また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2771586 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

オロセ尾根〜酉谷山避難小屋(2020)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年11月26日(木) ~ 2020年11月27日(金)
メンバー
天候1日目 晴
2日目 濃霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八丁橋の脇に数台分の駐車スペースあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間26分
休憩
25分
合計
5時間51分
S八丁橋09:0211:41篶坂ノ丸12:0512:46ウトウの頭13:02大京谷ノクビレ13:11大京谷ノ峰13:1213:30カラ滝ノ頭14:27行福のタオ14:53酉谷山避難小屋
2日目
山行
4時間8分
休憩
30分
合計
4時間38分
酉谷山避難小屋08:5408:54酉谷峠08:5509:16行福のタオ10:03カラ滝ノ頭10:20大京谷ノ峰10:2510:32大京谷ノクビレ10:3910:54ウトウの頭11:1111:48篶坂ノ丸13:32八丁橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
オロセ尾根は水源巡視道をたどり、途中「切り株」から尾根に取付きますが、高みを目指せばいつしか稜線に出ます。
テープ類はありませんので、下りの際には注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

写真

7月2日以後、しばらくぶりの酉谷山避難小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7月2日以後、しばらくぶりの酉谷山避難小屋です。
長沢背稜では、登山道を整備している方々がいらっしゃいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜では、登山道を整備している方々がいらっしゃいました。
2
初冬を目前にした平日なので歩く人もいないだろうと思ていたら、篶坂ノ丸で酉谷山避難小屋を目指す2人に出会いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初冬を目前にした平日なので歩く人もいないだろうと思ていたら、篶坂ノ丸で酉谷山避難小屋を目指す2人に出会いました。
1
おふたりに先んじて小屋に到着、しばらくぶりなので懐かしいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おふたりに先んじて小屋に到着、しばらくぶりなので懐かしいです。
小屋は概ねきれいに保たれていました。ただ、棚に空ボトルばかりが置かれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋は概ねきれいに保たれていました。ただ、棚に空ボトルばかりが置かれています。
2
トイレもきれいに使われていて、臭いもありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレもきれいに使われていて、臭いもありません。
1
タワ尾根でお会いしたお2人も到着し、今宵の宿泊者は4人となりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タワ尾根でお会いしたお2人も到着し、今宵の宿泊者は4人となりました。
1
みなさん、小屋に到着後すぐにマスク着用。入り口の戸と窓2か所を開けて空気の還流を図り対応します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなさん、小屋に到着後すぐにマスク着用。入り口の戸と窓2か所を開けて空気の還流を図り対応します。
1
暗黙の了解で会話も必要最小限にし、小屋の夜は更けていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗黙の了解で会話も必要最小限にし、小屋の夜は更けていきます。
2
睡眠の際は、1か所だけ窓を少し開けておいたので、翌日の起床時、小屋内の温度は3℃でした。ちなみに小屋の外は2℃。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
睡眠の際は、1か所だけ窓を少し開けておいたので、翌日の起床時、小屋内の温度は3℃でした。ちなみに小屋の外は2℃。
2
トイレの画像で水場の話は不似合いですが・・・。
この時期以降に潤沢な水を期待するのは無理というものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレの画像で水場の話は不似合いですが・・・。
この時期以降に潤沢な水を期待するのは無理というものです。
細工をしないと水は容器に受け取れません。具体的な方法は「酉谷山避難小屋ノート」に記載しましたので、参考になさって下さい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細工をしないと水は容器に受け取れません。具体的な方法は「酉谷山避難小屋ノート」に記載しましたので、参考になさって下さい。
1
コロナ禍の現在の酉谷山避難小屋では、静かに過ごすことにしましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロナ禍の現在の酉谷山避難小屋では、静かに過ごすことにしましょう!
平日であっても、適正な人数以上になることも想定しなければならないようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平日であっても、適正な人数以上になることも想定しなければならないようです。
1
いつもはただ持ち歩くだけのツェルトですが、時節柄、必携です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもはただ持ち歩くだけのツェルトですが、時節柄、必携です。
再確認ですが、水は出ていないと思って担ぎ上げましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再確認ですが、水は出ていないと思って担ぎ上げましょう。
2
いつも感心する山名板ですが、時の経過とともに渋みが出てきています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも感心する山名板ですが、時の経過とともに渋みが出てきています。

感想/記録

しばらくぶりの酉谷山避難小屋でした。小屋ノートを見ると、この間、多くの方に使われていたようです。

いつものように感謝の言葉が書き添えられていました。
あらためて、大切な場所なんだなと思うのでした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:402人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/4/15
投稿数: 80
2020/11/30 20:30
 すず坂ノ丸でニアミス!
ro-shonenさん、初めまして。

レコを見たら、すず坂ノ丸辺りでニアミスしていたようです。
私は26日に一石山神社からウトウノ頭まで
タワ尾根を往復したのですが、
下りのすず坂ノ丸でシニアのご夫婦にお会いし、
11:30〜35頃お話をしていました。
ro-shonenさんはその数分後にすず坂ノ丸に
到着されたようですね。

酉谷避難小屋には私も2度泊まったことがあり、
お気に入りの避難小屋です。
「酉谷避難小屋ノートTeaCup」も
時々見させてもらっています。
酉谷避難小屋の水場やトイレの管理も
して下さっているようで、感謝しています。

暖かくなった頃、私も酉谷避難小屋に泊まりに
行きたいと思っています。
登録日: 2012/1/20
投稿数: 131
2020/12/1 8:53
 Re: すず坂ノ丸でニアミス!
SamTさん
こんにちは!

前回10月のタワ尾根の記録を拝見させていただいていおりました。ヨコスズ尾根〜タワ尾根の日帰りされる体力はすごいですね。ともかく、無事帰着されて何よりでした。

今回の記録に書かれている道迷いの原因と思われる虎ロープ(篶坂ノ丸から下って直進せず虎ロープのところを右手に進む)のところは、ロープ自体が尾根全体をカバーしていないので、横を通り過ぎてしまう可能性はいつも感じておりました。

タワ尾根リベンジ、大切なことですね。お疲れさまでした!

※ 参考になれば・・・。
東日本大震災による林道崩壊により通行止めで入れなかった上段歩道に、金袋山経由で入ったときの記録です。↓
http://yamatabi-hanatabi.com/toritaniyama2012-10.html

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ