また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2771356 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東北

霊山・古霊山(福島県伊達市)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年11月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
霊山登山口の広い駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
57分
合計
5時間53分
S霊山登山口06:3707:21護摩壇07:2407:33西物見岩07:3507:56日枝神社跡08:25三角点791.5m08:2908:52NTT霊山無線中継所09:0309:31古霊山09:4410:09NTT霊山無線中継所10:35三角点791.5m10:3810:58日枝神社跡11:04霊山寺跡11:0811:30東物見岩(霊山最高点)11:4712:09元無線中継所12:30ゴール地点(霊山登山口)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6:37【標高520m 霊山登山口駐車場】
7:33〜7:35【標高806m 西物見岩(西ノ物見)】
7:56【標高730m 日枝神社跡】
8:25〜8:29【標高791.5m 二等三角点の点名・霊山】
8:52〜9:03【標高740m NTT霊山無線中継所】
9:31〜9:44【標高782.1m 古霊山山頂】
10:09【標高740m NTT霊山無線中継所】
10:35〜10:38【標高791.5m 二等三角点の点名・霊山】
10:58【標高730m 日枝神社跡】
11:04〜11:08【標高740m 霊山寺跡】
11:30〜11:47【標高825m 東物見岩(東ノ物見)】
11:57〜12:00【標高804.6m 三等三角点の点名・猿跳】
12:30【標高520m 霊山登山口駐車場】
コース状況/
危険箇所等
駐車場〜日枝神社跡は西ノ物見経由も東ノ物見経由もとても良く整備されています。ありがとうございます。
日枝神社跡〜古霊山は感想欄に記します。
コース図はGPSデータです。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

護摩壇から吾妻連峰(高山・東吾妻山・吾妻小富士・一切経山・家形山)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩壇から吾妻連峰(高山・東吾妻山・吾妻小富士・一切経山・家形山)です。
1
護摩壇から杭甲山(左の尖)、栗子山(その右のずんぐり)、七ッ森(中央右)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩壇から杭甲山(左の尖)、栗子山(その右のずんぐり)、七ッ森(中央右)です。
1
釣瓶落岩の手前の岩から釣瓶落岩です。目と鼻と口に見えますが・・・。左奥の高いのは七ッ森、中央右の白い筋のあるのは半田山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釣瓶落岩の手前の岩から釣瓶落岩です。目と鼻と口に見えますが・・・。左奥の高いのは七ッ森、中央右の白い筋のあるのは半田山です。
2
米軍居住地跡の暖炉です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
米軍居住地跡の暖炉です。
雨量観測?の小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨量観測?の小屋です。
二等三角点の点名・霊山(791.5m)です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二等三角点の点名・霊山(791.5m)です。
NTT無線中継所から太平洋が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
NTT無線中継所から太平洋が見えました。
稜線沿いに藪を進んできたら道に合流しました。標高760m手前で振り返って見ています。写真右奥から進んできたら左奥からの道に出て振り返っている絵です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線沿いに藪を進んできたら道に合流しました。標高760m手前で振り返って見ています。写真右奥から進んできたら左奥からの道に出て振り返っている絵です。
古霊山への最後のゆるやかな登りです。この辺りは藪はなく快適です。うっすらと雪がアクセントになっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古霊山への最後のゆるやかな登りです。この辺りは藪はなく快適です。うっすらと雪がアクセントになっています。
古霊山の山頂です。三等三角点の点名・副霊山があります。写真の奥の方から歩いてきました。三角点は最高地点ではなく、写真の奥あたりが最高点のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古霊山の山頂です。三等三角点の点名・副霊山があります。写真の奥の方から歩いてきました。三角点は最高地点ではなく、写真の奥あたりが最高点のようです。
1
古霊山から道を進んできたら道路ヘアピンのすぐ上でNTT無線中継所への道(写真右下)に出ました。振り返って見ている絵です。写真の左縁あたりに道があります。電柱には「副霊山262」「副霊山三40左44」の標識がついています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古霊山から道を進んできたら道路ヘアピンのすぐ上でNTT無線中継所への道(写真右下)に出ました。振り返って見ている絵です。写真の左縁あたりに道があります。電柱には「副霊山262」「副霊山三40左44」の標識がついています。
東物見岩から太平洋です。中央奥の三角は五社壇、その左(紅白鉄塔に重なる)は地蔵森、その左は標高320mピーク、右端の尖は鹿狼山と思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東物見岩から太平洋です。中央奥の三角は五社壇、その左(紅白鉄塔に重なる)は地蔵森、その左は標高320mピーク、右端の尖は鹿狼山と思います。
東物見岩から古霊山(右奥のなだらかなずんぐり)を見ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東物見岩から古霊山(右奥のなだらかなずんぐり)を見ます。

感想/記録
by komaQ

●初めての霊山ですが、木々が葉を落とす時期を狙ってきました。経路の標識のある岩にはちょこちょこと寄ってみましたが、あまりゆっくりしていませんので、あらためてじっくり訪れても良さそうです。道がいろいろあるので、他にも見所は多そうです。紫明峰の方も含め、みなさまのレコを見直してみます。
●日枝神社跡〜米軍居住地跡:往路は日枝神社跡から紫明峰の方の道を行き、天狗岩・稚児岩入口標識から東に続く薄い踏み跡を進んで行くと薄い笹の向こうに赤布を見出し、道に合流しました。その後は基本的に低い土塁が古霊山まで続いています。帰路は標高790m付近の土塁の屈曲点から日枝神社跡まで土塁の上に道があります。結果的には、往路は、日枝神社跡の青い建物に向かって右奥に低い土塁がありますので、その上をたどれば良いことになります。
●米軍居住地跡〜NTT無線中継所:△791.5mの前後は道が笹にかぶりぎみです。△791.5mから下った鞍部からの登った標高740m屈曲箇所とその先の標高750mコブは笹が濃いめなので、右側(東側)の笹のない〜薄い箇所をトラバースぎみに進むと楽です。
●NTT無線中継所〜古霊山:NTT無線中継所からは車道と言える道です。土塁に沿って尾根を行くと薄い踏み跡と所々濃い笹薮です。標高770mコブの手前で道に出ました。その後は古霊山まで道があります。標高770mコブ(屈曲箇所)からは藪はありません。帰路は、標高770mコブ(屈曲箇所)からその道を下りました。地形図破線の通りではなく、道路ヘアピンの少し上でNTT無線中継局への道に出ました。「副霊山262」「副霊山三40左44」の標識がついた電柱があるところです。
●日枝神社跡〜古霊山は整備された登山道を歩くものではないと思って臨まれるのが良いと思います。なおこの報告はガイドではありません。
●出発時に駐車場に1台とまっていました。国司沢展望所付近の岩の上に人がいましたのでその方のかもしれません。他には古霊山への往路と復路の日枝神社跡まではどなたにもお会いしませんでした。日枝神社跡から駐車場までは10名にお会いしました。戻った時は駐車場には20台弱とまっていました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:159人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ