩きやすい
2020年11月21日 14:28撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウッドチップが撒かれ歩きやすい
炭焼き小屋に到着
2020年11月21日 14:31撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炭焼き小屋に到着
森林館の脇を通り
2020年11月21日 14:31撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林館の脇を通り
トンネルを抜けると
2020年11月21日 14:33撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルを抜けると
本日のゴール、都民の森駐車場
2020年11月21日 14:35撮影 by Canon PowerShot SX280 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のゴール、都民の森駐車場

感想/記録

晩秋の一日、まったりと尾根道を歩こうと選んだ浅間尾根のコースですが、欲張って「破線」ルートを組み込んだため、思いのほか“変化に富んだ”山行になりました。
笹平バス停から松生山までの破線ルートは尾根に忠実に歩く。まき道はありません。踏み跡はしっかりしており、まず迷うことはないと思いますが、急坂のため下りならば、かなり膝にきそう。ストックがあった方がよいでしょう。ザレたところもあるので、チェーンスパイクがあれば万全。まあ、登る方をおススメします。
後半のもうひとつの破線ルートは本当に難路だと思います。崩落個所は一か所だけですが、足を滑らせれば良くて大けが、落命しても不思議ではないと思うほど深く切れ込んでいます。トラバース道は狭く、さらに落ち葉が積もって不明瞭。ザレている場所も多く気が抜けません。短い区間ですが、お薦めしません。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:149人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ