また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2754258 全員に公開 雪山ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

快晴の鹿島槍

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月21日(土) ~ 2020年11月22日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
柏原新道登山口の橋を渡ったところのスペースに停めました。トイレは扇沢にあります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間59分
休憩
40分
合計
6時間39分
S柏原新道登山口08:4909:52ケルン(柏原新道)09:5309:59駅見岬10:0611:11水平岬11:40富士見坂11:4412:19種池山荘12:3213:35爺ヶ岳南峰13:3814:00爺ヶ岳中峰14:0614:33爺ヶ岳北峰14:3815:05冷乗越15:0615:28冷池山荘
2日目
山行
9時間8分
休憩
1時間20分
合計
10時間28分
冷池山荘07:1307:21冷池山荘テント場08:06布引山08:0708:50鹿島槍ヶ岳09:0009:38鹿島槍ヶ岳北峰09:4010:19鹿島槍ヶ岳10:46布引山10:4711:23冷池山荘テント場11:29冷池山荘12:2012:38冷乗越13:16爺ヶ岳北峰13:38爺ヶ岳中峰13:3913:56爺ヶ岳南峰13:5714:35種池山荘15:06富士見坂15:1015:36水平岬16:25駅見岬16:3016:35ケルン(柏原新道)16:3917:40柏原新道登山口17:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
鹿島槍南峰から吊尾根への下りは雪の着いた岩に慣れていない方は止めたほうがいいです。
その他周辺情報しゃくなげの湯。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

みぞれの降る中スタート。
2020年11月21日 08:49撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みぞれの降る中スタート。
だそうです。
2020年11月21日 08:50撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だそうです。
1
まずは樹林帯の登りが続きます。
2020年11月21日 09:09撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは樹林帯の登りが続きます。
徐々に雪が出てきました。
2020年11月21日 10:03撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に雪が出てきました。
お、晴れてきた♪
2020年11月21日 10:30撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、晴れてきた♪
1
山荘も見えてきましたがまだ遠い。
2020年11月21日 10:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘も見えてきましたがまだ遠い。
雪が増えてきました。
2020年11月21日 11:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が増えてきました。
種池山荘到着。
2020年11月21日 12:18撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘到着。
1
みんな大好き剱岳がドーン!
2020年11月21日 12:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みんな大好き剱岳がドーン!
4
まずは爺ヶ岳。爆風です。
2020年11月21日 12:40撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは爺ヶ岳。爆風です。
6
足跡発見!が、足跡だけ。今回はノー雷鳥でフィニッシュです。
2020年11月21日 13:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足跡発見!が、足跡だけ。今回はノー雷鳥でフィニッシュです。
1
吹っ飛ばされそうになりながら南峰に到着。飛んできた雪で顔が痛い。
2020年11月21日 13:36撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吹っ飛ばされそうになりながら南峰に到着。飛んできた雪で顔が痛い。
2
続いて中峰。
2020年11月21日 14:02撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて中峰。
冷池山荘と鹿島槍。
2020年11月21日 14:02撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘と鹿島槍。
3
いったん下って登り返します。
2020年11月21日 15:04撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いったん下って登り返します。
3
着いた〜!
2020年11月21日 15:26撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いた〜!
1
完全に凍っています。
2020年11月21日 15:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に凍っています。
月明かりに照らされた鹿島槍。
2020年11月21日 20:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月明かりに照らされた鹿島槍。
6
夜中は風もなく、満天の星空。
2020年11月22日 00:00撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜中は風もなく、満天の星空。
5
夜明け。今日も快晴。
2020年11月22日 06:32撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け。今日も快晴。
7
鹿島槍のモルゲン。思ったほどは赤くはならなかった(笑)。
2020年11月22日 06:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍のモルゲン。思ったほどは赤くはならなかった(笑)。
6
さて、行きますか!
2020年11月22日 07:17撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、行きますか!
剱もおはようございます。
2020年11月22日 07:21撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱もおはようございます。
3
まずは布引山。きつい登りです。
2020年11月22日 07:27撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは布引山。きつい登りです。
1
布引山からの鹿島槍。あと少し!
2020年11月22日 08:08撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
布引山からの鹿島槍。あと少し!
1
南峰到着。
2020年11月22日 08:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰到着。
4
いい眺めです。
2020年11月22日 08:50撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい眺めです。
3
次は北峰。ここからはピッケルを使います。
2020年11月22日 08:53撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は北峰。ここからはピッケルを使います。
2
ところどころキックステップで下ります。けっこう危険。
2020年11月22日 09:11撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころキックステップで下ります。けっこう危険。
1
吊り尾根。
2020年11月22日 09:31撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り尾根。
3
北峰到着!思いのほかアップダウンがあって疲れました。
2020年11月22日 09:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北峰到着!思いのほかアップダウンがあって疲れました。
8
吊り尾根と南峰。
2020年11月22日 09:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り尾根と南峰。
五竜唐松方面。
2020年11月22日 10:07撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜唐松方面。
3
嫌な雲が見えてきましたのでさっさと帰ります。
2020年11月22日 10:09撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫌な雲が見えてきましたのでさっさと帰ります。
1
南峰からの牛首尾根。ホワイトアウトの時は間違えて行ってしまいそうです。
2020年11月22日 10:20撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰からの牛首尾根。ホワイトアウトの時は間違えて行ってしまいそうです。
剱方面はガスに包まれました。
2020年11月22日 12:39撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱方面はガスに包まれました。
1
こちらもガスが。荒れる前に稜線から脱出しないと。
2020年11月22日 12:45撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもガスが。荒れる前に稜線から脱出しないと。
テント撤収して帰ります。背中が重いし爺ヶ岳への登り返しがキツい。
2020年11月22日 13:49撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント撤収して帰ります。背中が重いし爺ヶ岳への登り返しがキツい。
1
種池山荘到着。すでにヘロヘロですが、これから柏原新道を1000メートル下らないといけません。
2020年11月22日 14:35撮影 by NIKON D750, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘到着。すでにヘロヘロですが、これから柏原新道を1000メートル下らないといけません。
2
げざーん!立っているのもしんどいです。
2020年11月22日 17:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
げざーん!立っているのもしんどいです。
2

感想/記録

連休は前から行きたかった鹿島槍へ。

登山口には7時に到着したものの雪交じりの雨とかなりの強風なので待機。9時前まで粘りましたが変化がないのでしぶしぶスタートしました。
爺ヶ岳までの稜線は晴れていましたが体が持っていかれそうなくらいの爆風でした。飛ばされた雪が顔にバチバチ当たって痛い痛い。念のため持ってきたバラクラバと冬用のミトンが役に立ちました。ゴーグルしてる方もけっこういました。
夜は風も収まり静かな時間になりました。気温もマイナス5度くらいでそれほど下がらなかったので結構快適。星空もしっかり堪能させていただきました。
翌日はモルゲンをバシャバシャ撮ってたら出遅れてしまいましたが、ほとんど雲もない最高の景色を堪能しながらの登頂となりました。

鹿島槍ヶ岳は南峰までは危険個所はないですが、吊尾根から北峰は距離は短いものの結構危ないです。雪の着いた岩稜帯歩きの経験のない方はやめておいたほうが良いと思います。

しかし、毎度毎度テント装備の時は行動時間が7時間を超えると一気にガス欠となり、少し歩いては休憩の繰り返しとなるのが情けない・・・。これまではもっと鍛えないと!と思っていましたが、そろそろ快適さを減らして装備の軽量化を考えないといけないのかなと延々と続く柏原新道の下りで思い知らされた山行でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:397人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ