また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2840500 全員に公開 沢登り 丹沢

表丹沢コンタ1000mトラバース

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月02日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新茅山荘前
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
コース状況/
危険箇所等
こういうアクティビティは無雪期登山でもなく、かといって沢登りでもクライミングでもないのですが、悪場は沢の横断点が多いので、ジャンルを沢登りとしました。
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

写真

戸沢の駐車スペースは最近いつ来ても混んでいます
2021年01月02日 08:59撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸沢の駐車スペースは最近いつ来ても混んでいます
1
水無川本谷F1
左隅の古い鎖沿いに登っていきます
2021年01月02日 09:32撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水無川本谷F1
左隅の古い鎖沿いに登っていきます
1
セドノ沢出合
2021年01月02日 09:36撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢出合
セドノ沢F1はベルグラが張っていたので、左壁に垂れた昔の鎖沿いに登って巻きました
2021年01月02日 09:38撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F1はベルグラが張っていたので、左壁に垂れた昔の鎖沿いに登って巻きました
セドノ沢F1
以前我々で設置したフォールナンバー看板は健在
2021年01月02日 09:39撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢F1
以前我々で設置したフォールナンバー看板は健在
F1左壁を登ります。
やっぱり岩が冷たい。
2021年01月02日 09:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
F1左壁を登ります。
やっぱり岩が冷たい。
次のF2も左から巻いて越します
2021年01月02日 09:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次のF2も左から巻いて越します
セドノ沢左俣と右俣の二俣
2021年01月02日 09:58撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢左俣と右俣の二俣
左俣と右俣の中間尾根
3年前の続きですので、この尾根を標高1000mまで登ります
2021年01月02日 10:00撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左俣と右俣の中間尾根
3年前の続きですので、この尾根を標高1000mまで登ります
冬の空は澄んで明るい
2021年01月02日 10:09撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の空は澄んで明るい
この上の平地状あたりが1000m
2021年01月02日 11:10撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この上の平地状あたりが1000m
1000mラインのトラバースをスタート
2021年01月02日 11:12撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000mラインのトラバースをスタート
中間尾根のスタートラインを振り返ります
2021年01月02日 11:19撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間尾根のスタートラインを振り返ります
対岸に崖が見えてきました。
崖の基部を目指しトラバースします。
2021年01月02日 11:19撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸に崖が見えてきました。
崖の基部を目指しトラバースします。
崖状を回り込む
2021年01月02日 11:22撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崖状を回り込む
早速右俣の支流源頭。
2021年01月02日 11:29撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速右俣の支流源頭。
多少高度を上げるが弱点はここしかない。
2021年01月02日 11:35撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少高度を上げるが弱点はここしかない。
対岸のザレた狭いバンド状を目指します
2021年01月02日 11:37撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸のザレた狭いバンド状を目指します
ちょっとでも谷側を踏めば奈落へ真っ逆さま。
一足一足静かに荷重を架け確かめます。
2021年01月02日 11:40撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとでも谷側を踏めば奈落へ真っ逆さま。
一足一足静かに荷重を架け確かめます。
1
この沢も少し高みでないと弱点なし
2021年01月02日 11:40撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢も少し高みでないと弱点なし
切り立った崖状に唯一あるバンドを回り込みます
2021年01月02日 11:41撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り立った崖状に唯一あるバンドを回り込みます
またしても地形図では短い沢ですが、ゴルジュ壁を両岸に有した深いルンゼになっていて、ラペリングしても対岸の壁は登れるものではありません。
2021年01月02日 11:46撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしても地形図では短い沢ですが、ゴルジュ壁を両岸に有した深いルンゼになっていて、ラペリングしても対岸の壁は登れるものではありません。
1000mラインからちょっと外れてしまいますが、悪い尾根状を登って右の沢のルンゼをやり過ごすしかありません。
2021年01月02日 11:46撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1000mラインからちょっと外れてしまいますが、悪い尾根状を登って右の沢のルンゼをやり過ごすしかありません。
ようやくセドノ沢右俣大滝上部の沢床が見えてきました
2021年01月02日 12:01撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくセドノ沢右俣大滝上部の沢床が見えてきました
セドノ沢右俣に下りて一時安堵します
2021年01月02日 12:04撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢右俣に下りて一時安堵します
1
陽射しが暖かい
2021年01月02日 12:26撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽射しが暖かい
さて左岸側に
2021年01月02日 12:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて左岸側に
左岸に出たところから右俣大滝の落ち口を眺めます
2021年01月02日 12:29撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸に出たところから右俣大滝の落ち口を眺めます
落ち葉の下は砂利ザレ
2021年01月02日 12:34撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち葉の下は砂利ザレ
1020m辺りを政次郎尾根へ向けトラバース中
2021年01月02日 12:36撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1020m辺りを政次郎尾根へ向けトラバース中
セドノ沢右俣大滝下部で左岸から合わさる支流はガレとザレの崩壊沢です
2021年01月02日 12:44撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セドノ沢右俣大滝下部で左岸から合わさる支流はガレとザレの崩壊沢です
政次郎尾根側は下から上まで完全なハングした崩落壁になっていて、木もなくとても取り付けそうもありません。
2021年01月02日 12:50撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根側は下から上まで完全なハングした崩落壁になっていて、木もなくとても取り付けそうもありません。
仕方なく弱点ラインをオブザベーションしながらここを詰めてみます
2021年01月02日 12:50撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方なく弱点ラインをオブザベーションしながらここを詰めてみます
岩場も斜面もほとんど浮石
2021年01月02日 12:53撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場も斜面もほとんど浮石
1
中央から行く方がよさそうかなぁ
2021年01月02日 12:55撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央から行く方がよさそうかなぁ
不安定な箇所の中でいかに安定を図るのもテクニックです
2021年01月02日 13:01撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不安定な箇所の中でいかに安定を図るのもテクニックです
木も荷重を架けずにバランスで身体をあげていきます
2021年01月02日 13:02撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木も荷重を架けずにバランスで身体をあげていきます
1
下に見える木から身体を上げるのは超緊張しました。
根本にゆっくり足を上げても、次の木がなく、指を脆い草土にステイク(突っ込んで)して身体をマントル返しで上げようとしたら軸足のスタンスが崩れてヒヤヒヤ。
2021年01月02日 13:18撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に見える木から身体を上げるのは超緊張しました。
根本にゆっくり足を上げても、次の木がなく、指を脆い草土にステイク(突っ込んで)して身体をマントル返しで上げようとしたら軸足のスタンスが崩れてヒヤヒヤ。
政次郎尾根までもうちょっと
2021年01月02日 13:21撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根までもうちょっと
ようやく悪場も終わりましたが、こういう所で集中力って切れてしまい事故を起こしやすい。
2021年01月02日 13:27撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく悪場も終わりましたが、こういう所で集中力って切れてしまい事故を起こしやすい。
政次郎尾根の登山道に合流
2021年01月02日 13:28撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根の登山道に合流
ここが1000mです。
地形図で岬状になった平地。
次回の取付きになる所ですがいつになるやら。
2021年01月02日 13:43撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが1000mです。
地形図で岬状になった平地。
次回の取付きになる所ですがいつになるやら。
下山時の戸沢駐車場
2021年01月02日 14:21撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時の戸沢駐車場
1
新茅山荘に戻りました
2021年01月02日 14:32撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新茅山荘に戻りました

感想/記録
by kamog

3年振りに表丹沢コンタ1000mトラバースを再開。第4回目。
大倉尾根から表尾根の標高1000mラインをひたすらトラバースし、縦のラインでは見られない風景を感じたい!と始めた個人的課題です。
前回は大倉尾根1000mから源次郎沢、源次郎尾根、沖ノ源次郎沢、水無川本谷、木ノ又大日沢そしてセドノ沢左俣を横断し、左俣左岸尾根まででしたので、今回はその先から。
アプローチはセドノ沢左俣と右俣の中間尾根を登り、この課題の核心部のひとつ、セドノ沢右俣西部の急峻なルンゼと右俣大滝上部のトラバースにいよいよ入っていきます。
いやぁ悪かった! 右俣西部の支沢は例えラペルして降りても対岸はほとんど弱点のない絶悪ルンゼ壁で登ることは絶望的。
結局、これも非常に悪い岩壁尾根を1050mくらいまで登ってルンゼをかわし、対岸の尾根を再び下っても、また次のゴルジュルンゼが現れる。
弱点のトラバースも足元は崩れ気味の高度差のある狭いバンドであったり、わかってはいたが予想以上に苦戦し、何とか右俣大滝上部に下りました。
さらに右俣大滝の高巻きで以前使った左岸斜面へ。大滝下部で左岸から合わさる支流を越えさえすれば政次郎尾根に乗れるはず・・・なのですが、この支流の政次郎尾根側は上部から下まで完全に崩落していてとても取り付くことは不可能。
弱点を見出しながら荒れた急峻な尾根というか急斜面を登るけれど、一部垂直に近いボロボロ壁を木を騙しながら使って身体をあげていきます。核心部では頼りの木がランナウトし、指を草土にステイク替わりに射してホールドにするが、軸足の土が崩れてヒヤヒヤものでした。
最後は政次郎尾根1060mに出て終了。
予定ではさらに戸沢横断し仲尾根、新茅ノ沢横断し烏尾尾根まで行きたかったけれど今日はエネルギー結構使ったのでここまで。
すべての一挙手一投足に集中できました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:185人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ