また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2823337 全員に公開 ハイキング 奥多摩・高尾

浅間嶺、三頭山、笹尾根を少し 払沢の滝から

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年12月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
駐車場:払沢の滝駐車場 無料 綺麗なトイレあり
16:23上川乗バス停から武蔵五日市行きバスに乗車 本宿役場前で下車 払沢の滝まで徒歩

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間39分
休憩
2時間2分
合計
9時間41分
S払沢の駐車場06:3606:58時坂路傍施設便所07:0507:09時坂峠07:1007:13584m独標07:20小沢バス停分岐07:2108:13浅間嶺展望台08:2108:22浅間尾根休憩所08:2508:39浅間嶺08:47ムケシノ頭08:56石宮ノ頭09:11一本松09:1309:21猿石09:2309:27数馬分岐09:3009:41数馬峠09:4510:03仲の平分岐10:0410:12御林山10:1310:23浅間尾根駐車場10:2510:33数馬駐車場10:44檜原都民の森駐車場10:5411:15三頭大滝11:1911:57ムシカリ峠12:0012:11三頭山西峰12:5112:52御堂峠12:5312:53三頭山12:5812:58三頭山東峰12:59三頭山13:0013:06ムシカリ峠13:0713:12大沢山13:1913:24ハチザス沢ノ頭13:36クメケタワ13:3713:55槇寄山13:5613:58西原峠14:08田和峠14:0914:20数馬峠14:2114:42大羽根山14:4815:14浅間尾根登山口バス停15:1815:37笛吹入口バス停15:47西川橋バス停15:50人里バス停15:57日原峠登山口16:16上川乗バス停16:1716:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:なし
危険箇所:なし
その他周辺情報登山後の温泉:瀬音の湯 ¥900 3週連続 
過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

峠の茶屋から大岳山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋から大岳山
峠の茶屋から御前山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の茶屋から御前山
富士山 手前は笹尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山 手前は笹尾根
古道らしく至る所に石像がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古道らしく至る所に石像がある
富士山、鹿留山、三ツ峠山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山、鹿留山、三ツ峠山
1
蕎麦粒山、日向沢ノ峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦粒山、日向沢ノ峰
大岳山、馬頭刈山 今日はスカイツリー見えず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山、馬頭刈山 今日はスカイツリー見えず
数馬峠から 丹沢山塊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数馬峠から 丹沢山塊
ヌタの説明 大仁田、本仁田の仁田は転訛
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヌタの説明 大仁田、本仁田の仁田は転訛
至る所にこういった説明板がある 勉強になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至る所にこういった説明板がある 勉強になる

感想/記録

先週、先々週に引き続き、秋川沿いを攻める。

浅間尾根は、家族4人、マウンテンバイクの3人組以外は会わず。
浅間嶺の展望台はいい景色。一方、本当の浅間嶺山頂は展望なし。
浅間尾根は非常に歩きやすい。トレランにはうってつけ。古道らしく石像が至る所にあり、雰囲気もいい。

浅間尾根を登り切って、今度は都民の森から三頭大滝経由で三頭山へ。
三頭大滝は非常に立派な滝。一見の価値あり。

三頭大滝から1時間ほどで三頭山西峰に着く。家族連れ等、多くの人で賑わう。
山頂の片隅でカップラーメンを食らい、菓子をつまみつつココアを飲む。

食事後、先週と同じく中央峰、東峰、展望台と寄る。展望台ではアマチュア無線の方がおられた。今日は霞んでいてスカイツリーは見えず。

先週とは逆に笹尾根を下降。大沢山への登り返しが多少きついくらい。下り基調なので快適に飛ばせる。

日没とバスの時間を睨みつつ、数馬峠の先から大羽根山経由で浅間尾根登山口バス停に降りることにする。しかし早く降りすぎてバスが来る1時間前に着いてしまった。
バス停で待つのも芸がないので、先週同様檜原街道を行けるところまで下ることにする。結局先週と同じく上川乗バス停まで断続的に走る羽目に。流石に疲れた。

三週連続で瀬音の湯に寄り汗を流し帰路に着く。日の長い時期に笹尾根を上川乗まで下りてみたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:219人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テン 登山ポスト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ