また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2879012 全員に公開 雪山ハイキング 丹沢

菩提峠から三ノ塔、新大日へ(復帰にはまだ早かった)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年01月26日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り 風:弱風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
行き:菩提峠駐車場へ
帰り:駐車場から帰宅

ヤビツ峠経由BOSCOキャンプ場までの道は除雪されて
いました。(恐らく札掛まで)
但し気温の低い時は融けた水が凍結する恐れがある為
運転注意です。(当日の朝もチェーン規制中)

菩提峠に入る道は雪がまだ残っています。

トイレはヤビツ峠が使えます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
1時間21分
合計
6時間45分
S菩提峠07:3108:06日本武尊の足跡08:13大音沢ノ頭08:1408:28二ノ塔08:41三ノ塔08:5709:02三ノ塔地蔵菩薩09:22烏尾山荘09:2409:25烏尾山09:43行者ヶ岳09:5110:00行者の鎖場10:0210:08政次郎ノ頭10:19書策新道分岐10:29新大日茶屋10:3610:36新大日10:3910:54新大日茶屋11:2011:20新大日11:27書策新道分岐11:33政次郎ノ頭11:38行者の鎖場11:3911:45行者ヶ岳11:4812:04烏尾山12:0712:08烏尾山荘12:30三ノ塔地蔵菩薩12:3513:01ヨモギ平13:0313:44BOSCOオートキャンプベース13:4513:49諸戸山林事務所13:58青山荘14:04護摩屋敷の水14:0514:16菩提峠14:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
菩提峠からの道もまだ雪が残っています。朝は少し凍
結気味、帰りは湿雪。
前日までに行かれた方で道は踏まれていますのでメイ
ンの道は歩き易いです。トレランの方以外で会った方
は皆さんチェーンスパイクのようでした。

私は帰りの湿雪を予想して軽アイゼンにしました。ど
ちらでも良さそう。暖かくなる日中は慎重に歩けば着
けなくても何とかなるかな。

南面の日当たりの良い所の雪はかなり消えています。
過去天気図(気象庁) 2021年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 ザック 軽アイゼン 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

ヤビツ峠途中の展望台に立ち寄りました。夜明け前の秦野市街。
2021年01月26日 06:21撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠途中の展望台に立ち寄りました。夜明け前の秦野市街。
4
富士山がとても綺麗。早く起きて良かった。予報だとすぐに雲隠れの筈。
2021年01月26日 06:34撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山がとても綺麗。早く起きて良かった。予報だとすぐに雲隠れの筈。
15
これから登る三ノ塔と奥は塔ノ岳。
2021年01月26日 06:35撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る三ノ塔と奥は塔ノ岳。
6
日が当たり始めた富士山。
2021年01月26日 06:46撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が当たり始めた富士山。
13
今年初めて見た日の出。雲があるので時間より少し遅れて出てきます。丁度江の島方面から。
2021年01月26日 06:49撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年初めて見た日の出。雲があるので時間より少し遅れて出てきます。丁度江の島方面から。
17
上の雲に隠れていきます。
2021年01月26日 06:52撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の雲に隠れていきます。
14
ヤビツ峠でトイレを済ませ菩提峠の駐車場へ。メインの道路は除雪されて雪がありませんが脇に入るとまだ残っています。私が2台目。帰りは3台増えていました。
2021年01月26日 07:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠でトイレを済ませ菩提峠の駐車場へ。メインの道路は除雪されて雪がありませんが脇に入るとまだ残っています。私が2台目。帰りは3台増えていました。
6
駐車場近くの入口から入ります。
2021年01月26日 07:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場近くの入口から入ります。
5
樹林帯には雪がありますが少し開けると消えていました。
2021年01月26日 07:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯には雪がありますが少し開けると消えていました。
3
振り返ると江の島、湘南の金波に天使の梯子が綺麗です。
2021年01月26日 07:59撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると江の島、湘南の金波に天使の梯子が綺麗です。
12
日本武尊足跡入口。この雪では探せませんね。
2021年01月26日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本武尊足跡入口。この雪では探せませんね。
3
箱根に奥は愛鷹山。
2021年01月26日 08:13撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根に奥は愛鷹山。
6
二ノ塔到着。
2021年01月26日 08:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二ノ塔到着。
3
富士山は雲隠れですが南アルプス(悪沢、赤石、聖)が見えています。
2021年01月26日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は雲隠れですが南アルプス(悪沢、赤石、聖)が見えています。
6
道は踏み固められているので歩き易いです。
2021年01月26日 08:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は踏み固められているので歩き易いです。
3
真鶴岬、伊豆方面。
2021年01月26日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真鶴岬、伊豆方面。
5
溶けて又凍った雫。
2021年01月26日 08:35撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
溶けて又凍った雫。
5
三ノ塔到着。数名休んでおられました。
2021年01月26日 08:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔到着。数名休んでおられました。
3
大山も雪です。
2021年01月26日 08:43撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山も雪です。
9
表尾根から塔ノ岳。
2021年01月26日 08:56撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表尾根から塔ノ岳。
9
ここで軽アイゼンを装着します。
2021年01月26日 08:57撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで軽アイゼンを装着します。
8
寒そうなお地蔵様。この直後、裏に回って帰りのルートを確認して戻る時に足を引っかけて転倒。鉄のポールに左膝をもろにぶつけ暫く立ち上がれませんでした。
2021年01月26日 09:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒そうなお地蔵様。この直後、裏に回って帰りのルートを確認して戻る時に足を引っかけて転倒。鉄のポールに左膝をもろにぶつけ暫く立ち上がれませんでした。
9
気を取り直して先に行ってみます。ここからどこまで行くかは膝の状態次第。富士山が頭だけ見えました。
2021年01月26日 09:04撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気を取り直して先に行ってみます。ここからどこまで行くかは膝の状態次第。富士山が頭だけ見えました。
7
まだ凍っている枝。
2021年01月26日 09:05撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ凍っている枝。
5
アセビはもう少し先かな。
2021年01月26日 09:29撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アセビはもう少し先かな。
9
行者ヶ岳到着。まだ大丈夫。
2021年01月26日 09:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳到着。まだ大丈夫。
4
鎖場の上は少し凍結しているので鎖も使って慎重に下ります。関節炎の為、右膝を深く曲げられないので岩場はちょっと苦労します。
2021年01月26日 09:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場の上は少し凍結しているので鎖も使って慎重に下ります。関節炎の為、右膝を深く曲げられないので岩場はちょっと苦労します。
5
振り返って大山と三ノ塔。
2021年01月26日 10:07撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って大山と三ノ塔。
5
政次郎尾根からの踏み跡はありません。もう少し行ってみます。
2021年01月26日 10:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根からの踏み跡はありません。もう少し行ってみます。
3
江の島、三浦半島が見えます。
2021年01月26日 10:18撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江の島、三浦半島が見えます。
6
新大日到着。予定時刻の10:30になったので、ここを折り返し地点とします。
2021年01月26日 10:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新大日到着。予定時刻の10:30になったので、ここを折り返し地点とします。
4
長尾尾根も足跡がありません。こちらに行ってみたい誘惑に駆られ調べ始めます。
2021年01月26日 10:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾尾根も足跡がありません。こちらに行ってみたい誘惑に駆られ調べ始めます。
3
取り敢えずセルフで記念撮影。
2021年01月26日 10:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り敢えずセルフで記念撮影。
20
長尾尾根に少し入ると雪の枝が重そう。暫く思案した結果最後の舗装路歩きが長いので諦めます。
2021年01月26日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長尾尾根に少し入ると雪の枝が重そう。暫く思案した結果最後の舗装路歩きが長いので諦めます。
4
早めの昼食をとって戻ります。もう軽アイゼンも外して良さそうですが又着ける必要があるのでそのままにします。
2021年01月26日 11:34撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早めの昼食をとって戻ります。もう軽アイゼンも外して良さそうですが又着ける必要があるのでそのままにします。
4
鎖場も雪がないので楽。
2021年01月26日 11:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場も雪がないので楽。
4
振り返って塔ノ岳から大倉尾根。
2021年01月26日 12:01撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って塔ノ岳から大倉尾根。
5
お地蔵様の後ろからヨモギ尾根ルートに入ります。前日に登ったと思われる足跡が1つありました。
2021年01月26日 12:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様の後ろからヨモギ尾根ルートに入ります。前日に登ったと思われる足跡が1つありました。
4
暫くモノレール沿いを歩きます。時々足跡が出てきますが略真っすぐ下ります。
2021年01月26日 12:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暫くモノレール沿いを歩きます。時々足跡が出てきますが略真っすぐ下ります。
3
積雪はこの程度。そんなに苦労はしません。ただこの辺りから両膝が急激に痛くなり始めます。痛さに大声をあげて自分を鼓舞しながら下ります。
2021年01月26日 12:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪はこの程度。そんなに苦労はしません。ただこの辺りから両膝が急激に痛くなり始めます。痛さに大声をあげて自分を鼓舞しながら下ります。
5
ヨモギ平に到着。冬で雪が積もっていても気持ちの良い広場です。
2021年01月26日 13:02撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨモギ平に到着。冬で雪が積もっていても気持ちの良い広場です。
6
BOSCOルートに向きを変えます。真東で大山が良い目印です。
2021年01月26日 13:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
BOSCOルートに向きを変えます。真東で大山が良い目印です。
3
もう雪も少なくなったので軽アイゼンは外します。
2021年01月26日 13:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう雪も少なくなったので軽アイゼンは外します。
3
膝が痛く急坂はきついので止む無くブルドーザ道を使います。
2021年01月26日 13:25撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
膝が痛く急坂はきついので止む無くブルドーザ道を使います。
2
キャンプ場に到着。後は舗装路です。
2021年01月26日 13:46撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場に到着。後は舗装路です。
5
途中のミツマタ。まだまだ先です。
2021年01月26日 13:49撮影 by Canon EOS Kiss X9i, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中のミツマタ。まだまだ先です。
10
護摩屋敷の水にようやくたどり着きました。駐車場までもう少し。今の状況だと行者ヶ岳辺りが限界かな。10km未満、累積標高差1000m未満か。無事下山出来て良かった。山の神様に感謝!
2021年01月26日 14:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
護摩屋敷の水にようやくたどり着きました。駐車場までもう少し。今の状況だと行者ヶ岳辺りが限界かな。10km未満、累積標高差1000m未満か。無事下山出来て良かった。山の神様に感謝!
9

感想/記録
by nino33

右膝の膝関節症と外出自粛で休んでいたので膝の痛み
も和らいだ感じ。という事でお試し登山です。

外出自粛要請が出されているので、県内かつ車で行け
る所限定です。人が少なそうな日とコースを選び人と
すれ違う時はマスクをするので感染リスクは殆どない
かと思い行ってきました。

初日の出を見たかったので早めに家を出て途中の展望
台にも立ち寄りました。

雪は減ったにせよまだ残っていて雪山ハイク気分も楽
しめました。

ただ、途中ロープに足を引っかけ転倒し左膝を鉄のポ
ールに思い切りぶつけるアクシデントとお試しにして
は計画より余分にコースを追加した為、帰りの下りは
両膝ともに痛み始め、最後は近くに人がいないのを良
い事に奇声をあげながらやっと下りる羽目に。

記録を書いている今も両膝が痛く階段の上り下りもや
っとの状態です。

又暫く休まざるを得ないかな。
後悔先に立たずか。

それでも無事下山出来て良かった。山の神様の思し召
しか? 感謝!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:334人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ