また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2779254 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 日光・那須・筑波

三枚石から夕日岳を経て細尾峠ついでの鳴虫山は登り損ない

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年12月04日(金) ~ 2020年12月05日(土)
メンバー
天候12/4晴 12/5曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間27分
休憩
1分
合計
1時間28分
S三枚石登山口15:1815:38方塞山15:3915:54三枚石15:57古峰ヶ原16:20古峰原高原16:46宿泊地
2日目
山行
8時間39分
休憩
50分
合計
9時間29分
宿泊地04:5405:14行者岳05:53大岩山05:5506:25唐梨子山06:51ハガタテ07:24地蔵岳07:2507:38三ツ目07:5008:03夕日岳08:0508:16三ツ目08:2509:31薬師の肩09:36薬師岳09:4110:04細尾峠10:1412:34裏見の滝入口バス停13:21銭沢不動尊13:2813:55神橋三差路14:18東武日光駅14:2014:23ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

横根高原分岐にある登山口。
タクシーの運転手は三枚石登山口と言ってました。
この時点で既に15時15分。
2020年12月04日 15:19撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横根高原分岐にある登山口。
タクシーの運転手は三枚石登山口と言ってました。
この時点で既に15時15分。
登りやすい道を日没に追いかけながら登っていった。
2020年12月04日 15:42撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りやすい道を日没に追いかけながら登っていった。
方塞山付近です。
なんて読むんだろ?
2020年12月04日 15:47撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
方塞山付近です。
なんて読むんだろ?
1
三枚石。
鳥居があるという事は三枚石が御神体?
2020年12月04日 15:53撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三枚石。
鳥居があるという事は三枚石が御神体?
ちょっとピンぼけ的な写真ですが、写っているのが、古峰ヶ原高原ヒュッテ。
泊まりたいんだけど、曰く付きの避難小屋。
2020年12月04日 16:17撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとピンぼけ的な写真ですが、写っているのが、古峰ヶ原高原ヒュッテ。
泊まりたいんだけど、曰く付きの避難小屋。
アーベントロートに輝く三枚石。
翌日も晴天と期待してたのに…
2020年12月04日 16:22撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アーベントロートに輝く三枚石。
翌日も晴天と期待してたのに…
大天狗之大神の鳥居。
立派な社とかあると思ってたんだけど、寂しい限りだった。
この後、行者平付近でテン泊しました。
2020年12月04日 16:34撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天狗之大神の鳥居。
立派な社とかあると思ってたんだけど、寂しい限りだった。
この後、行者平付近でテン泊しました。
1
翌日、未明にゴソゴソと出発。
道ははっきりでヘッデンでも問題なし。
クリックするとわかりますが、小雪がチラホラ。
2020年12月05日 05:13撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、未明にゴソゴソと出発。
道ははっきりでヘッデンでも問題なし。
クリックするとわかりますが、小雪がチラホラ。
1
唐梨子山付近で夜が明けた。
今日は天気はイマイチで寒々とした朝。
2020年12月05日 06:24撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐梨子山付近で夜が明けた。
今日は天気はイマイチで寒々とした朝。
修験道の様で、こうした祠があちこちにあつた。
2020年12月05日 07:24撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修験道の様で、こうした祠があちこちにあつた。
ピラミダルな山がみえてきた。
どうやらあれが夕日岳らしい。
2020年12月05日 07:25撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピラミダルな山がみえてきた。
どうやらあれが夕日岳らしい。
三ツ目。
夕日岳は縦走路から外れているので、ここからピストン。
2020年12月05日 07:38撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ目。
夕日岳は縦走路から外れているので、ここからピストン。
1
夕日岳山頂。
残念ながら、景色も見えず。
2020年12月05日 08:03撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日岳山頂。
残念ながら、景色も見えず。
1
夕日岳から縦走路に戻り下山開始。
アップダウンが微妙に続く道で寒いし、だんだん疲れてきた。
2020年12月05日 08:52撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日岳から縦走路に戻り下山開始。
アップダウンが微妙に続く道で寒いし、だんだん疲れてきた。
薬師岳。
別に登りたくなかったが、縦走路が山頂迄、連れて行ってくれた。
2020年12月05日 09:35撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳。
別に登りたくなかったが、縦走路が山頂迄、連れて行ってくれた。
疲れてやっとの事で細尾峠に到着した。
水の残りが0.5ℓを切っていた為、この先の縦走はやめて日光市街地に下山する事にした。
2020年12月05日 10:11撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れてやっとの事で細尾峠に到着した。
水の残りが0.5ℓを切っていた為、この先の縦走はやめて日光市街地に下山する事にした。
1
中禅寺湖へのつながる縦走路の続き。
唯、此処からは激登りとなり、これも辞めた理由の一つ。
2020年12月05日 10:12撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中禅寺湖へのつながる縦走路の続き。
唯、此処からは激登りとなり、これも辞めた理由の一つ。
1
日光市街地へとクネクネした旧道を下って行った。
2020年12月05日 10:14撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日光市街地へとクネクネした旧道を下って行った。
旧道を降りながら、薬師岳を仰ぎ見てるところ。
2020年12月05日 10:34撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道を降りながら、薬師岳を仰ぎ見てるところ。
下山を決意した時から、ついでに鳴虫山へ登る事を思いたつ。
今13時だが3時間半も有れば十分みたいだ。
銭沢不動尊コースから登る事にした。
2020年12月05日 12:39撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を決意した時から、ついでに鳴虫山へ登る事を思いたつ。
今13時だが3時間半も有れば十分みたいだ。
銭沢不動尊コースから登る事にした。
ここからみたいだが、銭沢不動尊の標識はあるが鳴虫山の標識が無いのが不安。
2020年12月05日 13:00撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからみたいだが、銭沢不動尊の標識はあるが鳴虫山の標識が無いのが不安。
1
不安的中!
もはや、銭沢不動尊も廃道か!
2020年12月05日 13:09撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不安的中!
もはや、銭沢不動尊も廃道か!
それでも、一縷の望みをかけてさびしい道を登ってみたが…
2020年12月05日 13:14撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも、一縷の望みをかけてさびしい道を登ってみたが…
銭沢不動尊からは道全く無し!コレはダメだわ。撤退ー!
※後でヤマレコの記録を確認したら、CT1時間なのに、皆さんはその倍ぐらいかかっていた。
2020年12月05日 13:20撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銭沢不動尊からは道全く無し!コレはダメだわ。撤退ー!
※後でヤマレコの記録を確認したら、CT1時間なのに、皆さんはその倍ぐらいかかっていた。
1
と言う事で、残り2キロ余を歩いて東武日光駅到着。
此処から株主優待切符で帰りました^ ^
2020年12月05日 14:17撮影 by Canon IXY 200 , Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と言う事で、残り2キロ余を歩いて東武日光駅到着。
此処から株主優待切符で帰りました^ ^
撮影機材:

感想/記録

前日光牧場から三枚石を経て、夕日岳、細尾峠、中禅寺湖半に抜ける道は予てより歩きたい道だった。
東武鉄道の株主優待券も1枚残っている(笑)
と言う事で小春日和の山旅を信じて出かけた。

出発は、足尾駅。
此処から三枚石登山口迄はタクシーで行かせてもらう。自分だってそうそう歩いてばかりはいられない。
でも、実は出発が遅いので、タクシーを使っただけ(笑)。午後3時過ぎに、三枚石登山口に到着して、登りやすい道を三枚石に向かって歩く。季節は初冬で午後4時には暗くなり出す。山頂を経て古峰が原に下山。
古峰が原には、無人小屋があるが此処はかつて強盗事件があった所。道路の直ぐ側でリスクがあり宿泊はダメらしい。
大丈夫と思うが、気にはなるのでそのまま進み行者平付近でテン伯。
今宵はラーメン+肉モヤシ炒めの豪華版で当然アルコールもたっぷり(笑)。呑み喰いした後は瞬殺で寝落ちした。

翌朝、困った事になっていた。
呑み過ぎると当然喉が乾く。だから、夜中に何度も水を飲んでいた。当然、水が足りなくなった。水は1リットル少し程度。完全に心許ない。
途中で水場があれば良いが、期待薄。
兎に角、細尾峠迄は歩く事にした。未明に歩き出したが、歩くにつれて寒くなって来た。昨日とは真逆の寒い日らしい。小雪もチラホラ。夜が明けてもどんよりとした天気。
稜線も快適というより、微妙にアップダウンあり、結構疲れる。
三つ目より、夕日岳をピストン。
後は細尾峠に降りるだけと思ったがアップダウンを繰り返して登りたくない薬師岳まで登らされてから漸く細尾峠に着いた。

さあ、どうしよう?
水は確保出来ず、残りは0.5リットルもない。天気も悪い。
心は折れていた‥
降りよう。東武日光迄15キロあるが、水が無くては仕方ない。

降りるにつれて、ついでに鳴虫山に登ろうかと思い出した。時間的にはギリギリだが、登れそう。鳴虫山の登りの銭沢不動尊ルートが破線なのが鬼になるけど‥
しかし、結果は敗退!
銭沢不動尊へのルート自身が廃道になりかけており、その後のルートは踏み跡すら無かった。
ついでの山だから仕方ないな。
そう思って、サッサと退却。
残り2キロ余の東武日光迄を歩き出した。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:462人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ